このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

 ♪曲目 playlist♪
1.オリビアを聴きながら  尾崎亜美 作詞・作曲 尾崎亜美 (昭和53年 1988)
2.マイ・ピュア・レディ  尾崎亜美 作詞・作曲 尾崎亜美 昭和52年 1977
3.春の予感 ~I've been mellow~  尾崎亜美 作詞・作曲 尾崎亜美 昭和53年 1978
4.For You  尾崎亜美 作詞・作曲 尾崎亜美 昭和54年 1979
5.リンダ  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 昭和55年 1981, 平成6年 1994

6.マージービートで唄わせて  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 昭和59年 1984
7.元気を出して  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 昭和59年 1984
8.シングル・アゲイン  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 平成1年(平成元年) 1989
9.家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 平成4年 1992

深夜便の歌
  冬の旅  倍賞千恵子 作詞 五木寛之 作曲 小六禮次郎


尾崎亜美(おざき あみ、本名:小原美鈴、旧姓尾崎、昭和32年・1957年3月19日生まれ)は、シンガーソングライター。京都府出身。の亜美はフランス語で友達を意味する言葉から取ったそうです。

竹内 まりや(たけうち まりや、本名:山下まりや(旧姓竹内)。昭和30年・1955年3月20日生まれ)は、島根県出雲市大社町出身のシンガーソングライター。山下達郎の妻で、一女の母、自称「シンガーソング専業主婦」だそうです。

尾崎亜美さんに関するサイトがありました。2000年9月以降の更新がありませんが、楽曲のリリースに関して詳しく載っています。こちら→http://www.amii.net/disco_eri/index.html

尾崎亜美さんの曲で本日放送されたもののうち、CMに使われたものは
 2曲目の「マイ・ピュア・レディ」1977年 資生堂
 3曲目の「春の予感 ~I've been mellow~」1983年 資生堂
 4曲目の「For You」1979年 丸井
です。春の化粧品のイメージソングの印象が強いですが、自動車、エアコン、マンションなどのCMに使われた歌も歌っています。

5曲目の「リンダ」は竹内まりやさんがアン・ルイスさんの結婚する時に送った曲でそうです。リンダはアン・ルイスさんのミドルネームだそうです。

7曲目の「元気を出して」は、Carly Simon(カーリー・サイモン)がジェイムス・テイラーと離婚したとき、励まそうとして作ったそうです。薬師丸博子さんに提供した曲です。間奏部のコーラスで薬師丸博子さんも参加しています。

9曲目の「家に帰ろう」は『うちにかえろう』と読みます。


今年度から始まった「深夜便の歌」全8曲 (「冬の旅」を含む)がCD付録になって「ラジオ深夜便年鑑2007」についています。
税込み価格1500円、3月17日(土)発売です。明日の発売です。
詳しくはこちら→ http://www.nhk-sc.or.jp/radio_nenkan07/index.html

深夜便の歌として使用された曲は全てではありませんが単独にCD発売されています。価格は amazon などの参考です。
 加藤登紀子『檸檬(れもん) Lemon』 2006年1月18日 発売 CD BEST「プライムセレクション 加藤登紀子」 \1,500
 藤田まこと『夜のララバイ』 2006年11月22日 発売 \1,200
 小椋佳『船旅』 2006年8月30日 発売 CD「未熟の晩鐘」 \2,700
 みなみらんぼう『道程(みちのり)』 2006年7月26日 発売 \1,300
 白鳥英美子『明日への扉』 2006年11月22日 発売 「旅立ちの日に」 \1,260
 さだまさし『向日葵(ひまわり)の影』 2006年9月13日 発売 CD「美しき日本の面影」 \2,640
 倍賞千恵子『冬の旅』 (今のところ発売予定なし)
 南こうせつ『恋 はるか』 2007年3月7日発売 CRCP-10166 \1,200(税込)
スポンサーサイト
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

 ♪曲目 playlist♪
1.A面で恋をして  大瀧詠一、佐野元春、杉真理(まさみち) 作詞 松本隆 作曲 大瀧詠一 昭和57年 1982
2.カナリア諸島にて  大瀧詠一 作詞 松本隆 作曲 大瀧詠一 昭和56年 1981
3.さらばシベリア鉄道  太田裕美 作詞 松本隆 作曲 大瀧詠一 昭和55年 1980
4.夢で逢えたら  吉田美奈子 作詞・作曲 大瀧詠一 昭和51年 1976
5.風立ちぬ  松田聖子 作詞 松本隆 作曲 大瀧詠一 昭和56年 1981

6.怪盗ルビイ  小泉今日子 作詞 和田誠 作曲 大瀧詠一 昭和63年 1988
7.あの娘に御用心  沢田研二 作詞・作曲 大瀧詠一 昭和50年 1975
8.熱き心に  小林旭 作詞 阿久悠 作曲 大瀧詠一 昭和60年 1985

深夜便の歌
  恋 はるか  南こうせつ 作詞 喜多條忠 作曲 南こうせつ


1曲目の「A面で恋をして」の曲紹介では触れられませんでしたが、この曲は大瀧詠一のほかに佐野元春さん、杉真理さんのおふたりが参加して歌っています。

2曲目の「カナリア諸島にて」に付いて須磨アンカーが”どこにあるかご存知ですか?”と問い掛けていました。小生ついでに近代史の一こまに表れた「カナリア諸島」についてエピソードを調べて見ました。こちら→http://yosukenaito.blog40.fc2.com/blog-entry-419.html

4曲目の「夢で逢えたら」は長年にわたってたくさんの歌手が競作しています。

5曲目の「風立ちぬ」の出だしに歌詞が異なる(一部抜けている)歌が流れ、さらに不思議なことに、シームレスに通常バージョンの「風立ちぬ」が続いていました。最初に掛かったのは「風立ちぬ」のCMバージョンではないでしょうか。小生聴いたことはないので、しかとはいえませんが、大瀧詠一さんがナイアガラ・レーベルから発表した、日本で最初に発売された、CM・ジングル集のレコード『Niagara CM Special(ナイアガラ CM スペシャル)』に45秒のCM用『風立ちぬ』が収録されています。それと通常の「風立ちぬ」約270秒を連続して流すと、ちょうど今日放送されたこの曲の長さになります。ちなみに、「風立ちぬ」はグリコ・ポッキーのCMバックに使われました。
NHKの放送スタッフが、遊び心でわざわざ作ったのかもしれません。

6曲目の「怪盗ルビイ」は小生の記憶では、小泉今日子さん主演の同名の映画で歌われた主題歌でした。
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
 アンカー Anchor: 迎康子(Mukai-Yasuko) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.しおさいの詩  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 昭和46年 1971
2.飛べない蝙蝠(とべないこうもり)  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 昭和49年 1974
3.心の襞  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 昭和52年 1977
4.愛しき日々  小椋佳 作詞 小椋佳 作曲 堀内孝雄 昭和62年 1987
5.山河  小椋佳 作詞 小椋佳 作曲 堀内孝雄 平成12年 2000

6.シクラメンのかほり  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 (昭和51年 1976)
7.歓送の歌  小椋佳 作詞 小椋佳 曲 星勝 平成7年 1995

深夜便の歌
  冬の旅  倍賞千恵子 作詞 五木寛之 作曲 小六禮次郎


1曲目の「しおさいの詩」のB面は「さらば青春」です。この2曲がデビューシングルに収められています。

5曲目の「山河」は五木ひろしさんが歌った曲で、2000年(平成12年)第51回の紅白歌合戦のトリで歌いました。

4曲目の「愛しき日々」は堀内孝雄さんが歌ってヒットしました。

6曲目の「シクラメンのかほり」は小生が思うに、曲のアレンジから考えると、最初の発売の昭和51年当時の音源ではなく後ほど再び録音された音源だと思われます。

7曲目の「歓送の歌」は布施明さんに提供した曲です。小生が調べたら、この曲は、1993年10月12日から1997年3月18日までTBS系列で毎週火曜日午後7時から放送されたバラエティ番組で、『ザッツ!ウェディングベル』のテーマ曲でした。毎週男女20人が出場し、コンピューターを使って心理テストを行い、理想の結婚相手を探す内容だそうです。バラエティ番組の曲ですが、小椋佳さんの歌詞の内容はいたって真面目で若者向きに前向きです。
 ちなみに、この曲を作曲をしている星勝さんは鈴木ヒロミツさんらと「モップス」というロックバンドを結成していたメンバーの一人で、作曲家・編曲者・スタジオミュージシャンです。初め、星勝さんは、ロックじゃないので小椋佳さんの曲をアレンジするのを嫌がっていたそうですが、そのうちに小椋さんの曲にのめりこんでいき、小椋佳さんのアルバム「残された憧憬」「夢追い人」「道草」「遠ざかる風景」「5・4・3・2・1・0」などをプロデュースしたそうです。

昨日は、MDラジカセのタイマー録音設定ミスにより番組を録音できなかったので当ブログはお休みしました。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 迎康子さん

 ♪曲目♪
1.さらば青春  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 昭和46年
2.めまい  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 昭和50年
3.俺たちの旅  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 (昭和50年)
4.夢芝居  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 昭和58年
5.泣かせて  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 昭和58年

6.愛燦々 小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 2000年・平成12年(昭和61年)
7.甘いオムレツ  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 2000年・平成12年
8.逢うたびに君は  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 1991年・平成3年

深夜便の歌
  冬の旅  倍賞千恵子 作詞 五木寛之 作曲 小六禮次郎


小椋 佳(おぐら けい、本名: 神田 紘爾、1944年1月18日 生まれ )東京都台東区上野出身。東京大学法学部卒業後、日本勧業銀行(後の第一勧業銀行、現: みずほ銀行)に入行。銀行マンとして1993年に退職するまで、音楽活動も行う。

6曲目の「愛燦々」はジャズバージョンで小椋佳さんが歌っています。

7曲目の「甘いオムレツ」は、小生がネットで調べたところ、小椋桂さんが東大を卒業し、第一勧銀入社4年目に、シカゴへ留学して帰国一ヶ月前にお母さん(60歳)の訃報が届きます。そのときのお母さんを偲んで作った曲です。同名の本「甘いオムレツ 小椋佳の父と母の物語」著:山根三奈も出版されています。

小椋佳さんの特集は日を改めてまたやるそうです。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 宮川泰夫さん

 ♪曲目♪
1.悪女  中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 昭和56年
2.アザミ嬢のララバイ  中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 昭和50年
3.ひとり上手  中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 昭和55年
4.ルージュ  ちあきなおみ 作詞・作曲 中島みゆき 昭和52年
5.世迷い言  日吉ミミ 作詞 阿久悠 作曲 中島みゆき 昭和53年

6.春なのに  柏原芳恵 作詞・作曲 中島みゆき 昭和58年
7.空と君のあいだに  中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 1994年(平成6年)
8.宙船(そらふね)  中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 2006年(平成18年)

深夜便の歌
  恋 はるか  南こうせつ 作詞 喜多條忠 作曲 南こうせつ


宮川アンカーがNHK帯広支局に勤務していた昭和50年(1975年)に、中島みゆきさんがヤマハのポプコンに出るということでローカルの15分番組を作ったそうです。当時中島みゆきさんは札幌の大学に在学していましたが、実家が帯広で産婦人科をしていた縁で、宮川アンカーはそのときインタビューしたそうです。その後、帯広からは松山千春、吉田美和(ドリームズ・カム・トゥルー)などのビッグ・アーチストが輩出しました。

5曲目の「世迷い言」を宮川アンカーは「よまよいごと」と読んでいましたが、正しくは歌詞の中にも出てくるように「よまいごと」です。
 「世迷い言」の歌詞なかに 「デジタル時計がパタリとかわる・・・」 とあります。以下、そのデジタル時計に関して小生の思い出を語ってみます。
 当時のデジタル時計というものは内部に水晶発信子(水晶発信器)もなく表示は液晶でもありませんでした(コストダウンのためニキシー管という蛍光管も使っていませんでした)。このデジタル時計はリズム時計工業という会社で製造し、CITIZENブランドで販売されていました。以前仕事でリズム時計工業でそのデジタル時計を製造していた方と話をする機会があり、その方に「デジタル電気時計」について少し説明してもらいました。まとめると以下のような内容でした。
・この時計は乾電池でなく100Vのコンセントに差し込んで使用する。
・家庭用コンセントの交流100Vは50Hzまたは60Hzなので、その変動をカウントして1秒を測定する。
・静岡県の天竜川を境に東日本では50Hz,西日本では60Hzなので、時計のバックパネルには周波数切り替えスイッチがある。
・日本の交流100Vの周波数(50/60Hz)はとても(とてつもなく)精度が良く、時計の発振子として使える。
・家庭用コンセントの電圧が下がっても周波数は変わらない。
・電力をなるだけ使わないように、交流の変動だけで文字盤のパネルをめくるのに工夫がある。
 この「デジタル電気時計」は当時のヒット商品で、置いていない家が無いくらいでした。しかし「8セグメントの液晶表示(数字)」パネルが出回るようになると、たしか3,4年くらいで姿を消しました。
 角川映画で原田知世さんが主演していた「時をかける少女」の中で、このデジタル時計がありえない時間を表示することによって主人公が時間をさかのぼっていることを表現していました。その映画のDVDを借りてくると実際に動いている「デジタル電気時計」を見ることが出来ます。
 ネットを探し回ったら写真が見つかりました。
digital denki dokei


8曲目の「宙船」はTOKIOが歌っていますが、中島みゆきさん本人の歌で放送されました。男性グループのTOKIOをしのぐパワーで迫ってきます。TOKIOのボーカル永瀬くんと比べるのは酷ですが、相変わらず中嶋みゆきさんの歌声はイタコの口寄せのように聞く者の魂に迫ってきます。詩の内容は、「宙船」を「地球・日本」に、「お前」を「若者達」に「オール」を「主権」に、たとえるとまるで若者達に「お前ら、ちゃんと選挙に行けよ!」とでも言っているようです。
TOKIOの宙船PV(promotion video)が再びYouTubeにアップされていました。ジャニーズ系の映像としては珍しく男っぽい(カッコいい)作りです。

3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 国井雅比古さん

 ♪曲目♪
1.チャンピオン  谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 昭和53年
2.陽はまた昇る  谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 昭和54年
3.群青  谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 昭和56年
4.いい日旅立ち  谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 昭和61年
5.ダンディズム  谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 1990年(平成2年)

6.-きざはし-  谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 1993年(平成5年)
7.(すばる)  谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 昭和55年

深夜便の歌
  恋 はるか  南こうせつ 作詞 喜多條忠 作曲 南こうせつ 



谷村 新司(たにむら しんじ、1948年12月11日生まれ)は、日本のフォークシンガー。アリスの元メンバー。愛称はチンペイ。大阪市東住吉区出身。

谷村新司さんの歌のいくつかは映画やドラマの主題歌として使われています。

3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
  アンカー 遠藤ふき子さん

 ♪曲目♪
1.大空と大地の中で  松山千春 作詞・作曲 松山千春 昭和52年
2.旅立ち  松山千春 作詞・作曲 松山千春 昭和52年
3.銀の雨  松山千春 作詞・作曲 松山千春 昭和52年
4.季節の中で  松山千春 作詞・作曲 松山千春 昭和53年
5.  松山千春 作詞・作曲 松山千春 昭和55年
 
6.人生の空から(たびのそらから)  松山千春 作詞・作曲 松山千春 昭和55年
7.長い夜  松山千春 作詞・作曲 松山千春 昭和56年
8.祈り  松山千春 作詞・作曲 松山千春 2006年(平成18年)
9.君のために作った歌  松山千春 作詞・作曲 松山千春 最近の音源(昭和52年)

深夜便の歌
  向日葵の影  さだまさし


小生、松山千春さんといえば思い出があります。1982年(昭和57年)9月の初旬、エフエム北海道(FM北海道)が開局直前の試験電波を発信していたとき、一週間くらい日替わりで同じジャンルの曲だけを一日中流していました。曲の紹介や、放送局のコールサインもなかったと思います。クラシックやロックなどを放送した日もありましたが、そのうちのある日は、一日中、松山千春さんとと中島みゆきさんの曲を放送していました。FMラジオが有線放送の端末になったようで、友人たちにも評判が良かったことを覚えています。あれからもう24年も経ちました。

*昨日(12/18の午前1時から午前5時までの早朝)は東京地方のNHK・FMの放送設備保守点検の日だったらしく、FMでの深夜便の放送はありませんでした。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
  アンカー 須磨佳津江さん

 ♪曲目♪
1.君の瞳は10000ボルト  堀内孝雄 作詞 谷村新司 作曲 堀内孝雄 昭和53年
2.冬の稲妻  アリス  作詞 谷村新司 作曲 堀内孝雄 昭和52年
3.遠くで汽笛を聞きながら  アリス  作詞 谷村新司 作曲 堀内孝雄 昭和52年
4.青春まよい人  堀内孝雄 作詞 松本隆 作曲 堀内孝雄 昭和56年
5.恋歌綴り  堀内孝雄 作詞 荒木とよひさ 作曲 堀内孝雄 1990年(平成2年)

6.影法師  堀内孝雄 作詞 荒木とよひさ 作曲 堀内孝雄 1993年(平成5年)
7.愛しき日々  堀内孝雄 作詞 小椋佳 作曲 堀内孝雄 昭和61年
8.あなたが美しいのは  堀内孝雄 作詞 小椋佳 作曲 堀内孝雄 昭和61年

深夜便の歌
 向日葵の影 さだまさし


5曲目の「恋歌綴り」はテレビ朝日系列の「はぐれ刑事純情派(III) 」の主題歌です。須磨アンカーは番組名をきちんと紹介していました。

7曲目の「愛しき日々」と8曲目の「あなたが美しいのは」は、日本テレビ系全国ネット「白虎隊」の主題歌でした。これも他局の番組でしたが、きちんと番組名を紹介していました。

堀内孝雄さんは「べーやん」とよばれますが、中学のときのあだ名で、堀内→堀部やすべい→ベーやん となったのだそうです。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
  アンカー 明石勇さん

 ♪曲目♪
1.ひとり寝の子守唄  加藤登紀子 作詞・作曲 加藤登紀子 昭和44年
2.時代遅れの酒場  加藤登紀子 作詞・作曲 加藤登紀子 昭和52年
3.難破船  加藤登紀子 作詞・作曲 加藤登紀子 昭和62年
4.時には昔の話を  加藤登紀子 作詞・作曲 加藤登紀子 1992年(平成4年)
5.愛さずにはいられない  加藤登紀子 作詞・作曲 加藤登紀子 昭和63年

6.まっすぐ見つめたい  加藤登紀子 作詞・作曲 加藤登紀子 1998年(平成10年)
7.石ころたちの青春  加藤登紀子 作詞・作曲 加藤登紀子 1995年(平成7年)

深夜便の歌
 向日葵の影  さだまさし


結構最近の曲多かったです。小生、「難破船」までは知っていますが、それ以降の加藤登紀子さんの歌ととなると、深夜便の歌の「檸檬」しか知りませんでした。最近でも新曲リリース、コンサートにと活躍されています。

加藤登紀子さんのオフィシャルサイトはこちら→ http://www.tokiko.com/index3.htm

また、2曲目の「時代遅れの酒場」は映画の挿入歌などとして知る人ぞ知る歌です。
・1983年東宝映画「居酒屋兆治」(高倉健さん主演)の主題歌です。
・1984年の映画「うる星やつら ビューティフル・ドリーマー」のなかでお好み焼屋じぱんぐの背景に流れていた曲です。

4曲目の「時には昔の話を」は宮崎駿監督の「紅の豚」の主題歌でした
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
  アンカー 遠藤ふき子さん

 ♪曲目♪
1.海岸通り  風 作詞・作曲 伊勢正三 昭和50年
2.夢一夜  南こうせつ 作詞 阿木耀子 作曲 南こうせつ 昭和53年
3.あの唄はもう唄わないのですか  風 作詞・作曲 伊勢正三 昭和51年
4.今日は雨  南こうせつ 作詞 喜多条忠 作曲 南こうせつ 昭和51年
5.トパーズ色の街  風 作詞・作曲 大久保一久 昭和56年

6.美映子  南こうせつ 作詞 岡本おさみ 作曲 南こうせつ 昭和55年
7.ささやかなこの人生  風 作詞・作曲 伊勢正三 昭和51年
8.愛する人へ  南こうせつ 作詞・作曲 南こうせつ 昭和52年

深夜便の歌
 向日葵の影  さだまさし


南こうせつさんは本名も同じで、こうせつは「高節」と書きます。大分県立大分舞鶴高等学校出身で、二年後輩に伊勢正三さんがいます。

5曲目の「トパーズ色の街」は伊勢正三さんの作詞・作曲と紹介していましたが、正しくは風のもう一人のメンバー大久保一久さんの作詞・作曲です。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
   アンカー 遠藤ふき子さん

 ♪曲目♪
1.神田川  南こうせつ(かぐや姫) 作詞 喜多条忠 作曲 南こうせつ 昭和48年
2.青春  南こうせつ(かぐや姫) 作詞 伊勢正三 作曲 南こうせつ 昭和46年
3.加茂の流れに  南こうせつ(かぐや姫) 作詞・作曲 南こうせつ 昭和47年
4.  南こうせつ(かぐや姫) 作詞 喜多条忠 作曲 南こうせつ 昭和49年
5.22才の別れ  伊勢正三(かぐや姫) 作詞・作曲 伊勢正三 昭和49年

6.眼をとじて  山田パンダ(かぐや姫) 作詞・作曲 山田つぐと 昭和50年
7.ペテン師  伊勢正三(かぐや姫) 作詞 喜多条忠 作曲 伊勢正三 昭和49年
8.星降る夜  南こうせつ(かぐや姫) 作詞・作曲 南こうせつ 昭和49年
9.けれど生きている  南こうせつ(かぐや姫) 作詞 山田つぐと 作曲 南こうせつ 昭和48年
10.おもかげ色の空  南こうせつ(かぐや姫) 作詞 伊勢正三 作曲 南こうせつ  昭和50年

深夜便の歌
 向日葵の陰  さだまさし


1970年に「南こうせつとかぐや姫」でデビューし、そのときの曲は「よいどれかぐや姫」。翌年、メンバーを交代してシングル「青春」を発表しました。

「南こうせつとかぐや姫」はデビュー前に、俳優の長沢純さんが司会をする、民放の十週勝ち抜いたらメジャーデビューできる歌番組に出ていて、十週勝ち抜く前にどこかのプロダクションにひきぬかれてデビューしたことを覚えています。南こうせつさんが番組で合格するたびに両手を上げてばんざいと喜んでいました。

山田パンダさんの曲が放送されました。珍しいです。懐かしいです。

喜多条忠の読み方は(しってるひとは知っていますが)「きたじょうまこと」です。

かぐや姫の曲は四畳半フォークの代名詞のように呼ばれますが、「神田川」の歌詞には ”三畳一間”とあります。当時は下宿屋の部屋の広さは三畳が一般的で、四畳半もあれば広いほうでした。いまは三畳一間の下宿を探すのが大変なんでしょうね。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
   アンカー 須磨佳津江さん

 ♪曲目♪
1.恋人よ  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和55年
2.少女  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和47年
3.煙草のけむり  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和48年
4.冬ざれた街  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和49年
5.さよならだけは言わないで  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和53年

6.残り火  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和53年
7.夜汽車  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和54年
8.リバイバル  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和56年
9.真夜中のラブソング  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和58年

深夜便の歌
 明日への扉  白鳥英美子 作詞 白鳥英美子 作曲 中村ゆりこ


2曲目の「少女」は五輪まゆみさんのデビュー曲です。当時は珍しい海外録音で、ピアノの演奏にキャロル・キングが参加しているそうです。
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。