このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. El Pollo Ricardo(エル・ポージョ・リカルド:ひよこのリカルド)  マリアーノ・モーレス6重奏団 Musica: Luis Alberto Fernandez 1967
  2. A la gran mun~eca(ア・ラ・グラン・ムニェーカ:大きな人形)  ピリンチョ5重奏団 (Letra: Miguel F. Oses) Musica: Jesus Ventura 1951
  3. Tomasito(トマシート:男性の名前トーマスの愛称)  Florindo Sassone y su orquesat tipica(フロリンド・サッソーネ楽団) Musica: Peregrino Paulos 1959
  4. Pa'que se luzca la orquesta(パケ・セ・ルスカ・ラ・オルケスタ:楽団が成功するために)   エクトル・バレーラ楽団  Musica: Jose Orlando Tripodi 1964
  5. A Media Luz(ア・メディア・ルース:淡き光に)  アルフレード・ゴッビ楽団 (Letra: Carlos Cesar Lenzi) Musica: Edgardo Donato 1955
  6. Don Agustin Bardi(ドン・アグスティン・バルディ:アグスティン・バルディ先生)  オラシオ・サルガーン楽団 Musica: Horacio Salgan 1950
  7. Tanguera(タンゲーラ:タンゴの好きなお嬢さん、タンゴ礼賛)  フランティーニ・ポンティエール楽団  Musica: Mariano Mores 1955
  8. Patetico(パテーティコ:悲愴)  アニーバル・トロイロ楽団  Musica:Jorge Caldara 1949
  9. Indio Manso(インディオ・マンソ:大人しいインディオ)  カルロス・ディ・サルリ楽団  Musica: Hector Quesada 1958
  10. Pampa(パンパ:大草原)   フアン・ダリエンソ楽団  Musica: Francisco Pracanico 1951
  11. La guitarrita(ラ・ギタリータ:愛しのギター)   ミゲル・カロー楽団  Musica: Eduardo Arolas 1949
  12. Para dos(パーラ・ドス:二人のために)  オスバルド・プグリエーセ楽団  Musica: Osvaldo Lino Ruggiero 1952

  • 大岩祥浩"タンゴの響き" 最終回です。最終回を惜しむお便りを沢山いただきました。(須磨アンカー)
  • 須磨アンカーが滑らかに曲名などのスペイン語の紹介をするようになったと思ったら、「大岩祥浩"タンゴの響き"」が終了しました。タンゴとスペイン語をほとんど知らない小生に、その世界を垣間見させてもらいました。(小生)
スポンサーサイト
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. En la huella del dolor(エン・ラ・ウエージャ・デル・ドロール:苦しみの後)  Roberto Ray, Osvaldo Fresedo,O.T.(歌:ロベルト・ライ、オスバルド・フレセード楽団) 1934
  2. El adios(エル・アディオース:別れ)  Horacio Lagos, Edgardo Donato,O.T. (歌:オラシオ・ラゴス、エドガルド・ドナートと若者たち) Letra: Virgilio San Clemente Música: Maruja Pacheco Huergo 1938(1937)
  3. Maria angelica(マリア・アンへリカ:女性の名前)  Adolfo A.Perez "Pocholo",O.T.(アドルフォ・ペレス・ポチョーロ古典タンゴ楽団) 1934
  4. El Pan~uelito(エル・パニュエリート:愛しのスカーフ)  Juan Guido,O.T.(フアン・ギード楽団) (Letra: Gabino Coria Pen~aloza) Música:Juan De Dios Filiberto 1928
  5. Mi noche triste(ミ・ノーチェ・トリステ:わが悲しみの夜)   Roberto Diaz,Cayetano Puglisi,O.T.(歌:ロベルト・ディアス、カジェターノ・プグリーシ楽団) Letra: Pascual Contursi  Música: Samuel Castriota 1929(1917)
  6. Buenos Aires(ブエノス・アイレス:アルゼンチンの首都)  Francisco Lomuto,O.T.(フランシスコ・ロムート楽団)(Letra: Manuel Romero)  Música: Manuel Joves 1930
  7. Armenonville(アルメノンビーレ:パレルモ公園にあったタンゴサロンの名称)  Juan Maglio,O.T.(フアン・マグリオ”パチョ”楽団) 1929
  8. Nueve De Julio(ヌエベ・デ・フーリオ:7月9日=アルゼンチンの独立記念日)  Roberto Firpo,O.T.(ロベルト・フィルポ楽団) (Letra: Lito Bayardo) Música: Jose Luis Padura 1927(1908)
  9. La Payanca(ラ・パジャンカ:ガウチョの投げ縄の技)  O.T.Victor(オルケスタ・ティピカ・ビクトル) Música: Augusto Berto 1926
  10. Buen Amigo(ブエン・アミーゴ:良き友)  Julio De Caro,Sexteto(フーリオ・デ・カーロ6重奏団)(Letra: Carlos Malambio Catan) Música: Julio De Caro 1930(1924)
  11. Mis recuerdos(ミス・レクエルドス:我が思い出)  Agesilao Ferrazzano,O.T.(アヘシラオ・フェラサーノ楽団) 1927

  • 「良き友」というのは、フーリオ・デ・カーロのいつも親身になって相談に乗ってくれたお医者さん(名医エンリケ・フィノチェット博士)のことなんだそうです。(須磨アンカー、括弧は小生調べ)
  • タンゴファンのリスナーの方からお便りをいただきました。「昔は日本人はタンゴが好きだといわれましたが、今ではそうではないようです。タンゴの文化は将来どうなるのでしょうか」。そうですね、音楽にはブームがあって、ブームが来て去ってまた来てという波がありますよね。ただ、タンゴファンの方は脈々とタンゴが好きという気持ちをもっていらっしゃるような気ががします。(須磨アンカー)
  • いくつかの曲は作者を調べきれなくて分かりませんでした。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Quejas de bandoneon(ケーハス・デ・バンドネオーン:バンドネオンの嘆き)  Felipe Antonio Conjunto(フェリーぺ・アントーニオ・コンフント) Musica:Juan De Dios Filiberto (1918)
  2. Volver(ボルベール:帰還)/El dia que me quieras(エル・ディーア・ケ・メキエラス:君が私を愛してくれる日)  Osvaldo Tarantino-Osvaldo Berlingieri,piano(タランティーノとべリンジエーリのピアノ2重奏)Musica: Carlos Gardel (Letra:Alfredo Le Pera)(1935)
  3. Responso(レスポンソ:冥福の祈り)   Orquesta Tipica IMPERIAL(オルケスタ・ティピカ・インペリアル) Musica:Anibal Troilo 2003(1951)
  4. La Cumparsita(ラ・クンパルシータ:小さな行進)  Alberto Di Paulo,Orq.(アルベルト・ディ・パウロ楽団) Musica:Geraldo Hernan Matos Rodriguez 1997(1926)
  5. Nostalgias(ノスタールヒアス:郷愁)  Virginia Luque(vo)(ビルヒーニア・ルーケ)(歌)  Musica:Juan Carlos Cobian Letra:Domingo Enriquie Cadicamo
  6. Yira yira(ジーラ・ジーラ:回る、ほっつき歩くこと)   Roberto Goyeneche(vo)(ロベルト・ゴジェネーチェ)(歌) Musica, Letra: Enrique Santos Discepolo (1930)
  7. El Cencerro(エル・センセーロ:カウベルのこと)  Armando Baliotti Orq.(アルマンド・バリオッティ楽団) Musica:Jose Martinez
  8. Chique(チケー:見栄っ張り)  Trio Ciriaco Ortiz(トリオ・シリアコ・オルティス) Musica:Ricardo Luis Brignolo 1939(1920)
  9. Derecho viejo(デレーチョ・ビエホ:まっすぐ進め)   マリオ・デマルコ楽団 Musica:Eduardo Arolas (Letra:Gabriel Clausi) (1916)
  10. Malena(マレーナ:女性の名前)  Juan Carlos Miranda(vo)(フアン・カルロス・ミランダ)(歌)、Lucio Demare,O.T.(ルーシオ・デマーレ楽団) Musica:Lucio Demare (Letra:Homero Manzi) 1942(1941)
  11. Sabado ingles(サバド・イングレース:英国風の土曜日、半ドン)  Juan Maglio,O.T.(フアン・マグリオ”パチョ”楽団) Musica:Juan Maglio (Letra:Eugenio Cardenas) (1910)

  • Volver(ボルベール)は1935年の映画「(El dia que me quieras)想いの届く日」でガルデルが歌ったそうです。(小生)
  • Yira yira(ジーラ・ジーラ)は夜の町をうろうろと徘徊する女性(売春婦)を示しているのだそうです。(須磨アンカー)(括弧は小生)

  • 昨日1月15日(火)のラジオ深夜便はPCのタイマー録音ソフトが原因不明の不調で、録音できませんでした。従って、曲目記事はアップできませんでした。
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. El Remate(エル・レマーテ:終局)  Julio Oscar Pane,Trio(フーリオ・パーネ・トリオ) Música: Alberto Pugliese
  2. La Cumparsita(ラ・クンパルシータ:小さな行進)  Matos Rodriguez,Orq.(マトス・ロドリーゲス記念楽団) Música: Geraldo Hernan Matos Rodriguez (1926)
  3. Derecho Viejo(デレーチョ・ビエホ:まっすぐ進め)  O.T. Buenos Aires(オルケスタ・ティピカ・ブエノスアイレス) Letra: Gabriel Clausi Música: Eduardo Arolas 2004(1916)
  4. Que viejo estoy(ケ・ビエホ・エストイ:我老いたり)  Argentino Ledesma(アルヘンティーノ・レデースマ:歌) Osvaldo Requena,Orq. Letra: Audon López Música: Juan Manuel Velich
  5. Nieblas del Riachuelo(二エブラ・デル・リアチュエーロ:リアチュエロの霧)   Oscar Serpa(オスカル・セルパ:歌) Letra: Domingo Enriquie Cadicamo Música: Juan Carlos Cobian 1937
  6. Catamarca(カタマルカ:アルゼンチン北西部の州の名前)  Enrique Alessio,O.T.(エンリーケ・アレッシオ楽団) Música: Eduardo Arolas 1950
  7. Será Una Noche(セラー・ウーナ・ノーチェ:いつの夜にか)  Oscar Ferrari(オスカル・フェラーリ:歌)、Jose Basso,Orq.(ホセ・バッソ楽団) Letra: Manuel Ferradas Campos Música: Jose Tinelli 1951(1935)
  8. Criolla linda(クリオージョ・リンダ:美しいクリオージャ)  Hector Varela,O.T.(エクトル・バレーラ楽団) Vicente Gorresi(ビセンテ・ゴレッシ) (Letra:Luis Rubistein) Música: Vicente Gorresi, Bernardo Germino 
  9. A Media Luz(ア・メディア・ルース:淡き光に)   Carlos Varela(カルロス・バレーラ:歌)、Roberto Firpo,O.T.(ロベルト・フィルポ楽団) Letra: Edgardo Donato  Música: Carlos Cesar Lenzi 1934
  10. Canaro(カナーロ:人の名前)  Francisco Canaro,O.T.(フランシスコ・カナーロ楽団) Música: Jose Martinaz 1935
  11. Si soy asi(シ・ソイ・アシー:おれはこんな男さ)  Ernesto Fama(エルネスト・ファマー:歌), Francisco Canaro,O.T.(フランシスコ・カナーロ楽団) Letra: Antonio Botta  Música: Francisco Lomuto 1933(1931)

  • Criolla linda(クリオージョ・リンダ:美しいクリオージャ)の「クリオージャ」とはアメリカ大陸で育った欧州系の女性のことです。男性は「クリオージョ」です。(須磨アンカー)
  • この12月はフランシスコ・カナーロの亡くなった月ということで最後にフランシスコ・カナーロ楽団の演奏を2曲かけました。(須磨アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. La Payanca(ラ・パジャンカ:ガウチョの投げ縄の技)  Enrique Mora,Cuarteto Tipico(エンリーケ・モーラ4重奏団) Música: Augusto Berto 1952
  2. Martín(マルティン:男の名前の一つ)  Cuarteto Tipico"Los Ases"(ロス・アセス4重奏団) 1942
  3. El Otario(エル・オターリオ:愚か者)   Don Pancho,Quinteto Tipico(ドン・パンチョ・アルゼンチン5重奏団) Música: Gerardo Metallo 1941
  4. Duelo criollo(ドゥエロ・クリオージョ:クリオージョの決闘)  Charlo(チャルロ) Letra: Lito Bayardo Música: Juan Rezzano 1928
  5. La Morocha(ラ・モローチャ:小麦色の肌の少女)   Mercedes Simone(vo)(メルセデース・シモーネ) Letra: Angel Villoldo Música: Enrique Saborido 1951
  6. Concierto en la luna(コンシエルト・エン・ラ・ルナ:月下のコンチェルト)   Osmar Maderna,Orq.(オスマール・マデルナ楽団) Letra et Música: Osmar Maderna 1946
  7. Para florearse(パラ・フロレアルセ:花咲くために=成功するために)  Francisco Rotundo,O.T.(フランシスコ・ロトゥンド楽団) Música: Francisco Rotundo 1951
  8. El 13(エル・トレーセ:数字の13)  Joaquin Do Reyes,Orq.(ホアキン・ド・レージェス楽団) Música: Alberico Spatola 1950
  9. Arrabal(アラバール:場末)   Osvaldo Pugliese,O.T.(オスバルド・プグリエーセ楽団) Música: Jose Pascual 1974
  10. Flores de invierno (フローレス・デ・インビエルノ:冬の花)  Juan Guido,O.T.(フアン・ギード楽団)
  11. Jueves(フエベス:木曜日)  O.T.Victor(オルケスタ・ティピカ・ビクトル) Música: Udelino Toranzo/Refael Rossi 1934(1916)
  12. La Cumparsita(ラ・クンパルシータ:小さな行進)  Bianco-Bachicha,Orchestre Argentin(ビアンコ・バチャーチャ楽団) Música: Geraldo Hernan Matos Rodriguez 1928

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. El choclo(エル・チョクロ:とうもろこし)  Anibal arias(Guitar) & Osvaldo montes(Bandoneon)(アニバル・アリアスとオスバルド・モンテスの2重奏) 作曲 Angel Villoldo (1903)
  2. Mal de Amores(マル・デ・アモーレス:恋わずらい)  Nuevo Quintet Real(ヌエボ・キンテート・レアル五重奏団) 作曲 Pedro Laurenz  1955(1928)
  3. El amanecer(エル・アマネセール:夜明け)   Orquestas de Homero D'Exposito(オメロ・デスポシト楽団) 作曲 Roberto Firpo  1972(1910s)
  4. Charamusca(チャラムースカ:から騒ぎ)  Orquesta Ricardo Malerba(リカルド・マレルバ楽団) 作曲 Francisco Canaro (1910s)
  5. Homero(オメーロ:古代ギリシャの詩人ホメロスを称える)  Orquesta Juan D'Arienzo(フアン・ダリエンソ楽団) 作曲 Roberto Firpo (1915)
  6. El Bazar de los Juguetes(エル・バサール・デ・ロス・フゲーテス:おもちゃの店)  Alberto Podesta(アルベルト・ポデスター(歌)) 作詞 Reinaldo Yiso 作曲 Alberto Podesta/Roberto Rufino 1981(1954)
  7. Sentimiento Malevo(センティミエント・マレーボ:悪い男の感傷)  Rosita Quiroga(ロシータ・キローガ(歌)) 作詞 Enrique Cadícamo 作曲 Antonio Buglione 1929
  8. La Brisa(ラ・ブリーサ:そよ風)  Juan Canaro & Orquesta Juan Canaro(アンドレアス・ファルガス(歌)、フアン・カナーロ楽団) 作詞 Luis Caruso 作曲 Francisco Canaro & Juan Canaro 1922
  9. Perdóname Fueye querido(ぺルドナーメ・フエジェ・ケリード:バンドネオンよごめんなさい)  orquestas de Antonio Bonavena(アントニオ・ボナベーナ楽団) 作曲 Catalano 1930
  10. Silueta de la tarde(シルエータ・デ・ラ・タルデ:午後のシルエット)  Orquestas de Donato Zerillo(ドナート・セリージョ楽団) 作曲 プリンシペ・クバーノ 1929
  11. Chiquilina(チキリーナ:少女)  Eva Bohr y su Orquesta Criolla Argentina(エバ・ボール楽団) 作曲 Orlando Romanelli 1927
  12. La Cumparsita(ラ・クンパルシータ:小さな行進)  Orquesta Osvaldo Fresedo(オスバルド・フレセード楽団) 作曲 Geraldo Hernan Matos Rodriguez (1926)  

  • 「ぺルドナーメ・フエジェ・ケリード」の フエジェ・ケリード の部分は「愛しの蛇腹=バンドネオン」ということらしいです。(小生)
  • ドナート・セリージョ楽団は、Edgardo Donato と Roberto Zerillo の二人のバイオリニストが主催していた楽団です。(須磨アンカー)
  • 須磨アンカーが以前スペイン語は(習ったことがないので)難しい、と話していたことに対してお便りが来ていました。「全国のタンゴファンはそんなこと気にしていませんよ」と暖かく須磨アンカーのことを見守っているとのことでした。小生も英語(ロシア語も少し)なら多少の見当をつけて探しているのですが、ことスペイン語は全く知らないので本日の曲目リストも間違っているかもしれません。知らないのでどんどん書いてしまっているのが現状です。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Gallo ciego(ガージョ・シエゴ:盲目の雄鶏、子供の遊びの名前のひとつ)  ネオ・タンゴ楽団 music by Agustin Bardi (1917)
  2. Nocturna(ノクトゥルナ:夜想曲、夜のミロンガ)  アルフレド・マルクッチ・トリオ music by Julian Plaza (1959)
  3. La Cumparsita(ラ・クンパルシータ:小さな行進)  ロス・グアポス・デル・ノベシエントス(1900年の色男たち) music by Geraldo Hernan Matos Rodriguez (1926)
  4. Preparense(プレパーレンセ:準備をしなさい)  アストル・ピアソラ5重奏団)music Astor Piazzolla(アストル・ピアソラ) 1961(1951)
  5. A la gran mun~eca(ア・ラ・グラン・ムニェーカ:大きな人形)  (ダンテ・プリチェーリ楽団) lyrics Miguel F. Oses, music by Jesus Ventura 1951(1922)
  6. Estaño(エスターニョ:スズ=酒売り場のカウンター) (ラウル・カプルーン楽団)1950
  7. Cualquier cosa(クアルキエル・コーサ:たとえなんでも)  (ロベルト・カロー楽団、カルロス・ロルダーン(歌)) written by Juan Miguel Velich, Herminia Velich 1951(1928)
  8. エル・モローチョ・イ・エル・オリエンタール:カルロス・ガルデールとホセ・ダサーノのそれぞれのニックネーム)  (アンヘル・ダゴスティーノ楽団、アンヘル・バルガス(歌・語り))1946
  9. (コモ・セ・ピアンタ・ラ・ビーダ:人生は逃げるがごとく)  Alberto Vila(アルベルト・ビラ(歌))
  10. シカトリーセス:傷あと)  Rodolfo Biagi y su orquesta tipica (ロドルフォ・ビアジ楽団、ファルガス(歌))1940
  11. (トリステス・オーラス:悲しみの時間)  Francisco Canaro(フランシスコ・カナロ楽団) 1929

  • スペイン語の知識が全く無い小生は、いくつかのタンゴの原曲名と演奏者名が分かりませんでした。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Queja De Bandoneon(ケハス・デ・バンドネオン:バンドネオンの嘆き)  エルネスト・バッファ・コンフント composed by Juan De Dios Filiberto (1918)
  2. Milonga de mis amores(ミロンガ・デ・ミス・アモーレス:わが愛のミロンガ)  ロス・ブリンジャンテス(ギター・デュオ) composed by Pedro Laurenz (1937)
  3. La Cumparsita(ラ・クンパルシータ:小さな行進)  レイナルド・ニチェーレ四重奏団 music by Geraldo Hernan Matos Rodriguez (1926)
  4. Patio mio(パティオ・ミオ:私の中庭)  エドムンド・リベロ(歌)、ビクトル・プチーノ指揮のオーケストラ 1953
  5. Condina(コンデナ:宣告  アマンダ・レディースマ(歌)1937
  6. Don Gojo(ドン・ゴージョ:男性の名前のひとつで雑誌の名前に使われた)  アルベルト・マンシオーネ楽団 作曲 ルイス・ベルンスティン(1926)
  7. エル・シンパティコ:同志  ドミンゴ・フェデリコ楽団
  8. Emancipacion(エマンシパシオン:解放)  アドルフォ・ペレス“ポチョーロ”古典楽団 Antonio Polito (1910)
  9. チャルレモス:お話しましょう  ダンテ・ロッシ(歌)、ドミンゴ・フェデリコ楽団 composed by Luis Rubistein 1955(1940)
  10. Inocencia(イノセンシア:幼心)  ロベルト・ディアス(歌)、カジュタノ・プグリシ楽団 composed by Mercedes Simone 1929
  11. テ・キエーロ・オルビダール:君を忘れたい  カルロス・フローレス楽団
  12. フベントゥー:青春  フランシスコ・ロモンド楽団 バウエル 193x(192x)

  • エル・シンパティコ」は「チャルレモス」を放送する時に間違えて掛けられた曲です。(小生)
  • 「ロンガ・デ・ミス・アモーレス」は ロス・ブリンジャンテスのギター・デュオで演奏されました。主旋律とコード伴奏、主旋律と主旋律の飛び交う楽しい演奏でした。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. El Huracán(エル・ウラカーン)  フランシスコ・ラウロ6重奏団 (lyrics by Nolo Lopez) music by Edgardo Donato
  2. Felicia(フェリシア)  ピリンチョ5重奏団 (lyrics by Juan Miguel Verich) music by Enrique Saborido
  3. Nueve De Julio(ヌエヴェ・デ・フーリオ)  アルフレード・デ・アンジェリス楽団 (lyrics by Lito Bayardo) music by Jose Luis Padura 1948
  4. Milongueando en el 40(ミロンゲアンド・エネル・クアレンタ)  アルマンド・ポンティエール楽団 1960
  5. Buenos Aires(ブエノス・アイレス)  カルロス・ディ・サルリ楽団 lyrics by Manuel Romero music by Manuel Joves
  6. Elegante papirusa(エレガンテ・パピルーサ)  オスバルド・プグリエーセ楽団 music by Tito Roccatagliata
  7. Che Buenos Aires(チェー・ブエノス・アイレス)  ラウル・ガレーロ楽団 music by Raul Garello
  8. Sentimiento Gaucho(センティミエント・ガウチョ)  リベルター・ラマルケ(vo) music by Francisco Canaro 1937
  9. La Cumparsita(ラ・クンパルシータ)  ロベルト・ディーアス(vo) music by Geraldo Hernan Matos Rodriguez 1926
  10. Dandie(ダンディ)  トリオ・アルヘンティーノとそのオルケスタ

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Sumaka-Katsue)さん

     ♪曲目演目 playlist♪
  1. Libertango(リベルタンゴ)  Sexteto Sur(セステート・スール) 作曲 Astor Piazzolla (1974)
  2. El ultimo cafe(エル・ウルティモ・カフェ)  Daniel Bouchet(ダニエル・ブチェー)(歌)、マルコーニ八重奏団 作曲 Hector Stamponi (1963)
  3. Buenos Aires - Tokio(ブエノスアイレス-東京)  Julian Plaza(フリアン・プラーサ楽団)作曲 Julian Plaza (1966)
  4. La Cumparsita(ラ・クンパルシータ)  Enrique Rodriguez(エンリケ・ロドリゲス楽団) 作曲 Geraldo Hernan Matos Rodriguez
  5. Tanguera(タンゲーラ)  CARLOS FIGARI(カルロス・フィガリ楽団) 作曲 Mariano Mores 1957
  6. Jueves(フエベス)  Victor D'amario(ビクトル・ダマリオ楽団) 作曲 Udelino Toranzo & Refael Rossi
  7. Milonga para Gardel(ミロンガ・パラ・ガルデル)  Alfredo Attadia(アルフレド・アッタディア楽団) 1948
  8. La cancion de Buenos Aires(ラ・カンシオン・デ・ブエノスアイレス)  Carlos Gardel(カルロス・ガルデル)(歌) 作詞 Manuel Romero 作曲 Azucena Maizani、Orestes Cufaro 1933
  9. Al Garrón(アル・ガロン)  Manuel Pizarro(マヌエル・ピサロ楽団) 1934
  10. Mama, yo quiero un novio(ママ・ジョ・キエロ・ウン・ノビオ)  Jose Cohen(ホセ・コーアン)(歌)、EDUARDO BIANCO(エドワルド・ビアンコ楽団) 作詞 Robert Fontaina 作曲 Ramon Collazo 1936
  11. El Distinguido Ciudadano(エル・ディスティンギード・シウダダーノ)  Edgardo Donato(エドガルド・ドナートと若者たち) 作曲 Peregrino Paulos 1940

2:00~3:00JST ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目演目 playlist♪
  1. ラ・ビルータ  カルロス・ガルバン楽団
  2. オテル・ビクトーリア  フロリンド・サッソーネ楽団
  3. ウナ・カンシオーン  アニバル・トロイロ楽団
  4. ラ・クンパルシータ  トロイロ・グレラ四重奏団
  5. ミ・ノーチェ・トリステ  トリオ・シリアコ・オルティス
  6. サバド・イングレス  ロベルト・フィルポ四重奏団
  7. ミ・ドロール  アルベルト・ゴメス(男性歌手)
  8. ノスタルヒアス  ウーゴ・デル・カリル(男性歌手)
  9. ラ・ウエージャ  リカルド・タントゥーリ楽団
  10. ラ・マーラ  ミゲル・カロー楽団
  11. ラ・カチーラ  オルケエスタ・ティピカ・ロス・プロビンシアーノス
  12. アルバレーロ  オアウバルド・フレセード楽団

2:00~3:00JST ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic Concert
アンカー 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. El amanecer(エル・アマネセール)  フアン・カンバレリ(Juan Cambareri)四重奏団 作曲 Roberto Firpo (ロベルト・フィルポ) 1972
  2. Una noche de garufa(ウナ・ノーチェ・デ・ガルーファ)  ホセ・ディベルテーラ古典的五重奏団 作曲 Eduardo Arolas(エドゥアルド・アローラス) 1975
  3. Chique(チケ)  ニコラス・ダレッサンドロ六重奏団  作曲 Ricardo Luis Brignolo(リカルド・ルイス・ブリニョーロ) 1969
  4. El arranque(エル・アランケ)  マリオ・デ・マルコ楽団 作詞 Mario C. Gomila(マリオ・シー・ゴミーラ) 作曲 Julio De Caro (フリオ・デ・カロ) SP盤 1951
  5. La clavada(ラ・クラバーダ)  オラジオ・サルガーン楽団 1950
  6. El hipo(エル・イポ)  フアン・ダリエンソ楽団 1951
  7. Mano a mano(マーノ・ア・マーノ)  エクトル・パラーシオス(歌) 作詞 Celedonio Esteban Flores(セレドニオ・エステバン・フローレス) 作曲 Jose Razzano(ホセ・ラサーノ) 1936
  8. Madre(マードレ)  アッセーナ・マイサーニ(歌) 1930
  9. (プエンテ・シート)  ホセ・セルビーディオ楽団 1938
  10. Silueta de la tarde(シルエータ・デ・ラ・タルデ)  オルケスタ・ティピカ・ブルンスウィック 1929
  11. El mendocino(エル・メンドシーノ)  フアン・ギード楽団
  12. Gringa(グリンガ) フーリオ・ポジェーロ楽団 1927

    放送の聞き書きなのでそれぞれの曲名の意味は下のとおりです。
  • エル・アマネセール  夜明け
  • ウナノーチェ・デ・ガルーファ  酒宴の一夜
  • チケ  気取り屋
  • エル・アランケ  始動
  • ラ・クラバーダ  本命
  • エル・イポ  しゃっくり
  • マーノ・ア・マーノ  手に手(5分5分)
  • マードレ  お母さん
  • プエンテ・シート  小さな橋
  • シルエータ・デ・ラッタルデ  午後のシルエット
  • エル・メンドシーノ  メンドゥーサの人
  • グリンガ  よそ者(女性のよそ者)

    プエンテ・シート は「小さな橋」と言う意味だそうですが、橋は Puente と分かりましたが、「小さな」= シート がどうも分かりませんでした。
  • プエンテシートはスペイン語の文法で、縮小辞の用法が使われていました。プエンテ(Puente)+縮小辞(シート、+c+ito)=Puentecito と言うことになるようです。意味は「ちっちゃい(小さくて可愛らしい)橋」となります。ご教授いただいたR様ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。