このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

カントリー・クラシックス の記事(8件ごとに表示)

<< Prev Page Next Page >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Hobo Bill's Last Ride(ホーボー・ビルズ・ラスト・ライド)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Waldo O'Neal 1930
  2. Sleep, Baby, Sleep(スリープ・ベイビー・スリープ)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Jimmie Rodgers/Traditional 1933
  3. Frankie and Johnny(フランキー&ジョニー)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) traditional
  4. Waiting For a Train(汽車を待って)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers 1929
  5. Pistol Packin' Papa(ピストル・パッキン・パパ)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers/Waldo O'Neal 1930
  6. Blue Yodel No.9(ブルー・ヨーデル・ナンバー9)  Jimmie Rodgers & Louis Armstrong(ジミー・ロジャース & ルイ・アームストロング:コルネット) written by Jimmie Rodgers 1931
  7. Peach Pickin' Time in Georgia(桃の実の熟す時)  Jimmie Rodgers & the Rainbow Ranch Boys(ジミー・ロジャース&レインボー・ランチ・ボーイズ) written by Clayton McMichen/Jimmie Rodgers 1960
  8. No Hard Times(ノー・ハード・タイムス)  Merle Haggard(マール・ハガード) written by Jimmie Rodgers 1969
  9. T For Texas (Blue Yodel No. 1)(ティー・フォー・テキサス:ブルー・ヨーデル・ナンバー・ワン)   Dwight Yoakam(ドワイト・ヨーカム) written by Jimmie Rodgers (1927)
  10. Dreaming With Tears In My Eyes(ドリーミング・ウィズ・ティアーズ・イン・マイ・アイズ)  Bono(ボノ) written by Jimmie Rodgers
  11. Train Whistle Blues(トレイン・ホイッスル・ブルース)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Jimmie Rodgers 1930
  12. Down The Old Road To Home(ダウン・ザ・オールド・ロード・トゥ・ホーム)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers, Carey D. Harvey 1932

スポンサーサイト
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Hey Good Lookin'(ヘイ・グッド・ルッキン)  Hank Williams(ハンク・ウィリアムス) written by Hank Williams 1951
  2. The Mansion on the Hill(マンション・オン・ザ・ヒル)  Hank Williams(ハンク・ウィリアムス) written by Fred Rose/Hank Williams 1968
  3. Kaw Liga(カウ・ライジャ)    Hank Williams(ハンク・ウィリアムス) written by Fred Rose/Hank Williams 1952
  4. Lonesome Whistle(ロンサム・ホイッスル:淋しき汽笛)  Hank Snow(ハンク・スノウ) written by Jimmie Davis/Hank Williams 1963
  5. Cold, Cold Heart(コールド・コールド・ハート)  Louis Armstrong(ルイ・アームストロング) written by Hank Williams 1951
  6. Half as Much(ハーフ・アズ・マッチ)  Rosemary Clooney(ローズマリー・クルーニー) written by Curley Williams 1952
  7. Your Cheatin' Heart(ユアー・チーチング・ハート)  Ray Charles(レイ・チャールズ) written by Hank Williams 1952
  8. Jambalaya (On the Bayou)(ジャンバラヤ)   Carpenters(カーペンターズ) written by Hank Williams 1973(1952)
  9. Long Gone Lonesome Blues(ロング・ゴーン・ロンサム・ブルース)  Sheryl Crow(ハンク・ウィリアムス) written by Hank Williams (1950)
  10. You Win Again(ユー・ウィン・アゲイン)  Keith Richards(キース・リチャーズ) written by Hank Williams 2001(1952)
  11. I Don't Care(アイ・ドント・ケア)  Hank Williams Jr.(ハンク・ウィリアムス・ジュニア) written by Hank Williams
  12. I Saw the Light(アイ・ソー・ザ・ライト)  Hank Williams(ハンク・ウィリアムス) written by Hank Williams1948
  13. Lovesick Blues(ラヴシック・ブルース)  Hank Williams(ハンク・ウィリアムス) written by Cliff Friend and Irving Mills 1946(1922)

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 高橋淳之(Takahashi-Atsuyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Waiting For a Train(Blue Yodel No. 4)(汽車をまって)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Jimmie Rodgers 1929
  2. Sleep, Baby, Sleep(スリープ・ベイビー・スリープ)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Jimmie Rodgers/Traditional 1933
  3. Frankie and Johnny(フランキー&ジョニー)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) traditional 1929
  4. Blue Yodel No.9(ブルー・ヨーデル・ナンバー9)  Jimmie Rodgers & Louis Armstrong(ジミー・ロジャース & ルイ・アームストロング:コルネット) written by Jimmie Rodgers 1931
  5. Mule Skinner Blues(Blue Yodel No. 8)(ミュール・スキナー・ブルース)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ) written by Jimmie Rodgers
  6. Mother, The Queen Of My Heart(マザー、ザ・クイーン・オブ・マイ・ハート)  Merle Haggard(マール・ハガード) written by Jimmie Rodgers 1969
  7. Any Old Time(Blue Yodel No. 7)(エニイ・オールド・タイム)  Maria Muldaur(マリア・マルダー) written by Jimmie Rodgers (1930)
  8. Somewhere Down Below the Mason Dixon Line(サムホエア・ダウン・ピロウ・ザ・メイソン・ディクソン・ライン)  Mary Chapin Carpenter(メアリー・チェイピン・カーペンター) Composed by: Jimmie Rodgers / Will Ryan 1997
  9. My Blue-Eyed Jane(マイ・ブルー・アイド・ジェーン)  Bob Dylan(ボブ・ディラン) written by Jimmie Rodgers , LuluBell White (1931)
  10. T For Texas (Blue Yodel No. 1)(ティー・フォー・テキサス)  Dwight Yoakam(ドワイト・ヨーカム) written by Jimmie Rodgers (1927)
  11. Peach Picking Time In Georgia(ピーチ・ピッキング・タイム・ダウン・イン・ジョージア:桃の木の熟す時)  Willie Nelson(ウイリー・ネルソン:ウィリー・ネルソン) written by Jimmie Rodgers, Clayton McMichen
  12. Mississippi Delta Blues(ミシシッピー・デルタ・ブルース)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) Composed by: Jack Neville / Jimmie Rodgers / Neville 1933

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Foggy Mountain Breakdown(フォギー・マウンテン・ブレイクダウン)  Lester Flatt(レスター・フラット)& Earl Scruggs(アール・スクラッグス) written by Earl Scruggs 1967(1949)
  2. Mule Skinner Blues (Blue Yodel No. 8)(ミュール・スキナー・ブルース)  Van Morrison(ヴァン・モリスン) written by Jimmie Rodgers/George Vaughn 1940(1933)
  3. Molly and Tenbrooks(モリー・アンド・テンブルックス:モリーとテンブルックス)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Bill Monroe 1947
  4. My Cabin In Caroline(キャロラインの山小舎で)  Lester Flatt(レスター・フラット)& Earl Scruggs(アール・スクラッグス) Composed by: Earl Scruggs / Lester Flatt 1948
  5. 'Tis Sweet to Be Remembered(ティス・スウィート・トゥ・ビー・リメンバード)  Lester Flatt(レスター・フラット)& Earl Scruggs(アール・スクラッグス) Composed by: Mac Wiseman 1951
  6. The Ballad Of Jed Clampett(じゃじゃ馬億万長者:テレビ番組『The Beverly Hillbillies』のテーマソング)  Flatt & Scruggs and the Foggy Mountain Boys(レスター・フラット、アール・スクラッグス&ザ・フォギー・マウンテン・ボーイズ) written by Paul Henning 1963
  7. Poison Lies(罪なうわさ)  The Stanley Brothers & the Clinch Mountain Boys(スタンレー・ブラザース&ザ・クリンチ・マウンテン・ボーイズ) written by Carter Stanley 1954
  8. Orange Blossom Special(オレンジ・ブロッサム・スペシャル)  The Stanley Brothers & the Clinch Mountain Boys(スタンレー・ブラザース&ザ・クリンチ・マウンテン・ボーイズ)  written by Ervin T. Rouse 1962?
  9. Air Mail Special(エアー・メイル・スペシャル)  Jim & Jesse, The Virginia Boys(ジム & ジェシー & ヴァージニア・ボーイズ) written by Ossie Godson / Leon Rusk 1953
  10. Y'All Come(ユー・オール・カム)  Jim & Jesse, The Virginia Boys(ジム & ジェシー & ヴァージニア・ボーイズ)Composed by: Arlie Duff 1964
  11. Ruby (Are You Mad?) (ルビー)  The Osborne Brothers(オズボーン・ブラザース)Composed by: Cousin Emmy 1956
  12. Once More(ワンス・モア)  Osborne Brothers(オズボーン・ブラザース) Composed by: Dusty Owens 1957
  13. Rocky Top(ロッキー・トップ)  Osborne Brothers(オズボーン・ブラザース) written by Boudleaux Bryant, Felice Bryant 1968
  14. Blue Moon of Kentucky(ケンタッキーの青い月)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ) written by Bill Monroeb 1973(1946)

  • Lester Flatt(レスター・フラット)& Earl Scruggs(アール・スクラッグス)による Foggy Mountain Breakdown(フォギー・マウンテン・ブレイクダウン)です。バンジョーの速弾きが有名です。小生が大学に入学した1970年代後半では学生のコピーバンドがよくこれを演奏していました。(小生)


  • Osborne Brothers(オズボーン・ブラザース)による Rocky Top(ロッキー・トップ)です。よく知られた曲です。(小生)
      
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Blue Yodel No.8(Mule Skinner Blues)(ブルー・ヨーデル・ナンバー8)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers 1931
  2. Frankie and Johnny(フランキー&ジョニー)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) traditional
  3. Blue Yodel No.9(ブルー・ヨーデル・ナンバー9)  Jimmie Rodgers & Louis Armstrong(ジミー・ロジャース & ルイ・アームストロング:コルネット) written by Jimmie Rodgers 1931
  4. Dear Old Sunny South by the Sea(ディア・オールド・サニー・サウス・バイ・ザ・シー:懐かしき南の海辺)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers/ E.T. Cozzens 1928
  5. Train Whistle Blues(トレイン・ホイッスル・ブルース)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Jimmie Rodgers 1930
  6. No Hard Times(ノー・ハード・タイムス)  Merle Haggard(マール・ハガード) written by Jimmie Rodgers
  7. Any Old Time(エニイ・オールド・タイム)  Maria Muldaur(マリア・マルダー) written by Jimmie Rodgers (1930)
  8. Waiting for a Train(ウェイティング・フォー・ア・トレイン)  Dickey Betts(ディッキー・ベッツ) written by Jimmie Rodgers 1929
  9. Peach Picking Time In Georgia(ピーチ・ピッキング・タイム・ダウン・イン・ジョージア:桃の木の熟す時)  Willie Nelson(ウイリー・ネルソン:ウィリー・ネルソン) written by Jimmie Rodgers, Clayton McMichen
  10. Down The Old Road To Home(ダウン・ザ・オールド・ロード・トゥ・ホーム)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers, Carey D. Harvey 1932
  11. Hobo Bill's Last Ride(ホーボー・ビルズ・ラスト・ライド)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Waldo O'Neal 1930
音の風景
  北海道天売島
日本海に浮かぶ周囲およそ12kmの小さな島。険しい崖が自然のまま残されているこの島は多くの海鳥の楽園。島で最もよく見られる鳥は「ウトウ」。昼間は海の上で暮らす。夜に島へ帰ってくる。観察ツアーの解説員と人々の話し声。ウトウの巣の近くではウミネコが餌の魚を狙う。夜が更けると40万羽のウトウが帰ってくる。雛に餌を与え終わる頃ウミネコも姿を消し、ウトウの一日が終わる。

  • ジミー・ロジャースの公式ホームページです。→ http://www.jimmierodgers.com/
  • 以前に宮川アンカーが解説した「ホーボー・ビルズ・ラスト・ライド」を再び引用します。この歌は hobo(さすらい) ソングです。貨物列車に無賃乗車してさすらうビル。冷たい雨に打たれ濡れて、そのまま貨物列車のなかで死んで行くという切ない内容です。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 徳田彰(Tokuda-Akira)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Blue Yodel No.1(T For Texas)(ブルー・ヨーデル・ナンバー1:ティー・フォー・テキサス)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Jimmie Rodgers 1928
  2. Sleep, Baby, Sleep(スリープ・ベイビー・スリープ)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Jimmie Rodgers/Traditional 1933
  3. Waiting For a Train(汽車を待って)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers 1929
  4. Train Whistle Blues(トレイン・ホイッスル・ブルース)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Jimmie Rodgers 1930
  5. Jimmy's Texas Blues(ジミーズ・テキサス・ブルース)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Jimmie Rodgers 1929
  6. Hobo Bill's Last Ride(ホーボー・ビルズ・ラスト・ライド)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) written by Waldo O'Neal 1930
  7. Mule Skinner Blues (Blue Yodel No. 8)(ミュール・スキナー・ブルース)  Van Morrison(ヴァン・モリスン) written by Jimmie Rodgers/George Vaughn 1997(1933)
  8. My Blue-Eyed Jane(マイ・ブルー・アイド・ジェーン)  Bob Dylan(ボブ・ディラン) written by Jimmie Rodgers/LuluBell White 1998(1931)
  9. Miss the Mississippi and You(ミス・ザ・ミシシッピー・アンド・ユー)  David Ball(デビッド・ボール) written by Bill Halley/Jimmie Rodgers 1997
  10. Peach Pickin' Time Down in Georgia(ピーチ・ピッキン・タイム・ダウン・イン・ジョージア:桃の実の熟す時)   Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース & レインボー・ランチ・ボーイズ) written by Jimmie Rodgers/Clayton McMichen 1933
  11. Frankie and Johnny(フランキー&ジョニー)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース) traditional
音の風景
  京都府・京丹後
鳴き砂の浜。砂の中の石英がこすれて出す音。かつては日本中の白い砂浜が鳴いたという。蛙のような鳴き声。不純物が混じると石英は鳴かない。鳴き砂はきれいな砂浜の証。琴引き浜・鳴き砂文化館。世界の鳴き砂を集めて、実際に鳴らすことができる。きれいな海の大切さを伝えている。

  • Hobo song「ホーボーソング」、train song「トレインソング」とも呼ばれています。Hobo とは「放浪する」という意味で「ほうぼう放浪する」と覚えました。(徳田アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Long Gone Lonesome Blues(ロング・ゴーン・ロンサム・ブルース)  Hank Williams(ハンク・ウィリアムス) written by Hank Williams 1950
  2. I Saw the Light(アイ・ソー・ザ・ライト)  Roy Acuff & His smoky mountain boys(ロイ・エイカフとスモーキー・マウンテン・ボーイズ) written by Hank Williams1948
  3. The Mansion on the Hill(マンション・オン・ザ・ヒル)  Ernest Tubb(アーネスト・タブ) written by Fred Rose/Hank Williams 1968
  4. Lovesick Blues(ラヴシック・ブルース)  Patsy Cline(パッツィー・クライン) written by Cliff Friend/Irving Mills 1964
  5. Baby, We're Really in Love(ベイビー・ウィアー・リアリー・イン・ラヴ:恋に落ちて)  Don Gibson(ドン・ギブソン) written by Hank Williams 1962
  6. Cold, Cold Heart(コールド・コールド・ハート)  Tony Bennett(トニー・ベネット) written by Hank Williams (1951)
  7. Your Cheatin' Heart(ユアー・チーチング・ハート)  Ray Charles(レイ・チャールズ) written by Hank Williams 1952
  8. Jambalaya (On the Bayou)(ジャンバラヤ)  The Carpenters(カーペンターズ) written by Hank Williams 1973(1952)
  9. You Win Again(ユー・ウィン・アゲイン)  Keith Richards(キース・リチャーズ) written by Hank Williams 2001(1952)
  10. Lonesome Whistle(ロンサム・ホイッスル:淋しき汽笛)  Hank Snow(ハンク・スノウ) written by Jimmie Davis/Hank Williams 1963
  11. I Can't Help It(アイ・キャーント・ヘルプ・イット)  Skeeter Davis(スキーター・デイヴィス) written by Hank Williams 1971(1969)
  12. Kaw-Liga(カウライジャ)  The Sons of the Pioneers(ザ・サンズ・オブ・ザ・パイオニアーズ) written by Fred Rose/Hank Williams 1957
  13. I'm So Lonesome I Could Cry(泣きたいほどの寂しさだ)  Hank Williams(ハンク・ウィリアムス) written by Hank Williams 1949

  • 今夜はハンク・ウィリアムスの作った曲、あるいはヒットさせた曲などをお楽しみいただこうと思います。(松本アンカー)
  • Lonesome Whistle(ロンサム・ホイッスル)を聴いていたら、かまやつひろしさんの「どうにかなるさ」を思い出しました。とてもよく似ています。(小生)
  • Kaw-Liga(カウライジャ)は木彫りのインデアン娘との結ばれぬ恋を歌ったラブソングです。(松本アンカー)
  • ハンク・ウィリアムスのファンサイト(英語)です。当時の写真やデータも充実しています。→ http://www.hankwilliamsinternationalfanclub.com/index.htm
  • 前回ハンク・ウィリアムスの特集が放送されたときの記事はこちら→ http://radioshinyabin.blog71.fc2.com/blog-entry-711.html
  • (リスナーからのお便りを受けて)実は私、香川県高松の出身なんですが、高松では餡餅の雑煮を食べます。高松ではそうなんです。味噌の味と甘いあんこの味がとってもおいしいです。(松本アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)

     ♪曲目 playlist♪
  1. Take Me Home, Country Roads(カントリー・ロード:故郷へ帰りたい)  Loretta Lynn( ロレッタ・リン) written by John Denver/Bill Danoff/Taffy Nivert (1971)
  2. I Want to Be a Cowboy's Sweetheart(カウボーイの恋人になりたいの)  Rosalie Allen( ロザリー・アレン) written by Patsy Montana 1946
  3. I Dreamed Of A Hillbilly Heaven (夢に見たヒルビリー天国)  Anita Carter(アニタ・ カーター)written by Eddie Dean/Hal Southern 1955
  4. Send Me the Pillow That You Dream on(夢の枕を)  Kitty Wells(キティー・ウェルス) written by Hank Locklin 1960
  5. Under Your Spell Again(アンダー・ユア・スペル・アゲイン)  Jean Shepherd(ジーン・ シェパード) written by Buck Owens/Dusty Rhodes 1961
  6. Silver Threads And Golden Needles(銀の糸と金の針)  Wanda Jackson(ワンダ・ ジャクソン) written by Jack Rhodes and Dick Reynolds 1956
  7. I Fall to Pieces(アイ・フォール・トゥ・ピーセズ)  Patsy Cline(パッツィ・クライン) written by Hank Cochran/Harlan Howard 1961
  8. Once a Day(ワンス・ア・デイ) Connie Smith(コニー・スミス) written by Bill Anderson 1964
  9. Let's Go All the Way(レッツ・ゴー・オール・ザ・ウェイ)  Norma Jean(ノーマ・ジーン) written by Dusty Rose 1964
  10. Your Cheatin' Heart(ユア・チーティン・ハート)  Skeeter Davis(スキーター・デイヴィス) written by Hank Williams 1960
  11. Stand by Your Man(スタンド・バイ・ユア・マン)  Tammy Wynette(タミー・ウィネット) written by Tammy Wynette/Billy Sherrill 1968
  12. My Tennessee Mountain Home(マイ・テネシー・マウンテン・ホーム)  Dolly Parton(ドリー・パートン) written by Dolly Parton 1973
  13. Together Again(トゥゲザー・アゲイン)  Emmylou Harris(エミルー・ハリス) written by Buck Owens 1975(1964)

  • ロレッタ・リンの「カントリー・ロード:故郷へ帰りたい」は曲の終わりがフェイドアウトしていて、ジョンデンバーのバージョンと比べて穏やかな歌い方になっています。(小生)
  • カウボーイの恋人になりたいの」を聞くたびにあのアメリカの天才美少女ジョンベネ・ラムジーちゃんを思い出します。真っ赤なカウボーイルックで上手に歌っていた姿が今でもYouTubeで見られます。文字通り死んだ子の歳を数えると、生きていればもう18歳になります。幼いだけにまっとうできなかった命が惜しまれます。(小生)
  • Stand by Your Man(スタンド・バイ・ユア・マン)は以前に須磨アンカーが担当のときにも放送されました。そのとき、須磨アンカーは「1968年というウーマンリブ運動が盛んなときに『Stand by Your Man:あなたの夫のそばに立ちなさい』という保守回帰の歌がヒットチャート1位になりました。ウーマンリブの反動だったのでしょうか?面白い現象でした」と解説していたように覚えています。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 秋山隆(Akiyama-Takashi)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Release Me(リリース・ミー)  Ray Price(レイ・プライス) written by Eddie Miller/Dub Williams/Robert Yount 1954
  2. Blue Moon of Kentucky(ケンタッキーの青い月)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Bill Monroe
  3. Detour(まわり道)  Elton Britt(エルトン・ブリット) written by Paul Westmoreland 1946
  4. Bouquet Of Roses(バラの花束)  Eddy Arnold(エディー・アーノルド) written by Bob Hilliard/Steve Edward Nelson 1947
  5. I'm Movin' On(ムービン・オン)  Hank Snow(ハンク・スノウ) written by Hank Snow 1950
  6. I'm Casting My Lasso Towards The Sky(大空に投げ縄を放れば)  Slim Whitman(スリム・ホイットマン) written by Jimmy Wakely/Lee White 1949
  7. A Satisfied Mind(満たされた心)  Porter Wagoner(ポーター・ワゴナー) written by Joe "Red" Hayes/Jack Rhodes 1956
  8. Once a Day(ワンス・ア・デイ)  Connie Smith(コニー・スミス) written by Bill Anderson 1964
  9. Stand by Your Man(スタンド・バイ・ユアー・マン)  Tammy Wynette(タミー・ウィネット) written by Billy Sherrill/Tammy Wynette 1968
  10. Rose Garden(ローズ・ガーデン)  Lynn Anderson(リン・アンダーソン) written by Joe South 1970(1955)
  11. Honky Tonk Man(ホンキー・トンク・マン)  Johnny Horton(ジョニー・ホートン) written by Tillman Franks/Howard Hausey/Johnny Horton 1957
  12. El Paso(エル・パソ)  Mart Robbins(マーティ・ロビンス) written by Marty Robbins 1959
  13. Faded Love(色あせし恋)   Conway Twitty & Loretta Lynn(コンウェイ・トウィッティ&ロレッタ・リン) written by Johnnie Lee Wills/Bob Wills 1969

  • I'm Casting My Lasso Towards The Sky(大空に投げ縄を放れば)はカントリー・ヨーデルです。ヨーロッパのヨーデルとはまた違ったとても軽快なテンポで歌われます。(秋山アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Waiting For a Train(汽車を待って)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers 1929
  2. Blue Moon of Kentucky(ケンタッキーの青い月)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Bill Monroe
  3. Blue Yodel No.8(Mule Skinner Blues)(ブルー・ヨーデル・ナンバー8)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers 1931
  4. Blue Yodel No.8(Mule Skinner Blues)(ブルー・ヨーデル・ナンバー8)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Jimmie Rodgers (1931)
  5. Blue Yodel No.1(T For Texas)(ブルー・ヨーデル・ナンバー1:ティー・フォー・テキサス)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers 1928
  6. Dear Old Sunny South by the Sea(ディア・オールド・サニー・サウス・バイ・ザ・シー)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers/ E.T. Cozzens 1928
  7. Pistol Packin' Papa(ピストル・パッキン・パパ)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers/Waldo O'Neal 1930
  8. Any Old Time(エニイ・オールド・タイム)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers 1930
  9. Hobo Bill's Last Ride(ホーボー・ビルズ・ラスト・ライド)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Waldo O'Neal 1930
  10. Orange Blossom Special(オレンジ・ブロッサム・スペシャル)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Ervin T. Rouse 1962?
  11. Will You Be Loving Another Man?(ウィル・ユー・ビー・ラヴィング・アナザー・マン)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Lester Flatt/Bill Monroe
  12. Wicked Path of Sin(ウイキッド・パス・オプ・シン)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Bill Monroe
  13. Molly and Tenbrooks(モリー・アンド・テンブルックス)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Bill Monroe 1958
  14. Blue Grass Special(ブルーグラス・スペシャル)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Bill Monroe 1958

  • ジミー・ロジャースは戦前の1920年代から30年代初めにかけて活動したシンガーソングライターでした。ビル・モンローはブルーグラス・ミュージックの生みの親です。(宮川アンカー)
  • ジミー・ロジャースの公式ホームページです。→ http://www.jimmierodgers.com/
  • Pistol Packin' Papa(ピストル・パッキン・パパ)の曲名で「パパ」のところを「ママ」と宮川アンカーは紹介していましたが、「パパ」が正しいようです。(小生)
  • 30年ほど前の小生が大学に入学した春に、大学キャンパスでサークル員勧誘をしようとブルーグラスのサークルメンバーがバンジョーをかき鳴らしていたことを覚えています。大学紛争もほぼ落ち着いて気の抜けたようなほっとした時代でした。(小生)
2:00~3:00JST ロマンチックコンサート Romantic Concert
アンカー 斎藤季夫(Saitoh-Sueo)さん

 ♪曲目 playlist♪
1.Country Gentleman(カントリー・ジェントルマン)  Chet Atkins(チェット・アトキンス) Composed by Chet Atkins 1953
2.Four Walls(フォア・ウォールス)  Jim Reeves(ジム・リーブス) Written by George Campbell and Marvin Moore 1965
3.I Can't Stop Loving You(愛さずにいられない) Don Gibson(ドン・ギブソン)Written by Don Gibson 1957
4.Three Bells(谷間に三つの鐘が鳴る)  The Browns(ブラウンズ) lyrics: Bert Reisfeld  based on French song "Les trois cloches" 1959/1960/1966
5.Sweet Dreams(スイート・ドリームス)  Patsy Cline (パッツィ・クライン)Written by Don Gibson 1963

6.Hello Walls(ハロー・ウォールス)  Faron Young(ハロン・ヤング)lyrics: Faron Young 1961
7.May You Never Be Alone(メイ・ユー・ネバー・ビー・アロン)  Ferlin Husky(ファーリン・ハスキー) 1961
8.Singing the Blues (ブルースを歌おう)  Marty Robbins(マーティ・ロビンス) 1958
9.I think I Know(アイ・シンク・アイ・ノウ)  Marion Worth(マリオン・ワース) 1963
10.Wound Time can't Erase(ワーンド・タイム・キャーンツ・イレイス)  Stonewall Jackson(ストーンウォール・ジャクソン) 1965

11.Still(スティル)  Bill Anderson(ビル・アンダーソン) 1963
12. Please Help Me I'm Falling(迷わせないで)  Hank Locklin (ハンク・ロックリン) lyrics: Hank Locklin 1960
13.Make The World Go Away(思い出のバラード)  Eddy Arnold(エディ・アーノルド) 1965
14.My Last Date(マイ・ラスト・デイト)  Skeeter Davis(スキーター・デイヴィス)lyrics: Skeeter Davis 1960
15.South(サウス)  Chet Atkins(チェット・アトキンス) Composed by Chet Atkins 1954


懐かしいチェット・アトキンスの曲が二つも放送されました。小生、高校生の頃、ギターの上手い友人にチェット・アトキンスのレコードを聞かされていっしょにコピーして演奏(の練習)をしたものでした。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 斎藤季夫

 ♪曲目♪
1.アクト・ナチュラリー(Act Naturally)  バック・オーウェンス(Buck Owens) 1963
2.ロッキー・トップ(Rocky Top)  オズボーン・ブラザーズ(Osborne Brothers) 1968
3.じゃじゃ馬億万長者(The Ballad Of Jed Clampett)  レスター・フラット(Lester Flatt)、アール・スクラッグス(Earl Scruggs) 1962
4.恋のレース(The Race Is On)  ジョージ・ジョーンズ(George Jones) 1964
5.ウォーキング・ザ・フロアー・オーヴァー・ユー(Walking the Floor Over You) マール・ハガード(Merle Haggard) 1941

6.ワンス・ア・デイ(Once a Day)  コニー・スミス(Conie Smith) 1964
7.ひどい仕打ちに(I Fall to Pieces)  パッツィー・クライン(Patsy Cline) 1961
8.二人の青い鳥(My Elusive Dreams)  デヴィッド・ヒューストン(David Houston)、タミー・ウイネット(Tammy Wynette) 1967
9.ジャクソン(Jackson)  ジョニー・キャッシュ(Johnny Cash) 、ジューン・カーター(June Carter) 1968
10.どこへでも行ってやろう(I've Been Everywhere) ハンク・スノー(Hank Snow) 1962

11.ちょっぴり寂しいこの気持ち(Little Bitty Tear)  バール・アイヴス(Burl Ives) 1962
12.恋の架け橋が落ちるとき  ワーナー・マック()
13.思い出のバラード(Make The World Go Away)  エディ・アーノルド(Eddy Arnold) 1965
14.ジェントル・オン・マイ・マインド(Gentle on My Mind) グレン・キャンベル(Glen Campbell) 1967
15.心の思い出(For the good times)  レイ・プライス(Ray Price) 1967


3曲目の「じゃじゃ馬億万長者(The Ballad Of Jed Clampett)」は、1960年代に人気を博したシチュエイションコメディのCBSテレビ番組「The Beverly Hillbillies」のテーマソングです。南カリフォルニアに住んだヒルビリー一家の中で繰り広げられるコメディで、1993年に映画化もされました。

10曲目の「どこへでも行ってやろう」はトラベリング・ソングといわれて、アメリカのいろんな土地を歌いこんでいます。もともとはオーストラリアの様々な町を羅列する歌詞で、人気を博し、後に北米、ニュージーランドでもそれぞれのバージョンが親しまれたようです。WIKIPEDIAで歌詞を調べたら、歌いこまれた北米の都市は91ありました。
2006年のピクサー映画作品 "Cars" のエンドロールに使用されたようですが、ご覧になった方は気づきました?

今回の放送はたくさん曲が紹介されたので、曲の原題を調べるのにちょっと時間がかかりました。面白いのですが、疲れました。次回は紹介された題名だけにするかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。