このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 若葉のささやき  天地真理 作詞 山上路夫 作曲 森田公一 編曲 竜崎孝路 昭和48年 1973
  2. 木蘭の涙(アコースティック・ヴァージョン)  スターダスト・レヴュー 作詞 山田ひろし 作曲 柿沼清史
  3. 夢色ラプソディー  コロムビア・ガールズ・コレクション(南 かな子、(三代目)コロムビア・ローズ、松川 未樹、出光 仁美) 作詞 喜多條忠 作曲 水森英夫 編曲 石倉重信
  4. 旅の終りに  冠二郎 作詞 立原岬(五木寛之) 作曲 菊地俊輔 昭和52年 1977

  • 埼玉出身の歌手ということでとくしゅうしました。(宮川アンカー)
スポンサーサイト
1:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 のど自慢旅日記 J
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. オリーブの歌  二葉あき子 作詞 加西新太郎 作曲 服部良一 昭和32年 1957
  2. 二十四の瞳  (二代目)コロムビア・ローズ 作詞 丘灯至夫 作曲 戸塚三博 昭和40年 1965
  3. 波止場しぐれ  石川さゆり 作詞 吉岡治 作曲 岡千秋 編曲 若草恵 昭和60年 1985
  4. 失恋記念日  伍代夏子 作詞 吉岡治 作曲 若草恵
  5. 瀬戸の花嫁  小柳ルミ子 作詞 山上路夫 作曲 平尾昌晃 編曲 森岡賢一郎 昭和47年 1972

  • 小豆島には一度行ったことがあります。高松港からフェリーで土庄港へ渡り、岬の分教場を見て(木造校舎の中に入れます)岡山の牛窓港へわたりました。12月の風の無い曇りの暖かい日でした。また行ってみたいです。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 のど自慢 旅日記
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 楽しい喫茶店  荒井恵子 作詞 石田喜代夫 作曲 石田喜代夫 昭和27年 1952
  2. 涙のグラス  鳴海日出夫(なるみ・ひでお) 作詞 野村俊夫 作曲 石毛長二郎 昭和29年 1954
  3. 十三夜  小笠原美都子(おがさわら・みつこ) 作詞 石松秋二 作曲・編曲 長津義司 昭和16年 1941
  4. この世の花  島倉千代子 作詞 西条八十 作曲 万城目正 編曲 松尾健司 昭和30年 1955
  5. 落葉しぐれ  三浦洸一 作詞 吉川静夫 作曲 吉田正 編曲 佐野雅美 1953
  6. なみだ船  北島三郎 作詞 星野哲郎 作曲・編曲 船村徹 昭和37年 1962
  7. 黄昏シネマ  あさみちゆき 作詞 田久保真見 作曲 杉本眞人 平成17年 2005
  8. おいら  テツ&トモ 作詞 ただ雪 作曲 正田ヒロ 編曲 Lucky Boys 平成17年 2005

  • のど自慢から誕生した歌手の方々のエピソードを紹介しました。(宮川アンカー)
  • 今はのど自慢の出場者は15歳以上に限られていますが、当時はそれ以下の年の島倉千代子さんも出場しています。(宮川アンカー)
  • 「あさみちゆき」さんは あさみ・ちゆき と読みます。(小生)
  • テツ&トモのギターを持っているトモさんはのど自慢でチャンピオンになりました。「なんでだろー」のほかにまじめな歌も歌っています。「おいら」は救急隊員の歌です。(宮川アンカー)
  • すべての曲は途中までで、全曲は放送されませんでした。(小生)
1:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. いもがらぼくと  鈴木正夫
  2. 刈干切唄(かりぼしきりうた)  奈須稔(なす・みのる) 宮崎県高千穂地方の民謡
  3. 日向木挽唄(ひゅうがこびきうた)  原田直之 宮崎県民謡
  4. シャンシャン馬道中唄  下谷二三子(したや・ふみこ)
  5. 田原坂  三橋美智也 熊本県俗謡

  • いもがらぼくと」は日向の男性の代名詞で、もともとは里芋の茎で作った木刀のことを指しているそうです。見掛けは頼もしく立派だが、中は空洞でたたいても痛くないという、お人よしの人柄を指しているのだそうです。(小生)。
1:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 宗谷岬  ダ・カーポ 作詞 吉田弘 作曲 船村徹 (昭和51年 1976)
  2. 夢見る丘(北海道東藻琴村イメージソング )  ふあっと(舟田淳子 A-Fut ティーンズクルー) 作詞・作曲 梶原正毅
  3. 知床旅情  加藤登紀子 作詞・作曲 森繁久彌 昭和45年 1970(昭和40年 1965, 昭和35年 1960)
  4. 流氷の駅  走裕介(はしり・ゆうすけ) 作詞 池田充男 作曲 船村徹 平成21年 2009
  5. おもいで岬  新沼謙二 作詩 阿久悠 作曲 川口真 昭和51年 1976

  • 東藻琴しばざくら公園、8haのひろさ。もとは花好きの農家が10aの広さにしばざくらを植えたのが始まり。「夢見る丘」は東藻琴しばざくら公園のテーマソング。
  • 上湧別町チューリップ公園、まっ平らな12.5ha。120万本のチューリップ。昭和30年代の初めに換金作物としてチューリップの栽培が始まる。輸出していたが、オランダの安い球根が広まり、生産地としての役目を終えた。楽しむためのチューリップ栽培が昭和50年頃から始まり、昭和63年には町立のチューリップ公園となった。
  • 小清水町の原生花園、こちらは有名。お勧めはサロマ湖そばのワッカ原生花園、20kmの砂洲。人工でない自然の花。先代萩、蝦夷の小林檎、など。夏にかけて浜茄子、エゾゼンテイカなどが咲く。
  • 能取岬(のとろみさき)は網走の北にある。一面のタンポポに覆われていた。岬の先端はがけになっている。透明な海。目を右に転ずると知床半島が見える。八角形の灯台がある。オホーツク海を見るなら能取岬。
以上、宮川アンカーの解説でした。
1:00~2:00JST ラジオ深夜便 
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

    滋賀県高島市朽木地区(湖西地方、旧朽木村)
  • 朽木(くつき)村での「のど自慢」を行ったのは平成10年でした。 当時の村の人口は2600人でした。
  • 室町幕府の将軍が隠れ住んだ寺があり、そこには「石組み庭園」があります。拝観料は取られません。自由に見られます。
  • 朽木村を通る朽木街道は、織田信長が朝倉攻めに失敗してわずかな供回りだけを連れて京都に逃げ帰ってた道です。
  • 鯖ずし、栃もちが有名です。自分で作って自分で売るという方針の朝市があり、手作りが人気で、朝市の開かれる日曜と祝日には村の人口を超える人が訪れ、用意した商品は2、3時間で売り切れるそうです。
  • 今の時代、大切なのは「村おこし」ではなく「村のこし」。工場誘致や開発(村おこし)ではなく、村なるがゆえに残る自然や人情・味といったものを守り育てていくことが村の存在を確かなものにする。その考え方に共感します。
  • 平成5年6月に滋賀県甲南町(湖南地方)で「のど自慢」を行いました。そのときに忘れられないエピソードがあります。
    その方を仮にS子さんとします。S子さんは栃木県出身で、駆け落ち同然で滋賀県の今の旦那さんの所にとついできました。実家のお父さんとは断絶状態です。S子さんはお父さんが「のど自慢」を毎週見ていることを知っていたので、甲南町で開かれる「のど自慢」に出場しました。歌の上手なS子さんは見事合格しました。私が合格のインタビューで「お父さんに一言」と水を向けると、S子さんはきっぱりと「お父さんどうぞいつまでもお元気で。私もこの土地で元気にやっていきます」と話されました。
    「のど自慢」で歌われる一曲一曲には、その人の深い思いとドラマがあることを知らされました。
  • 私の印象ですが、湖南は経済の中心、湖東は歴史と文化、湖西は里山と湖岸の自然とリゾート、湖北は入り江と山が覆い被さる奥深さ、更に時間があれば余呉湖もお勧めです。
  • 次回の〔のど自慢旅日記〕は6月14日で、岩手県の北三陸を取り上げてお話したいと思っています。
    ♪ 曲目 ♪
  1. 琵琶湖周航の歌(1、2、3、4番まで)  加藤登紀子 作詞 小口太郎 作曲 吉田ちあき 昭和46年 1971(大正6年 1917)
  2. 淡海節(たんかいぶし)  川崎瀧雄(かわさきたきお) 作詞 志賀廼家淡海(しがのやたんかい) 原曲 幕末に流行した俗謡「よいしょこしょ」(大正3年 1914)
  3. 女ひとり  デューク・エイセス 作詞 永六輔 作曲 いずみたく 昭和40年 1965
  4. 男道  中村美律子 作詞 福田義雄 作曲 富田梓仁
  5. 余呉の雨  島津悦子 作詞 麻こよみ 作曲 岡千秋 (途中まで)

  • 小生、湖北には行った事が無いです。宮川アンカーによると、余呉湖を一周すると6Kmくらいで、誰にも会うことは無く、サルが道でになたぼっこをしていたそうです。小生はニホンザルとはとても相性が悪いので、余呉湖に行く事があれば、サルよけにおもちゃのヘビを懐に忍ばせておこうと思っています。
1:00~2:00JST ラジオ深夜便 のど自慢旅日記
アンカー 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん
    のど自慢旅日記--宮川泰夫の行った・見た・聞いた・そして食べた--
  • 松山恵子さんは宇和島市出身です。JR宇和島駅の構内に『お別れ公衆電話』ボックスがあります。今は公衆電話は設置していなくて、中には携帯電話の充電器があるそうです。松山恵子さんは昨年なくなられました。
  • 宇和島市の北隣が西予市宇和町です。平成15年にのど自慢で宇和町に伺いました。
  • 二宮敬作(にのみや けいさく) 長崎でシーボルトから医学を学んだ人で、栄達を望まず宇和町で町医者として暮らした人です。シーボールは娘の「おいね」を二ノ宮啓作に頼んで医学を教えてもらったそうです。
  • 高野長英が蛮社の獄のあと逃亡して隠れ潜んだ隠し部屋があります。毎年8月に宇和町で開かれる「宇和町文化の里祭り」で公開されます。本物の持つ迫力に圧倒されますよ。
  • 宇和町は江戸時代は宇和島藩に属していました。当主は伊達家です。仙台の伊達正宗の子が治めました。
  • 明治15年に建てられた開明学校(重要文化財)があります。当時の教科書を使って、ボランティアの方が明治時代風に授業をしてくれます。→http://www.city.seiyo.ehime.jp/kanko/uwa_kaimei.html#
  • 大正4年に建てられた旧宇和町尋常高等小学校の講堂、いまだに現役で、武道場として使用されています。
  • 昭和3年に建てられた旧宇和町小学校の校舎。12の教室が一つの校舎につながっています。平成元年まで実際に学校として使われていました。廊下と土間が120mあります。109mの雑巾がけが出来るそうです。トキオの国分太一さん、明石屋さんまさんもやったそうです。写真はこちら→ http://www.city.seiyo.ehime.jp/kanko/uwa_kome.html
  • さつま汁」という料理があります。白身魚の身を味噌とする合わせたもので、宮崎県の冷汁と似ています。鹿児島県のさつま汁とは異なります。作り方は、鯛、トラハゼ、エソ、ホウボウなどを焼いて熱いうちに身をほぐしておきます。この地方の麦味噌(あまく淡白)をすり鉢に薄く延ばし、そのすり鉢をひっくり返して火に掛けて焦がします。焼いた魚の頭と骨に昆布でダシをとります。魚の身を焦がした味噌のついたすり鉢に入れてすり合わせ、ダシ汁を加えて出来上がりです。一般的にはとろっとした感じになるくらいがよいそうです。暖かい白いご飯(麦飯がベター)の上に掛けて食べます。焼いた白身の魚の甘さと味噌の香ばしさがダシと渾然一体となっていくらでもお代わりがしたくなります。薬味は刻み葱(西日本の甘い葉葱)、細切りこんにゃく、みかんの皮を刻んだものです。
     ♪曲目 playlist♪
  1. お別れ公衆電話  松山恵子 作詞 藤間哲郎 作曲 袴田宗孝 (昭和34年 1959)
  2. 宇和島さんさ  原田直之
  3. 千の風になって  秋川雅史 作詞 不詳 日本語詞 新井満 作曲 新井満 平成18年 2006
  4. 海峡の春  鳥羽一郎 作詞 星野哲郎 作曲 岡千秋 平成12年 2000
  5. 夫婦舟  三笠優子 作詞 星野哲郎 作曲 新井利昌 昭和54年 1979 (ワンコーラスのみ)

  • お別れ公衆電話」は発売当時の音源ではなく、後に再び録音したものでした。(小生)
  • 宇和島さんさ」は瀬戸内海の西部を中心に中国から四国地方にかけて広く分布する「さんさ踊り」と呼ばれる盆踊り唄の宇和島バージョンで、仙台の伊達家が宇和島へ移封されているので、この唄も仙台の「さんさ時雨」と同系と思われていますが、全く別のものだそうです。(小生)
  • 私の出身の村には、規模は小さいですが、旧宇和町小学校の校舎と同じつくりの小学校がありました。50mくらいの土間と廊下があって、掃除が大変そうでした。(小生)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。