このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Miraglos del Cha Cha Cha(チャチャチャは素晴らしい)  雪村いづみ 日本語詞 音羽たかし written by Enrique Jorrin 昭和30年 1955
  2. 南京豆売り(El Manisero:The Pesnut Vendor)  鉄仮面(作間毅)written by Gilbert L. Wolfe/Marion Sunshine/Moises Simon Rodriguez 昭和6年 1931
  3. 東京バイヨン  生田恵子 作詞 井田誠一 作曲 清水保雄 昭和27年 1952
  4. バナナボート(Banana Boat)  浜村美智子 訳詞 井田誠一 作曲 L.Burgess-W.Attaway 昭和32年 1957
  5. いとしきマリネラ  加美可那子 作詞 一条実 作曲 スコット (昭和12年 1937) 
  6. ルンバ・タンバ  能勢妙子 訳詞 井田誠一 作曲 ヘルナンデス (昭和14年 1939)
  7. ドニャ・マリキータ  藤原亮子 訳詞 若杉雄三郎 作曲 ゲレロ&アルダバン (昭和14年 1939)
  8. ルンバ東京  由利あけみ 作詞 佐伯孝夫 作曲 塙六郎 (昭和14年 1939)
  9. 東京コンガ  山口淑子(李香蘭) 作詞 井田誠一 作曲 橋忠雄 昭和25年 1950
  10. リオのポポ売り  暁テル子 作詞 井田誠一 作曲 松井八郎 昭和27年 1952

  • 日本のラテン音楽は戦後堰を切ったように流れ込んできました。でもラテンの国々から直接入ってきたのではなく、アメリカやヨーロッパで流行し、その後輸入レコードのかたちで入ってきました。そしてダンスの伴奏音楽として取り上げられるようになったのが始まりのようです。(明石アンカー)
  • いとしきマリネラ」の終わりあたりで緊急地震情報が入りました。(小生)
  • 「ポポ」は南アメリカ産の木の果実です。「ポーポー」などとも呼ばれるようです。ちょっと見るとアケビそっくりです。(小生)
スポンサーサイト
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 榊寿之さん

1.ロング・イエロー・ロード(Long Yellow Road)  秋吉敏子トリオ 1975年
2.風とともに去りぬ  秋吉敏子カルテット
3.木更津甚句  秋吉敏子ピアノトリオ 1961年
4.すみ絵  秋吉敏子とルー・タバキン・ビッグ・バンド 1979年
5.孤軍(Kogun)  秋吉敏子とルー・タバキン・ビッグ・バンド 1974年

6.クレオパトラの夢  秋吉敏子トリオ
7.ホープ(Hope)  秋吉敏子


秋吉敏子さんの字は正しくは「穐吉敏子」と書くようです。(あきよし としこ1929年12月12日 -満州生まれ)今年で76才です。ニュー用句在住の日本人ピアニスト、作曲、編曲家。

5曲目の「孤軍」は秋吉さんが、フィリピンのルパング島で孤軍奮闘していた小野田少尉に感動して作った曲だそうです。そういえば以前、深夜便の「こころの時代」で小野田さんがインタビューを受けていたとき、終戦から発見されて軍役解除されるまでの給料を国からもらっていないといって憤慨されていました。また、日本とブラジルの牧場を行き来したり、日本の小野田さんの事務所ではご本人がインターネットのLANを引いて仕事をしていらっしゃいました。たいしたものです。小生も(曲は作れませんが)感動しました。

ネットで調べたら、ルー・タバキンさんは秋吉さんの夫だそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。