このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 港町十三番地  美空ひばり 作詞 石本美由起 作曲 上原げんと 昭和32年 1957
  2. 東京キッド  美空ひばり 作詞 藤浦洸 作曲 万城目正 昭和25年 1950
  3. お祭りマンボ  美空ひばり 作詞・作曲 原六朗 昭和27年 1952
  4. 哀愁波止場  美空ひばり 作詞 石本美由起 作曲 船村徹 昭和35年 1960
  5. 星の流れに  美空ひばり 作詞 清水みのる 作曲 利根一郎 (昭和22年 1947)
  6. アカシアの雨がやむとき  美空ひばり 作詞 水木かおる 作曲 藤原秀行 (昭和35年 1960)
  7. 悲しい酒  美空ひばり 作詞 石本美由起 作曲 古賀政男 昭和41年 1966
  8. 川の流れのように  美空ひばり 作詞 秋元康 作曲 見岳章 平成元年 1月 11日 1989
  9. (やわら)  美空ひばり 作詞 関沢新一 作曲 古賀政男 昭和39年 1964
    深夜便の歌
    オアシス  いしだあゆみ 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童

    美空ひばり(みそらひばり、昭和12年・1937年5月29日生まれ - 平成元年・1989年6月24日死去)
    数々のヒット曲を歌い銀幕スターとして多数の映画に出演した昭和の歌謡史を代表する日本の歌手であり、女優。

  • 哀愁波止場」の中には『五木の子守唄』が織り込まれていて印象的な歌になっています。(迎アンカー)
  • カバー曲を2曲おとどけします。菊地章子さんが歌った「星の流れに」、西田佐知子さんが歌った「アカシアの雨がやむとき」。(迎アンカー)
  • 悲しい酒」は美空ひばりさんが歌う前に若い無名の男性歌手が昭和35年に歌っていますが、そのときは売れなくてひばりさんが歌ってヒットしました。(迎アンカー)
  • 川の流れのように」の発売を昭和64年と向かいアンカーが紹介していましたが、1989年1月11日に発売されているので正しくは平成元年になります。1989年1月7日までは昭和64年で、改元され翌日から平成元年となります。(小生)
  • 」は翌1965年にかけて大ヒットし、180万枚のセールスを上げ美空ひばりさんの最大のヒット曲となりました。この曲で昭和40年・1965年、日本レコード大賞を受賞します。(迎アンカー)
スポンサーサイト
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano^Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. リンゴ村から  三橋美智也 作詞 矢野亮 作曲 林伊佐緒 昭和31年 1956
  2. あの娘が泣いてる波止場  三橋美智也 作詞 高野公男 作曲 船村徹 昭和30年 1955
  3. 母恋吹雪  三橋美智也 作詞 矢野亮 作曲 林伊佐緒 昭和31年 1956
  4. 夕焼けとんび  三橋美智也 作詞 矢野亮 作曲 吉田矢健治 昭和33年 1958
  5. 古城  三橋美智也 作詞 高橋掬太郎 作曲 細川潤一 昭和33年 1958
  6. 上海帰りのリル  三橋美智也 作詞 東條寿三郎 作曲 渡久地政信 (昭和26年 1951)
  7. あざみの歌  三橋美智也 作詞 横井弘 作曲 八洲秀章 (昭和26年 1951)
  8. 達者でナ  三橋美智也 作詞 横井弘 作曲 中野忠晴 昭和35年 1960
  9. 星屑の街  三橋美智也 作詞 東条寿三郎 作曲 阿部芳明 昭和37年 1962
  10. 哀愁列車  三橋美智也 作詞 横井弘 作曲 鎌多俊与 昭和31年 1956
    オアシス  いしだあゆみ 作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童

    三橋美智也(みはし みちや、昭和5年・1930年11月10日生まれ - 平成8年・1996年1月8日死去)
     北海道函館市近郊の上磯町(現・北斗市)出身。愛称は「ミッチー」。日本の歌手として史上初めてレコードのプレス枚数が1億枚を突破する記録を打ち立てた。その記録はいまだに破られていない。

  • 上海帰りのリル」は津村謙さんが、「あざみの歌」は伊藤久男が歌った曲のカバーです。(川野アンカー)
  • 三橋美智也さんの伸びやかな歌声は、昭和に日本が成長して行く背中を暖かく見守っていたように思います。小生、三橋さんのファンではありませんが、今日の評価はもう少し高いものであってもいいと思います。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 風雪ながれ旅  北島三郎 作詞 星野哲郎 作曲 船村徹 昭和55年 1980
  2. 函館の女(はこだてのひと)  北島三郎 作詞 星野哲郎 作曲 島津伸男 昭和40年 1965
  3. 帰ろかな  北島三郎 作詞 永六輔 作曲 中村八大 昭和40年 1965
  4. 兄弟仁義  北島三郎 作詞 星野哲郎 作曲 北原じゅん 昭和40年 1965
  5. 与作  北島三郎 作詞・作曲 七沢公典 昭和53年 1978
  6. まつり  北島三郎 作詞 なかにし礼 作曲 原譲二 昭和59年 1984
  7. 北の漁場  北島三郎 作詞 新條カオル 作曲 桜田誠一 昭和61年 1986
  8. 白い花の咲く頃  北島三郎 作詞 寺尾智沙 作曲 田村しげる (昭和25年 1950)
  9. ジャンゴ~さすらい 北島三郎 日本語詞 MAKOTO° 作詞・作曲 Luis Enrique Bacalov/Robert Mellin/Franco Migliacci 平成19年 2007

    オアシス  いしだあゆみ 作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童

  • 函館で行われた「のど自慢」に出場したのがきっかけで上京し、歌手になりました。(須磨アンカー)
  • まつり」は北島三郎さんが「原譲二」のペンネームで作曲した歌です。(須磨アンカー)
  • 昭和25年にラジオ歌謡で岡本敦郎さんが歌った「白い花の咲く頃」を北島さんは戦後名曲集のなかで歌っています。(須磨アンカー)
  • ジャンゴ~さすらい」は昨年の秋に公開された和製ウエスタン映画『SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ』の主題歌です。(須磨アンカー)
  • リスナーからのお便りで、「筑後川の(河口付近の)干満の差が7m」とあったのを須磨アンカーが「えっ!7m? 7cmでしょうかね」と驚いていました。多分、海の干満により波打ち際が移動する距離ではないかなと思います。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. かえり船  田端義夫 作詞 清水みのる 作曲 倉若晴生 昭和21年 1946
  2. ズンドコ節 (街の伊達男)  田端義夫 作詞 佐々木英之助 作曲 能代八郎 昭和22年 1947
  3. 玄海ブルース  田端義夫 作詞 大高ひさを 作曲 長津義司 昭和24年 1949
  4. ふるさとの灯台  田端義夫 作詞 清水みのる 作曲 長津義司 昭和24年 1949
  5. かよい船  田端義夫 作詞 清水みのる 作曲 倉若晴生 昭和24年 1949
  6. 親子船唄  田畑義夫、白鳥みづえ 作詞 藤田まさと 作曲 大久保徳二郎 昭和30年 1955
  7. 女心の唄  田端義夫 作詞 山北由希夫 作曲 吉田矢健治 (昭和39年 1964)
  8. 知床旅情  田端義夫 作詞・作曲 森繁久彌 (昭和45年 1970)
  9. 島育ち  田端義夫 作詞 有川邦彦 作曲 三界稔 昭和37年 1962
  10. 十九の春  田端義夫 沖縄俗謡 昭和50年 1975
  11. 肩で風切るマドロスさん  田端義夫 作詞 大高ひさを 作曲 田端義夫 (昭和27年 1952)
    深夜便の歌
    オアシス  いしだあゆみ 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童

  • いまは灯台は自動化(無人化)されました。昭和49年に御前崎灯台の下にこの「ふるさとの灯台」の歌碑かが建てられたそうです。(遠藤アンカー)
  • 女心の唄」は昭和39年にヒットした曲でバーブ佐竹さんのカバーです。(遠藤アンカー)
  • 「知床旅情」は昭和45年に加藤登紀子さんが歌ってヒットした曲のカバーです。(遠藤アンカー)
  • 島育ち」は奄美大島で歌われていた歌です。(遠藤アンカー)
  • 十九の春」は田畑義夫さんが沖縄公演に行ったとき聴いた俗謡で、第二の「島育ち」だということで吹き込んだそうです。(遠藤アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. この世の花  島倉千代子 作詞 西條八十 作曲 万城目正 昭和30年 1955
  2. 東京だョおっ母さん  島倉千代子 作詞 野村俊夫 作曲 船村徹 昭和32年 1957
  3. からたち日記  島倉千代子 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和33年 1958
  4. 恋してるんだもん  島倉千代子 作曲 市川昭介 作詞 西沢爽 昭和36年 1961
  5. 襟裳岬  島倉千代子 作詞 丘登至夫 作曲 遠藤実 昭和36年 1961
  6. 星空に両手を  島倉千代子、守屋浩 作詞 西沢爽 作曲 神津善行 昭和38年 1963
  7. ほんきかしら  島倉千代子、岡田みのるとヤング・トーンズ 作詞 岩谷時子 作曲 土田啓四郎 昭和41年 1966
  8. すみだ川  島倉千代子 作詞 佐藤惣之助 作曲 山田栄一 昭和44年 1969(昭和12年 1937)
  9. 星の流れに  島倉千代子 菊地章子 作詞 清水みのる 作曲 利根一郎 (昭和22年 1947)
  10. 人生いろいろ  島倉千代子 作詞 中山大三郎 作曲 浜口庫之助 昭和62年 1987
    深夜便の歌
    唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

    島倉千代子(しまくらちよこ、本名同じ、昭和13年・1938年3月30日生まれ)東京都品川区出身。演歌・歌謡曲の歌手。昭和29年・1954年、コロムビア全国歌謡コンクールで優勝し、同社と専属契約。 昭和30年・1955年、「この世の花」がデビュー曲。

  • 偶然、特攻隊に入っていて一命を取り留めた方から2通お便りをいただきました。(宇田川アンカー)
  • 島倉千代子さんの公式ホームページです。→ http://www.chiyokoshimakura.co.jp/
  • 「星の流れに」は菊地章子さんが昭和22年に歌いました。カバー曲になります。「すみだ川」もカバー曲です。(小生)
  • 島倉千代子さんは「人生いろいろ」の歌詞に勝るとも劣らない苦難を乗り越えてきています。小生テレビを通してしか知りませんが、島倉千代子さんのあの前向きな明るさには驚きです。来年70歳になりますが、末長く活躍して欲しいと思います。(小生)
  • 今年、島倉千代子さんは紅白歌合戦には出場しませんが、その裏番組のテレビ東京系列の「第40回年忘れにっぽんの歌」に出演しています。こっちもなかなかいいですよ、なんと言っても歌われる曲全て知っていますので(笑)。小生はテレビとPCのテレビチューナーで両方見ています。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 夜空  五木ひろし 作詞 山口洋子 作曲 平尾昌晃 昭和48年 1973
  2. よこはま・たそがれ  五木ひろし 作詞 山口洋子 作曲 平尾昌晃 昭和46年 1971
  3. ふるさと  五木ひろし 作詞 山口洋子 作曲 平尾昌晃 昭和48年 1973
  4. 千曲川  五木ひろし 作詞 山口洋子 作曲 猪俣公章 昭和50年 1975
  5. 雪の渡り鳥  五木ひろし 作詞 清水みのる 作曲 陸奥明 昭和32年 1957
  6. 逢いたかったぜ  五木ひろし 作詞 石本美由起 作曲 上原げんと 昭和30年 1955
  7. 居酒屋  五木ひろし、木の実ナナ 作詞 阿久悠 作曲 大野克夫 昭和57年 1982
  8. 細雪(ささめゆき)  五木ひろし 作詞 吉岡治 作曲 市川昭介 昭和58年 1983
  9. 長良川艶歌  五木ひろし 作詞 石本美由起 作曲 岡千秋 昭和59年 1984
    深夜便の歌
     唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

  • 五木ひろしさん売れるまでに時間がかかりました。「よこはま・たそがれ」は五木ひろしと名前を変えて再デビューした曲です。(榊アンカー)
  • 雪の渡り鳥」はカバー曲で三波晴夫さんのヒット曲です。(榊アンカー) 曲名は知らなくても、出だしが有名です。「合羽(かっぱ)からげて三度笠・・・」(小生)
  • 逢いたかったぜ」は 岡晴夫さんのヒット曲で、平成13年の紅白歌合戦で五木ひろしさんが歌いました。(榊アンカー)
  • 今年で紅白に連続33回出演する五木ひろしさん、今年の紅白の大とりで歌う曲は「契(ちぎり)」です。今年をこの歌でどう締めくくってくれるでしょうか、楽しみですね。(榊アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 秋山隆(Akiyama-Takashi)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. アンコ椿は恋の花  都はるみ 作詞 市川昭介 作曲 星野哲郎 昭和39年 1964
  2. 涙の連絡船  都はるみ 作詞 関沢新一 作曲 市川昭介 昭和40年 1965
  3. おんなの海峡  都はるみ 作詞 石本美由起 作曲 猪俣公章 昭和47年 1972
  4. 北の宿から  都はるみ 作詞 阿久悠 作曲 小林亜星 昭和50年 1975
  5. 啼くな小鳩よ  都はるみ 作詞 高橋掬太郎 作曲 飯田三郎 昭和22年 1947
  6. 東京のバスガール  都はるみ 作詞 丘灯至夫 作曲 上原げんと 昭和32年 1957
  7. 浪花恋しぐれ  都はるみ、岡千秋 作詞 たかたかし 作曲 岡千秋 昭和58年 1983
  8. 小樽運河  都はるみ 作詞 吉岡治 作曲 弦哲也 平成2年 1990
  9. 好きになった人  都はるみ 作詞 白鳥朝詠 作曲 市川昭介 昭和43年 1968
    深夜便の歌
    唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

  • 啼くな小鳩よ」、「東京のバスガール」はカバー曲で、それぞれ岡晴夫さん、コロムビア・ローズ(初代)さんが歌いました。
  • 小樽運河」に歌われている情景を読み解こうといろいろ調べてみたら、都はるみさんの歌手復帰第一作ということで、都はるみさんの企画により作られたということが分かりました。つまり歌手復帰の決意気持ちを歌い上げていると解釈して、都はるみさんの気持ちになって歌詞を読み解いてみました。これも小生の妄想ですので違っていたらご容赦ください(笑)。(小生)

    小樽運河 企画原案 都はるみ 作詞 吉岡治 平成2年 1990年

     精進おとしの酒をのみ [= 引退した都はるみとは決別したの]
     別の生き方あったねと・・・ [= 再び歌手としての生き方があることに気づいたわ]
     四十路半ばの秋が逝き [= 40歳を過ぎてしまったけれど]
     セピア色した雨が降る [= 歌ってきた思い出は暖かい色をしているわ]
     イエスタディを聴きながら [= デビュー以来の私の歌をきいてみたら]
     ふたり歩いた [= 歌とともに歩んできたじゃないってわかったの]
     あァ小樽運河

     誰のせいでもないけれど [= 歌手に復帰するのは誰かに薦められたわけじゃないわ]
     これで終わるの 始まるの [= 引退した都はるみは終わって、歌手都はるみが始まるの]
     あなたほんとの男なら [= 歌うことは私が好きでたまらないことだから]
     わたし独りにさせないわ [= 私が歌手都はるみをやっていく決心がついたわ]
     イエスタディを抱きしめて [= 歌ってきた思い出を大切にしたら]
     ゆらぐガス燈 [= 歌うことへの炎が私の胸の内に静かに燈ったわ]
     あァ小樽運河

     上りのディーゼル待ちながら [= 再デビューの時期を待ちながら]
     やっぱり明日も漂って [= うまく復帰できるか不安だけれど]
     傘はあなたに貸したまま [= 歌うことに賭けてみるわ]
     セピア色した雨が降る [= 歌ってきた思い出は暖かい色をしているじゃない]
     イエスタディをもう一度 [= デビュー以来の私の歌ももう一度歌うわ]
     窓の向こうに [= 未来にむけて ]
     あァ小樽運河

    小樽運河の実景に都はるみさんの心象風景が重なり、ジャズ風の曲調とあいまって聴く者の心に爽やかな印象を残していきます。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 別れの一本杉  春日八郎 作詞 高野公男 作曲 船村徹 昭和30年 1955
  2. 赤いランプの終列車  春日八郎 作詞 大倉芳郎 作曲 江口夜詩 昭和27年 1952
  3. 雨降る街角  春日八郎 作詞 東條寿三郎 作曲 吉田矢健治 昭和28年 1953
  4. 浮草の宿  春日八郎 作詞 服部鋭夫 作曲 江口夜詩 昭和31年 1956
  5. 湯の町エレジー  春日八郎 作詞 野村俊夫 作曲 古賀政男 (昭和23年 1948)
  6. 北帰行(ほっきこう)  春日八郎 作詞・作曲 宇田博 (昭和36年 1961)
  7. あン時ゃどしゃ降り  春日八郎 作詞 佐伯としお 作曲 矢野亮 昭和32年 1957
  8. 居酒屋  春日八郎 作詞 横井弘 作曲 鎌多俊与 昭和33年 1958
  9. 山の吊橋  春日八郎 作詞 横井弘 作曲 吉田矢健治 昭和34年 1959
  10. 長崎の女(ながさきのひと)  春日八郎 作詞 たなかゆきを 作曲 林伊佐緒 昭和38年 1963
  11. お富さん  春日八郎 作詞 山崎正 作曲 渡久地政信 昭和29年 1954
    深夜便の歌
     唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

    この3時代は年末・年始特集としまして『戦後の歌謡名歌手の歌声』と題して今夜から1月4日までの8日間お送りします。
     12月28日 春日八郎
     12月29日 都はるみ
     12月30日 五木ひろし
     12月31日 島倉千代子
      1月 1日 田端義夫
      1月 2日 北島三郎
      1月 3日 三橋美智也
      1月 4日 美空ひばり
    おたのしみに。(松本アンカー)

     
  • 赤いランプの終列車」は春日八郎さんのデビュー曲です。(松本アンカー)
  • 「長崎の女」を改めてよく聴いてみました。歌詞の世界に浸るとまたひとしおの味わいがあります。
     ここに歌われた女性は『サファイヤ色の瞳』とありますのでブルー・アイの異国の(血を引く)女性となります。
     何か(あまり深刻でない)理由で、海を見下ろす外人墓地でその女性と別れますが、忘れられない男性は、おそらく数年経って再び思い出の長崎の町を訪ねてその女性を探します。蘇鉄の花が風に散る真夏に石畳の町長崎を尋ねて歩きますが、その女性は見つかりません。彼女と歩いた思い出のあるオランダ坂に程い宿で眠りに入ろうとすると、ふと彼女との記憶がよみがえります。思わず落涙した自分に気づきしのび泣いてしまいます。『忘れることが幸せ』と遠くで教会の鐘が囁きます。
     以上は小生の妄想ですので、作詞者の意図とは関係ありません(笑)。(小生)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。