このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor  松本一路(Matsumoto-Ichoro)

     ♪曲目 playlist♪
  1. Down South Camp Meeting(キャンプの集い)  Benny Goodman & His Orchestra(ベニー・グッドマンオーケストラ) written by Fletcher Henderson/Irving Mills 
  2. King Porter Stomp(キング・ポーター・ストンプ)  Benny Goodman & His Orchestra(ベニー・グッドマンオーケストラ) written by Fred Jerry Roll Morton 1935
  3. Stompin' at the Savoy(サヴォイでストンプ)  Benny Goodman & His Orchestra(ベニー・グッドマンオーケストラ) written by Andy Razaf/Edgar Sampson /Chick Webb
  4. And The Angels Sing(そして天使は歌う)  Benny Goodman & His Orchestra,Martha Tilton(vo)(ベニー・グッドマンオーケストラ、マーサ・ティルトン) composed by Ziggy Elman/Johnny Mercer
  5. Sing, Sing, Sing(シング・シング・シング)  Benny Goodman & His Orchestra(ベニー・ グッドマン・オーケストラ) written by Louis Prima 1935
  6. After You've Gone(君去りし後)  Benny Goodman Trio[Benny Goodman(cl), Teddy Wilson(p), Gene Krupa(d)] composed by Henry Creamer/Turner Layton
  7. Moonglow(ムーン・グロウ)  Benny Goodman Quartet[Benny Goodman(cl), Lionel Hampton(vib), Teddy Wilson(p), Gene Krupa(d)] composed by Eddie DeLange/Will Hudson/Irving Mills 1935
  8. Memories Of You(メモリース・オブ・ユー)  Benny Goodman Quintet composed by Eubie Blake/Andy Razaf 1955(1938)
  9. Let's Dance(レッツ・ダンス)  Benny Goodman band(ベニー・グッドマン・バンド) written by Fannie Baldridge/Joseph Bonime/Gregory Stone 1935
  10. Goodbye(グッバイ)  Benny Goodman & His Orchestra composed by Gordon Jenkins 1935

スポンサーサイト
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. I'm Getting Sentimental Over You(センチになって)  Tommy Dorsey & His Orchestra(トミー・ドーシー楽団) written by George Bassman/Ned Washington 1935
  2. Song of India(インドの歌)  Tommy Dorsey & His Orchestra(トミー・ドーシー楽団) written by Nikolai Rimsky-Korsakov/Traditional 1937
  3. Liebestraum(愛の夢)  Tommy Dorsey & His Orchestra(トミー・ドーシー楽団) written by Franz Liszt 1937
  4. Marie(マリー)  Tommy Dorsey & His Orchestra(トミー・ドーシー楽団)、ジャック・レオナード(vo) written by Irving Berlin 1937
  5. Boogie Woogie(ブギー・ウギー)  Tommy Dorsey & His Orchestra(トミー・ドーシー楽団) written by Clarence Smith 1938
  6. Lonesome Road(ロンサム・ロード)  Tommy Dorsey & His Orchestra(トミー・ドーシー楽団) written by Gene Austin/Nat Shilkret 1939
  7. Swanee River(スワニー・リバー)  Tommy Dorsey & His Orchestra(トミー・ドーシー楽団) written by Stephen Foster 1940
  8. The One I Love (Belongs to Somebody Else)(ザ・ワン・アイ・ラブ)  Tommy Dorsey & His Orchestra(トミー・ドーシー楽団)、フランク・シナトラ(vo) written by Isham Jones/Gus Kahn 1940
  9. On The Sunny Side Of The Street(明るい表通りで)  Tommy Dorsey & His Orchestra(トミー・ドーシー楽団)、センチメンタリスト(コーラス) written by Dorothy Fields/Jimmy McHugh 1944
  10. Trombonology(トロンボノロジー)  Tommy Dorsey & His Orchestra(トミー・ドーシー楽団) written by Tommy Dorsey 1947
  11. I'm Getting Sentimental Over You(センチになって)  Tommy Dorsey & His Orchestra(トミー・ドーシー楽団) written by George Bassman/Ned Washington 1947

    トミー・ドーシー(Tommy Dorsey, 1905年11月19日生まれ ? November 26, 1956年11月26日死去)
      ビッグバンド黄金期のジャズ・トロンボーン、トランペット奏者、バンド・リーダー。彼は Jimmy Dorsey(ジミー・ドーシー)の弟。彼の歌うようなトロンボーンの演奏スタイルは彼の楽団の特徴でありビッグバンド黄金期の特徴でもあった。

  • 日本でスウィング・ジャズのバンドで有名なのは、グレン・ミラーとベニー・グッドマンで、トミー・ドーシーはそれに次ぐバンドですが、アメリカではその3つのバンドは甲乙つけがたい人気があるそうです。(榊アンカー)
  • Boogie Woogie(ブギー・ウギー)は400万枚も売れてトミー・ドーシーの最大のヒット曲の一つです。(榊アンカー)
  • 番組の最初と最後は1935年録音と1947年録音の音源で同じ曲「センチになって」が放送されました。(小生)
  • トミー・ドーシーの記事を書いたブログがありました。アルバムの詳しい解説もあります。→ http://www.audio-visual-trivia.com/2004/12/tommy_dorsey.html
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Begin The Beguine(ビギン・ザ・ビギン)  Artie Shaw Orchestra(アーティ・ショウ楽団) written by Cole Porter
  2. Nightmare(ナイトメア)  Artie Shaw Orchestra(アーティ・ショウ楽団) written by Artie Shaw 1938
  3. Softly, As in a Morning Sunrise(朝日のようにさわやかに)  Artie Shaw Orchestra(アーティ・ショウ楽団) written by Oscar Hammerstein II/Sigmund Romberg 1938
  4. Lover, Come Back to Me(恋人よ我に帰れ)  Artie Shaw Orchestra(アーティ・ショウ楽団) written by Oscar Hammerstein II/Sigmund Romberg 1939
  5. Moonray(ムーンレイ)  Helen Forest(ヘレン・フォレスト)(vo), Artie Shaw Orchestra(アーティ・ショウ楽団) written by Paul Madison/Artie Quenzer/Artie Shaw1939
  6. Frenesi(フレネシ)  Artie Shaw Orchestra(アーティ・ショウ楽団) written by Alberto Dominguez/Leonard Whitcup 1937
  7. Concerto for Clarinet(コンチェルト・フォー・クラリネット)  Artie Shaw & His Orchestra(アーティ・ショウ楽団) written by Artie Shaw 1940
  8. Stardust(スターダスト)  Artie Shaw Orchestra(アーティ・ショウ楽団) written by Hoagy Carmichael/Mitchell Parish 1940
  9. Time on My Hands(タイム・オン・マイ・ハンズ)  Artie Shaw Orchestra(アーティ・ショウ楽団) written by Harold Adamson/Mack Gordon/Vincent Youmans 1944
  10. Carioca(カリオカ)  Artie Shaw Orchestra(アーティ・ショウ楽団) written by Edward Eliscu/Gus Kahn/Vincent Youmans 1933

    アーティ・ショー(Artie Shaw 1910年5月23日生まれ – 2004年12月30日死去)
     アーティ・ショウは彼が生きていた時代の最高のジャズミュージシャンの一人とみなされている。ジャズクラリネット奏者で作曲家、バンドリーダーそしてフィクション・ノンフィクションの作家でもあった。

  • Carioca(カリオカ)は当時としては珍しいラジオで実況放送されたライブのレコード音源です。途中で掛け声も入っています。1939年8月19日のライブ実況盤で聴いていただきました。(遠藤アンカー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。