このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

2006年06月の全記事一覧

スポンサーサイト
6/30金 思い出の歌謡スター 美空ひばり集
6/30金 この町を歩いてください知ってください(1) NPO法人横浜シティガイド協会 嶋田 昌子
6/29木 ロック・クラシックス アメリカン・ロック名曲・名演集
6/29木 シンガー・ソングライターの時代 加藤和彦&北山修集
6/29木 父と『星の王子さま』(2)作家 内藤初穂
6/28水 懐かしのスゥイング・ジャズ ベニー・グッドマン&アーティー・ショー集
6/28水 歌謡スター・思い出のヒット 五木ひろし集
6/27火 青春のポップス カーペンターズ集
6/27火 思い出の流行歌 戦前期名作歌謡集
6/26月 お直しオナオシ 五代目 古今亭 志ん生
6/26月 加藤登紀子 コンサート 東京渋谷区古賀政男音楽博物館けやきホール
6/25日 群馬県(2)語り・解説 群馬県みなかみ町立「民話と紙芝居の家」 館長 持谷靖子
6/25日 ヴィンテージ・ソウル ダイアナ・ロス集
6/25日 懐かしのコミック・ソング&喜劇人の歌
6/24土 伊達政宗の堪忍袋 五代目 宝井 馬琴 しの字嫌い 初代 金原亭馬の助
6/24土 リラックス・サウンズ:イージー・リスニングの楽しみ
6/24土 思い出の流行歌 タイトル別れの歌
6/22木 作家で綴る流行歌 市川昭介(作曲)作品集(2)
6/21水 シンガーソングライターの時代 財津和夫作品集
6/20火 懐かしの歌謡スター 二葉あき子集
6/19月 思い出の映画音楽 ヨーロッパの映画作品から
6/19月 作家で綴る流行歌 江口夜詩(作曲)作品集 
6/18日 思い出のポピュラーヨーロピアン・ポップス集
6/18日 歌謡スター・思い出のヒット 舟木一夫集 
6/17土 栃木 船村徹特集(前半)
6/17土 栃木 船村徹特集(後半) アンカーを囲むつどい
6/16金 エンジョイ・ジャズ アート・ブレイキー集
6/16金 思い出の歌謡スター 美空ひばり集(2)
6/15木 ヴィンテージ・ロック ザ・ビートルズ集
6/15木 思い出の歌謡スター ザ・ピーナツ集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 迎康子さん

 ♪曲目♪
1.東京キッド  美空ひばり 昭和25年
2.越後獅子の唄  美空ひばり 昭和25年
3.お祭りマンボ  美空ひばり 昭和27年
4.花笠道中  美空ひばり 昭和33年
5.哀愁波止場  美空ひばり 昭和35年

6.髪  美空ひばり 昭和39年
7.人生一路  美空ひばり 昭和45年
8.みだれ髪  美空ひばり 昭和62年
9.川の流れのように  美空ひばり 昭和63年

深夜便の歌
 檸檬 Lemon 加藤登紀子


本日は大気の状態が悪かったのか放送電波の出力を下げていたのか、FM電波の受信状態が悪く、かすかにサーというFM特有のノイズが気になりました。ちなみに小生が受信しているのは、東京23区内の西側です。
スポンサーサイト
4:00~5:00 こころの時代
 アンカー 迎康子さん

♪インタビュー♪(本日と明日の2日間にわたって放送)
嶋田昌子
 昭和15年(1940年)横浜本牧生まれ。横浜シティガイド協会に1992年設立。2003年にNPO法人化。現在の会員は82名、男女半々、年齢は30代から70代まで。横浜を案内した人は9000人を越え、半数は横浜市民。この5月まで会長を務める。現在は副会長。
  • ボランティア団体の特徴はピラミッドの組織を形作るが、会員がいろいろな役割を持ち回りで果たすようなフラットな会を目指している。

  • 横浜市民にもっと横浜を知って、もっと横浜を好きになってほしいという目的で設立した。

  • 横浜は城下町でも門前町でもない。いま人口は360万人。夜だけ東京に働きに行って寝るために帰ってくる人が多いのも事実。その人々が横浜を愛さなくて横浜が良くなるはずがないと思っている。

  • ガイドが暇な冬場に学習会(座学、実地)を行う。十数講座ある。2年間かけてトレーニングする。

  • 40年前の飛鳥田市政の6大事業(市営地下鉄、ベイブリッジ、みなとみらい21等)がいま花開いている。今、私たちが横浜を支えることが、40年後50年後に開花する、そうした歴史の中にいることを認識してガイドしたい。

  • 外から来た人には横浜の一番おいしいところを食べていただく。

  • また一方、横浜の苦い味、辛い味、悲しい味、それは米軍基地があったことによって、あるいは郊外発展によって乱開発がされたまち、それを直すために新しい街づくりがされた港北ニュータウン、そうしたいろいろな味を皆様に味わっていただきたい、と思ってご案内している。

  • 新規会員は数ヶ月の座学、その後グループを作り一年間かけてゆっくりとテーマを決めてマップ(地図)を作る。ピラミッド社会の中で生きてきた人がグループで地図作りのワークショップ活動をすることにより、フラットな組織で活動することを学びなおしていただく。

  • 地域別、時代別などでテーマを絞ってマップを作る。500円で市販している。

  • 年一回、学んだことを発表する。学習還元ボランティア。



最近、観光地ではボランティアガイドの方がいらっしゃいますが、このNPO法人はその志と能力レベルにおいてはぬきんでていると思いました。楽しそうで立派な活動です。あまり詳しくレポートするつもりではありませんでしたが、つい書いてしまいました。次回は抑えます、続かなくなるので(^^;)。

こちら←で横浜シティガイド協会の概要とリンク先を参照できます。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 宮川泰夫さん

 ♪曲目♪
1.プラウド・メアリー クリーデンス・クリア・ウォーター・リバイバル 1969年
2.青い眼のジュディ  クロスビー、スティルス&ナッシュ 1969年
3.スピニング・ホイール ブラッド・スウェット&ティアーズ 1969年
4.グレイトフル・デッド ジャック・ストロー 1972年
5.もう話したくない  クレイジー・ホース 1971年

6.ラブ・ハズ・ノー・プライド  ボニー・レイット 1972年
7.真夜中のオアシス  マリア・マルダー 1974年
8.ブラック・ウォーター  ドゥービー・ブラザーズ 1974年
9.ロッキーを越えて  ザ・バンド 1969年
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 宮川泰夫さん

 ♪曲目♪
1.あの素晴らしい愛をもう一度  加藤和彦 北山修 昭和46年
2.花の香りに  フォーク・クルセイダーズ 昭和43年
3.白い色は恋人の色  ベッツィー&クリス 昭和44年
4.戦争を知らない子供たち  ジローズ 昭和46年
5.風  はしだのりひことシューベルツ 昭和44年

6.悲しくてやりきれない  フォーク・クルセダーズ 昭和43年
7.家をつくるなら  加藤和彦 昭和46年
8.シンガプール  加藤和彦 昭和51年
9.題名の無い愛の歌  北山修 昭和51年
10.メモリーズ  加藤和彦 昭和54年

深夜便の歌
 檸檬 Lemon 加藤登紀子


7曲目の「家をつくるなら」は住宅メーカー(ナショナル住宅:パナホーム)のテレビCMソングです。
♪家をつくるなら~家をつくるなら~草の萌えるにおいのするカーペットをひきたいと思うのであります。♪
全曲聞いてみたら、要するに、シックハウスでなく、天体観測が出来て、ベッドルームは花が咲き鳥が遊び、ソーラーパワーで光熱供給し、最後のとどめとして、無口な優しい嫁さんを希望するという実に贅沢なことを言っています。一番最後にもっとも難しい項目が入ってます。
4:00~5:00 こころの時代
 アンカー 宮川泰夫さん

♪インタビュー♪(昨日と本日の2日間にわたって放送)
内藤初穂
 大正10年、仏文学者内藤濯(ないとうあらう)の長男として生まれる。東京帝大船舶工学科卒、技術仕官として海軍に、戦後は岩波書店などを経て54歳で執筆活動に専念。「軍艦総長平賀譲」などのノンフィクション作品を発表。
父の内藤濯は日本の仏文学先駆者で、サン=テグジュペリの「星の王子さま(原題は小さな王子)」の訳者。
内藤初穂さんは父の伝記「星の王子の影と形と」で第54回日本エッセイストクラブ賞を7/10に受賞する。
  • 翻訳の版権が無くなったのが去年。訳の新刊ラッシュが始まったのが去年の6月頃から。

  • 明治維新から太平洋戦争までの平均的な日本人一家の近代史を書くとき、私の父を軸にしたら良いと思い至った。

  • 父は、「星の王子さま」の原文の序文に「大人は誰も始めは子供だった。そのことを忘れずにいる大人はいくらもいない。」とあるのを見て身のすくむ思いがしたと言っていた。

  • 父は明治16年に熊本で生まれる。70歳のときに「星の王子さま」を訳す。

  • 中学の時に東京に出てきて開成中学を卒業する。中学で英語の伊藤先生に出会い、"It was very cold this mornig, for example."の訳を「今朝、なんか寒かったね」とすべきだと教わる。つまり、訳とは日本語の問題だと気づかされる。

  • 当時の東京帝大はフランス人の教授から直接フランス語を学ぶしかなかった。辞書や文法書など無く、自分なりに工夫してフランス語を身につけた。

  • 父は結婚後、単身フランスに留学する。演劇や下宿屋の主人との会話などで生のフランス語を学ぶ。

  • シューベルトの子守唄「ねむれねむれ母の胸に」は父の詩だが、フランス語の原詩とは関係がない。

  • フランスに留学するも、ホームシックに罹り3年の留学期間を短縮して帰国する。

  • 帰国後は東京商科大学で伊藤整にフランス語を教える。

  • 戦争中は大政翼賛詩歌運動に参加する。

  • 戦後、昭和27年より岩波少年文庫のシリーズで「星の王子さま」を訳す。

  • 翻訳は、腱鞘炎のため口述筆記で、声に出して話し言葉として確認しながら進める。

  • 全体のリズム感が全編に渡って流れていて、それを感じてほしい。

  • 当時の美智子妃殿下に父が「星の王子さま」を献上した。「星の王子さま」を読む会に妃殿下もお忍びで参加された。

  • 父は昭和52年94歳で亡くなる。

  • 明治の男であった。フランス語事始め、はじめの道を開いた。翻訳活動の結果も、「星の王子さま」という形で残した。



小生、「星の王子さま」は未読なので、「星の王子の影と形と」、「軍艦総長平賀譲」とあわせてこの週末にでも読んでみようと思います。
今回のこころの時代は興味深かったので、特別詳細にレポートしました。次回は簡略にします。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 水野節彦さん

 ♪曲目♪
1.メモリーズ・オブ・ユー  ベニー・グッドマン
2.サボイでストンプ  ベニー・グッドマン
3.その手はないよ  ベニー・グッドマン
4.シング・シング・シング part1 part2  ベニー・グッドマン
5.ビギン・ザ・ビギン  アーティー・ショー

6.フレネシー  アーティー・ショー
7.ナイトメア  アーティー・ショー
8.スター・ダスト  アーティー・ショー
9.マイ・ブルー・ヘブン  アーティー・ショー
10.煙が目にしみる  アーティー・ショー

11.ムーン・レイ  アーティー・ショー


4曲目の「シング・シング・シング」は映画「スウィングガールズ」(2004年 監督:矢口史靖 出演:上野樹里)でも使われてました。
swinggl.jpg
そういえば、小生が小学生の頃(昭和40年代)、通っていた小学校の講堂に、近所の高校のブラスバンド部が来てライブ演奏会を開いてくれたことを思い出しました。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 水野節彦さん

 ♪曲目♪
1.よこはまたそがれ  五木ひろし 昭和46年
2.長崎から船に乗って  五木ひろし 昭和46年
3.ふるさと  五木ひろし 昭和48年
4.浜昼顔  五木ひろし 昭和49年
5.千曲川  五木ひろし 昭和50年

6.細雪  五木ひろし 昭和58年
7.長良川艶歌  五木ひろし 昭和59年
8.居酒屋 五木ひろし、木の実ナナ 昭和57年
9.夜空  五木ひろし 昭和48年
10.高瀬舟  五木ひろし 平成18年

深夜便の歌
 檸檬 Lemon 加藤登紀子


五木ひろしさんの発売曲は下のリンクに出ています。1960年代から歌手として活動していらっしゃいました。

五木ひろし公式ホームページ ディスコグラフィー
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 国井雅比古さん

 ♪曲目♪
1.イエスタディ・ワンス・モア  カーペンターズ 1973年
2.涙の乗車券  カーペンターズ 1969年
3.青春の輝き  カーペンターズ 1976年

以上3曲のみ

1時台、2時台は緊急報道のため時間短縮。後日改めて放送するそうです。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 国井雅比古さん

 ♪曲目♪
1.丘を越えて  藤山一郎 昭和6年
2.島の娘  小唄勝太郎 昭和8年
3.そんなお方があったなら  赤坂小梅 昭和9年
4.マロニエの木陰  松島詩子 昭和12年
5.高原の旅愁 伊藤久男 昭和15年

6.バンジョーで唄えば 中野忠晴 昭和13年
7.上海ブルース  ディックミネ 昭和14年
8.十三夜  小笠原美都子 昭和16年
9.勘太郎月夜唄 小畑實、藤原亮子  昭和18年

深夜便の歌
 檸檬 Lemon 加藤登紀子


「丘を越えて」は元々マンドリンの合奏曲として作られて、その後に詞が作られたので、前奏と間奏が長いのだそうです。曲の演奏時間は3分24秒くらいですが、藤山一郎さんの歌っている時間は60秒でした。確かに、歌っている時間より、マンドリンの合奏する時間のほうが2.5倍も長かったです。
1:00~2:00 演芸特選
 アンカー 明石 勇さん

♪演目♪
「お直し」 五代目 古今亭 志ん生

元花魁と店の若い衆が所帯を持ち、亭主が若い衆を、女房が女郎をつとめ、蹴転(けころ)という最下級の女郎屋を始めることにする。安い料金と偽って客を店へ上げ、頃合を見て若い衆が『直してもらいな』と声をかけて追加の料金を取るという商売。ところがこの亭主がたいへんヤキモチ焼きで...。


志ん生さんは、この「お直し」で芸術祭に参加して賞をもらったというので、『大臣さんも粋ですね』と枕で語っています。インターネットで調べたところ、昭和31(1956)年度芸術祭文部大臣賞を受賞したことがわかりました。
2:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌のつどい
 アンカー 明石 勇さん

 ♪曲目♪
前半
1.百万本のバラ  加藤登紀子
2.愛の暮らし  加藤登紀子
3.琵琶湖周航の歌(1,2,6番) 加藤登紀子
4.レモン  加藤登紀子
5.時には昔の話を  加藤登紀子

後半
6.聞かせてよ愛の言葉を  加藤登紀子
7.懐かしき恋人の歌  加藤登紀子
8.枯葉   加藤登紀子
9.恋人が一輪の花をくれた  加藤登紀子
10.愛の賛歌  加藤登紀子

11.ばら色の人生  加藤登紀子
12.愛しか無いとき  加藤登紀子
13.雑踏~La Foule~  加藤登紀子

  以上ライブ演奏

深夜便の歌
 夜のララバイ  藤田まこと
1:00~2:00 民話を語ろう
 アンカー 加々美幸子さん

♪演目♪
1.手白の猿
 (手の白い猿が温泉で赤ん坊のやけどの治療をします...。)
2.赤谷川のかっぱの薬
 (川漁のしかけにかかったかっぱからよく効く薬の作り方を教えてもらいます...。)
3.かえるの嫁さま
 (独り者の男にきれいな姉様がお嫁に来てくれます。その姉様はかえるでした...。)


90歳のおじいさんが、最近赤谷川でかっぱを見たそうです。インタビューの斎藤アンカーは相槌を打つのに多少困っていました。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 加々美幸子さん

 ♪曲目♪
1.エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ  ダイアナ・ロス 1970年
2.ベイビー・ラブ  ダイアナ・ロスとシュープリームス 1964年
3.アイム・スティル・ウェイティング  ダイアナ・ロス 1970年
4.映画マホガニーのテーマソング  ダイアナ・ロス
5.ラブ・ハング・オーバー  ダイアナ・ロス 1976年

6.アップサイド・ダウン  ダイアナ・ロス 1980年
7.ユー・アー・エブリシング  ダイアナ・ロスとマービン・ゲイ
8.エンドレス・ラブ  ダイアナ・ロスとライオネル・リッチー 1981年
9.恋は曲者  ダイアナ・ロス 1981年
10.イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー  ダイアナ・ロス 1988年

11.タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング  ダイアナ・ロス 1973年


ソウル、R&Bにカテゴライズされるダイアナ・ロスです。当時のディスコでかかってました。懐かしいです。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 加々美幸子さん

 ♪曲目♪
1.洒落男  榎本健一(エノケン)
2.うちの女房にゃ髭がある  美ち奴と杉狂児
3.タバコやの娘  岸井明と平井英子
4.浪曲ダイナ  川田義雄
5.モダン金色夜叉  笠置シズ子と堺駿二

6.さいざんすマンボ  トニー谷と宮城まり子
7.歌う二等兵  伴淳三郎
8.ガード下の靴磨き  フランキー堺
9.啖呵売 男の純情  渥美清

深夜便の歌
 夜のララバイ  藤田まこと


9曲目の「たんかばい」は「啖呵売」のことでした。バナナの叩き売りのように調子のよい口上で集客し、商品を売る商売です。この曲では本か冊子を売っていたようです。それに続いて「男の純情」が連続して放送されました。

1:00~2:00 演芸特選
 アンカー 水野節彦さん

 ♪演目♪
1.講談 「伊達政宗の堪忍袋」   五代目 宝井 馬琴
  23分46秒 スタジオ録音のようです。
伊達政宗が、曽我兄弟のあだ討ち話を例に出して自分への恥辱を堪忍するというお話です。すべて実話かどうかは分かりませんが、歴史の勉強になりました。


2.落語 「しの字嫌い」  初代 金原亭馬の助
  16分51秒 スタジオ録音

使用人と商家のご主人が、「し」の字を言わないという知恵比べをします。頓知の利いた使用人です。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 水野節彦さん

 ♪曲目♪
1.シャルメーニュ  マントバーニ・オーケストラ
2.歌う風  ラルフ・フラナカ゜ン・オーケストラ
3.第三の男  ガイロンバード・オーケストラ
4.波路遥かに  ビリーボーン・オーケストラ
5.魅惑の宵  パーシーフェイス・オーケストラ

6.クワイエット・ビレッジ(静かな村)  マーチンデニ・オーケストラ
7.お江戸日本橋  リカルド・サントス・オーケストラ
8.コーヒー・ルンバ  ウーゴ・ブランコ・オーケストラ
9.セレソ・ローソ  ペレスプラード・オーケストラ
10.懐かしのリスボン  ネルソン・リドゥル・オーケストラ

11.ムーン・グロウとピクニックのテーマ  モーリス・ストゥロフ・オーケストラ
12.碧空  アルフレッド・ハウゼ・オーケストラ


最近、映画音楽やイージー・リスニングなどをまとめて聞く機会があまり無いので、この時間帯にかかる曲は懐かしく、ありがたいと思っています。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 水野節彦さん

 ♪曲目♪
1.今日でお別れ  菅原洋一
2.別れのブルース  淡谷のり子
3.別れても  二葉あき子
4.別れたって良いじゃないか  神戸一郎
5.別れの磯千鳥  近江敏郎

6.お別れ公衆電話  松山恵子
7.別れ歌  中島みゆき
8.別れても好きな人  ロス・インディオスとシルビア
9.粋な別れ  石原裕次郎

深夜便の歌
 夜のララバイ  藤田まこと


昨日は深夜便のタイマー録音を忘れてしまい、6/23の内容はアップできませんでした。ご存知の"サッカー"を見てました。先取点のゴールのシーンは、きっと4年後まで私の記憶に残るでしょう。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 川野一宇さん

 ♪曲目♪
1.涙を抱いた渡り鳥  水前寺清子
2.出世街道  畠山みどり
3.好きになった人  都はるみ
4.大ちゃん数え歌  吉田よしみ(天童よしみ)
5.山茶花の宿  大川栄作

6.細雪  五木ひろし
7.しのぶ  美空ひばり
8.夫婦坂  都はるみ

深夜便の歌
 夜のララバイ  藤田まこと


4曲目の「大ちゃん数え歌」は、テレビアニメ「いなかっぺ大将」のテーマソングです。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 須磨佳津江さん

 ♪曲目♪
1.サボテンの花 チューリップ 作詞・作曲 財津和夫
2.虹とスニーカーの頃 チューリップ 作詞・作曲 財津和夫
3.心の旅 チューリップ 作詞・作曲 財津和夫
4.青春の影 チューリップ 作詞・作曲 財津和夫
5.二人だけの夜  財津和夫 作詞・作曲 財津和夫

6.ウエィク・アップ  財津和夫 作詞・作曲 財津和夫
7.一枚の絵 財津和夫 作詞・作曲 財津和夫
8.切手の無い贈り物 財津和夫 作詞・作曲 財津和夫
9.まるで子供のように 財津和夫 作詞・作曲 財津和夫

深夜便の歌
 夜のララバイ  藤田まこと


フォークソングブームの終わりごろにデビューしたグループでした。その後はフォークとは呼ばれずニューミュージックと言われていたような気がします。

8曲目はNHK「みんなの歌」で放送されていた都合で、2分程度の演奏時間です。

この頃から、若者の歌から反戦・平和、人生・貧困などの「大きい重い暗い」内容が消えて、経済成長した社会の中での個人の幸福がテーマになり始めます。視点が移動したとも言えるとおもいます。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 遠藤ふき子さん

 ♪曲目♪
1.夜のプラットフォーム 二葉あき子 作詞 奥野椰子夫 作曲 服部良一 昭和22年
2.愛のゆりかご  二葉あき子 作詞 久保田宵二 作曲 古関裕而 昭和11年
3.古き花園  二葉あき子 作詞 サトウハチロー 作曲 早乙女光 昭和14年
4.お島千太郎旅唄  二葉あき子 伊藤久男 作詞 西條八十 作曲 奥山貞吉 昭和15年
5.新妻鏡  二葉あき子 霧島昇 作詞 佐藤惣之助 作曲 古賀政雄 昭和15年

6.バラのルムバ  二葉あき子 作詞 村雨まさを 作曲 服部良一 昭和22年
7.恋の曼珠沙華  二葉あき子 作詞 西條八十 作曲ー古賀政雄 昭和23年
8.水色のワルツ  二葉あき子 作詞 藤浦洸 作曲 高木東六 昭和25年
9.恋の曼珠沙華  二葉あき子 作詞 西條八十 作曲ー古賀政雄 昭和23年
10.霧の港のノスタルジア  二葉あき子 作詞 西条八十 作曲 上原げんと 昭和25年

11.祈り舟  二葉あき子 作詞 石本美由起 作曲 吉田正 昭和60年

深夜便の歌
 夜のララバイ  藤田まこと


以前、懐メロ番組にでていらっしゃいましたが、現在も二葉あき子さんはお元気だそうです。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 宇田川清江さん

 ♪曲目♪
1.舞踏会の手帳  マルセル・ギャリバン・オーケストラ
2.また恋したのよ(嘆きの天使-より) マレーネ・デートリッヒ
3.鉄道員  サウンドトラックより
4.甘い生活  サウンドトラックより
5.世界残酷物語  サウンドトラックより(おそらく)

6.ブーベの恋人  サウンドトラックより
7.白い恋人たち  サウンドトラックより
8.夕凪  サウンドトラックより
9.死刑台のエレベータ  サウンドトラックより
10.第三の男  アントン・カラス

11.私生活 ブリジット・バルドー



いずれも名作映画です。小生、全曲聞いたことがありましたが、見たことがあるのは「第三の男」のみです。シーンは少ないのですが、空爆を受けたヨーロッパの都市の情景が記憶に残っています。機会があればほかの作品も見たいと思っています。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 宇田川清江さん

 ♪曲目♪
1.憧れのハワイ航路 歌 岡晴夫 作詞 石本美由起 昭和23年
2.忘られぬ花 歌 池上利夫 作詞 西岡水朗 昭和7年
3.十九の春 歌 ミス・コロンビア 作詞 西條八十 昭和8年
4.秋の銀座 歌 ミス・コロンビア 作詞 久保田宵二 昭和8年
5.急げ幌馬車 歌 松平晃 作詞 島田芳文 昭和9年

6.希望の門出 歌 松平晃 作詞 久保田宵二 昭和9年
7.夕日は落ちて 歌 松平晃 豆千代 作詞 久保田宵二 昭和10年
8.あの夢この夢 歌 二葉あき子 作詞 西條八十 昭和11年
9.花嫁行進曲 歌 音丸 作詞 高橋掬太郎 昭和11年
10.長崎のザボン売り 歌 小畑実 作詞 石本美由起 昭和23年

11.赤いランプの終列車 歌 春日八郎 作詞 大倉芳郎 昭和27年

深夜便の歌
 レモン 加藤登紀子 (時間が押したのか途中でフェイドアウト)



戦前の曲は始めて聞くものでしたが、戦後の曲は小生の生まれる前に発売されていますが、歌好きな小生の母親の影響で知っていました。

江口夜詩さんに関する記録のリンクを下に載せました。
江口夜詩-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
  アンカー 榊 寿之さん

 ♪曲目♪
1.リリー・マルレーン  マレーネ・デートリッヒ
2.ばら色の人生  エディット・ピアフ
3.暗い艀(はしけ)  アマリア・ロドリゲス
4.コメ・プリマ  トニー・ダララ
5.マンボ・バカン  ソフィア・ローレン

6.ヤング・ワン  クリフ・リチャード
7.アズ・ティアーズ・ゴー・バイ マリアンヌ・フェイスフル
8.ビーナス  ショッキング・ブルー
9.恋心  エンリコ・マシアス
10.二人の天使 ダニエル・リカーリ

11.おおシャンゼリゼ  ダニエル・ビダル
12.愛の花咲くとき  エンゲルベルト・フンパーティング



ヨーロッパのなかでもラテン系の曲が当時の記憶を思い出させます。気づかなかったけど、小生、ラテン系の精神構造かも(笑)。
ちょうど今、日本とクロアチアのワールドカップサッカーの試合中です。いいプレイを見たいものです。祈初勝利!
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
  アンカー 榊 寿之さん

 ♪曲目♪
1.高校三年生  舟木一夫
2.仲間達  舟木一夫
3.涙の敗戦投手  舟木一夫
4.銭形平次  舟木一夫
5.あの人は昔  舟木一夫

6.初恋  舟木一夫
7.友よ  舟木一夫
8.いつでも青春  舟木一夫
9.小さな手紙  舟木一夫

深夜便の歌
 レモン 加藤登紀子


6曲目の「初恋」は島崎藤村の "まだ上げ初めし..."で始まる有名な詩に作曲家の若松守さんが曲をつけました。小生、中学の時にその「初恋」を覚えて今でもそらんじています。
7曲目以降は平成になってから曲です。「友よ」は平成3年、作詞秋元康、作曲杉本正人です。「小さな手紙」は成人した自分の子供を気遣う父親の気持ちを伝える手紙を出したい気持ちを歌っています。ちょっと筆不精の父親です。
2:00~3:00 (にっぽんの歌こころの歌 に分類)
  アンカー 宇都宮 澤岸隆幸さん

♪曲目♪
1.別れの一本杉  春日八郎
2.早く帰ってこ  青木光一
3.ご機嫌さんよ達者かね  三橋美智也
4.涙船     北島三郎
5.ひばりの佐渡情話  美空ひばり



曲と曲の間に船村徹さんのインタビューがあり、船村徹さんと作詞家の高野公男さんとのエピソードや、歌手とのエピソードを話していました。
3:00~4:00 (にっぽんの歌こころの歌 に分類)
  アンカー 宇都宮 澤岸隆幸さん

♪曲目♪
1.乱れ髪  美空ひばり
2.東京だよおっかさん  島倉千代子
3.男の友情  船村徹


アンカーを囲むつどい 宇田川清江、西橋正泰 
栃木県那須塩原市 

深夜便の歌
 レモン 加藤登紀子


2曲目の、「東京だよおっかさん」船村さんのお母さんが唯一ほめてくれた曲だそうです。
深夜便の集いには九州から栃木県の会場まで来た人もいるようです。人気があるんですね。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
  アンカー 迎康子さん

♪曲名♪
1.モーニン アートブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
2.ミカの夢 アートブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
3.危険な関係のブルース アートブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
4.ムーン・リバー アートブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
5.ブルース・マーチ アートブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ



いくつかはTVドラマや映画のBGMで聞いたことがありました。
1曲約12分するものもあるにもかかわらず、まるごと聞けてジャズの好きな方にはうれしいことでしょう。深夜便で放送されるので、私もよくジャズを聴くようになりました。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
  アンカー 迎康子さん

♪曲目♪
1.昴 美空ひばり
2.木曽節 美空ひばり
3.野崎小唄 美空ひばり
4.粋な都都逸 美空ひばり
5.無法松の一生 美空ひばり

6.港が見える丘 美空ひばり
7.アカシヤの雨がやむとき 美空ひばり
8.ときには母の無い子のように 美空ひばり
9.恋人よ 美空ひばり
10.ラブイズオーバ 美空ひばり

深夜便の歌
 レモン 加藤登紀子



4曲目の「粋な都都逸」は要するに都都逸です。三味線の伴奏で語るように都都逸を歌っています。
アンカーの迎康子さんの放送は初めて聞きました。深夜便はパソコンでデジタルエンコードした後に編集しながら聞いているのですが、加々美アンカーと同じくらいにノイズの無い発声をしていらっしゃいます。
2:00~3:00  ロマンチックコンサート
  アンカー 宮川泰夫さん

♪曲目リスト♪
1.抱きしめたい ザ・ビートルズ
2.ア・ハードデイズ・ナイト ザ・ビートルズ
3.恋する二人 ザ・ビートルズ
4.恋に落ちたら ザ・ビートルズ
5.アンド・アイ・ラブ・ハー ザ・ビートルズ

6.今日の誓い ザ・ビートルズ
7.アイル・ビー・バック ザ・ビートルズ
8.アイ・フィール・ファイン ザ・ビートルズ
9.エイト・デイズ・ア・ウィーク ザ・ビートルズ
10.ノー・リプライ ザ・ビートルズ

11.ベイビーズ・イン・ブラック ザ・ビートルズ
12.アイル・フォロー・ザ・サン ザ・ビートルズ
13.ミスター・ムーンライト ザ・ビートルズ
14.パーティはそのまま ザ・ビートルズ
15.ロックンロール・ミュージック ザ・ビートルズ

16.シーズ・ア・ウーマン ザ・ビートルズ



前半の1曲目から11曲目までは、アルバム「ア・ハード・デイズ・ナイト」より、後半の12曲目から14曲目までは、アルバム「ビートルズ・フォア・セイル」より選曲されています。
そして最後の2曲は1966年東京公演の音源で、最近発売になったそうです。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
  アンカー  宮川泰夫さん

♪曲目リスト♪
1.恋のフーガ ザ・ピーナッツ
2.南京豆売り ザ・ピーナッツ
3.可愛い花 ザ・ピーナッツ
4.情熱の花 ザ・ピーナッツ
5.乙女の祈り ザ・ピーナッツ

6.レモンのキッス ザ・ピーナッツ
7.振り向かないで ザ・ピーナッツ
8.恋のバカンス ザ・ピーナッツ
9.ウナセラディ東京 ザ・ピーナッツ
10.ローマの雨 ザ・ピーナッツ
11.大阪の女(おおさかのひと) ザ・ピーナッツ

深夜便の歌
 レモン 加藤登紀子



ザ・ピーナッツと言えば、35年ほど前に放映されていた「シャボン玉ホリデー」のエンディングを思い出します。毎回ハナ肇さんがザ・ピーナッツの二人に肘鉄を受けていましたっけ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。