このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

2006年07月の全記事一覧

スポンサーサイト
7/31月 郷愁の歌 琉球・沖縄の島唄&ポップス集
7/29土 ”真夜中の夢の競演”デューク・エイセス&ダーク・ダックス
7/29土 がんを生き抜く 作家 柳原 和子
7/28金 思い出のポピュラー:'50年代ポップス・ヒット集
7/27木 ルーツ・オブ・J-Pop ジャパニーズ・シティー・ポップス集
7/27木 シンガー・ソングライターの時代 さだまさし集
7/26水 郷愁のポピュラー コンチネンタル・タンゴ集
7/26水 懐かしの歌謡スター 灰田勝彦集
7/25火 ヴィンテージ・ポップス ボブ・マリー集
7/25火 作家で綴る流行歌 古賀政男(作曲)作品集(2)
7/24月 エンジョイ・ジャズ スタン・ゲッツ(テナー・サックス)集 
7/24月 思い出の流行歌 グループ・サウンズ(GS)集 
7/22土 ”真夜中の夢の競演”いしだ あゆみ & 南 こうせつ
7/22土 地雷の村に学校を カンボジアこどもの家 代表 栗本英世
7/21金 青春のフォーク&ポップス 70年代初期の作品から
7/20木 恐竜の進化のふしぎ 北海道大学総合博物館 助手 小林快次(よしつぐ)
7/20木 クラシックへの誘い 合唱曲の楽しみ
7/19水 大岩祥浩 タンゴの響き
7/19水 思い出の流行歌 昭和20年代のヒット曲
7/18火 思い出の歌謡スター 石原裕次郎集(2)
7/17月 昭和歌謡年鑑:昭和34年の流行歌
7/16日 民話を語ろう 岩手県遠野(1)解説 大島広志 (國學院大學講師) 語り 菊池栄子(遠野市)
7/16日 青春のポップス ニール・セダカ&コニー・フランシス集
7/15土  ”真夜中の夢の競演” 若原一郎 & 宮城まり子
7/14金 思い出のポピュラー モダン・フォーク集
7/14金 歌謡スター・思い出のヒット 橋幸夫集
7/13木 思い出の流行歌 昭和40年代
7/12水 日本のジャズ 渡辺貞夫(アルト・サックス&フルート)集 
7/12水 思い出の流行歌 懐かしのカヴァー・ポップス集
7/11火 ロック・クラシックス '60年代ロック・ヒット集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
  アンカー 宇田川清江さん

 ♪曲目♪
1.安里屋ユンタ(あさどやゆんた) 宮城千鳥 作詞 星克 作曲 宮良長包
2.てぃんさぐの花 比嘉艶子、比嘉千津子
3.黒島口説 (くるしまくどぅち)  喜納昌永(きな・しょうえい)
4.花  おたか静流 作詞・作曲 喜納昌吉
5.ハイサイおじさん  喜納昌吉とチャンプルーズ 作詞・作曲 喜納昌吉

6.庭のガジュマル  ネーネーズ 作詞 岡本おさみ 作曲 知名定男
7.涙そうそう(なだそうそう)  ビギン 作詞 森山良子 作曲 ビギン
8.さとうきび畑  森山良子 作詞・作曲 寺島尚彦

深夜便の歌
 道程(みちのり) みなみらんぼう


1曲目の「安里屋ユンタ」八重山のある地域に伝わるいわゆる「玉の輿」伝説の歌だそうです。
安里屋のクヤマという女性に、役人が結婚の申し込みをしました。
その役人の上司も、クヤマを奥さんにしたいと申し出ました。
クヤマは、上司の申し出を受けました。
先に申し込んでいた役人は、別の女性と結婚しました。
二組は、幸せに暮らしました。


2曲目の「てぃんさぐ(ホウセンカ)の花」は、「ホウセンカの花は爪先に染めなさい。親の言うことは、心に染めなさい。」という意味のフレーズから始まって、親の言いつけを守って正しく誠実にがんばりましょう、という意味の歌だそうです。親は次の世に生きていく子供のことを考えて出来ることをするのがあたりまえだった時代の人生訓を、子供の側から歌い込んだ内容です。今の時代、身勝手な親の犠牲になる子供たちの事件が毎日のように報道されています。負け組みになった大人のストレスが、負け組みにならないようにと心配する大人の過剰な不安が、弱い立場の子供に向かっているように思います。小生、ヨーロッパの社会のように、負け組みを作らない社会構造を、未来に生きていく子供たちに残したいと思います。今のところ思うだけですが...。

1曲目の「安里屋ユンタ」は、宇田川アンカーのお母さんが好きだったとのことです。宇田川さんのお兄さんが沖縄で戦死したせいでしょうかとも話していました。
沖縄戦といえば、10年ほど前に他界した小生の大叔父が、亡くなる数年前に沖縄で戦って引き上げてきたことを話してくれたことがありました。沖縄戦では日本軍は全滅したのかと思っていましたが、私の勘違いでした。防衛庁の資料によると、第三ニ軍将兵約八万六四00名と米第10軍将兵二三万八七00名が沖縄で激突し、戦死者は日本軍約六万五000名、日本側住民約10万名、米軍一万ニニ八一名となっています。二万人の日本軍人は生き残った勘定になります。大叔父の話によると、地上戦が終わり、三隻の舟に分乗し本土へ向けて帰還しようとしたものの、自分の乗った船以外の二隻は途中で沈められたそうです。

沖縄はまだ行ったことがありません。一度行ってみたいと思います。
スポンサーサイト
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
  アンカー 峯尾武男さん

 ♪曲目♪
1.筑波山麓合唱団  デューク・エイセス 作詞 永六輔 作曲 いずみたく 昭和45年
2.銀色の道  ダーク・ダックス 作詞 塚田茂 作曲 宮川泰 昭和51年
3.女ひとり  デューク・エイセス 作詞 永六輔 作曲 いずみたく 昭和40年
4.花のメルヘン ダークダックス 作詞・作曲 敏トシ 昭和45年
5.おさななじみ  デューク・エイセス 作詞 永六輔 作曲 中村八大 昭和43年

6.フェニックス・ハネムーン  デューク・エイセス 作詞 永六輔 作曲 いずみたく  昭和42年
7.ともしび  ダーク・ダックス ロシヤ民謡 昭和31年~昭和48年
8.雪山賛歌  ダーク・ダックス 作曲 P.モントローズ 昭和34年
9.ジェリコの闘い  デューク・エイセス 黒人霊歌
10.山男の歌  ダーク・ダックス 昭和37年、昭和45年

11.ドライ・ボーンズ  デューク・エイセス 作詞・作曲 G.Livingston

深夜便の歌
 道程(みちのり) みなみらんぼう


デューク・エイセス(Duke Aces)1955年に結成された。
飯野 知彦(いいの ともひこ)トップ・テナー。
吉田 一彦(よしだ かずひこ)セカンド・テナー。
谷 道夫(たに みちお)バリトン。リーダーを務める。
槇野 義孝(まきの よしたか)バス。

谷口 安正(たにぐち やすまさ)元メンバー。トップ・テナーを担当していた。急逝し、代わりに現メンバーの飯野 知彦が加わる。


ダークダックス (DARK DUCKS)1951年に結成された。
メンバー全員、慶應義塾大学経済学部出身。
高見澤 宏(たかみざわ ひろむ)トップ・テナー。愛称は、パクさん。
佐々木 行(ささき とおる)セカンド・テナー。ただし、現在休業中。愛称は、マンガさん。
喜早 哲(きそう てつ)バリトン。愛称は、ゲタさん。
遠山 一(とおやま はじめ)バス。愛称は、ゾウさん。

あと、4人の男性コーラスグループといえば、ボニージャックス があります。


4:00~5:00 こころの時代
 アンカー 峯尾武男さん

 柳原和子(やなぎはらかずこ)
 再発ガンを生き抜く。9年前にガンになり、2003年に再発する。「がん患者学」などを出版する。
京都南禅寺の山門前でインタビュー。

・今の体調はめちゃいい。通常の56歳の人よりはるかに良い。
・母親もガンでなくなる。そのなくなった日に自分もそれで亡くなると思って、物書きになり、死んでいく自分を記録しようと決意した。
・ガンが再発して治ることをあきらめ、本(記録)を残すことに生きる意味を見出し、強引に自分に納得させた。
・ガン再発後、3つの病院を変えた。死ぬと分かっていながら、過酷な治療を受けなければならないか理解できない。
・母の治療をみて、余命半年といわれて頭を丸坊主にして入院しっぱなしでいる意味があるとは思えない。

・いろんな意見を持つ人がいる。再発して治らないといわれた後の治療を決めるのがむずかしい。
・私のこれからの短い生をどう過ごすか医師に聞きたかった。しかし、「あなたを治すことは出来ません。延命のためにこれとこれをやらなきゃなりません」というのが医療の現場。
・一番自分の生に近い治療法は何か、探り当てたかったが、医療関係者からは答えられなかった。

・人間が生きていることを感じるのは「今日ウンチが出た。おいしいご飯を食べた。」と思うこと。つまり普通のことが出来ること。それを9年間のガンが教えてくれた。

・再発後、最初の治療は抗がん剤を使い、転移したがんがほとんど消えた。
・しかし、こういう消え方をするとあるとき”バッ”と広がるものだと言われる。
・骨盤内にガンが再発する。
・違う専門の医師に意見を聞く。するとその医師は別の専門の医師の治療を批判する。
・医師は他の専門、他の科の医師の意見を聞くことが少ない。自分の専門領域の勉強で手一杯。

・あなたは死ぬといわれたら、その人は混乱する。生きていることは混乱することの連続。
・これからの医療は、つぎのように変わってほしい。医師も患者も、お互いが分からないで、同じ(治療する)ことに向かって歩いていることを認め合うこと。生をサポートしあうこと。別の意見をもった両者が同じゴールを目指すこと。

・骨盤のガンが肝臓に転移していることが見つかる。
・医師は知識と経験がありすぎて、よどみなく沢山の言葉で現状と治療方針を説明する人が多い。
・関西に戻り、ラジオ波治療をする。

・医師に望むことは、患者の混乱を見守り、様々な治療の選択肢を用意しておいてほしい。

現在の日本の医療に不足している部分を指摘されています。
医師の専門性が高くなり視野が狭くなったり、組織としての医療機関の中で医師と患者のかかわり方に困難があったり、と今日的な問題があるようです。

小生はたまたま病院のベッドで寝たことはありませんが、献血センターに年に数回献血に行きます。そこに在駐する医師がおじいさんの場合は、問診中のやり取りが人と話している気がしますが、中年や若年の医師や看護師の場合は、組織の行動マニュアルから逸脱しないようにしていることが感じられます。医療ミスがないようにしているのでしょうが、人はミスをします。問題は、そのミスをした後にその人(医師、看護師)はどうリカバーするかです。そのおじいさん医師の場合にある安心感を、他の医療関係者にも感じられるようになればと思います。今回のテーマとは少しずれましたが、ちょっと思うことを書いてみました。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
  アンカー 斎藤季夫さん

 ♪曲目♪
1.ヤング・ラブ  ソニー・ジェームス
2.砂に書いたラブレター  パット・ブーン
3.月影の渚  アンソニー・パーキンス
4.情熱の花  カテリーナ・ヴァレンテ
5.マンボ・イタリアーノ  ローズマリー・クルーニ

6.ボラーレ  ドメニコ・モドゥーニョ
7.ベニスの夏の日  トニー・アーデン
8.バナナ・ボート  ハリー・ベラフォンテ
9.キサス・キサス・キサス  ナット・キング・コール
10.パパはマンボがお好き  ペギー・コモ

11.シュ・ブン  クルー・カッツ
12.トワイライト・タイム  プラターズ
13.アト・ザ・ホップ  ダニー&ザ・ジュニアーズ
14.バルコニーに座って  エディ・コクラン
15.冷たくしないで  エルビス・プレスリー


'50年代のヒット曲のいくつかは、1910年代に作られてその何回目かのリバイバルヒットのものもあるとのことです。最も極め付きの「情熱の花」はベートーベン作曲「エリーゼのために」ですから、1867年よりになります。

10曲目の「パパはマンボがお好き」では"Papa loves manbo, Mama loves manbo..." と歌っています。二人で踊るダンスですから、両方とも好きでないとケンカの種になってしまいます。パパもママもマンボが好きってことです。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
  アンカー 宮川泰夫さん

 ♪曲目♪
1.モンロー・ウォーク  南佳孝 作詞 来生えつこ 作曲 南佳孝 昭和54年
2.渚に行こう  ブレッド&バター 作詞 伊達歩 作曲 岩沢二弓 昭和56年
3.夏のクラクション  稲垣潤一 作詞 売野雅勇 作曲 筒美京平 昭和58年
4.君は天然色  大滝詠一  作詞 松本隆 作曲 大滝詠一 昭和56年
5.雨のウェンズディ  大滝詠一  作詞 松本隆 作曲 大滝詠一 昭和56年

6.カナリア諸島にて  大滝詠一  作詞 松本隆 作曲 大滝詠一 昭和56年
7.ワン・ホット・ラブ  松下誠  作詞 松下明子 作曲 松下誠 昭和57年
8.プールサイド  南佳孝 作詞 来生えつこ 作曲 南佳孝 昭和53年
9.潮騒  山下達郎 作詞 吉田美奈子 作曲 山下達郎 昭和53年
10.ガール・オン・ザ・ビーチ  山下達郎 (ビーチボーイズ「浜辺の乙女」のカバー曲)


3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
  アンカー 宮川泰夫さん

 ♪曲目♪
1.精霊流し(しょうろうながし)  グレープ 作詞・作曲 さだまさし 昭和49年
2.驛舎(えき)  さだまさし 作詞・作曲 さだまさし 昭和56年
3.関白宣言  さだまさし 作詞・作曲 さだまさし 昭和54年
4.療養所(サナトリウム)  さだまさし 作詞・作曲 さだまさし 昭和54年
5.向日葵(ひまわり)  さだまさし 作詞・作曲 さだまさし 平成元年

6.案山子(かかし)  さだまさし 作詞・作曲 さだまさし 昭和56年

深夜便の歌
 道程(みちのり) みなみらんぼう


宮川アンカーは、さだまさしさん、中島みゆきさんと親交があり、二人を評してそれぞれ「言葉の精神科医」、「言葉の外科医」とたとえていました。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
  アンカー水野節彦さん

 ♪曲目♪
1.ジェラシー  マランド楽団
2.ビオレッタに捧げし歌  マランド楽団
3.星の降る夜  マランド楽団
4.カプリ島  ワイントラウブス(ヴァイントラウブ)・シンコペーターズ
5.青空  マントバーニー管弦楽団

6.ジプシーの嘆き  ジョー・ロス楽団
7.夜のタンゴ  ポーラ・ネグリ
8.奥様お手をどうぞ  オットー・ドブリント楽団
9.小さな喫茶店  ワイントラウブス(ヴァイントラウブ)・シンコペーターズ
10.スペインのタンゴ  バルナバス・フォン・ゲッツィ楽団

11.ポエマ  ペセンティ楽団
12.夜のセレナード  マントバーニー楽団


コンチネンタル・タンゴの説明。日本特有の音楽ジャンルの呼び方なのかも。
タンゴは19世紀半ばにブエノスアイレス(南米アルゼンチン)近辺で生まれたポピュラー音楽、ダンスとされる。日本では、タンゴがヨーロッパに渡って変化したものをコンチネンタル・タンゴ(コンチネンタル=大陸の=ヨーロッパの)と呼び、それに対して元来のものをアルゼンチン・タンゴと呼んで区別することがある。
とのこと。

どの曲も良く知っていたり、耳にしたことがあります。

3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 水野節彦さん

 ♪曲目♪
1.アルプスの牧場  灰田勝彦 作詞 佐伯孝夫 作曲 佐々木俊一 昭和26年
2.ブルー・ムーン  灰田勝彦 作詞 永田哲夫(訳) 作曲 ロジャース 昭和11年
3.青春のタンゴ   灰田勝彦 作詞 佐伯孝夫 作曲 山田栄一 昭和15年
4.青春グラウンド  灰田勝彦 作詞 佐伯孝夫 作曲 佐々木俊一 昭和15年
5.燦めく星座  灰田勝彦  作詞 佐伯孝夫 作曲 佐々木俊一 昭和15年

6.ジャワのマンゴ売り  灰田勝彦、大谷冽子 作詞 門田ゆたか 作曲 佐野 鋤  昭和17年
7.鈴懸の径  灰田勝彦 作詞 佐伯孝夫 作曲 灰田晴彦  昭和17年
8.新雪  灰田勝彦 作詞 佐伯孝夫 作曲 佐々木俊一 昭和17年
9.南国の夜  灰田勝彦 作詞 永田哲夫 作曲 灰田晴彦 昭和18年
10.春ほほえまば  灰田勝彦 作詞 門田ゆたか 作曲 灰田晴彦 昭和18年

11.東京の屋根の下  灰田勝彦 作詞 佐伯孝夫 作曲 服部良一 昭和22年
12.お玉杓子は蛙の子  灰田勝彦 作詞 永田哲夫、東辰三 ハワイ民謡 昭和15年

深夜便の歌
 道程(みちのり) みなみらんぼう


3曲目の途中で、関東地方の放送では交通情報(事故情報)が入りました。
7,9,10曲の作曲家の灰田晴彦さんは灰田勝彦さんのお兄さんだそうです。

灰田勝彦さんは戦前のハワイ生まれということまでは知っていましたが、詳しくは
灰田勝彦 Wikipedia
をご参照ください。驚きました、灰田勝彦さんの一生を映像化すると、よく出来た映画が作れてしまいます。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 国井雅比古さん

 ♪曲目♪
1.トレンチ・タウン・ロック  ボブ・マーリーとウェイラーズ 1970年
2.コンクリート・ジャングル  ボブ・マーリーとウェイラーズ 1973年
3.アイ・ショット・ザ・シェリフ  ボブ・マーリーとザ・ウェイラーズ 1973年
4.エクソダス  ボブ・マーリーとザ・ウェイラーズ 1977年
5.ジャミング  ボブ・マーリーとザ・ウェイラーズ  1977年

6.ウェイティング・イン・ベイン  ボブ・マーリーとザ・ウェイラーズ 1977年
7.ソー・マッチ・トラブル  ボブ・マーリーとザ・ウェイラーズ 1979年
8.リデンプション・ソング  ボブ・マーリー 1980年
9.ノー・ウーマン・ノー・クライ  ボブ・マーリー 1974年


ボブ・マーリーの公式ホームページ 英語の歌詞が読めます。
http://www.bobmarley.com/music/

ボブ・マーリー博物館に行った方のレポート(面白い!メインサイトもgood)
http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/retu75.htm

レゲエ知ってました。ボブ・マーリー知ってました。でも今回良く調べたらレゲエ音楽は、生き様を表現した結果の芸術だったのですね。

http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/retu75.htm より一部引用
アフリカ回帰をうたう宗教“ラスタファリズム”に目覚める。彼らが髪を切らずにドレッド・ヘアという縄のれんのような髪型をしているのは、自分の肉体に刃物を当ててはならないという戒律があるからだ。だからドレッド・ヘアは、ファッションではなくラスタ教信者の証なのだ。
......
レゲエ・ミュージシャンの誰もが頭をドレッドにするわけではない。彼らの中のラスタ教徒だけが、ドレッドにするのだ。日本ではドレッドの若者が“ハンバーガー”を食いながら街を歩く光景をよく見るが、あれは本物のラスタマンにしてみれば教義(菜食主義)の冒涜に等しい行為になる。


Bobmarleyは1945年に生まれ、1981年36歳で癌により亡くなっています。1979年には来日公演をしています。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 国井雅比古さん

 ♪曲目♪
1.湯の町エレジー  近江俊郎 作詞 野村俊夫 作曲 古賀政男 昭和23年
2.三百六十五夜 霧島昇、松原操 作詞 西條八十 作曲 古賀政男 昭和23年
3.涙のチャング  小畑實 作詞 丘灯至夫 作曲 古賀政男 昭和25年
4.ゲイシャ・ワルツ  神楽坂はん子 作詞 西條八十 作曲 古賀政男 昭和27年
5.りんどう峠  島倉千代子 作詞 西條八十 作曲 古賀政男 昭和30年

6.青春サイクリング  小坂一也 作詞 田中喜久子 作曲 古賀政男 昭和31年
7.柔  美空ひばり 作詞 関沢新一 作曲 古賀政男 昭和39年
8.浜昼顔  五木ひろし 作詞 寺山修司 作曲 古賀政男 昭和49年
9.無法松の一生  村田英雄 作詞 吉野夫二郎 作曲 古賀政男 昭和33年
10.思い出の記  古賀政男 作詞・作曲 古賀政男 昭和52年

深夜便の歌
 道程(みちのり) みなみらんぼう


1曲目の「湯の町エレジー」は昭和40年代の新しい音源でした。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 明石 勇さん

 ♪曲目♪
1.星影のステラ  スタン・ゲッツ
2.ノーバディ・エルス・バット・ミー  スタン・ゲッツ
3.ディサ・フィナード  スタン・ゲッツ
4.イパネマの娘  スタン・ゲッツ 
5.夜も昼も  スタン・ゲッツ

6.バーモントの月  スタン・ゲッツ
7.ブルース・フォー・メリー・ジェーン  スタン・ゲッツ


1927年、ティラデルフィア生まれ。1991年に64歳でなくなる。白人モダンジャズの代表的ミュージシャン。ユダヤ系アメリカ人。あまり誉めることなかったマイルスデイビスも「俺はスタンが好きなんだ」といっていた。スタン・ゲッツの所属していた楽団には、同じユダヤ系のベニー・グットマン、ウディ・ハーマン、がいて可愛がられた。
とのことです。

小生、ジャズはそんなに詳しくないので、多分聞いたことのあるミュージャンでしょうけど、改めて明石さんに解説してもらって聞くと楽しみも深まります。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 明石勇さん

 ♪曲目♪
1.シーサイド・バウンド  ザ・タイガース 作詞 橋本淳 作曲 すぎやまこういち 昭和42年
2.モナリザの微笑  ザ・タイガース 作詞 橋本淳 作曲 すぎやまこういち 昭和43年
3.花の首飾り  ザ・タイガース 作詞 菅原房子 作曲 すぎやまこういち 昭和43年
4.夕陽が泣いている  ザ・スパイダース 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和41年
5.バン・バン・バン  ザ・スパイダース 作詞・作曲 かまやつひろし 昭和42年

6.神様お願い  ザ・テンプターズ 作詞・作曲 松崎由治 昭和43年
7.純愛  ザ・テンプターズ 作詞 なかにし礼 作曲 村井邦彦 昭和44年
8.思い出の渚  ザ・ワイルド・ワンズ 作詞 鳥塚繁樹 作曲 加瀬邦彦 昭和42年
9.好きさ好きさ好きさ  ザ・カーナビーツ 作詞・作曲 クリス・ホワイト 訳詞 漣健児(訳) 昭和42年
10.君に会いたい  ザ・ジャガーズ 作詞・作曲 清川正一 昭和42年

深夜便の歌
 船旅  小椋佳


この時期にグループサウンズは100以上も結成されていたそうです。
インターネットでGSについて調べてみました。ほとんど1971年に解散しています。

ザ・タイガース
 1964年、京都で沢田研二(vo)、加橋かつみ(vo、g)、岸辺おさみ(b)、森本太郎(g)、瞳みのる(ds)で結成、67年「僕のマリー」でデビュー。「シーサイド・バウンド」「モナリザの微笑」などのヒットでGSブームの頂点に立つ。69年加橋脱退に伴い岸辺シローが参加。71年1月に解散した。

ザ・スパイダース
 1961年に田辺昭知(ds)によって結成された。64年頃までにかまやつひろし、堺正章、井上順、井上孝之、大野克夫、加藤充が加入。66年「フリ・フリ」でデビュー。「夕陽が泣いている」「あの時君は若かった」などの大ヒットを放つ。71年解散。

ザ・テンプターズ
 1965年、松崎由治と田中俊夫を中心に埼玉県で結成。67年のデビュー・シングル「忘れ得ぬ君」発表時のメンバーは松崎、田中、萩原健一、高久昇、大口広司の5人。「神様お願い!」などヒット曲を生む。タイガースやスパイダースとともにGSブームを代表するバンドに成長したが、GSブームの終焉とともに人気が下降。1971年に解散した。ショーケンこと萩原健一は、解散後ソロ活動を行なう。

ザ・ワイルド・ワンズ
 加瀬邦彦(ギター担当)が平凡パンチに募集記事を載せ、メンバーを集め結成された。加山雄三によって命名。71年に解散。1981年には、オリジナルメンバー4人で再結成し、加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズに改名。"サンサン30代も、グロンサン"のCMでコミカルなキャラクターでも人気が出た。現在も日本全国でコンサート活動をこなす。

ザ・カーナビーツ
 デビュー曲「好きさ好きさ好きさ」の大ヒットで知られるGSバンド。1968年にアルバム『ファースト・アルバム』をリリース。R&Bと歌謡曲の切なさ、ワイルドなガレージ感覚などサウンド面でもさまざまな魅力を持ち、グループ・サウンズのトップ・グループとなったが、69年に解散。

ザ・ジャガーズ
 宮ユキオ(ds)を中心とするGS。67年6月「君に会いたい」でデビュー。岡本信(vo)の人気もあり「マドモアゼル・ブルース」などのヒットが生まれた。71年に解散した。

小生、2,3年前の正月に、東京のお台場デックス東京ビーチ内『台場一丁目商店街』に行ったとき、たまたま、ザ・ワイルド・ワンズの加瀬邦彦さんが北原照久(おもちゃ博物館館長)さんらと、「思い出の渚」などをライブで歌ってました。通路の広場のようなところでやっていたので、加瀬さんは小生の5mほど前でギターとボーカルを聞かせてくれました。盛り上がっていました。


3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 西橋正泰さん

 ♪曲目♪
1.太陽は泣いている いしだあゆみ 作詞 橋本淳 作曲 筒美京平 昭和43年
2.神田川  かぐや姫  作詞 喜多条忠 作曲 南こうせつ 昭和48年
3.ブルーライト・ヨコハマ  いしだあゆみ 作詞 橋本淳 作曲 筒美京平 昭和43年
4.あなたならどうする  いしだあゆみ 作詞 なかにし礼 作曲 筒美京平 昭和45年
5.幼い日に  南こうせつ 作詞・作曲 南こうせつ 昭和50年

6.満天の星  南こうせつ 作詞 岡本おさみ 作曲 南こうせつ 昭和57年
7.今日からあなたと  いしだあゆみ 作詞 橋本淳 作曲 筒美京平 昭和44年
8.夢一夜  南こうせつ 作詞 阿木燿子 作曲 南こうせつ 昭和53年
9.砂漠のような東京で  いしだあゆみ 作詞 橋本淳 作曲 中村泰士 昭和46年

深夜便の歌
 船旅  小椋佳


22日の早朝もFM電波の状態が悪く、かすかにノイズが乗っていました。

お二人の略歴です

 いしだあゆみ
1948年大阪生まれ。歌手として69年に「ブルーライト・ヨコハマ」を大ヒットさせ、以後も「あなたならどうする」「砂漠のような東京で」他のヒット曲を放つ。80年代以降は女優業を中心に活動し、演技派として活躍中。

 南こうせつ
1945年2月13日、大分県生まれ。シンガー・ソングライター。71年フォーク・グループ“かぐや姫”を結成。73年夏発表のシングル「神田川」が大ヒット。立て続けに「赤ちょうちん」「妹よ」をヒットさせ、“四畳半フォーク”の呼称で一時代を築く。75年からソロになり「夢一夜」「れくいえむ」などをヒットさせる。
4:00~5:00 こころの時代
 アンカー 西橋正泰さん

 栗本英世(くりもとひでお)
 19歳でフィリピンに渡り、海外支援をはじめる。1996年にカンボジアに入り「寺子屋」を作る。現在18校、約7000人が学ぶ。

・カンボジアの人口は1千百万人、地雷は8百万~1千万個ある。
・戦前は国土の80%が森林。戦後は20%が森林。林業は成り立たない。
・母親が病気になると子供が悪い金貸しから借金し、焦げ付くと町へ連れて行かれる(売られる)。
・子供たちが字を読めないので情報から遠くなり、だまされて売られていくことになる。
・村の長老たちに聞くと、昔は勉強はお寺でやっていたそうである。
・お寺の和尚さんが、大人子供、年齢に関係なく文字を教えた。
・シアヌーク時代、1950-1960年代にはほとんどの村に寺子屋があった。
・ポイペットという地区で、ある店先を借りて最初の寺子屋をはじめた。私が先生で生徒は40人だった。
・2ヶ月で生徒が300人に増えて、隣町にも学校を作ることになったので、私は教師を増やすことに力を注いだ。
・子供は勉強したいとワクワクして来るので、教えるのはとても簡単だった。

・国際支援に携わるきっかけは、自分の家が貧乏だったから。子供のころ給食費が払えなかった。
・母親が、字が読めないため自殺未遂をした。
・母親を助けることは出来ないが、字を教えることにより苦しみから救える人たちがいることを知った。
・15,6歳のときに海外で支援活動をしようと決めた。

・2,300人の学校を作るため村人総出で山林の整地をした。
・根きり作業を人力でやっていたが、ブルドーザを借りて整地すると村人がしり込みし、やる気を無くした。
・外国人が来て勝手に作った建物、井戸は村人が修理できないのでほったらかしになる。
・村人が作ったものなら直して使いつづけることが出来る。
・村に電気を通すと、電気代を払うために父親が町に働きに出、母親は夜まで働き、子供はTVを見てしまう。そうやって一家の団欒を壊してしまう。
・彼らのスピードに合わせてゆっくり進めばいいのに、成果を求めて機械を使うのは間違い。
・「援助」がその国の人々を苦しめている。
・インドで「慈悲魔(じひま)」という言葉と出会う。
・カンボジアの人々が自分たちで国を再建しようとすることを、国際援助がふさいでしまっている。
・自分たちでやろうとする意欲をそいでしまう、それがカンボジアの慈悲魔といえる。
・「物やお金をあたえるだけでは役に立たない」のではなく、その行為は害毒になる。
・必要なものを作り出す知恵、知識、ノウハウのほうが必要。そのほうがお金、コスト時間がかかるかもしれないが。
・今、日本のやっている援助は、日本の企業が現地に行って橋や道路を作る。これだと現地の人には何も残らない。
・これからの支援は、人を育てることをしてほしい。

・日本で小学校から大学まで、講演に呼ばれる。
・私のキャンプにも年間100~150人の日本の若者が来て、支援したいと訪れる。日本人も捨てたものではない。
・人の役に立てるという幸せが、私にとってボランティアをやるという気にさせる。
・7000人の子供が寺子屋に来ている。人の役に立っているということで、今生きている人の中で私は一番幸せ。

栗本英世さん関連のホームページを下に上げときます。

カンボジアこどもの家
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 迎 康子さん

 ♪曲目♪
1.白いブランコ  ビリーバンバン 昭和45年
2.花嫁  はしだのりひことクライマックス 昭和46年
3.風が運ぶもの  本田 路津子 昭和46年
4.されど私の人生  斎藤哲夫 昭和46年
5.カレーライス  遠藤賢司 昭和47年

6.み空  金延幸子 昭和47年
7.ケンとメリー愛の風のように  バズ 昭和47年
8.結婚しようよ  吉田拓郎 昭和47年
9.春夏秋冬(しゅんかしゅうとう) 泉谷しげる 昭和47年
10.学生街の喫茶店  ガロ 昭和47年


深夜便の歌
 船旅  小椋佳


3曲目の「風がはこぶもの」を歌った本田 路津子さんが、1975年に結婚し渡米したことまでは知っていました。インターネットで調べたら、現在は帰国され、九州でキリスト教のゴスペルシンガーとして活躍されていることを知りました。
1:00~2:00 歴史に親しむ
  アンカー 川野一宇さん

 世界の巨大恐竜博2006 幕張メッセ会場にてインタビュー

・恐竜は2億3千万年前に現れ、6千5百万年前に姿を消す
・恐竜の化石は1820年代にアメリカで発見されたのが学術的には最初。現在のところ850~860種類発見されている
・90年代中盤より、中国で羽毛恐竜が発見され注目されている
・恐竜は絶滅したのではなく、鳥に進化して生き続けている
・日本でも恐竜の化石は見つかっている(北海道、近畿、四国、九州)
・一つ見つかると次々と見つかる。日本にはいないという思い込みがあったようだ

スーパーサウルスのコーナーに移動
・臨場感あるCG、音声での展示もある
・スーパーサウルスの展示、全長33m、展望台から全体を眺められる
・会場を見たところ、20体ほどの巨大恐竜の骨格標本がある
・モリソン層(アメリカ)から沢山恐竜の化石が出る
・長い首と長い尻尾がバランスしている
・大きくなった理由は、肉食恐竜から襲われにくくするためかも
・裸子植物を一日に数百Kg食べたかも
・足の骨は頑丈で重いが、背骨・首の骨は空洞があり、軽い
・スーパーサウルスの全体の組み立て骨格標本は、今回の展示のために世界初めて組み立てられた

羽毛恐竜のコーナー
・羽毛恐竜の骨格標本は一見の価値がある。中国遼寧省で発掘された
・恐竜が四本足で直立歩行したのは、エネルギー効率が良いため
・酸欠の水底に死体が沈むと、バクテリアが少ないので羽毛の残った恐竜の化石が出来る
・化石になるのは数千体死亡して、一体あるかないか
・化石の見つけ方は、餌であった植物・貝の化石があるところを捜す
・でも手作業で、昔と基本的なスタイルは変わらない
・ティラノサウルスは歯が鋭い。歯はバナナくらいある。噛み付いて骨もいっしょに砕いて食べるのかも

生命と環境のコーナー
・今地球には4千数百種の哺乳類がいて、恐竜の子孫の鳥類が9千種類いる
・恐竜絶滅の原因 隕石飛来説、火山活動説などがある はっきりしていない
・恐竜が絶滅したときに哺乳類、鳥類その他が生き残った理由が良く分からない
・人類は65億人地球上にいる。地球に対し大きな環境負荷の原因であり、いつ絶滅してもおかしくない
・どの生物も絶滅する
・人類の知恵で、どのくらい絶滅の時期を延ばせるか問われている

小林快次(よしつぐ)さんのメッセージ
・恐竜の進化と多様化、生命の素晴らしさを感じてほしい
・恐竜は(怪獣と違って)私たちと同じ生き物の仲間
・今年の夏はモンゴルゴビ砂漠へ行きます。恐竜を見つけてきます。


この夏休み、久しぶりに幕張メッセまで子供をつれて見に行こうかな。

以下に関係するリンクを上げときます。
世界の巨大恐竜博2006 
北海道大学総合博物館
小林快次

北大理学部の植物学科や化学科などが入っていた建物は博物館になっていたのですね。知らなかった...。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 川野一宇さん

 ♪曲目♪
1.ベートーベン カンナン山のキリストから ハレルヤ ロバート・ショー指揮 アトランタ交響管弦楽団と合唱団
2.モーツァルト アヴェ・ベルム・コルプス スティーブン・グローバリー指揮 ケンブリッジ・キングスカレッジ合唱団 オルガン:ジェームス・ビビアン
3.シューマン 流浪の民 ライプチヒ放送合唱団 オルガン:ロルフ・ディーター・アレンス
4.ヘンデル オラトリオ テオドーラから おお聖なる愛 ニコライ・アーノンクール指揮 アーノルド・シューンベルク合唱団 ウィーン・コンツェンツス・ムジークス
5.ヘンデル オラトリオ メサイヤから ハレルヤコーラス トレバー・ピノップ指揮 イングリッシュ・コンサート&合唱団

6.ブラームス ドイツ レクイエムから なんと麗しいのかあなたの住まいは ロバート・ショー指揮 アトランタ交響楽団と合唱団
7.フォーレ レクイエムから リベラメ チョン・ミュンフン指揮 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団と合唱団 バリトン:ブリン・ターフェル
8.ビバルディ グローリア ニ長調 地には平安 ニコライ・アーノンクール指揮 アーノルド・シェーンベルク合唱団 ウイーン・コンツェンツス・ムジークス
9.バッハ 主よ人の望みの喜びよ バリーローズ指揮 セントポール・カテドラル合唱団 イギリス室内管弦楽団


小生、昼間はクラシックの合唱曲は聞く気持ちになりませんが、夜聞くと意外にイケますね。
今回は文字数が多かったので、少し小さめのフォントにしています。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 須磨佳津江さん

 ♪曲目♪
1.フェレス  ラファエル・ロッシ古典タンゴ・トリオ
2.チェ・パプーサ・オイー  ピリンチョ五重奏団
3.ロケ・ベンドラー  セステート・タンゴ六重奏団
4.ラ・グリマス  アルベルト・マンシヨーネ楽団
5.ヌエベ・デ・フーリオ  アドルフォ・ベローン

6.ポルテニシモ  ミゲール・カロー楽団
7.エル・インテルナード  フアン・ポリート楽団
8.エル・オンセ  ホセ・ガルーシア楽団
9.ルイ・セニョール  アンセルモ・アイエタ楽団
10.フェリシア  フーリオ・ポジェーロ楽団


曲名、演奏者は音声から直接聞き取って書いているので、間違っているかもしれません。
タンゴいいですね。また聞こうかな。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 須磨佳津江さん

 ♪曲目♪
1.麗人の歌  霧島昇 作詞 西條八十 作曲 古賀政男  昭和21年
2.東京の花売り娘  岡晴夫 作詞 佐々詩生 作曲 上原げんと 昭和21年
3.泪の乾杯  竹山逸郎 作詞・作曲 東辰三 昭和22年
4.東京よさようなら  灰田勝彦 作詞 佐伯孝夫 作曲 佐々木俊一 昭和22年
5.かりそめの恋  三条町子 作詞 高橋掬太郎 作曲 飯田三郎 昭和24年

6.桑港のチャイナタウン  渡辺はま子 作詞 佐伯孝夫 作曲 佐々木俊一 昭和25年
7.白い舟のいる港  平野愛子 作詞・作曲 東 辰三 昭和23年
8.ミネソタの卵売り  暁テル子 作詞 佐伯孝夫 作曲 利根一郎 昭和26年
9.僕は特急の機関士で  轟夕起子ほか 作詞・作曲 三木鶏郎 昭和26年
10.毒消しゃいらんかね  宮城まり子 作詞・作曲 三木鶏郎 昭和28年


深夜便の歌
 船旅  小椋佳


9曲目の「僕は特急の機関士で」は複数の詞のバージョンがあり、この曲では”東京、京都、鹿児島”と歌っています。また、この音源では、歌手として轟夕起子、浪岡惣一郎、服部富子、宇佐美清、西村正美、生田恵子の皆さんが参加しています。1951年にビクターで発売されました。詳しくは「三木鶏郎資料館」の「Q&A」に解説されていました。三木鶏郎さんは多才な方だったのですね。初めて知りました。
こちらにホームページがあります→ 三木鶏郎資料館
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 遠藤ふき子さん

 ♪曲目♪
1.夜霧のブルース  石原裕次郎 作詞 島田馨也 作曲 大久保徳二郎
2.胸の振り子  石原裕次郎 作詞 サトウハチロー 作曲 服部良一
3.くちなしの花  石原裕次郎 作詞 水木かおる 作曲 遠藤実
4.思い出  石原裕次郎 作詞 岩城健治 作曲 松木好文
5.倖せはここに  石原裕次郎 作詞・作曲 大橋節夫

6.夕陽の丘  石原裕次郎、浅丘ルリ子 作詞 荻原四朗 作曲 上原賢六
7.逢えるじゃないかまたあした  石原裕次郎、川中美幸 作詞 滝田順 作曲 鶴岡雅義
8.愛フォーエバー  石原裕次郎、真梨邑ケイ 作詞 なかにし礼 作曲 曽根幸明
9.喝采  石原裕次郎 作詞 吉田旺 作曲 中村泰士
 
深夜便の歌
 船旅  小椋佳


1曲目のかけはじめる時、なぜかその曲の終わりの3秒間位の部分が放送されました。曲の先頭がかかるのなら分かりますが、なぜ末尾の部分がかかったのでしょうか?不思議です。

石原裕次郎さんは、1934年兵庫県に生まれ、87年没。俳優、歌手。56年『太陽の季節』で異例の主役デビュー。日活映画のトップ・スターとして活躍しました。その後石原プロダクションを設立、刑事ドラマ「太陽にほえろ」などのヒット作品を世に送り出しました。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 宇田川清江さん

 ♪曲目♪
1.南国土佐を後にして  ペギー葉山 作詞・作曲 武政英策 昭和34年
2.山の吊橋  春日八郎 作詞 横井弘 作曲 吉田矢健治 昭和34年
3.惜春鳥 若山彰 作詞 木下忠司 作曲 木下慶介 昭和34年
4.鴛鴦道中  高田幸吉、青葉笙子 作詞 藤田まさと 作曲 阿部武雄 昭和34年
5.ひとみちゃん  神戸一郎 作詞 水島哲 作曲 米田信一 昭和34年

6.人生劇場  村田英雄 作詞 佐藤惣之助 作曲 古賀政男 昭和34年
7.可愛いひと  フォー・コインズ 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和34年
8.僕は泣いちっち  守屋浩 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和34年
9.ギターを持った渡り鳥  小林旭 作詞 西沢爽 作曲 狛林正一 昭和34年
10.地下鉄は今日も終電車  井上ひろし 作詞 水島哲 作曲 遠藤実 昭和34年
 
深夜便の歌
 道程(みちのり)  みなみらんぼう


本日の深夜便は、東京地方ではFMの放送設備メンテナンスの日らしく、FM放送はありませんでした。AMラジオでは放送されていましたので、たまたま遅くまでおきていたものですから録音しました。

4曲目の「鴛鴦道中」は”おしどりどうちゅう”と読みます。作曲家、藤田まさとさんは、昭和10年の「旅笠道中」(歌:東海林太郎)から昭和57年の「浪花節だよ人生は」(歌:細川たかし他)まで沢山の作詞をしています。昭和57年に亡くなられています。

フォー・コインズはダークタックス、ボーニージャックスと同様に正統コーラスグループです。また、初代コカ・コーラCMソング(スカッとさわやかコカ・コーラ)を歌っているようです。

9曲目の「ギターを持った渡り鳥」のコーラスにボニー・ジャックスの皆さんが参加しています。

10曲目の「地下鉄は今日も終電車」は地下鉄を”メトロ”と読ませています。
1:00~2:00 民話を語ろう
  アンカー 榊 寿之さん

解説  大島広志さん 國學院大學講師。
語り  菊池栄子さん 遠野市在住
聞き手 斎藤季夫アンカー

 ♪演目♪
1.おしらさま
 ある夫婦の間に美しい娘がおりました。その娘は馬が好きで、馬と夫婦になりたいという。父親は怒って、その馬を桑の木につるして、生きたまま皮を剥いでしまいます。それを見ていた娘は泣いて倒れてしまうと、馬の皮がその娘を包んで空へと連れて行きました。その娘が夢枕に立って、「庭のうすの中に小さな虫がいるので、馬をつるした桑の葉をやって育ててください」と告げます...。(おしらさまは元々蚕の神様で、時とともに様々なご利益のある神様になっています)

2.かっぱ淵
 ある若者が、馬を水辺に連れて行き水を飲ませたり、馬の体を洗っていると何かに驚いて厩に帰ってしまいます。みんなが驚いて厩の中を見ていると、水かきのある子供の手のようなものが見えます。それは河童でした...。(小生、四国の出身です。残念ながら東北弁のヒヤリングが不自由で、1/3ほどしか聞き取れませんでした。語りの中で、「ふね」という言葉が出てきますが、飼い葉おけのことだそうです。かっぱがそこに隠れていました。)

3.豆腐と蒟蒻
 豆腐が体調を崩し、医者に見てもらおうと歩いていると、蒟蒻に会います。蒟蒻は「医者に見てもらっても、薬を飲んでも、もとの豆には戻らないよ」と憎まれ口をいいます。豆腐は悔しがり、蒟蒻が調子を崩してお寺や神社にお参りしようとしてたときに、蒟蒻に向かって、「おまえは灰汁で固めた体じゃないか。もうどうにもならんよ。」と言い返しました。二人はよく考えてみると同じような境遇(豆や根を潰して灰汁やにがりで固める)だと気づき、今では仲良くお店の前に並んでいるということです。(もともと仲の良かった豆腐と蒟蒻のバージョンもあるそうです。)

4.いっぱの藁を十六ぱ
 長者が街道に立て札をたてました。「いっぱの藁を十六ぱにした者をうちの婿にする」と立て札にあります。もっさりとした貧乏な若者がいっぱの藁をつかんで長者の家に行きました。長者の家族が出てくると、若者はいっぱ(いちわ:1)のわらを庭(にわ:2)になげ、にわの隅には桑(くわ:9)があり、婆の顔には皺(しわ:4)があるとして十六ぱになったことを言いました。これを聞いた長者は若者を誉めて、その家の後継ぎとしました。

5.せやみ(なまけもの)
 なまけものの若者がいました。両親は心配して、旅にでも出たらもう少し何とかなると思い、握り飯を用意して旅に出させます。腹が減ってきたこの若者は握り飯を食べたいと思うのですが、取り出すのが面倒です。向こうから来る編み笠の男に、その握り飯を取り出してもらおうとしますが...。(上には上があるというお話でした。)

6.雪女(源流は小泉八雲で、遠野に伝わったもの)
 冬に親父と息子が山で小屋がけをして炭を焼いていました。二人が寝ていると雪の塊が小屋の中に入ってきました。それは雪女でした。息子がそれに気づいてみていると、雪女は親父の襟に息をかけて凍死させてしまいました。雪女は息子に気がつきましたが、このことは秘密にしろといって外に出て行きました。その息子が若者になって、親父と同様に炭焼きをしていました。ある日とても美しい女が来て、その若者と夫婦になり、子供が3人出来ました。ある日の吹雪の夜、親父が雪女に殺された日のことを自分の妻にしゃべってしまいます。すると妻はあの日の雪女に変わり、約束を破ったといってその家から出て行ってしまいます。


夏休みの間は、菊地さんほか語りの方はJR遠野駅から5分のところにある、遠野昔話村という所があります。そのの向かいにある遠野物産館の二階に「語り部ホール」で、一日5回、一回20分の昔語りを聞かせてくれるそうです。

遠野物産館などの施設のリンクは→ 遠野市観光協会--観光施設案内

遠野の場所リンク(マップル)は→ 遠野の見どころ情報:マップルネット 

来週のこの時間も遠野の民話を放送する予定。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー榊 寿之さん

 ♪曲目♪
1.恋の片道切符  ニール・セダカ 1958年
2.恋の日記  ニール・セダカ 1959年
3.オー・キャロル  ニール・セダカ 1958年
4.星へのきざはし  ニール・セダカ 1960年
5.すてきな16才  ニール・セダカ 1961年

6.カレンダー・ガール  ニール・セダカ 1961年
7.間抜けなキューピット  ニール・セダカ 1958年
8.バケイション  コニー・フランシス 1962年
9.カラーに口紅  コニー・フランシス 1959年
10.フーズ・ソリー・ナウ(Who's sorry now)  コニー・フランシス 1959年

11.夢のデイト(日本語)  コニー・フランシス 1961年
12.泣かせないでね(日本語)  コニー・フランシス
13.可愛いベイビィ  コニー・フランシス 1962年
14.青空のデート  コニー・フランシス 1965年
15.ボーイ・ハント  コニー・フランシス 1961年


この当時の曲は3分弱なので、沢山かかりました。
7曲目の「間抜けなキューピット」はニールセダカがコニー・フランシスに提供した曲だそうですが、本人も歌っていて、その音源でした。

コニー・フランシスは日本語で曲を歌っていますが、独・伊・日・スペイン語など英語以外でも歌い国際的な人気を集めたようです。性格的にも気さくな方だそうです。

この時期のアメリカン・ポップスは、小生とても気に入っています。米ソ冷戦たけなわだったのに、ポップスの歌声は底抜けに明るいものでした。時とともに、歴史は複数のモノサシでしか測れないし、その人ごとに違っていることが見えてきます。あなたはそのときどこで何をしていましたか?
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 峯尾武男さん

 ♪曲目♪
1.おーい中村君  若原一郎 作詞 矢野亮 作曲 中野忠晴  昭和33年
2.東京やんちゃ娘  宮城まり子
3.港のおりくさん  若原一郎 作詞 伊藤 岸子(補作詩:服部鋭夫) 作曲 渡久地 政信 昭和30年
4.東京チャップリン  宮城まり子
5.吹けば飛ぶよな  若原一郎 作詞 東條寿三郎 作曲 渡久地政信 昭和29年

6.風の吹きよで  若原一郎 作詞 松江きぬえ 作曲 鎌多俊与 昭和31年
7.毒消しゃいらんかね  宮城まり子 作詞・作曲 三木鶏郎 昭和28年
8.海辺のチャチャチャ  宮城まり子
9.船に灯がつきゃ  若原一郎 昭和24年
10.ガード下の靴みがき  宮城まり子 作詞 宮川哲夫 作曲 利根一郎 昭和30年

11.東京ナイト  若原一郎
12.夕刊小僧  宮城まり子

深夜便の歌
 道程(みちのり)  みなみらんぼう


インターネットで若原一郎さん、宮城まり子さんのことを調べました。概略、以下のようになります。

若原一郎さん
 1931年8月1日生まれ。横浜市出身。1990年7月16日死去。1949年「船に灯がつきゃ」でデビュー。1954年に「吹けば飛ぶよな」がヒットして人気歌手に。1958年の「おーい中村君」は50万枚の大ヒットとなる。

宮城まり子さん
 1927年3月21日生まれ。東京都出身。1955年ビクターレコードより「ガード下の靴みがき」で歌手としてデビュー。その後、舞台、TVと活躍を続ける。1968年日本最初の肢体不自由児養護施設“ねむの木学園”設立。以降 ねむの木学園で理事長・園長・校長をつとめながら、ねむの木村を運営する。

宮城まり子さんの曲は作詞・作曲・発売年がよくわからないものが多かったです。どなたかご存知でしたら教えてください。

最後の「夕刊小僧」の放送中で、頭の5,6秒間、峯尾アンカーのマイクがオンになっていて原稿用紙をめくる音が混じっていました。以前に、放送された歌に合わせて峯尾アンカーが歌う音が流れたことがありました。ご本人、そのことをTVでも話してらっしゃいました。まあ、深夜だけに、多少のことは目をつぶりましょう(笑い...オチをつけました)。

2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 斎藤季夫さん

 ♪曲目♪
1.花はどこへ行った  キングストン・トリオ
2.スモーキーの頂きで  ウィーバース
3.漕げよマイケル  ハイウェイメン
4.サンフランシスコ・ベイ・ブルース  ルーフ・トップ・シンガーズ
5.500マイルも離れて  ヘディー・ウエスト

6.7つの水仙  ブラザーズ・フォア
7.悲惨な戦争  ピーター・ポール・アンド・マリー
8.風は激しく  イアンとシルビア
9.ウォーク・ライト・イン  ルーフ・トップ・シンガーズ
10.グリーン・フィールズ  ブラザーズ・フォア

11.風に吹かれて  ピーター・ポール・アンド・マリー
12.コットン・フィールズ  ニュー・クリスティ・ミンストレルス
13.グッドナイト・アイリーン  ウィーバーズ


中学の英語の授業で「7つの水仙」を歌った(歌わされた)ことを思い出しています。詩の内容は立派なのですが、子供にとっては、今一つ、のりの悪い曲でした。「ウォーク・ライト・イン」、「コットン・フィールズ」あたりを歌っていたら、もうちょっと英語に不自由しなかったかもしれません。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 斎藤季夫さん

 ♪曲目♪
1.雨の中の二人  橋幸夫 昭和42年
2.潮来笠  橋幸夫 昭和35年
3.おけさ唄えば  橋幸夫  昭和35年
4.南海の美少年-天草四郎の歌  橋幸夫 昭和36年
5.舞妓はん  橋幸夫 昭和38年

6.恋をするなら  橋幸夫 昭和39年
7.恋のメキンカンロック  橋幸夫 昭和42年
8.霧氷  橋幸夫 昭和41年
9.のふうぞ  橋幸夫 昭和60年

深夜便の歌
 道程(みちのり)  みなみらんぼう


小生、記憶にはないのですが、子供のころ橋幸夫さんの「東京の美少年」という曲を卓袱台の上に乗って唄っていたそうです。LPに収録されているようですが、めったに放送されない曲で、唄っていた当の本人も忘れています。いつか聞きたいな。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 宮川泰夫さん

 ♪曲目♪
1.グッバイ・マイ・ラブ  アン・ルイス 作詞 なかにし礼 作曲 平尾昌晃 昭和49年
2.17才  南沙織 作詞 有馬三恵子 作曲 筒美京平 昭和46年
3.色づく街  南沙織 作詞 有馬三恵子 作曲 筒美京平 昭和48年
4.水色の恋  天地真理 作詞 田上えり 作曲 田上みどり 昭和46年
5.恋する夏の日  天地真理 作詞 山上路夫 作曲 森田公一 昭和48年

6.ひなげしの花  アグネス・チャン 作詞 山上路夫 作曲 森田公一 昭和47年
7.ポケットいっぱいの秘密 アグネス・チャン 作詞 松本隆 作曲 穂口雄右 昭和49年
8.コーヒーショップで  あべ静江 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 昭和48年
9.水色の手紙  あべ静江 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 昭和48年
10.めばえ  麻丘めぐみ 作詞 千家和也 作曲 筒美京平 昭和47年

11.私の彼は左利き  麻丘めぐみ 作詞 千家和也 作曲 筒美京平 昭和48年
12.ひと夏の経験  山口百恵 作詞 千家和也 作曲 都倉俊一 昭和49年

深夜便の歌
 道程(みちのり)  みなみらんぼう


小生、この時期の女性アイドル歌手や曲にはたくさんの思い出があります。EPレコードのジャケットを眺めながらレコードを取り出してプレーヤーに乗せ、アームをレコードの外周部のみぞにそっと置くと、やおら曲がスピーカから流れ出たものでした。地方の田舎町にも人が沢山住んでいて、子供の数も多く、都市部に偏っていたとはいえ、高度経済成長の影響で、未来を単純に肯定できた最後の時期でした。一方、都市部も同様ですが、生き物の種類が減って環境悪化が進んだ時期でもありました。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 水野節彦さん

 ♪曲目♪
1.ナウ・ザ・タイム 渡辺貞夫クインテッド
2.エンブレイサブル・ユー 渡辺貞夫とコージーカルテット
3.黒いオルフェ  渡辺貞夫(フルート)
4.イパネマの娘  渡辺貞夫(フルート)
5.カリフォルニア・シャワー  渡辺貞夫

6.モーニング・アイランド  渡辺貞夫
7.マイ・ディア・ライフ  渡辺貞夫
8.ホーム・ミーティング  渡辺貞夫
9.男と女  渡辺貞夫(フルート)


渡辺貞夫さんは、昭和8年の生まれ。今年で73歳です。もうそんなになられましたか。
3:00~4:00 にっぽんの歌こころの歌
 アンカー 水野節彦さん

 ♪曲目♪
1.ケセラセラ  ペギー葉山
2.チャチャチャは素晴らしい  江利チエミ
3.おいらはパリッ子  高英夫
4.キッス  森よしこ
5.慕情  ペギー葉山

6.河は呼んでいる  中原美紗緒
7.私の心はバイオリン 中原美紗緒
8.ガイ・ザ・ガイ  江利チエミ
9.ダイアナ  平尾昌晃
10.ボタンとリボン  池真理子

11.ベサメムーチョ  黒木曜子
12.セ・シボン  越地吹雪

深夜便の歌
 道程(みちのり)  みなみらんぼう


「キッス」は映画音楽の作曲家ライオネル・ニューマンの作曲です。「帰らざる河」、「女はそれをがまん出来ない」などを作曲しています。「キッス」を調べてみましたが、よくわかりませんでした。映画の挿入歌でしょうか。また、この歌を歌っている"森よしこ"さんのこともよくわかりませんでしたので、名前は平仮名にしました。
2:00~3:00 ロマンチックコンサート
 アンカー 国井雅比古さん

 ♪曲目♪
1.ライク・ア・ローリング・ストーン  ボブ・ディラン 1965年
2.ターン・ターン・ターン  ザ・バーズ 1966年
3.黒く塗れ  ローリング・ストーンズ  1966年
4.サンシャイン・スーパーマン  ドノバン 1966年
5.ピープル・ガット・トゥ・ビー・フリー  ザ・ラスカルズ 1968年

6.ゲッツ・ツギャザー  ザ・ヤング・ブラッズ 1969年
7.サマー・タイム  ジャニス・ジョプリン 1968年
8.ハートに灯をつけて(ライト・マイ・ハート)  ザ・ドアーズ 1967年
9.愛こそすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラブ)  ビートルズ 1967年



4曲目の「サンシャイン・スーパーマン」(ドノバン)は日産の車のCMのバックに流れていました。
日産のラフェスタ日産ラフェスタこれです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。