このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

2007年02月の全記事一覧

スポンサーサイト
2/28水日 落語 三井の大黒 三代目 桂三木助 Wed Feb 28,2007
2/28水 ポピュラー・ボーカルへの誘い:ペリー・コモ&アンディ・ウィリアムス集 Wed Feb 28,2007
2/28水 懐かしの歌謡スター:藤山一郎集 Wed Feb 28,2007
2/28水 江戸商人の知恵と心意気(2)慶応義塾大学名誉教授 白石孝 Wed Feb 28,2007
2/27火 ビンテージ・ポップス:ボブ・ディラン集 Tue Feb 27,2007
2/27火 作家で綴る流行歌:宇崎竜童(作曲)作品集 Tue Feb 27,2007
2/27火 江戸商人の知恵と心意気(1)慶応義塾大学名誉教授 白石孝 Tue Feb 27,2007
2/26月 エンジョイ・ジャズ モダン・ジャズの楽しみ Mon Feb 26,2007
2/26日 昭和歌年鑑:昭和41年の流行歌  Mon Feb 26,2007
2/25日 郷愁のポピュラー名曲:シャンソンへの誘い Sun Feb 25,2007
2/25日 思い出の流行歌:昭和20年代の作品から Sun Feb 25,2007
2/24土 青森、冬、雪を歌った思い出の歌リクエストとお便り Sat Feb 24,2007
2/24土 青森の民謡と津軽三味線 アンカーを囲むつどい Sat Feb 24,2007
2/24土 挑戦に限りなし プロスキーヤー・登山家 三浦雄一郎 Sat Feb 24,2007
2/23金 仁清「色絵月梅図茶壺」東京国立博物館 伊藤嘉章 Fri Feb 23,2007
2/23金 リラックス・サウンズ:渡辺貞夫(アルト・サックス)集 Fri Feb 23,2007
2/23金 作家で綴る流行歌:船村徹(作曲)作品集(2) Fri Feb 23,2007
2/22木 徳川将軍とイメージ戦略 歴史家 安藤優一郎 Thu Feb 22,2007
2/22木 クラシックへの誘い シューベルト作品集 The Feb 22,2007
2/22木 青春のフォーク&ポップス:'70年代の作品から The Feb 22,2007
2/21水 花が好き自然が好き 文学に登場する花が語るもの 東京大学教授 塚谷裕一 Wed Feb 21,2007
2/21水 大岩祥浩 "タンゴの響き" Wed Feb 21,2007
2/21水 歌謡スター・思い出のヒット:ペギー葉山集 Wed Feb 21,2007
2/21水 イスラムへの理解と誤解(2)一橋大学大学院教授 内藤正典 Wed Feb 21,2007
2/20火 イスラムへの理解と誤解(1)一橋大学大学院教授 内藤正典 Tue Feb 20,2007
2/19月 インタビュー 90歳の青春 作詞家 丘灯至夫(前半) Mon Feb 19,2007
2/19月 インタビュー 90歳の青春 作詞家 丘灯至夫(後半) Mon Feb 19,2007
2/19月 幼き日の歌:戦後の名作童謡 Mon Feb 19,2007
2/18日 ポピュラー・ボーカルへの誘い:ナット・キング・コール集 Sun Feb 18,2007
2/18日 青春のフォーク&ポップス'81年の作品から Sun Feb 18,2007
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:00~2:00JST <演芸特選> 落語 Rakugo; traditional comic storytelling
 アンカー Anchor: 水野節彦(Mizuno-Sadahiko) さん

 ♪演目 Playlist♪
1.三井の大黒(Mitsui-no Daikoku) 三代目 桂三木助(Katsura-Mikisuke)
 江戸時代には八丁堀が神田にもあった。今川橋の近所の銀町(しろかねちょう)の普請場に、甚五郎が来て、その普請場の棟梁の政五郎の世話になることになった。出身は飛騨の高山だと言うが、日本一の名人甚五郎とも言えず、名無しでは困るので”ぽんしゅう”という名前をもらった。
  次の日、忙しいので朝から仕事を頼んだ。板を削れとの指示で、2枚の板を削り、その板をピタリと合わせて、剥がせるものなら剥がしてご覧と言ったが、誰も剥がせなかった。それを見届けて先に帰ってしまった。政五郎はぽんしゅうに小僧の仕事、板削りをさせたとは生意気だと怒鳴りつけた。ぽんしゅうには気が向くまで2階で、寝ていて良いと言い付けた。
 お前さんも分かったと思うが、江戸では表向き100人の職人の手が掛かっていると思っても80人しか掛かっていない。反対に上方では100人の所150人掛かっている。江戸は火事早いから手が掛けられない。腕があるから上方で仕事をした方が良いと勧めた。暮れが近づき、春まで遊んでも居られないので、暮れの市(いち)用にアルバイトで、踏み台、ゴミとり、など作ったらと勧めたが乗り気にならない。それでは彫り物が出来るだろうから、恵比寿・大黒等はどうか。と言われて思い出した。...



スポンサーサイト
2:00~3:00JST ロマンチックコンサート Romantic Concert
アンカー 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

 ♪曲目 playlist♪
1.Papa Loves Mambo(パパはマンボがお好き)  Perry Como(ペリー・コモ) 1954
2.The Rose Tattoo(バラの刺青)  Perry Como(ペリー・コモ) 1955
3.Till the End of Time(時の終わりまで)  Perry Como(ペリー・コモ) 1945
4.If I Loved You(イフ・アイ・ラブド・ユー)  Perry Como(ペリー・コモ) 1945
5.If(イフ)  Perry Como(ペリー・コモ)  Perry Como(ペリー・コモ)

6.Catch a Falling Star(キャッチ・ア・フォーリング・スター)   Perry Como(ペリー・コモ) 1958
7.Moon River(ムーン・リバー)  Andy Williams(アンディ・ウィリアムス
8.Canadian Sunset(カナダの夕日)  Andy Williams(アンディ・ウィリアムス) 1956
9.More(モア)  Andy Williams(アンディ・ウィリアムス
10.Love Story(ある愛の詩)  Andy Williams(アンディ・ウィリアムス

11.Red Roses For A Blue Lady(ブルー・レディに赤いバラ)  Andy Williams(アンディ・ウィリアムス
12.Charade(シャレード)  Andy Williams(アンディ・ウィリアムス


2曲目の「The Rose Tattoo(バラの刺青)」は小生調べてみたら、映画「バラの刺青」のなかでは歌われていませんでした。

3曲目の「Till the End of Time(時の終わりまで)」はショパンのポロネーズの曲に詞を付けて歌っています。全米No.1ヒットになりました。
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
 アンカー Anchor: 水野節彦(Mizuno-Sadahiko) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.男の純情  藤山一郎 作詞 佐藤惣之助 作曲 古賀政男 昭和11年 1936
2.長崎の鐘  藤山一郎 作詞 サトウハチロー 作曲 古関裕而 昭和24年 1949
3.回想譜  藤山一郎 作詞 今城靖児 作曲 古賀政男 昭和11年 1936
4.浅草の唄  藤山一郎 作詞 サトウ・ハチロー 作曲 万城目正 昭和22年 1947
5.丘を越えて  藤山一郎 作詞 島田芳文 作曲 古賀政男 昭和6年 1931

6.影を慕いて  藤山一郎 作詞・作曲 古賀政男 昭和7年 1932
7.僕の東京  藤山一郎 作詞 藤浦洸 作曲 竹岡信幸 昭和14年 1939
8.夢淡き東京  藤山一郎 作詞 サトウ・ハチロー 作曲 古関裕而 昭和22年 1947
9.東京ノスタルジア  藤山一郎 作詞 サトウ・ハチロー 作曲 古関裕而 昭27年 1952
10.丘は花ざかり  藤山一郎 作詞 西條八十 作曲 服部良一 昭和27年 1952

深夜便の歌
  冬の旅  倍賞千恵子 作詞 五木寛之 作曲 小六禮次郎


4曲目の「浅草の唄」には、小生調べたところ、同名異曲があります。昭和8年(1933)の作詞 西條八十 作曲 中山晋平 によるもので、同じく藤山一郎さんが歌っています。 
4:00~5:00JST こころの時代 Spirtual Age
 アンカー Anchor: 水野節彦(Mizuno-Sadahiko) さん
 インタビュアー Interviewer: 上野重喜(Ueno-Shigeki)さん

2006年12月15日(金)のアンコール放送

・昭和7年に麻布へ引っ越す。
・祖母から言われた、売れる商品は「て」の付くもの 手作り、手厚い、など。
・包む文化=美しくする・情感の文化 「袋」は詰め込む・理屈の文化
・企業と創業は違う。企業は誰でも出来る。創業は長く続けること
・祖母から「運がなかった」とはいわず、「縁がなかった」というもんだといわれた。
・東京の下町の人は「ぱぴぷぺぽ」と言えず、「ばびぶべぼ」になる。

・明治維新で武士がいなくなって、商売人が困り果てる。
・越後屋→三井銀行 家業の呉服部門を三越として分離する。三越徳衛門という架空の家を作った。
・大丸は江戸時代に庶民から支持されたが、明治44年に大阪に撤退する
・花王石鹸 舶来品への挑戦 永瀬富蔵 明治20年に独立して創業 銀行などに手を出して失敗し経営を退く。
・ライオン 明治26年に歯磨き粉を作る。「価格で釣るのは一時の客、品質で呼ぶのは永久の客」

・家業は万能に優れた人間第一の芸なり 家業は難しい、それを出来るのは大した者、誇りを持っていい。
・楠ならずとも梅の木もまたよし 小さな商売でも良いじゃないか。枝振りが良ければ。
・屏風と商人はゆがまなねば立たず 余裕を持って商売すべし
・商人は唐傘の如し  商売経営は伸縮自在。
・商は笑なり、笑顔・愛嬌忘れずべからず
・水と火と人は大なる宝なり、用心して使うべし

・これからインターネット時代になって文化と文化の衝突が起こる。
・文化の違いが商売のタネになる。
・国内でも、カップラーメンにも E と書いてあれば東日本、 W と書いてあれば西日本。味が違う。

・明治維新で士農工商から官農工商になった、(町の)商が歴史の主流から外れている。私はそれを拾い上げて歴史の中に位置付けたい。それが私の晩年の夢。

この内容は3月17日(土)発売の雑誌「ラジオ深夜便」4月号に掲載されるそうです。
2:00~3:00JST ロマンチックコンサート Romantic Concert
 アンカー Anchor: 国井雅比古(Kunii-Masahiko) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.風に吹かれて(Blowin' In The Wind)  ボブ・ディラン(Bob Dylan) 1963
2.連れてってよ(Baby, Let Me Follow You Down)  ボブ・ディラン(Bob Dylan)1962
3.ウディに捧げる歌(Song To Woody)  ボブ・ディラン(Bob Dylan) 1962
4.戦争の親玉(Masters of War)  ボブ・ディラン(Bob Dylan) 1963
5.激しい雨が降る(A Hard Rain's A-Gonna Fall)  ボブ・ディラン(Bob Dylan)1962

6.北国の少女(Girl From The North Country)  ボブ・ディラン(Bob Dylan)1962
7.時代は変わる(The Times They Are A-Changin')  ボブ・ディラン(Bob Dylan)1963
8.くよくよするなよ(Don't Think Twice, It's All Right)  ボブ・ディラン(Bob Dylan)1963
9.ミスター・タンブリン・マン(Mr. Tambourine Man)  ボブ・ディラン(Bob Dylan)1965


1965年ころまでの曲から選んだそうです。ボブ・ディランの1965年までのアルバムです。
BOB DYLAN / BOB DYLAN  1962年
BOB DYLAN / THE FREEWHEELIN' BOB DYLAN  1963年
BOB DYLAN / THE TIMES THEY ARE A-CHANGIN'  1964年
BOB DYLAN / ANOTHER SIDE OF BOB DYLAN  1964年
BOB DYLAN / BRINGING IT ALL BACK HOME  1965年

4曲目の「戦争の親玉」の訳詞がありました。小生、この曲は初めて(じっくり)聴きました。日本語の訳を見たら、政府・軍、軍需産業関係者を冷静に徹底的にこき下ろしていて、日本だったら放送できないだろうと思いました。さすが自由の国アメリカです。ちなみに、1991年のグラミー賞Lifetime Achievement賞の授賞式では対イラク戦争開始直後の好戦気分溢れる時期に、「戦争の親玉」を歌って聴衆の度胆を抜いたそうです。訳はこちら→ http://protestsongs.michikusa.jp/dylan/mastersofwar.htm
ラジオ深夜便の選曲スタッフに感服です。拍手です。
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
 アンカー Anchor: 国井雅比古(Kunii-Masahiko) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.知らず知らずのうちに  宇崎竜童 作詞・作曲 宇崎竜童 平成14年 2002(昭和48年 1973)
2.港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ  ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 昭和40年 1975
3.プレイバックPart2  山口百恵 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 昭和53年 1978
4.硝子坂(ガラスざか)  高田みづえ 作詞 島武実 作曲 宇崎竜童 昭和52年 1977
5.笑いじわ  瀬川瑛子 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 平成7年 1995

6.海よ海よ  鳥羽一郎、宇崎竜童 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 平成14年 2002
7.身も心も  宇崎竜童 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童  平成14年 2002(昭和52年 1977)
8.歌い継がれてゆく歌のように  宇崎竜童 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 平成6年 1994(昭和52年 1977)

深夜便の歌
  冬の旅  倍賞千恵子 作詞 五木寛之 作曲 小六禮次郎


宇崎 竜童(うざき りゅうどう、昭和21年 1946年2月23日生まれ)ミュージシャン、作曲家。京都府京都市出身。明治大学法学部卒業大学時代は吹奏楽部に所属しトランペットを担当していた。本名は木村 修史(きむら・しゅうじ)。夫人は作詞家の阿木燿子。
宇崎竜童さんのホームページはこちら。→ http://www.ryudo.jp/

1曲目の「知らず知らずのうちに」はダウン・タウン・ブギウギ・バンドのデビュー曲だそうです。7曲目の「身も心も」と同じくセルフカバーで平成14年2002年の新しい音源(アルバム「SAD&BLUE」収録)です。

4曲目の「硝子坂」は木ノ内みどりさんが同じ昭和52年に歌っていました。

6曲目の「海よ海よ」はイントロで演歌かと思いましたが、鳥羽一郎さんと宇崎竜童さんおふたりの歌はどちらかというとロックでした。

8曲目の「歌い継がれてゆく歌のように」は平成6年・1994年に発売のアルバム「しなやかにしたたかに~女たちへ2」に収録されています。この曲はもと山口百恵さんに提供された曲です。

国井アンカーの趣味(釣り)に関してお便りがありました。あるリスナーから、タチウオの立ち泳ぎをしている魚影が魚群探知機に掛かったので何とかしてつろうとしたが、釣果は数匹だったそうです。小生、テレビでタチウオが立ち泳ぎをして群れているのを見たとき、感動したことがありました。
4:00~5:00JST こころの時代 Spirtual Age
 アンカー Anchor: 国井雅比古(Kunii-Masahiko)さん
 インタビュアー Interviewer: 上野重喜(Ueno-Shigeki)さん

2006年12月14日(木)のアンコール放送

・江戸は元禄と文化・文政の二つの時期に盛んになる。元禄の頃は上方の色が濃かった。
・初期は三河、小田原の商人(吉原を作る)、伊勢・近江商人の勢力が大きかった。江戸商人のルーツといえる。
・伊勢商人は木綿、白粉が取れ、伊勢神宮があって何もしないでも情報が入ってきた。大きな店、豊かな商人達だった。
・近江商人は戦乱の地だったので経済的には恵まれなかった。「のこぎり商売」といって、天秤棒を担ぎ、近江のものを別のところへ持っていって売り、帰りはその土地のものを買って帰って売る商売をした。
・明治になって近江商人がぐんと伸びた。彼らにって自由であればあるほど商売がやりやすかった。
・江戸の人口120万人で半分の60万人が武士だった。江戸詰の武士はたとえば、加賀藩は江戸に八千人、土佐藩三千人いた。
・御用商人になるとその藩のマーケット丸々独り占めできた。武家に依存した経済が成立した。
・武士は見栄っ張り、形式ばっていたので、贈答品が多かった。

・江戸は港の町だった。なんとか河岸がおおく水の文化、さらっとしてしいた。陸の文化とは正反対。
・婿養子が多い。「婿養子 三代続いて 蔵が立ち」。伊勢丹、高島屋など婿養子を迎えて発展した。
・商家では婿養子を取るために娘の教育を熱心に行った。

・下町の定義 坂がない、門がない、店と住居が同じ、人様に迷惑を懸けない、成金が嫌い、遠くに行きたがらない、など。

・江戸の客は店を決めてから買う、気に入らなくなったら急にその店に来なくなる。

続きは明日...


江戸って商売の方から見ても特殊な町だったんですね。
2:00~3:00JST ロマンチックコンサート Romantic Concert
 アンカー Anchor: 明石勇(Akashi-Isamu) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.Whisper Not  Lee Morgan(tp), Benny Golson(ts), Bobby Timmons(p), Jymie Merritt(b), Art Blakey(d) "L'Olympia", Paris November 22, 1958
2.Softly, As In A Morning Sunrise  The Modern Jazz Quartet - Milt Jackson(vib), John Lewis(p), Percy Heath(b), Connie Kay(d) July 2, 1955
3.Violets For Your Furs  John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Albert Heath(d) May 31, 1957
4.Sunday Morning  Kenny Drew(p), Grant Green(g), Ben Tucker(b), Ben Dixon(d) June 4, 1961
5.Bouncing With Bud  Fats Navarro(tp), Sonny Rollins(ts), Bud Powell(p), Tommy Potter(b), Roy Haynes(d) August 9, 1949

6.Dear Old Stockholm  Miles Davis(tp), J.J. Johnson(tb), Jackie McLean(as), Gil Coggins(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(d) May 9, 1952
7.Lover   Don Arnone(g), Tal Farlow(g), Clyde Lombardi(b), Joe Morello(d) April 11, 1954


日本語の題名は下のようになります。
1.ウィスパー・ノット(Whisper Not)
2.朝日のようにさわやかに(Softly, As In A Morning Sunrise)
3.コートにすみれを(Violets For Your Furs)
4.サンディ・モーニン(Sunday Morning)
5.バウンシング・ウィズ・バド(Bouncing With Bud)
6.ディア・オールド・ストックホルム(Dear Old Stockholm)
7.ラバー(Lover)
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
 アンカー Anchor: 明石勇(Akashi-Isamu) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.星のフラメンコ  西郷輝彦 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和41年 1966
2.こまっちゃうナ  山本リンダ 作詞・作曲 遠藤実 昭和41年 1966
3.函館の女(はこだてのひと)  北島三郎 作詞 星野哲郎 作曲 島津伸男 昭和40年 1965
4.ネオン川  バーブ佐竹 作詞 横井弘 作曲 佐伯としを 昭和41年 1966
5.悲しい酒  美空ひばり 作詞 石本美由起 作曲 古賀政男 昭和41年 1966

6.絶唱  舟木一夫 作詞 西條八十 作曲 市川昭介 昭和41年 1966
7.ほんきかしら  島倉千代子、岡田みのるとヤング・トーンズ 作詞 岩谷時子 作曲 土田啓四郎 昭和41年 1966
8.唐獅子牡丹  高倉健 作詞 水城一狼 作詞 矢野亮 作曲 水城一狼 昭和40年 1965
9.逢いたくて逢いたくて  園まり 作詞 岩谷時子 作曲 宮川泰 昭和41年 1966

深夜便の歌
  恋 はるか  南こうせつ 作詞 喜多條忠 作曲 南こうせつ


昭和41年の出来事を明石アンカーが解説しました。航空機事故が頻発しました。YS11松山空港沖で墜落など。敬老の日、体育の日、実施 人口が1億人突破。交通事故死が最高。いざなぎ景気、新三種の神器。文化大革命紅衛兵100万人集会など。

7曲目の「ほんきかしら」の男性コーラスを歌っているグループが気になったので、小生が調べて追記しています。
2:00~3:00JST ロマンチックコンサート Romantic Concert
 アンカー Anchor: 加賀美幸子(Kagami-Sachiko) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.coin De Rue(街角)  Charles Trenet(シャルル・トレネ) 作詞・作曲 Charles Trenet 1954
2.Mon Manege A Moi(私の回転木馬)  Édith Piaf(エディット・ピアフ) 作詞 Jean Constantin 作曲 Norbert Glanzberg 1958
3.Le Temps des cerises(さくらんぼの実る頃) Cora Vaucaire(コラボ・ケール) 作詞 Jean-Baptiste Clément 作曲 Antoine Renard (1866)
4.Je T'appartiens(神の思いのままに)  Gilbert Bécaud(ジルベール・ベコー) 作詞 Pierre Delanoë 作曲 Gilbert Bécaud
5.L'amour C'est Pour Rien(恋心)  Enrico Macias(エンリコ・マシアス) 作詞 Pascal-Rene Blanc 作曲 Enrico Macias

6.Ne me Quitte Pas(行かないで)  Jacques Brel(ジャック・ブレル) 作詞・作曲 Jacques Brel
7.La Bohème(ラ・ボエーム)  Charles Aznavour(シャルル・アズナヴール) 作詞 Jacques Plante 作曲 Charles Aznavour
8.Adieu(アデュー)  Yvette Giraud(イベット・ジロー) 作詞 Charles Aznavour 作曲 Henri Byrs
9.Le Gondolier(ゴンドリエ)  Gloria Lasso(グロリア・ラッソ) 原詩(イタリア語) P.De Angelis, R.P.Marcucci 仏語詞 Jean Broussolle 作曲 Pete De Angelis 1957
10.Moulin Rouge(ムーラン・ルージュの歌)  Georges Guetary(ジョルジュ・ゲタリ) 作詞 Jacques Larue 作曲 Georges Auric 1952

11.Mon Coeur Est Un Violon(私の心はバイオリン)  André Claveau(アンドレ・クラボー) 作詞・作曲 Miarka Laparcerie 1954(1947)


小生、フランス語はまったく分かりません。インターネットで調べて貼り付けたままなので、間違いがある可能性があります。ご了承ください。
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
 アンカー Anchor: 加賀美幸子(Kagami-Sachiko) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.夜来香(イェライシャン)  山口淑子 作詞 佐伯孝夫 作曲 黎錦光 昭和25年 1950
2.黒いパイプ  二葉あき子、近江俊郎 作詞 サトウ・ハチロー 作曲 服部良一 昭和21年 1946
3.ダンディ気質  田端義夫 作詞 清水みのる 作曲 大久保徳二郎 昭和23年 1948
4.港に灯りのともる頃  柴田つる子 作詞 藤浦洸 作曲 平川英夫 昭和21年 1946
5.江ノ島エレジー  菅原都々子 作詞 大高ひさを 作曲 倉若晴生 昭和26年 1951

6.お俊恋唄  榎本美佐江 作詞 吉川静夫 作曲 佐々木俊一 昭和28年 1953
7.薔薇を召しませ  小畑実 作詞 石本美由起 作曲 上原げんと 昭和24年 1949
8.ミネソタの卵売り  暁テル子 作詞 佐伯孝夫 作曲 利根一郎 昭和26年 1951
9.母紅梅の唄  菊池章子 作詞 清水みのる 作曲 利根一郎 昭和24年 1949
10.啼くな小鳩よ  岡晴夫 作詞 高橋掬太郎 作曲 飯田三郎 昭和22年 1947

深夜便の歌
  恋 はるか  南こうせつ 作詞 喜多條忠 作曲 南こうせつ


8曲目の「ミネソタの卵売り」は小生の記憶ではアニメ「ちびまるこちゃん」(1990年~1992年 第一期放送)の中でまるこが歌っていました。
話は少しずれますが、70年代にハウス食品のインスタントラーメンのCMソング
  わたしはハウスのたまごめん。(ハウス シャンメン ためごめん)
をアニメの歌手、前川陽子さんが歌っていました。前川さんは『ひょっこりひょうたん島』、『キューティーハニー』(終わりの歌)、『魔法のマンボ』などなど、歴史に残るアニメの名曲、たくさんのCMソングをうたっています。曲と声を聞けば聴いたことがあると思う人が多いのではないでしょうか(40歳以上なら)。「キューティハニー」は倖田來未さんが歌いましたが、パンチの効き方から言うと前川陽子さんのほうが勝っていると思います。前川陽子さんは現在でも活躍中です。話が脱線して失礼しました。脱線ついでに、前川陽子さんのホームページをご紹介します。→http://web.mac.com/mgc5/iWeb/721F6803-0C30-4ECC-851B-81C69B433A01/Home.html

10曲目の「啼くな小鳩よ」は小生、今まで「泣くな小鳩よ」だとばかり思っていました。レコードも持っていないし、ラジオでは曲の紹介を「なくなこばとよ」と聞くだけですから、インターネットで調べて確認するまで勘違いの漢字で記憶していたのでした。
2:00~3:00JST ロマンチックコンサート Romantic Concert
 アンカー Anchor: 政野光伯(Masano-Mitsunori) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.津軽のふるさと  美空ひばり 作詞・作曲 米山正夫 昭和27年 1952
2.白い思い出  ダ・カーポ 作詞・作曲 山崎唯 (昭和43年 1968年)
3.雪の手紙  夢慧(ゆめさと) 作詞 西條八十 作曲 夢慧
4.雪山賛歌  ダーク・ダックス 作詞 西堀栄三郎 アメリカ民謡「クレメンタイン」 昭和26年 1951
5.雪の降るまちを  ダーク・ダックス 作詞 内村直也 作曲 中田喜直 昭和27年 1952

6.十和田湖  北島三郎 作詞 北川文化 作曲 原譲二 平成11年 1999
7.津軽海峡冬景色  石川さゆり 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 昭和52年 1977


青森県にまつわるリスナーからのお便りと共にリクエスト曲が放送されました。
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
 アンカー Anchor: 政野光伯(Masano-Mitsunori) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.南部馬方三下り  山本謙司(唄)、夏坂菊男(三味線)
2.八戸小唄  三橋美智也
3.なにゃどやら  山本謙司(唄)、夏坂菊男(三味線)
4.津軽じょんから節(新節)  山上進(三味線)

深夜便のつどい 青森県八戸市 明石勇アンカー、遠藤ふき子アンカー
・明石アンカー(1941年生まれ)は区役所から高齢者向けの銭湯のタダ券を贈ってもらったそうです。
・八戸はがつがつした観光開発をしていないのがいいと明石アンカーは言っていました。
・ご自分達の生活を大事にしている様子がわかりましたとも言っていました。
・明石アンカーが「みかんの花咲く丘」のハモニカ演奏をしました。NHKホールでの演奏以来です。

深夜便の歌
  恋 はるか  南こうせつ 作詞 喜多條忠 作曲 南こうせつ


1曲目の「津軽馬方三下り」の「三下り(さんさがり)」とは三味線のチューニングのことだそうです。
知りたがりやの小生が調べてみました。
 本調子は、一の糸の完全四度上に二の糸を合わせ、二の糸の完全五度上に三の糸を合わせる。
 三下りは、一の糸の完全四度上に二の糸を合わせ、二の糸の完全四度上に三の糸を合わせる。
とのことでした。

2曲目の「八戸小唄」は昭和6年に当時の市長が八戸の宣伝の為に要請して作ったのだそうです。盆踊りで踊っていたというお便りが読まれました。

3曲目の「なにゃどやら」は「なにゃとやら」とも。昔、南部藩の初代藩主が初めて八戸についたとき、土地の人々の言葉がわからず、「何が何なにやら何とやら」を「なにゃとやら」と言ったところから生まれた盆踊り唄ということですが、他にも諸説あるそうです。

4曲目の「津軽じょんから節」には明治時代の旧節(きゅうぶし)、大正時代の中節(なかぶし)、その後の新節(しんぶし)と時代によって異なる節回しがあるそうです。
4:00~5:00JST こころの時代 Spirtual Age
 アンカー Anchor: 政野光伯(Masano-Mitsunori) さん

三浦雄一郎(みうら ゆういちろう、Miura-Yuuichiro 1932年10月12日 生まれ)青森市出身まれのプロスキーヤー及び登山家。

・中学3年の春に「岩木山弾丸(?)滑降大会」に出場し優勝する。これにより青森県のスキーの強化選手となる。
・高校時代は野外で遊んだり、スキー部で練習したりで勉強する時間がなかったが、時間を見つけてはこまめに勉強した。
・大学はお金が掛からない北大に入学した。私は多分入試の採点ミスで合格したのだろう。
・スキーばっかりしていて、学部移行のとき点数が低かったので獣医学部に行った。
・獣医学部の大学院に行こうとしてたら、新しい研究室の助手にならないかといわれてなった。
・徹夜をいとわず実験をした。トコロテン式でいずれ助教授になれるのだが、スキーへの思い絶ち難かった。
・大学の(助手時代に結婚した)奥さんの精神的支援もあって大学を退職した。

・青森に戻りスキーでオリンピックに出ようとするが、青森のスキー連盟と対立して永久追放される。
・人生のはしごをはずされた形になった。その後、東京で運動用品店で働き、さらに立山で強力をした。
・30歳近くなって、第一回世界プロスキー選手権に飛び入りで参加して8位になる。別の大会では3位になる。
・スピードスキーに挑戦し、防衛庁の航空研究所で実験、トレーニング、を重ねて172.08Km/hをだす。
・富士山直滑降をやる。そのうちにスキーのデモンストレーション映画に出演した。
・エベレストのスキー滑降・パラシュートストップを行い、石原プロが映画化した。英訳されて1976年のアカデミー賞を貰う。
・7大陸の最高峰からスキー滑降した。56才でやり遂げた。

・引退するとトレーニングしなくなり、良く食べたので太ってメタボリックシンドロームになった。
・単なるデブで死んでいくのかと愕然とし、再度エベレストに登りたくなってトレーニングすることを65才で決心した。
・半年山歩きを続けた。最後には片足10kgづつ、背中に30Kgの重りをつけて階段を上り下りできればエベレストを登れるだろうと思った。
・人間体を使わなくなると体力が落ちる。70歳でも適切なトレーニングすると体力年齢は5年10年と若返る。

・大きく口を開けて、舌を思いっきり出し、右、左、前とトレーニングをするとよい。朝150回やる。
・思い立ったらトレーニングするとよい。小さくてもいいからやるとよい。
・75歳でエベレスト登頂に再挑戦(2008年初夏)する予定。


三浦雄一郎さんは講演のときトレーニングウェアに登山靴といういでたちだったそうです。

小生昔聴いた話では、北大では獣医学部に入るんだったら入学を許可しますよという条件付での入学が公式に行われたということです。ほんとかどうか確認できないですが、昔はそれほど獣医学部の人気がなかったです。現在とは大違いです。

最後に下の曲が放送されました。今聞いても南沙織さんはいい声だなあと思います。
 春の予感  南沙織 作詞・作曲 尾崎亜美 昭和53年 1978
1:00~2:00JST 絵を語る Talk about the picture
アンカー 斎藤季夫(Kawano-Kazuie)さん

伊藤嘉章(いとう よしあき Itoh-Yoshiaki、 )1957年、岐阜県生まれ。名古屋大大学院修士課程修了。岐阜市歴史博物館を経て、東京国立博物館へ。同館陶磁室長を経て現在は文化財部平常展室長。専攻は日本陶磁史。中近世の陶磁史や近代工芸史を研究。

仁清(にんせい Ninsei)(生没年未詳)は,丹波国北桑田郡野々村(現京都府美山町)出身と伝える。名は清右衛門。瀬戸で修業し,京都粟田口に出て製作を始めた。正保年間(1644~48)仁和寺門前に御室窯を開き,茶匠金森宗和(1584~1656)の指導で茶器を焼き,轆轤成形と色絵付に卓越した才能を発揮した。仁和寺門跡から「仁」の字を与えられ仁清と号した。


・大きさは直径30cm弱の球状
・梅の老大木、紅白梅。但し、白梅の銀が酸化して黒くなっている。本来は銀色に輝く。
・月は正面からは見えない。梅の絵の裏側に月がある。
・当時、焼き物の色絵はシンプルに量産されたが、この絵は特別に描かれている

・茶の湯のリーダーが茶器を作らせた。
・茶壷は本来色絵で飾るものではなかった。茶壷はお茶を保存するためのもの。保存容器。
仁清の茶壷は観賞用、壷の口に紙の封印をした形跡がない。
・京焼きは量産品を作らない。伊万里のような輸出用量産品とは異なる。
・リアルな幹とデザイン化された花。
仁清がどのあたりまで作成にかかわったか不明。仁清工房の作品。仁清はアートディレクター。

・立体にいかに絵を書くか、仁清はこれを追い求めていた。

・この茶壷の絵は、視点を壷の中央において外側の空間に絵を投影したものとして見ると面白い。
・そのまま見てもよいが、展示する時、面白い視点を発見して楽しんでもらう仕掛けがある。

東京上野の東京国立博物館で3月18日まで展示(常設展)されている。


インタビューの中に出てきた壷の写真がありました。
色絵月梅図茶壺東京国立博物館
 http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=B07&processId=02&colid=G40

色絵藤花文茶壷(MOA美術館)
 http://www.moaart.or.jp/japanese/art/industrialart0001.html

なるほど、これらの茶壷は鑑賞品(置物)ですね。でも一体誰が使っていたのでしょうか。そっちの歴史も気になるところです。
2:00~3:00JST リラックス・サウンズ Relax Sounds
アンカー 斎藤季夫(Kawano-Kazuie)さん

 ♪曲目 playlist♪
1.ランデブー(Rendezvous)  渡辺貞夫(as) 1984
2.カリフォルニア・シャワー(CALIFORNIA SHOWER)  渡辺貞夫(as) 1978
3.サンバ・ド・マルコス(SAMBA DO MARCOS)  渡辺貞夫(as) 1979
4.フィル・アップ・ザ・ナイト・ウィズ・ザ・ミュージック  渡辺貞夫(as)  1983
5.メイド・イン・コラソン(MADE IN CORACAO)  渡辺貞夫(as),Toquinho(g,vo) 1988

6.緑の風景  渡辺貞夫(as) 1997
7.マイ・ディア・ライフ  渡辺貞夫(as),ランディ・クロフォード(vo) 1977
8.オレンジ・エキスプレス  渡辺貞夫(as) 1984(1981)


渡辺 貞夫(わたなべ さだお、Watanabe-Sadao 1933年2月1日 生まれ )は、日本を代表するジャズサックスプレーヤー、作曲家。この2月で74歳。

渡辺貞夫さんのホームページです。→ http://www.sadao.com/index.html

1曲目「ランデブー」 アルバム「RENDEZVOUS」 Recorded Feb.& Mar.1984 in New York
2曲目「カリフォルニア・シャワー」 アルバム「CALIFORNIA SHOWER」Recorded Mar.1978 in Los Angeles
3曲目「サンバ・ド・マルコス」 アルバム「MORNING ISLAND」Recorded Mar.1979 in New York
4曲目「フィル・アップ・ザ・ナイト・・・」 アルバム「FILL UP THE NIGHT」Recorded Mar.& Apr.1983 in New York
5曲目「メイド・イン・コラソン」 アルバム「MADE IN CORACAO TOQUINHO」Recorded Jan. & Mar. 1988 in Sao Paulo
6曲目「緑の風景」 アルバム「黒い瞳」Recorded Nov.1995-1997 in Tokyo, New York, Los Angeles
7曲目「マイ・ディア・ライフ」 アルバム「MY DEAR LIFE」 Recorded Apr.26,28,1977 in Los Angeles & Jun.25,28,1977 in Tokyo
8曲目「オレンジ・エキスプレス」 アルバム「ORANGE EXPRESS」Recorded Apr. & May.1981 in New York

1曲目「ランデブー」の演奏メンバーは以下のとおりです。
 渡辺貞夫(as),ラルフ・マクドナルド(per),マーカス・ミラー(b),スティーヴ・ガッド(ds)
 エリック・ゲイル(g),リチャード・ティー(keys)
全員グローヴァー・ワシントンJr『ワインライト』(80年)のメンバーでした。その当時のニューヨーク・フュージョン界のスター達ばかりです。加えて、プロデュースが『ワインライト』同様ラルフ・マクドナルドです。道理で、なんかなじみがあるなあと思いつつナベサダを聴いたものでした。
全米で大ヒット、ビルボードのジャズチャート2位になりました。

4曲目の「フィル・アップ・ザ・ナイト」のボーカルはドラムスのグラディ・テイトでした。

7曲目の「マイ・ディア・ライフ」は渡辺貞夫さんのコンサートの終わりに演奏される曲だそうです。

現在でも活躍中で、ライブ演奏会の予定を見たら、東・北日本を演奏ツアーしているのだと思いますが、2,3月から活動をはじめ、4月は特に2日と開けず開催しているようです。74歳とは思えないパワーです。
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー 斎藤季夫(Kawano-Kazuie)さん

 ♪曲目 playlist♪
1.兄弟船  鳥羽一郎 作詞 星野哲郎 作曲 船村徹 昭和57年 1982
2.男の友情  青木光一 作詞 高野公男 作曲 船村徹 昭和32年 1957
3.東京だよおっ母さん  島倉千代子 作詞 野村俊夫 作曲 船村徹 昭和32年 1957
4.ダイナマイトが百五十屯  小林旭 作詞 関沢新一 作曲 船村徹 昭和33年 1958
5.王将  村田英雄 作詞 西條八十 作曲 船村徹 昭和36年 1961

6.宗谷岬  ダ・カーポ 作詞 吉田弘 作曲 船村徹 (1976)
7.風雪ながれ旅  北島三郎 作詞 星野哲郎 作曲 船村徹 昭和55年 1980
8.みだれ髪  美空ひばり 作詞 星野哲郎 作曲 船村 徹 昭和62年 1987
9.矢切の渡し  細川たかし 作詞 石本美由起 作曲 船村徹 昭和58年 1983

深夜便の歌
  恋 はるか  南こうせつ 作詞 喜多條忠 作曲 南こうせつ


5曲目の「王将」を作曲した西條八十さんは将棋をまったく知らなかったそうです。作曲の船村徹さんも将棋を指すことは出来る程度だったのだそうです。
1:00~2:00JST 歴史にしたしむ
アンカー 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

安藤優一郎(あんどう ゆういちろう Andoh-Uichiro、 昭和40年・1965年生まれ )
日本の歴史学者。専門は日本近世史(都市史)。千葉県出身。早稲田大学教育学部卒業。同大学大学院文学研究科修了。『徳川将軍家の演出力』『徳川将軍家の演出力』『観光都市 江戸の誕生』『寛政改革の都市政策―江戸の米価安定と飯米確保』などの著作がある。

将軍の威厳・威光を保つため、いろいろと儀礼的な決め事があった。

徳川将軍が尾で島になると、「シー」と声がかかり静かにするように指示された。敬礼の意味。
・旗本・大名が将軍とお目見えできる。但し、面と向かって将軍の顔を見ることは出来なかった。
・武士は記録を余り残さなかった。明治初期に思い出して記述したか、幕末の外国人による記録がある。
・将軍から「面(おもて)を上げよ」と言われても、大名達は恐れ入って顔は上げなかった。

・将軍が公務で話す言葉は役者のセリフのように決まっており、老中任命の時には「念を入れて務めよ」。
・参勤交代で大名が領国へ帰る時に将軍が大名にかける言葉は「在所へのひまをやる。休息せい」。
・神田明神と山王神社のお祭りの時のみ庶民が江戸城に入り、将軍がそれをご覧になる。そのとき庶民は将軍と一体感を持つ。
徳川家持が長州征伐のときに一度将軍が馬上の姿を江戸っ子に見せた。保土ヶ谷では外国人たちも見た。
・将軍は前将軍の祥月命日に寛永寺、増上寺に公務としておまいりに行く。
・将軍が鷹狩をする日は江戸市中は火を使ってはいけないので、風呂屋も休みになった。
・将軍の行列は家の窓からは見てはならなかった。

・将軍家の記念日には大名達は特産品を献上した。次第に費用が掛かって行った。
・貰ったものは将軍の側近たち、大奥に下げ渡された。
・献上品を買い上げ、必要な人に売る「献残屋」があった。リサイクルショップのような商売。
・大名達は年に一度、将軍に刀と馬を献上する決まりがあった。
・その刀は真剣ではなく、木で出来た模造品の刀を納めていた。献残屋から買って使い回ししていた。
・馬は馬代としてお金を献上した。江戸時代は儀礼を大切にしていた。

・町入能、将軍の跡取が生まれると江戸の町の代表者たちが江戸城に招かれ、将軍と共に能を見た。
・この日と、祭りが江戸城に入る日は無礼講で多少騒いでも許された。

・江戸を見ることによって現代が分かる。現代を見る一つの方法としてのよい材料だとおもう。

本当の江戸時代の社会は、時代劇のテレビドラマで見る江戸時代とはひどくかけ離れたものだろうなあと想像はしていましたが、もしタイムマシンがあって江戸時代に行ったとしたら、道徳や行動様式、価値観が現代と通じているようでも全体として考えた時はまるで外国のように思えるのでしょうね。

しばし三千万日本人のすんでいた江戸時代に思いを馳せたのでした。
2:00~3:00JST クラシックへの誘い Classic Music
アンカー 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

 ♪曲目 playlist♪
1.ピアノ五重奏曲「ます」  岩本真理(violin)、坪田正三(piano)ほか
2.歌曲「魔王」  ヘルマン・プライ(バリトン)、カール・エンゲル(piano)
3.楽興の時第3番  アルフレッド・ブレンデル(piano)
4.劇音楽「ロザムンデ」第2幕への間奏曲  クラウディオ・アバド指揮ヨーロッパ室内管弦楽団
5.歌曲集「冬の旅」から「菩提樹」  ディートリッヒ・フィッシャーディスカウ(バリトン)、ジェラルド・ムーア(piano)

6.三つの軍隊行進曲より第1番  ダニエル・バレンボイム(piano)
7.交響曲「未完成」から第2楽章  カール・ベーム指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
8.チェロで弾く「アヴェ・マリア」  ミシャ・マイスキー(チェロ)、パーヴェル・ギリロフ(piano)


チェロで弾く「アヴェ・マリア」いいですね。演奏者が腰掛けてチェロを抱きかかえるようにして演奏しているのが眼に浮かぶようです。

シューベルトの墓地は、ウイーンにあって、ベートーベンの墓地の隣にあるそうです。
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

 ♪曲目 playlist♪
1.春夏秋冬  泉谷しげる 作詞・作曲 歌 泉谷しげる 昭和47年 1972
2.恋人もいないのに  シモンズ 作詞 落合武士 作曲 西岡たかし 昭和46年 1971
3.地球はメリーゴーラウンド  ガロ 作詞 山上路夫 作曲 日高富明 昭和47年 1972
4.魔法の黄色い靴  チューリップ 作詞・作曲 財津和夫 昭和47年 1972
5.メリー・ジェーン(Mary Jane)  つのだひろ 作詞 Christpher Lyn 作曲 つのだひろ 昭和47年 1972

6.ウィスキーの小瓶  みなみらんぼう 作詞・作曲 みなみらんぼう 昭和48年 1973
7.少女  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和47年 1972
8.一人ぼっちの部屋  高木麻早 作詞・作曲 高木麻早 昭和48年 1973
9.神田川  かぐや姫 作詞 喜多条忠 作曲 南こうせつ 昭和48年 1973

深夜便の歌
  恋 はるか  南こうせつ 作詞 喜多條忠 作曲 南こうせつ


2曲目の「恋人もいないのに」を歌ったシモンズはいわゆる関西フォーク系の女性デュオで、田中ユミ、玉井タエさんのふたり組みです。小生その名前について調べてみたら、「サイモン&ガーファンクル」のサイモン(Simon)をローマ字読みして「シモン」+ズ としたことが分かりました。

6曲目の「ウィスキーの小瓶」を歌ったみなみらんぼうさんは、小生が始めて直接見た芸能人です。小生、誰かに連れられて東京に行った帰りのこと、昭和50年頃の古い羽田空港の搭乗手続きのフロアーに背が高く、ぱっと見て顔の長い人(失礼!)を見かけたので、良く見たらみなみらんぼうさんでした。

8曲目の「一人ぼっちの部屋」は高木麻早さんの歌声が印象的でした。高木麻早さんの歌は、透き通るようなハスキーボイスでしっとりとしたフォークソングといったら良いでしょうか。当時よく聴きました。「コーラが少し」なんていういい曲もありました。高木麻早さんの特集をして欲しいものです。
1:00~2:00JST 花が好き自然が好き Flower, Nature
 アンカー Anchor: 須磨佳津江(Suma-Katsue) さん

塚谷裕一(つかや ひろかず)さん
東京大学大学院教授(植物学)
1964年、神奈川県生まれ。植物学者。東京大学大学院理学系研究所博士課程修了、博士(理学)。東京大学分子細胞生物学研究所・助手などを経て現職。分子生物学専攻、植物の形ができあがるしくみを研究。
文学と植物との関わりにも興味があり、1993年の『漱石の白くない白百合』(文藝春秋)をはじめ、植物を中心としたエッセイを書いている。『花の名随筆』(作品社)で監修者。『植物巡礼』(岩波文庫)訳書。『植物のこころ』(岩波新書)著者。



泉鏡花 「二、三羽‐‐十二、三羽」
 小説の中に ごくごんごま という植物が出てくる。ごんごんごま=ヤブガラシ ではないかと考えている。今では関東以北にはヤブガラシはいたるところにある。日本に元々あった華奢な関西のヤブガラシはめったに見られない。花を良く見てみると「こま」のように見える。

泉鏡花以降は余り植物のことが文学の題材として取り上げられなくなった。江戸時代から泉鏡花までは植物のことが良く小説に出てきていた。

夏目漱石 「それから」
 白百合 現在では、しらゆりといえば テッポウユリ、カサブランカ になる。ここに出てくる白百合は「ヤマユリ」だろう。甘い香りが強い。花びらは大きく白いが、花びらの中に黄色い筋があり、赤い斑点もある。ちょっと遠くから見ると白い百合の花ように見える。白い花=純潔 しかし良く見ると完全に白ではない。小説の筋も暗示している。

夏目漱石 「三四郎」
 温州みかん 友人のお見舞いに温州みかんを持っていった。そのころ種のないみかんが普及し始めた。珍しかった。

三島由紀夫 「金閣寺」
 杜若(かきつばた) 主人公が友人にそそのかされて、金閣寺に咲くかきつばたを盗みに行くところから放火にいたる。カキツバタが金閣寺に象徴化されている。端正な花でないと金閣寺に例えられない。

・俳句の季語がずれている
 ゆきのした(花期は初夏だが、冬の季語)、ねぎ(葱坊主は春の終わりだが、二月の季語)

明治初期に植物・博物学として注目されたが、最近の小説には花が出てこない。豊かな植物に囲まれた日本であるが、それ以降は日本人の心が花から離れていった。


泉鏡花 「二、三羽‐‐十二、三羽」こちら→ http://www.aozora.gr.jp/cards/000050/files/1037_20651.html

2:00~3:00JST ロマンチックコンサート Romantic Concert
 アンカー Anchor: 須磨佳津江(Suma-Katsue) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.シルバンド  オスバルド・ベリンジエリ楽団
2.ラ・クンパルシータ  オスバルド・ピーロ楽団、アルベルト・ビアンコ(vo)
3.ラ・ジュンバ  コロール・タンゴ 1996
4.アサバーチェ  フランチーニ・ポンティエル楽団、パブロ・モレーノ(vo) 1954
5.エル・アディオス  アンヘル・バルガス(vo)、アルマンド・ラカーバ指揮の楽団 1954

6.アルマ・デ・バンドネオン  エルネスト・ファマー 1935
7.ビーダ・ミーア  リカルド・ペデビージャ楽団、マリオ・デリーヤ(vo) 1952
8.ケハス・デ・バンドネオン  ペドロ・ラウレンス楽団 1952
9.デセンカント  エンリケ・ディセポロ楽団、タニア(vo) 1937
10.マウラ  フリオ・デ・カーロ楽団 1928

11.テ・ビ・ジョラール  ロベルト・フィルポ楽団、フィルポ(piano) 1930年代


1,2,3曲目までは現代のタンゴです。
1曲目の「シルバンド」は 口笛を吹きながら という意味だそうです。
4曲目の「アサバーチェ」は 黒い玉 という意味で、女性の愛称に使われるそうです。
6曲目の「アルマ・デ・バンドネオン」は バンドネオンの魂 という意味だそうです。
7曲目の「ビーダ・ミーア」は直訳すると わが人生 という意味ですが、恋人への呼びかけに使うんだそうです。
8曲目の「ケハス・デ・バンドネオン」は バンドネオンの嘆き だそうです。
9曲目の「デセンカント」は 幻滅 という意味だそうです。
10曲目の「マウラ」は いくじなし という意味だそうです。
11曲目の「テ・ビ・ジョラール」は 泣いている君を見た という意味だそうです。

前回、須磨アンカーが読めなかったお便りの話がありました。一部にじんでいて読めなかったのが下の百人一首です。
 ながらへば またこのごろやしのばれむ うしとみしよぞ いまはこひしき
須磨アンカーは、ご自分が子供の頃、百人一首で余り遊ばなかったので良く知らないのだそうです。

今回は豆の名前を書いたお便りを読んで、須磨アンカーが読めない漢字の豆が2つありました。きっと、次回の放送までにリスナーから教えてもらっているでしょう
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
 アンカー Anchor: 須磨佳津江(Suma-Katsue) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.ドミノ(Domino)  ペギー葉山 訳詞 音羽たかし 作詞 J.Plante 作曲 L.ferrari 昭和27年 1952
2.火の接吻(Kiss Of Fire)  ペギー葉山 訳詞 音羽たかし 作詞 Lester Allen & Robert Hill 作曲 Angel Villoldo 昭和27年 1952
3.学生時代  ペギー葉山 作詞・作曲 平岡精二 昭和39年 1964
4.  ペギー葉山 作詞・作曲 平岡精二 昭和34年 1959
5.南国土佐を後にして  ペギー葉山 作詞・作曲 武政英策 昭和34年 1959

6.サン・トワ・マミー(Sans Toi M’amie)  ペギー葉山 日本語詞 岩谷時子 作曲 Salvatore Adamo (昭和39年 1964年)
7.慕情(Love Is A Many Splendored Thing) ペギー葉山 日本語詞 岩谷時子 作曲 Sammy Fain (昭和31年 1956)
8.いそしぎ(The Shadow Of Your Smile)  ペギー葉山 作詞 P.F.Webster 作曲 J.Mandel
9.ドレミの歌(Do-Re-Mi)  ペギー葉山 日本語詞 ペギー葉山 作詞 Oscar Hammerstein Ⅱ 作曲 Richard Rodgers 昭和38年 1963(昭和34年 1959)

深夜便の歌
  恋 はるか  南こうせつ 作詞 喜多條忠 作曲 南こうせつ


ペギー葉山さんは子供のころにをかむ癖があり、その癖をヒントに青山学院の先輩であった作詞・作曲家の平岡精二さんが「」という歌をペギー葉山のために作ったということです。

5曲目の「南国土佐を後にして」は昭和34年に200万枚売れたそうです。当時としては驚くような数字です。

8曲目の「いそしぎ」の題名について小生調べて見ました。映画の題名が「The Sandpiper」でイソシギという鳥の名前で、それをそのまま曲名としています。曲の原題は「The Shadow Of Your Smile」ですから訳せば「微笑みの翳り」とでもなるでしょうか。

9曲目の「ドレミの歌」が歌われた映画は『サウンド・オブ・ミュージック』ですが、小生たまたま最近その映画を見ました。改めてドレミの音階と例えた言葉について、原詩とペギー葉山さんの詞を比べると、
 英語原詞 Do:deer(雄鹿), Re:ray(光線), Mi:me(私), Fa:far(遠く), So:sew(裁縫), La:follow So(ソの次), Ti:tea(紅茶)
 日本語詞 ド(ドーナッツ),レ(レモン),ミ(みんな),ファ(ファイト),ソ(青い空),ラ(ラッパ),シ(幸せ)
こうやって比べると、英語の詞では脈絡がない言葉の羅列ですが、ペギー葉山さんの詞では『ドーナッツとレモンを持ってみんなでファイトを出して青い空にラッパを吹けばとっても幸せ』という具合に言葉がつながって楽しい情景が浮かんできます。日本語詞で歌うほうが、より曲の中に入っていけて楽しめると思います。

ペギー葉山さんは夫である根上淳さんを看取ったあと、毎日仏壇に手を合わせて、根上さんが大好きだったコーヒーを供えているそうです。
4:00~5:00JST こころの時代 Spirtual Age
 アンカー Anchor: 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん インタビュアー Interviewer:上野重喜(Ueno-Shigeki)さん

内藤正典(ないとう まさのり、昭和31年・1956年9月29日生まれ)

・トルコに幼児連れで滞在したとき現地の人々は親切にしてくれた。子供、女性、高齢者などの弱者に対しては大切にするような道徳観がある。
イスラム教では因果を考えない。結果は神が決めたこと。
・上手くいかなかったのは努力が足りなかった、などというストレスが少ない宗教といえる。従って、自殺者が少ない。

・ハマス、ヒズボラは貧しい人々を救済する活動をしている。テロの組織だと思われているが、主な活動は弱者支援である。
ジハードは「聖戦」と訳されているが、これはキリスト教徒側から付けたもので、他の宗教と戦うという意味はまったくない。
・信仰を正す努力をする、というのがジハードの意味。「イスラム教徒として正しく生きる努力をしなさい」ということ。
・一緒に住んでいるイスラム教徒の仲間が理不尽に殺されたりするのを見たとき、その敵と戦うのがジハードにあたる。

・国の法律は大事であるが、神(アッラー)の指し示した人の道を行うことが優先される。

イスラムでは銀行預金の利子は禁止されている。不労所得のような利子はつかない。
・銀行は投資先を透明にして、儲けが出たら平等に分けるが、失敗したらゼロになる、それで良いなら預金してくれ、というスタンス。

・人間が生きている世界全てに神の光が当たっている。聖俗不可分という考え方。したがって政教分離が彼らには理解しにくい。
・金銭欲は喜捨により制限される。
イスラムでは妻は4人まで許されるが、これは夫を失った妻とその子供の面倒を見るための制度。複数の妻や子供達は全て平等の権利をもつ。西洋や日本のように非嫡出子のような差別はない。

イスラム教徒は排他的ではない。コミニュケーション不足で、キリスト教徒がそのように決め付けていた。
・植民地経営の歴史が長い西欧の人々が上に立ったような見方・物言いをするのを、イスラム教徒はとても嫌っている。
・イスラム教徒は社会的な身分の上下を絶対に受け入れない。神の前では王様も物乞いも同じ。

・イスラム教徒が何を喜び、悲しみ、怒り、楽しむのか知ることによって理解が深まる。
・イスラムは「神に絶対的に服従する」と理解されているが、実際は「何があっても神様におまかせ」という宗教。そうでなかったら世界中に広まらない。


西欧の人々が上に立ったような振る舞いをすることに対し、イスラム教徒が不快を示すのは良く理解できます。小生、若かりし頃、パックパックでロシアに入り、北欧から下ってドイツのミュンヘンまで旅したことがあります。ロシアでは拙い英語とロシヤ語で喧嘩しました。北欧ではフレンドリーな対応をしてもらいました。旅の終わりごろに、ドイツのとあるコンビニみたいなお店でおばさん店員にあからさまな人種差別を受けたのにはショックでした。その一件を除いて、ドイツでもほとんど不快な思いはしませんでしたが、同じ人間として対等に喧嘩したり話したりとは異なる扱いをうけるという、人種差別をされた側の感覚は深く心に残っています。

米国のブッシュ大統領はイラク(アフガニスタンも)に派兵していますが、小生考えても、米軍の敵のイメージが湧きません。何者と戦っているのでしょうか?正規兵力では圧倒的な差があったベトナム戦争で、米国が不名誉な敗戦国となった二の舞にならないかと心配です。時間と手間がかかるでしょうが、国と国との対話に加えて、人(西欧・キリスト教・ユダヤ教)と人(アラブ・イスラム教)との理解がその地域に平和をもたらすのではないかと思っています。
4:00~5:00JST こころの時代 Spirtual Age
 アンカー Anchor: 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん インタビュアー Interviewer:上野重喜(Ueno-Shigeki)さん

内藤正典(ないとう まさのり、昭和31年・1956年9月29日生まれ)
 東京大学教養学科で科学史・科学哲学を専攻。専門はイスラーム地域研究。1997年より一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻教授。社会学博士。担当科目:民族文化共生論、地球社会と文明の対話など。 著書 『ヨーロッパとイスラーム 共生は可能か』(岩波書店)、『イスラーム戦争の時代』(NHK出版)ほか。

・イスラームの意味は「神の前に全てを投げ出す」「全てを神にゆだねる」
・回教という名称は、中国から伝わったので中国でイスラム教のを信じていた民族が回族だったのでその名がついた。いまは日本でも使われない。
イスラム教と呼ぶと、『イスラム』を仏教・キリスト教などのように崇拝の対象のように誤解されるかもしれない。
イスラム教徒の人をムスリムという。

イスラム教は7世紀のアラビア半島に生まれ、わずか200年で中東・北アフリカに広がり、スペインにまでたどり着く。
・当時のイスラムの中心はバグダード。大学兼図書館(バイトルヒクマン=知恵の館)があった。キリスト教、ユダヤ教の人もそこで学問をした。
キリスト教が西アジアからヨーロッパの方に中心が移り、で異端と呼ばれる人が迫害をうける。その人々が東の方にきてバグダードにもいた。

・英語で「アルなになに」のことばはアラビア語起源。バクダットで科学の学問をしていたキリスト教徒がいたことによる。
・ルネッサンスのとき、ギリシャの文化は直接ヨーロッパに伝わっていなかった。ギリシャの文化はいったんバグダットに移りそれをキリスト教徒が受けついだ。
・ヨーロッパ人はギリシャの古典を直接ギリシャ語から読んだのではなく、アラビア語になったものを読んで理解した。
・「アルゴリズム」は「アルフゥァリズミィ」というアラビア語の人名から来ている。西洋の文化はイスラム文化と交流があった。

・イスラムが拡張した初期は武力で征服していった。
オスマン帝国が成立したときは「剣かコーランか」実はどちらもしていない。コーランのなかには「無理強いはしてはならない」という言葉があるので。
・土地の文化はそのまま残した。オスマン帝国が守ってやるから人頭税を払え、として税金はとった。「剣かコーランか」は西洋がわからあとで作ったもの。
キリスト教、ユダヤ教はイスラムにとっては先輩の宗教として敬意を払っている。敵だとは思っていない。
コーランにはイエスもマリアもモーゼもでてくる。イエスなどを否定する記述はまったくない。
・後の世でキリスト教を信じる人々がそれらの人を神として(まちがった)位置付けをしてしまった、とイスラムでは考える。
・イスラムでは、ムハンマドも生身の人間であり、預言者に過ぎないとされる。

・イスラム教徒はキリスト教を嫌っていないが、キリスト教徒は、600年も後になって出来た一神教のイスラム教徒を敵対的、差別的に扱っている。
オスマン帝国は2度西進しウィーンまで攻め上っている。それでキリスト教徒はトルコ人、イスラム教徒を暴力的であると思ってる。
・一方、キリスト教の側から十字軍もエルサレム奪回で派兵して多くのムスリムを殺害している。

・西ヨーロッパには移民として元植民地やトルコ、北アフリカなどから1500万人以上も来ている。
・タイ南部、マレーシア、インドネシア、フィリピンには多くのイスラム教徒がおり、イスラム教徒は日本にとっても隣人といえる。

・アメリカで起きた9.11の同時多発テロがイスラム教過激派により起こされたとされたので、イスラム教徒=暴力的とされてしまった。

トルコは99%がイスラム教徒。ヨーロッパの一員になろうとして半世紀に渡って運動している。
トルコは政教分離が厳しく行われている。公立学校ではお祈りの時間はない、女性のスカーフ着用禁止。お酒の製造、飲酒などOK。「世俗国家」と呼ばれる。
・EUの国々の人口はドイツ8200万人で最大、トルコの人口は7400万人。EUの重心が東へ移動するので、EUとしては不安である。

・ヨーロッパでは千年以上に渡って イスラム教=暴力的 という先入観が浸透している。
・創始者のムハンマド自身が商人出身ということもあって、イスラムは商売人的な宗教、戦争にはもともと向かない。
・貧しい人にお金を与えるという喜捨は神様への貸し付け、御褒美が何倍にもなって帰ってくる。
・砂漠の宗教ではなく、都市の宗教。都市・商人は争いごと・混乱・戦争をもっとも嫌う。商売上がったり。
・イスラムの教えでは、「争い・戦争では女性、子供、高齢者は戦闘員ではないので絶対傷つけてはならない」とされている。
・日本では生々しい映像は放送されないが、現地のイスラム教国ではそのまま放送されて、それを見たイスラム教徒は激怒している。
・しかし、ほとんどのイスラム教徒は戦おうとはしない。
・世界で12億人以上のイスラム教徒がいるので、10万人に一人(宝くじの当選確率)いても千人以上のテロリストがでる。

・ヨーロッパのキリスト教徒は後からきたイスラム教徒を見下している。
・キリスト教徒のイスラム教徒への驕りが目を曇らせた。イスラム教徒の憤りをもっと早く気づくべきであった。

小生の身近にはムスリムの方はいませんが、まれにJRの電車に乗るとムスリムのスカーフをした女性を見かけることがあります。ムスリムの方の生活や考え方についてはほとんど知りませんね。これを機会に関連の本でも読んでみようかな。
1:00~2:00JST インタビュー
アンカー 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

丘灯至夫 本名は西山安吉 大正6年・1917年、福島県田村郡小野新町生まれ

 ♪曲目 playlist♪
1.雪夜友情  福重香仁(ふくしげ こうじん) with 少年吟詠隊 作詞 丘灯至夫 作曲 小林亜星 平成18年 2006
2.母灯台  霧島昇 作詞 丘灯至夫 作曲 原六郎 昭和24年 1944
3.白いランプの灯る道  奈良光枝 作詞 丘灯至夫 作曲 古関裕而 昭和26年 1951
4.みどりの雨  藤山一郎 作詞 丘灯至夫 作曲 古関裕而 昭和28年 1953
5.高原列車は行く  岡本敦郎 作詞 丘灯至夫 作曲 古関裕而 昭和29年 1954

6.高校三年生  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 遠藤実 昭和38年 1963
7.ふたりの春  二代目コロムビア・ローズ 作詞 丘灯至夫 作曲 戸塚三博 

・丘灯至夫さんは、西條八十に師事するまでに福島の電灯会社(丘さんのお父さんは東北電力の副社長でした)に入社し、その後福島県の郡山のNHK郡山放送局に入局したそうです。そのうちに戦争が激しくなってアナウンサーのやりくりがつかなくなったので丘さんが一時期アナウンサーをしたそうです。アナウンサーをした丘さんの写真が深夜便の雑誌に出るそうです。
・NHKをやめて毎日新聞で記者をしていたとき、西條八十の娘(三井ふたばこ)に歌謡曲の作詞依頼が来たが断られ、「毎日新聞に作詞をする記者がいるのでそちらに頼んでみたら」ということがあって作詞をした。それが「母灯台」でした。日にちが少なく3,4日で作詞した。
・丘さんは西條八十の詞が好きで、15,6才ころに弟子にしてもらおうと、西條の自宅に行き、西條が出勤で出てくるところをつかまえて弟子入りを申し込んだそうです。
・作詞をするときはヒットを狙おうと考えずに作るそうです。
・3曲目の「白いランプの灯る道」は新宿西口、京王電車の停車場周辺の情景を題材にしたそうです。
・4曲目の「みどりの雨」はもともとは「箱根の雨」だったそうです。レコード会社が題名を変えたそうです。
・毎日新聞社の記者をやりながら作詞をしていて二足のわらじをはいていたそうです。編集部の仲間が理解があって応援してくれたそうです。
・5曲目の「高原列車は行く」のなかで「ハンカチ」でなく「ハンケチ」と言ったのは戦後になって英語が使えるようになったので、(発音に)こだわってより英語に近い「ハンケチ」にしたそうです。
・6曲目の「高校三年生」はレコード会社(コロムビア)は売れるとは思っていなかったそうです。丘さんはこの曲を聞くたびに気持ちが昔に返ってしまう(若返る)そうです。


丘灯至夫さんの詳しいプロフィールがありました。こちら→
http://www7.plala.or.jp/edih/gakuyu/okatosio.html

1曲目の「雪夜友情」は新吟詠です。

7曲目の「ふたりの春」の発売年は不明でした。判明したら追記します。
2:00~3:00JST インタビュー
アンカー 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

丘灯至夫(Oka-Toshio) 本名は西山安吉 大正6年・1917年、福島県田村郡小野新町生まれ

 ♪曲目 playlist♪
1.東京のバスガール  コロムビア・ローズ(初代) 作詞 丘灯至夫 作曲 上原げんと 昭和32年 1957
2.山のロザリア  スリー・グレイセス 作詞 丘灯至夫 ロシヤ民謡 昭和36年 1961
3.襟裳岬  島倉千代子 作詞 丘登至夫 作曲 遠藤実 昭和36年 1961
4.智恵子抄  コロムビア・ローズ(二代目) 作詞 丘灯至夫 作曲 戸塚三博 昭和39年 1964
5.紅三四郎  堀江美都子、コロムビアゆりかご会 作詞 丘灯至夫 作曲 和田香苗 昭和44年 1969

6.君たちがいて僕がいた  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 遠藤実 昭和39年 1964
7.日本を愛す  横山精真 作詞 丘灯至夫 作曲 横山精真 (1コーラスのみ) 平成18年 2006

・発車オーライ」という言葉があるので流行歌ではないと言われてお蔵入りになっていたところ、宝田明さんの「港に灯がつけば」という曲のレコードのB面に収録されたそうです。
・2曲目の「山のロザリア」はもとは「牧場の娘」の名前で別の歌手の歌で発売されましたが、ぜんぜん売れませんでした。後になって、ある人から大阪で歌が流行ってきていて「山の娘ロザリア」という題名にしてくれ、ということで再び発売したそうです。
・西條八十先生からは直接に作詞の指導は受けなかったが、ただ一つ誉められたのは「高校三年生」の詞だったそうです。
・昭和36年あたりから「とんち教室」を代役で10数年務めた。最初は生放送だったが、途中から録音になって、地方へ行って収録したが、出演者の先生達の発表できないような(面白い)話も多かった。
・4曲目の「智恵子抄」の頃は丘さんは病気をしていて、余り作品を出していないそうです。医療費がかさんだそうですが、そのときは「高校三年生」、「智恵子抄」などがヒットして、けっこう潤っていたそうです。 
・学芸部長から「他の会社で作ったアニメソングが売れないので、丘さん作ってくれないか」と持ちかけられて作った5曲目の「紅三四郎」だそうです。この曲がアニメの女王 堀江美都子さんのデビュー曲です。
・詩吟「日本を愛す」の歌碑が御殿場にあるそうです。


御殿場「日本を愛す」の歌碑の写真です。こちら→http://www.tokinosumika.com/gotemba/kahi.html
歌碑のそばには世界一大きなベルもありました。こちら→ http://susono.jugem.jp/?cid=54

90歳でお元気な丘灯至夫さんでした。
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
 アンカー Anchor: 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.赤ちゃんのお耳  加賀美一郎、川田正子、コロムビアゆりかご会 作詞 都築益世(つづき ますよ) 作曲 佐々木すぐる  昭和22年 1947
2.ぶらんこ  塩野雅子 作詞 都築益世 作曲 芥川也寸志 昭和23年 1948
3.かわいいかくれんぼ  安西愛子 杉の子こども会 作詞 サトウハチロー 作曲 中田喜直 昭和26年 1951
4.夕方のおかあさん  川田正子 作詞 サトウハチロー 作曲 中田喜直 昭和29年 1954 ごろ
5.わらいかわせみに話すなよ   山野さと子 作詞 サトウハチロー 作曲 中田喜直 昭和37年 1962

6.おもいでのアルバム  かおりくみこ、中井幹子、コロムビアゆりかご会 作詞 増子とし 作曲 本多鉄磨 昭和32年 1957
7.サッちゃん  山野さと子 作詞 阪田寛夫 作曲 大中恩 昭和34年 1959
8.手のひらを太陽に  森の木児童合唱団 作詞 やなせたかし 作曲 いずみたく 昭和38年 1963
9.アイスクリームの歌  山野さと子 作詞 佐藤義美 作曲 服部公一  昭和38年 1963
10.ドロップスの歌  中川じゅんこ 作詞 まどみちお 作曲 大中恩  昭和38年 1963

11.大きな古時計(My Grandfather's Clock) クラウン少女合唱団 訳詞〉保富康午(ほとみ こうご) 作詞・作曲 Henry Clay Work 1962(1876)
12.およげ!たいやきくん  子門真人(しもん まさと) 作詞 高田ひろお 作曲 佐瀬寿一 昭和50年 1975

深夜便の歌
  冬の旅  倍賞千恵子 作詞 五木寛之 作曲 小六禮次郎 (途中まで)


1曲目の「赤ちゃんのお耳」を歌っている加賀美一郎さんのボーイ・ソプラノには小生、女性の声かと疑いました。

11曲目の「大きな古時計」について詳しく述べているホームページがありました。こちら→http://www.worldfolksong.com/gfc/index.html

12曲目の「およげ!たいやきくん」は、小生の記憶ではフジテレビの子供向けの番組『ひらけ!ポンキッキ』で歌われていました。

6曲目の「おもいでのアルバム」は小生が調べたところによると、歌詞は1番から7番までありました。1番が導入部、2番が“春”、3番が“夏”、4番で“秋”、5番と6番で“冬”、7番で卒園、という構成になっています。6番が今回の音源でも歌われていませんでしたので、参考のために挙げてみました。
 冬のことです 思いだしてごらん/あんなことこんなこと あったでしょう
 寒い雪の日に あったかい部屋で/たのしいはなし ききました
増子としさんは、東京都江戸川区にある善隣館保育園の園長をなさっていました。増子さん、本多さんは、それぞれ1997年に89歳で、1966年に61歳で亡くなられています。
小生この曲を聞くたびに、子供の卒園式を思い出して目頭が熱くなります(家人にはジジくさいといわれますが)。私ことながら、たまたま自分自身の保育園の卒園式と小学校の卒業式しか出席していないので余計に思いが強くなるのかもしれません。

10曲目の「ドロップスの歌」を作曲された大中恩(おおなか めぐみ)さんについて、当ブログで過去に記事を載せました。こちら→
http://radioshinyabin.blog71.fc2.com/blog-entry-155.html

今回の放送はNHKの「みんなのうた」で放送された曲が多かったので、調べたレコードの発売年については初出放送年である可能性もあります。。
2:00~3:00JST ロマンチックコンサート Romantic Concert
 アンカー Anchor: 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.トゥー・ヤング(Too Young)  Nat King Cole 1961(1951)
2.スウィート・ロレイン(Sweet Lorraine)  Nat King Cole
3.イッツ・オンリー・ア・ペーパー・ムーン(Its Only a Paper Moon)  Nat King Cole 1953
4.ネイチャー・ボーイ(Nature Boy)  Nat King Cole 1961(1948)
5.恋に落ちたとき(When I Fall In Love)  Nat King Cole 1957

6.慕情(映画・慕情より)(Love Is A Many Splendored Thing)   Nat King Cole
7.モア(映画・世界残酷物語より)(More)   Nat King Cole 1961
8.スマイル(Smile)   Nat King Cole 1954
9.ウェン・サニー・ゲッツ・ブルー(When Sunny Gets Blue)   Nat King Cole
10.ディーズ・フーリッシュ・シングス(These Foolish Things)   Nat King Cole

11.スターダスト(Stardust)  Nat King Cole
12.ラブ・レター(Love Letters)  Nat King Cole


ナット・キング・コール(Nat King Cole, 1919年3月17日 - 1965年2月15日)はアメリカアラバマ州モンゴメリー生まれのジャズ・ピアニスト・ボーカリスト。本名はナサニエル・コール、「キング」は愛称。往年のファンや洋楽通からはナッキンコールと呼ばれる。スイングジャズ末期にジャズピアニストとして名を残し、その後はジャズ・ボーカリスト、ポピュラー歌手として活躍した。

1曲目の「トゥー・ヤング」は1951年に発売されました。今回の放送では1961年に改めて録音された音源を使用したとのことです。この曲はつい先日のラジオ深夜便2時代『2/10土 競演・世界のアーティスト サラ・ヴォーン& ナット・キング・コール』でも放送されました。

7曲目の「モア」は映画「世界残酷物語」の主題歌で、その映画を榊アンカーが見て『残酷のなかにいる人ほど、残酷であることに気が付いていない』というナレーションを良く覚えているそうです。

8曲目の「スマイル」はチャールズ・チャップリンの『モダン・タイムス』の主題歌で、チャップリンが作詞・作曲したものです。

11曲目の「スターダスト」は他局のテレビ番組『シャボン玉ホリデー』のオープニングテーマでした、と榊アンカーは紹介しましたが、「スタジオの外にいる若いスタッフ達はまったく知らないようです」と話していました。30代より若い方は見てないか、記憶にないのでしょうね。
3:00~4:00JST にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
 アンカー Anchor: 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki) さん

 ♪曲目 playlist♪
1.キッスは目にして  ザ・ビーナス 作詞 阿木耀子 作曲 ベートーヴェン 昭和56年 1981
2.ジェラシー  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和56年 1981
3.夢の途中  来生たかお 作詞 来生えつこ 作曲 来生たかお 昭和56年 1981
4.まちぶせ  石川ひとみ 作詞・作曲 荒井由実 昭和56年 1981
5.もしもピアノが弾けたなら  西田敏行 作詞 阿久悠 作曲 坂田 晃一 昭和56年 1981

6.お嫁サンバ  郷ひろみ 作詞 三浦徳子 作曲 小杉保夫 昭和56年 1981
7.メモリー・グラス  堀江淳 作詞・作曲 堀江淳 昭和56年 1981
8.シルエット・ロマンス  大橋純子 作詞 来生えつこ 作曲 来生たかお 昭和56年 1981
9.ルビーの指環  寺尾聰 作詞 松本隆 作曲 寺尾聰 昭和56年 1981

深夜便の歌
  冬の旅  倍賞千恵子 作詞 五木寛之 作曲 小六禮次郎


日劇終演 台湾で航空機事故により向田邦子さん死亡、宅配便の扱い量が郵便小包を上回る、アラレちゃん・ガンダム流行、と榊アンカーが解説していました。

榊アンカーと同い年の59歳のリスナーからのお便りが読まれました。

4曲目の「まちぶせ」について小生調べてみました。石川ひとみさんがこの曲を歌う5年前の1976年・昭和52年に、三木聖子さんがオリジナルを歌っています。石川ひとみさんはカバーということになりますが、前作よりも遥かにヒットしました。昨年の8月25日のラジオ深夜便『シンガー・ソングライターの時代 松任谷(荒井)由実集(2)』で三木聖子さんの歌う「まちぶせ」が放送されました。
両方のシングルレコードのジャケット写真がありました。こちら→http://musicave.exblog.jp/3381102/

5曲目の「もしもピアノが弾けたなら」について小生調べてみたら、この曲、最初はB面でした。A面は「いい夢みろよ」(西田敏行)です。聞いたことないですね。いずれ深夜便でも『ヒットしたB面の曲に隠れたA面の曲特集』なんていう番組を作ってほしいものです。

8曲目の「シルエット・ロマンス」は翌年、作曲者の来生たかおさんの歌でも発売されました。

9曲目の「ルビーの指環」は小生前にも書きましたが、正しくは「指輪」ではなく「指環」です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。