このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

2007年08月の全記事一覧

スポンサーサイト
8/31金 ヴィンテージ・ポップス:エルヴィス・プレスリー集(2) Aug 13,2007
8/31金 思い出の流行歌:昭和30年代青春歌謡集 Aug 13,2007
8/30木 演芸特選 落語 「へっつい幽霊」三代目 桂三木助 「置き泥」四代目 三遊亭 円遊  Thu Aug 30,2007
8/30木 ポピュラー名曲アルバム: ノスタルジックな気分でポップスを Thu Aug 30,2007
8/30木 青春の歌:思い出のフォーク&ポップス~井上陽水作品集 Thu Aug 30,2007
8/29水 ポピュラー名曲アルバム:シャンソン、フレンチ・ポップス集 Wed Aug 29,2007
8/29水 歌謡スター・思い出のヒット: 雪村いづみ集 Wed Aug 29,2007
8/28火 ポピュラー名曲アルバム: 女性ボーカルで聴くボサ・ノヴァ Tue Aug 28,2007
8/28火 思い出のGSサウンド:ジャッキー吉川とブルー・コメッツ&ザ・タイガース集 Tue Aug 28,2007
8/27月 ポピュラー名曲アルバム: ロック・クラシックス Mon Aug 27,2007
8/27月 作家で綴る流行歌:服部良一 (作曲)作品集(2) Mon Aug 27,2007
8/26日 ポピュラー名曲アルバム: コンチネンタル・タンゴ集 Sun Aug 26,2007
8/26日 昭和歌年鑑:昭和33年のはやり歌 Sun Aug 26,2007
8/25土 お便りと音楽~鹿児島への想い アンカーをかこむつどい 遠藤ふき子、松本一路 (6.24鹿屋市のつどいから) Sat Aug 25,2007
8/24金 エンジョイ・ジャズ:マイルス・デイヴィス集 Fri Aug 24,2007
8/24金 懐かしの歌謡スター:東海林太郎集 Fri Aug 24,2007
8/23木 カントリー・クラシックス:ジミー・ロジャース&ビル・モンロー集 Thu Aug 23,2007
8/23木 作家で綴る流行歌:筒美京平(作曲)作品集(2) Thu Aug 23,2007
8/22水 大岩祥浩"タンゴの響き" Wed Aug 22,2007
8/22水 昭和歌年鑑:昭和58年のはやりうた Wed Aug 22,2007
8/21火 クラシック名曲アルバム:サロン音楽の楽しみ Tue Aug 21,2007
8/21火 懐かしのラジオ歌謡集 Tue Aug 21,2007
8/20月 韓流ドラマ・映画主題歌、そしてスターの歌声 Mon Aug 20,2007
8/20月 歌謡スター・思い出のヒット:ちあきなおみ集 Mon Aug 20,2007
8/19日 ポピュラー名曲アルバム: ロック・クラシックス Sun Aug 19,2007
8/19日 思い出の流行歌:昭和40年代のヒット作品から Sun Aug 19,2007
8/18土 競演・世界のアーティスト ビクター・ヤング楽団&ミッチー・ミラー合唱団 Sat Aug 18,2007
8/18土 ”真夜中の夢の競演” 小室等&五輪真弓 Sat Aug 18,2007
8/17金 ヴィンテージ・ポップス:エルヴィス・プレスリー集(1) Fri Aug 17,2007
8/17金 作家で綴る流行歌:喜多条忠(作詞)作品集 Fri Aug 17,2007
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Don't Be Cruel(冷たくしないで)  Elvis Presley(エルビス・プレスリー) written by Otis Blackwell 1956
  2. That's All Right(ザッツ・オール・ライト)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Arthur "Big Boy" Crudup 1954
  3. Blue Suede Shoes(ブルー・スウェード・シューズ)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Carl Perkins 1956
  4. One Night(ワン・ナイト)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Dave Bartholomew/Pearl King/Anita Steiman 1958
  5. I Need Your Love Tonight(アイ・ニード・ユア・ラブ・トゥナイト)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Bix Reichner/Sid Wayne 1959
  6. Stuck on You(本命はお前だ)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by J. Leslie McFarland/Aaron Schroeder 1960
  7. G.I. Blues(GIブルース)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Roy Bennett/Sid Tepper 1960
  8. Crying in the Chapel(クライング・イン・ザ・チャペル)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Artie Glenn 1960(1953)
  9. Can't Help Falling In Love(好きにならずにいられない)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Luigi Creatore/George David Weiss/Hugo Peretti 1961
  10. If I can Dream(明日への願い)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Walter Earl Brown 1968
  11. Suspicious Minds(サスピシャス・マインド)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Mark James 1969
  12. You Don't Have To Say You Love Me:Io Che Non Vivo(この胸のときめきを)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) english lyrics by Vicki Wickham/Simon Napier-Bell original written by Pino Donaggio/Vito Pallavicini
  13. Hurt(心の痛手)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Jimmie Crane/Al Jacobs 1976
  14. Always on My Mind(オールウェイズ・オン・マイ・マインド)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Johnny Christopher/Mark James/Wayne Carson Thompson 1973
  15. Jailhouse Rock(監獄ロック)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Jerry Leiber/Mike Stoller 1957

  • 本日(8月31日)衛星第二放送でエルヴィスのドキュメンタリー映画や伝説の映画「アロハ・ハワイ」が放送されます。午後1時頃からです。(迎アンカー)
  • 「If I Can Dream(明日への願い)」はマーチン・ルーサー・キング牧師が暗殺された2ヶ月後に発売されました。その詞の内容はキング牧師を直接指し示ており、エルヴィスによって有名になりました。エルヴィス復活を示した曲でもあります。日本語の訳詞がありました。→ http://www.genkipolitan.com/elvis/best/best_46.html
  • ジョン・レノンは「もしエルヴィス・プレスリーがいなかったらビートルズは生まれなかっただろう」といっているそうです。指揮者のレナード・バーンスタインは「エルヴィス・プレスリーは20世紀における一番偉大な文化の立役者である」と語ったそうです。(迎アンカー)
スポンサーサイト
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 雨に咲く花  井上ひろし 作詞 高橋掬太郎 作曲 池田不二男 昭和35年 1960 (昭和10年 1935)
  2. 忘れないさ  北原謙二 作詞 三浦康照 作曲 山路進一 昭和36年 1961
  3. 川は流れる 仲宗根美樹 作詞 横井弘 作曲 桜田誠一 昭和36年 1961
  4. 東京ドドンパ娘  渡辺マリ 作詞 宮川哲夫 作曲 鈴木庸一 昭和36年 1961
  5. 星空に両手を  守屋浩、島倉千代子 作詞 西沢爽 作曲 神津善行 昭和38年 1963
  6. 丘は花ざかり  浅丘ルリ子 作詞 滝田順 作曲 野崎眞一 昭和38年 1963
  7. 真紅なバラの花  岡田真澄 作詞 ホセ・しばさき 作曲 鳴海信輔 昭和35年 1960
  8. 寒い朝  吉永小百合、和田弘とマヒナスターズ 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和37年 1962
  9. 修学旅行  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 遠藤実 昭和38年 1963
  10. 君だけを  西郷輝彦 作詞 水島哲 作曲 北原じゅん 昭和39年 1964
    深夜便の歌
    夏にさようなら  伊東ゆかり 作詞・作曲 小松久

  • 丘は花ざかり」は同名の曲があります。同名の曲はこの曲の10年ほど前に藤山一郎さんの歌で、作詞/作曲は西條八十/服部良一により、昭和27年(1952)に発売されています。両方とも同じ名前の映画に使われた主題歌ですが、製作会社、原作者ともに異なるので全く別の映画のようです。(小生)
1:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪演目 playlist♪
  1. 落語 「へっつい幽霊」三代目 桂三木助(かつらみきすけ)
     『へっつい』とは「カマド・竃」のことです。まくらは一言、「どういうわけか昔から、幽霊には足がないということになっております」。
     ある道具屋にあっ「へっつい」は三円で売れるが、夜になると「へっつい」から幽霊が出るとのことでその晩すぐに一円五十銭で返品がある。最初のうちは、三円で売って一円五十銭で戻ってくるのでいい儲け口だったが、町内にその噂が知れ渡り、他の商品まで売れなくなってしまう。どうにかしようと考え、その「へっつい」に一円を付けて持って行ってもらおうと道具屋夫婦が話しをしている。
    それを裏で聞いていた渡世人の熊五郎が勘当された若旦那の銀ちゃんを誘って引き取りに行く。一円をもらって持って帰る途中、若旦那はひ弱で担ぎなれてないため、つまずいてへっついを落としてしまう。へっついの欠けたところから三百円が出てきた。とりあえずへっついは若旦那の部屋へ置いておいて、二人はそれを半分に分け、熊五郎は賭博場へ、銀ちゃんは吉原へ行き二人ともすっからかんになってしまう。その晩、へっついから幽霊が出て金を返せと言ったので、若旦那は熊五郎のうちへ逃げ込む。
     熊五郎は翌日、若旦那の実家へ行き、事訳を説明し三百円を用意してもらってくる。その晩も幽霊が出たので話しをすると、幽霊は左官の長五郎と言い、博打が好きで大金を儲けてその一分をへっついに隠していたとのこと。取り出した熊五郎が半分よこせと幽霊に掛け合い、百五十円づつに分けることになった。その後、賭博好きの幽霊と熊五郎は丁半をすることになり、お互いに百五十円づつをかけるが熊五郎が勝つ。幽霊はもういっぺんやろうという。「せっかくだけどそれは断ろうじゃないか。おまえのほうに銭のないのは判るってんだもの」「親方安心してください。あっしも幽霊ですから、決して足は出しません」

  2. 落語 「置き泥」四代目 三遊亭円遊(さんゆうていえんゆう)
     新米の泥棒がの長屋に忍び込みます。その部屋に寝ていた大工は泥棒に気づきますが、博打にこってすってんてんで、風呂敷をかぶっただけで寝ていました。どうやって死のうかと考えていたところだったので、泥棒の持っている匕首で胸を刺して殺してくれと頼みます。泥棒は哀れんで50銭渡そうとしますが、うどんを二杯食べたら終わりだからと貰うのを辞退します。大工道具は質屋に入れて8円、大工のユニフォームの半纏腹掛けが2円くらい、ほかにも溜めた家賃、友達からの借金、もあるという。泥棒があきれていると、こんな長屋よりお妾さんの屋敷に忍び込めという。きっとそのお妾さんはお前(泥棒)の顔をみて初恋の人によく似てるんできっと仲良くなるとと思うよ、などと無責任なことをいいます。泥棒は腹を立てて帰ろうとします。すると大工さんは泥棒に向かって「すまねえけどよ、こんどの晦日にまた(泥棒に)入っておくれ」。

    へっつい幽霊
  • 噺の中で 円 を 両 と言ったりしています。300円は十円金貨で30枚です。
  • 「へっつい」は左官だった幽霊の長五郎がので三百円を隠すために自作したものです。この「へっつい」は台所に作り付けでない移動式のものです。ちょっと前まで売ってるのを見たことあります。(小生)
    置き泥
  • 真っ裸で長屋暮らしをしている大工さんているが泥棒に向かって、「積善の家に余慶あり」(善いことを積み行ってきた家では,かならず子孫に福がおとずれるという意味)なんてことを言ったりします。江戸時代は結構教育のレベルが高かったことが想像されます。(小生)
  • おちで「すまねえけどよ、こんどの晦日にまた(泥棒に)入っておくれ」と言っているのは晦日(月末、30日)には大家さんに部屋代を払うためで、この日に泥棒に入られたことにすれば「店賃を用意しといたんだが泥棒に盗まれた」と言い訳できるわけです。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Dream A Little Dream Of Me(ドリーム・ア・リトル・ドリーム・オブ・ユー)   "Mama" Cass Elliot of The Mamas & the Papas(ママス・アンド・パパスのキャス・エリオット) lyrics by Gus Kahn music by Fabian Andre/Wilbur Schwandt/Milton Adolphus 1968
  2. Anytime(エニイタイム)  Leon Redbone(レオン・レッドボーン)  written by Herbert "Happy" Lawson 2001(1952,1921)
  3. Gee Baby, Ain't I Good to You(ジー・ベイビィ・エィント・アイ・グッド・ツー・ユー)  Jim Kweskin jag Band(ジム・クウェスキン・ジャグ・バンド) written by A.Razaf/D.Redman 1967
  4. The Night They Drove Old Dixie Down(オールド・デキシー・ダウン)  The Band(ザ・バンド) written by Robbie Robertson 1969
  5. Bei Mir Bist Du Schon(素敵なあなた)  The Andrews Sisters(Bei Mir Bist Du Schon(素敵なあなた) lyrics by Jacob Jacobs music by Sholom Secunda 1937
  6. Minor Swing(マイナー・スイング)  Django Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルト)(g)、ステファン・グラッペリ(vl)、ジャンノ・サフレ(p)、カルロ・ペコリ(b)、オーレリオ・デカロリス(ds)written by Stephane Grappelli/Django Reinhardt 1949
  7. Minnie The Moocher(ミニー・ザ・ムーチョ)  Cab Calloway(キャブ・キャロウェイ)written by Cab Calloway/Clarence Gaskill/Irving Mills 1942
  8. I Surrender, Dear(アイ・サレンダー・ディアー) Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)  1950 (1931)
  9. My Old Timey Baby(マイ・オールド・タイミィ・ベイビィ)  Dan Hicks & His Hot Licks(ダン・ヒックスとホット・リックス) written by Dan Hicks 1973
  10. Georgia on my mind(我が心のジョージア)  Geoff & Maria Muldaur(ジェフ&マリア・マルダー) lyrics by Stuart Gorrell music by Hoagy Carmichael 1969 (1930)
  11. Dream(ドリーム)  Modern Folk Quartet(モダン・フォーク・カルテット) written by Johnny Mercer 1985

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 心もよう  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和48年 1973
  2. 傘がない  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和47年 1972
  3. 紙飛行機  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和47年 1972
  4. ジェラシー  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和56年 1981
  5. いっそセレナーデ  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和59年 1984
  6. ダンスはうまく踊れない  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 平成14年 2002(昭和52年 1977)
  7. 最後のニュース  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 平成14年 2002(平成元年 1989)
  8. 少年時代  井上陽水 作詞 井上陽水 作曲 井上陽水、平井夏美 平成2年 1989
  9. 招待状のないショー  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和60年 1984(昭和51年 1976)
    深夜便の歌
    夏にさようなら  伊東ゆかり 作詞・作曲 小松久

  • 井上陽水さんのファンサイトです。当時のレコードジャケットの写真とともにディスコグラフィが充実しています。(小生)→ http://www.garakuta-net.com/~yosui/
  • 「最後のニュース」は川野アンカーは平成2年と紹介していましたが、発売は平成元年12月21日です。TBSの「筑紫哲也のニュース23」のエンディング・テーマでした。(小生)
  • 8月30日は井上陽水さんの誕生日です。おめでとうございます。(川野アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. La mer(ラ・メール)  Charles Trenet(シャルル・トレネ) Paroles: Charles Trenet. Musique: Charles Trenet & Albert Lasry 1945
  2. Le ciel, le soleil et la mer(空と太陽と海)  Francois Deguelt(フランソア・ドゥゲルト) Paroles et Musique: Francois Deguelt 1965
  3. L'important C'est La Rose(バラは憧れ)  Gilbert Becaud(ジルベール・ベコー)  Paroles: Amade Louis Jean Mathieu. Musique: Gilbert Becaud 1967
  4. Padam Padam(パダン・パダン)  Edith Piaf(エディット・ピアフ) Paroles: Henri Contet. Musique: Norbert Glanzberg 1951
  5. Non Monsieur, je n'ai pas vingt ans(ノン・ムッシュー、私は20歳じゃない)  Juliette Greco(ジュリエット・グレコ) Paroles: Henri Gougaud. Musique: Gerard Jouannest
  6. Paris canille(パリ・カナイユ:パリ野郎)  Leo Ferre(レオ・フェレ) Paroles et Musique: Leo Ferre 1953
  7. Barbara(バルバラ)  Yves Montand(イヴ・モンタン) Paroles: Jacques Prevert. Musique: Joseph Kosma 1947
  8. Petit papa Noel(プチ・パパ・ノエル)  Tino Rossi(ティノ・ロッシ) Paroles: Raymond Vinci. Musique: Henri Martinet 1946
  9. La Rue()  Damia(ダミア)
  10. Ta cigarette apres l'amour(夜明けのタバコ)  Charles Dumont(シャルル・デュモン) Paroles: Sophie Makhno. Musique: Charles Dumont 1968
  11. La Nuit(夜のメロディー)  Salvatore Adamo(サルバトーレ・アダモ) Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1964

  • 「Barbara(バルバラ)」は歌わずに朗唱で聴いていただきました。(水野アンカー) シャンソンにはこういった表現もあるのですか、驚きました。(小生)
  • 「Petit papa noel(プチ・パパ・ノエル)」は『サンタクロースのおじさん』と言う意味だそうです。フランスの代表的なクリスマスソングになっているそうです。毎年その時期になると10万枚くらい売れているそうです。(水野アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 思い出のワルツ(Till I Waltz Again With You)  雪村いづみ 訳詞 井田誠一 written by Sidney Prosen 昭和27年 1952
  2. ジャンバラヤ(Jambalaya (On the Bayou))  雪村いづみ 訳詞 坂口淳 written by Hank Williams  昭和28年 1953(1952)
  3. 遥かなる山の呼び声(The Call of the Faraway Hills)  雪村いづみ 訳詞 井田誠一 written by Mack David/Victor Young  昭和28年 1953
  4. 東京の三人娘  雪村いづみ 作詞 井田誠一 作曲 多忠修(おおのただおさ) 昭和29年 1954
  5. オー・マイ・パパ(Oh! My Pa-Pa (O Mein Papa))  雪村いづみ  訳詞 井田誠一 written by Paul Burkhard/Geoff Parsons/John Turner 昭和29年 1954
  6. 青いカナリア(Blue Canary)  雪村いづみ 訳詞 井田誠一 written by Vincent c. Fiorino(Bob Fiorino) 昭和29年 1954
  7. マンボ・バカン(Mambo Bacan)  雪村いづみ 訳詞 佐伯孝夫 written by F.Giordano 昭和31年 1956
  8. ジャンケン娘  雪村いづみ 作詞 井田誠一 作曲 松井八郎 昭和30年 1955
  9. ヤキティ・ヤック(Yakety Yak)  雪村いづみ 訳詞 井田誠一 written by Jerry Leiber/Mike Stoller 昭和33年 1958
  10. 銀座カンカン娘  雪村いづみ 作詞 佐伯孝夫 作曲 服部良一 (昭和24年 1949)
  11. 昨夜のようなキッス(KISS ME LIKE YOU KISSED ME LAST NIGHT)  雪村いづみ 訳詞 井田誠一 作詞 Paris Sisters 作曲 Jimmy McHugh
    深夜便の歌
    折紙人生  小林旭 作詞・作曲 小林旭  夏にさようなら  伊東ゆかり 作詞・作曲 小松久

  • 江利チエミ、美空ひばりの二人を加えて三人娘と呼ばれていました。三人とも昭和12年 1937年生まれです。(水野アンカー)
  • 雪村いづみさんの歌う「思い出のワルツ」の原題は "Till I Waltz Again With You" です。日本の一部のサイトでは "Anniversary Waltz" としていますが、別の曲です。以下のサイトで、ウィンドウ右よりのスピーカー・アイコンをクリックすると二つの曲を試聴できます。(小生)
     Till I Waltz Again With You(Teresa Brewerのハリのあるジャズ・ボーカルで試聴できます)→ http://wc02.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=33:wzfyx9thldfe
     Anniversary Waltz(Bing Crosbyの歌声で試聴できます)→ http://wc02.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&token=&sql=33:aifpx0edld0e
  • 雪村いづみさんの評論記事がありました。勉強になりました。結構鋭いです。→ http://www.ma.ccnw.ne.jp/zoiyoi/pages/review/Japan/yukimura.html
  • ジャンケン娘」は雪村いづみ、江利チエミ、美空ひばりの三人娘が主演したミュージカルコメディの映画主題歌です。(水野アンカー)
  • ヤキティ・ヤック(Yakety Yak)」は the Coasters の最大のヒットで、1958年にNo.1になりました。こんにちまでオモシロ・ロックとして有名な曲です。この歌の原詩は、全てのティーンエイジャーがすぐに分かるような、口やかましい両親が子供達に小言を言うといった事柄をテーマにしています。Yak は「野牛」という意味ですが、スラングで別の意味(たとえばティーンエイジャーとか)があるのかもしれません。(小生)
  • 「昨夜のようなキッス」は曲を調べましたが作詞・作曲者の確認が取れませんでした。Jimmy McHugh(ジミー・マクフュー)は作曲家で、ブロードウェイミュージカルにも多くの作品を残しているので、その中で使われた挿入歌なのかもしれません。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Tristeza(トリステーザ)  Astrud Gilberto(アストラッド・ジルベルト) written by Astrud Gilberto
  2. Ela e Carioca(彼女はカリオカ)  Astrud Gilberto(アストラッド・ジルベルト) written by Valle Ray Gilbert
  3. Voce(ボセ)  Sylvia Telles(シルビア・テレス)written by Ronaldo Boscoli/Ray Gilbert/Roberto Menescal
  4. Face I Love(フェイス・アイ・ラブ)  Sylvia Telles(シルビア・テレス) written by Aloysio de Oliveira/Antonio Carlos Jobim
  5. Summer Samba(サマー・サンバ)  Doris Monteiro(ドリス・モンテイロ) written by Marcos Valle/Paulo Sergio Valle
  6. Deus Brasileiro(ブラジルの神)  Doris Monteiro(ドリス・モンテイロ) written by Marcos Valle/Paulo Sergio Valle
  7. Corcovado(コルコバード)  Nara Leao(ナラ・レオン) written by Antonio Carlos Jobim
  8. Insensatez(インセンサティス)  Nara Leao(ナラ・レオン) written by Vinicius de Moraes/Antonio Carlos Jobim
  9. Samba de Orfeu(Sweet Happy Life:オルフェのサンバ)   Wanda de Sah (Wanda Sa) (ワンダ・ヂ・サー) written by Luiz Bonfa/Norman Gimbel/Antonio Maria
  10. Minha Saudade(郷愁)   Wanda de Sah (Wanda Sa) (ワンダ・ヂ・サー) written by Joao Donato/Joao Gilberto
  11. Mas Que Nada(マシュ・ケ・ナダ)  Ana Martins(アナ・マルチン) written by Jorge Ben
  12. In a World of My Own:Alice in Wonderland(私だけの世界:「不思議の国のアリス」より)  Ana Martins(アナ・マルチン) written by Sammy Fain/Bob Hilliard
  13. Moonlight Serenade (ムーンライト・セレナーデ)  Lisa Ono(小野リサ) written by Glenn Miller/Mitchell Parish 1938
  14. Desafinado(デサフィナード)   Lisa Ono(小野リサ) written by Antonio Carlos Jobim/Newton Mendonca

  • 英語とロシヤ語を少し理解する程度の小生の語学力ではラテン系の曲名を探すのは大変でした。曲の作者なども正確でないかもしれません。(小生)
  • ボサ・ノヴァの意味は ノヴァ=新しい、ボサ=潮流・勃興・流行 ということだそうです。資料によると、当時の冷蔵庫や洗濯機にも "Bossa Nova" の文字があります。流行だったのですね。(葛西アンカー)
  • 小野リサさんはブラジルで生まれ、その後10歳まで現地で過ごし、15歳からギターを弾きながら歌い始めたそうです。(葛西アンカー) 小野リサさんのホームページがありました。左側のフルーツのアイコンをクリックするとそれぞれのページが開きます。(小生)→ http://www.onolisa.com/main/index.html
  • 熱さの盛りも過ぎた夏の終わりに、体にたまった無理な力がほぐれていくようなボサ・ノヴァの歌声でした。明治生まれの祖母たちが暦を見ながら、「今日は『一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)』だから仕事は午前中だけにしておこう」などとつぶやいていたことを思い出しました。ボサ・ノヴァのつぶやきを聴いていると、がんがん働かない古くからの日本人の生活と自然が調和していた姿を想像してふっと力が抜けていきました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. ブルー・シャトウ  ジャッキー吉川とブルー・コメッツ 作詞 橋本淳 作曲 井上忠夫 昭和42年 1967
  2. 青い瞳  ジャッキー吉川とブルー・コメッツ 作詞 橋本淳 作曲 井上忠夫 昭和41年 1966
  3. 青い渚  ジャッキー吉川とブルー・コメッツ 作詞 橋本淳 作曲 井上忠夫 昭和41年 1966
  4. 北国の二人  ジャッキー吉川とブルー・コメッツ 作詞 橋本淳 作曲 井上忠夫 昭和43年 1968
  5. すみれ色の涙  ジャッキー吉川とブルー・コメッツ 作詞 万里村ゆき子 作曲 小田啓義 昭和43年 1968
  6. さよならのあとで  ジャッキー吉川とブルー・コメッツ 作詞 橋本淳 作曲 筒美京平 昭和43年 1968
  7. 君だけに愛を  ザ・タイガース 作詞 橋本淳 作曲 すぎやまこういち 昭和43年 1968
  8. 僕のマリー  ザ・タイガース 作詞 橋本淳 作曲 すぎやまこういち 昭和42年 1967
  9. モナリザの微笑  ザ・タイガース 作詞 橋本淳 作曲 すぎやまこういち 昭和42年 1967
  10. 花の首飾り  ザ・タイガース 作詞 菅原房子 補作詞 なかにし礼 作曲 すぎやまこういち 昭和43年 1968
  11. 青い鳥  ザ・タイガース 作詞・作曲 森本太郎 昭和43年 1968
  12. 誓いの明日  ザ・タイガース 作詞 山上路夫 作曲 クニ河内 昭和45年 1970
    深夜便の歌
    夏にさようなら  伊東ゆかり 作詞・作曲 小松久

  • きっと「北国の二人」はあの賞味期限切れのお菓子は食べなかったでしょう。(葛西アンカー)
  • 昭和40年代の終わり頃、四国の民放でなぜか札幌にある石屋製菓のCM(『白い恋人』)が流れていたことを覚えています。他にも東京のヨドバシカメラのCMも流れていました。店舗もないのに不思議でした。
  • すみれ色の涙」は岩崎宏美さんがリバイバルで歌いました。オリジナルはジャッキー吉川とブルー・コメッツが昭和43年に歌っています。(葛西アンカー)
  • ザ・タイガースの解散は万国博覧会が開かれた昭和45年に発表され、翌年の1月に武道館で解散コンサートが開かれました。今回の締めくくりの曲はその年に発表されたタイガースのラスト・シングル「誓いの明日」でした。(葛西アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Still Crazy After All These Years(時の流れに)  Paul Simon(ポール・サイモン)written by Paul Simon 1976,1975(1972)
  2. Take Me to the Mardi Gras(夢のマルディ・グラ)  Paul Simon(ポール・サイモン) written by Paul Simon 1973
  3. Late In The Evening(追憶の夜)  Paul Simon(ポール・サイモン) written by Paul Simon 1973
  4. Mother and Child Reunion(母と子の絆)  Paul Simon(ポール・サイモン) written by Paul Simon 1972
  5. Me And Julio Down By The Schoolyard(僕とフリオと校庭で)  Paul Simon(ポール・サイモン) written by Paul Simon 1972
  6. 50 Ways To Leave Your Lover(恋人と別れる50の方法)  Paul Simon(ポール・サイモン) written by Paul Simon 1976
  7. Slip Slidin' Away(スリップ・スライディン・アウェイ)  Paul Simon(ポール・サイモン) written by Paul Simon 1977
  8. You Can Call Me Al(コール・ミー・アル)  Paul Simon(ポール・サイモン) written by Paul Simon 1986
  9. Graceland(グレイスランド)  Paul Simon(ポール・サイモン) written by Paul Simon 1986
  10. The Obvious Child(オビアス・チャイルド)  Paul Simon(ポール・サイモン) written by Paul Simon 1990

  • ポール・サイモン(Paul Simon, 1941年10月13日生まれ)アメリカ人のシンガーソングライター。彼は過去の栄光やひとつのスタイルに甘んじず、フォーク、ロック、ラテン、レゲエ、アフリカン、ボサノバ、ジャズ、クラシック、エレクトロといった多様な音楽を吸収し、常に新たなものを求めている。その姿勢は、現代音楽における最高のコンポーザーとのよび声が高い。1990年にサイモン&ガーファンクルとして、2003年にはソロでロックの殿堂入りしている。(明石アンカー、wikipediaなど)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 青い山脈  藤山一郎、奈良光枝 作詞 西條八十 作曲 服部良一 昭和24年 1949
  2. 黒いパイプ  二葉あき子、近江俊郎 作詞 サトウ・ハチロー 作曲 服部良一 昭和21年 1946
  3. 胸の振り子  霧島昇 作詞 サトウハチロー 作曲 服部良一 昭和22年 1947
  4. 東京の屋根の下  灰田勝彦 作詞 佐伯孝夫 作曲 服部良一 昭和23年 1948
  5. 三味線ブギウギ  市丸 作詞 佐伯孝夫 作詞 服部良一 昭和24年 1949
  6. 東京ブギウギ  笠置シズ子 作詞 鈴木勝 作曲 服部良一 昭和23年 1948
  7. 銀座カンカン娘  高峰秀子 作詞 佐伯孝夫 作曲 服部良一 昭和24年 1949
  8. 買物ブギー  笠置シヅ子 作詞 村雨まさを 作曲 服部良一 昭和25年 1950
  9. サム・サンデー・モーニング  霧島昇、小川静江 作詞 山口国敏 作曲 服部良一 昭和25年 1950
  10. 雨の日暮れ  ニ葉あき子 作詞 サトウハチロー 作曲 服部良一 昭和26年 1951
    深夜便の歌
    折紙人生  小林旭 作詞・作曲 小林旭 (1番のみ)

  • 今日は旧暦の7月15日さらに明日は満月で月食が見られるということですから天気はれるといいですね。天体ショーが楽しみです。(明石アンカー)
  • 8月28日(火)19:00~20:00に皆既月食がみられます。満月が地球の陰になって欠けていき、再び満月になります。小生理屈はわかりませんが、以前皆既月食を見たときに月が地球の夜側からの光で照らされて薄暗くオレンジ色に見えました。明日は東日本・北日本では雨か曇りのようです。残念ながら小生の住む東京からは珍しい天体ショーは見られないようです。 国立天文台のホームページに皆既月食の詳しい解説がありました。→ http://www.nao.ac.jp/phenomena/20070828/
  • 胸の振り子」はコード進行がジャズプレイヤー達に好まれてジャズ演奏されることも多いです。(明石アンカー)
  • 市丸さんは「ブギウギ」を鼻濁音を使って発音していました、笠置シズ子さんは鼻濁音を使っていませんでした。市丸さんは関東、笠置さんは関西で出身地によって鼻濁音を使うか使わないかあるようですね。(明石アンカー)
  • 買物ブギー」は「カモナ・マイ・ハウス」に似ていますが、服部さんの「買い物ブギー」の方が先に作られています。服部さんのすごさが分かります。(明石アンカー) wikipedia で調べたら、Come on-a My House(カモナ・マイ・ハウス)は1939年に発表されましたが、長い間ヒットせずローズマリー・クルーニーが1951年に歌って大ヒットしました。正確に言うとヒットしたのは「買い物ブギー」が先ということのようです。(小生)
  • 服部良一さんはラジオ深夜便での3回目の特集はいつ放送されるのかと思うほどたくさんの曲(作詞も)を作っています。その作品は昭和2年から昭和63年まで昭和時代を歌い、歌が昭和を彩りました。服部音楽出版会の作った詳細なホームページがありました。(小生)→ http://www.r-hatto.com/index.html
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 秋山隆(Akiyama-Takashi)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Blauer Himmel(碧空(あおぞら))  Alfred Hause and His Tango Orchestra(アルフレッド・ハウゼ楽団)composed by J.Rixner
  2. Ich Kusse Ihre Hand Madame: I Kiss Your Hand, Madame(奥様お手をどうぞ)  Alfred Hause and His Tango Orchestra(アルフレッド・ハウゼ楽団) R. Erwin
  3. Violetta(ビオレッタに捧げし歌)  Alfred Hause and His Tango Orchestra(アルフレッド・ハウゼ楽団) G. Verdi(ヴェルディ) Arr.by H. Schultze
  4. Pearlfisher(真珠採りのタンゴ)  Werner Muller and His Orchestra(ウェルナー・ミュラー・オーケストラ) composed by G. Bizet(ビゼー) Arr.by H. Schultze
  5. Tango Notturno(夜のタンゴ)  Werner Muller and His Orchestra(ウェルナー・ミュラー・オーケストラ) composed by Borgmann
  6. Jalousie(ジェラシー)  Werner Muller and His Orchestra(ウェルナー・ミュラー・オーケストラ) composed by Jacob Gade
  7. Ole Guapa(オレ・グアッパ)  Malando Orchestra(マランド楽団) composed by A.Malando
  8. In einer kleinen Konditorei(小さな喫茶店)  Malando Orchestra(マランド楽団) composed by F. Raymond)
  9. A Garden in Italy(イタリーの庭)  Malando Orchestra(マランド楽団) composed by R.Erwin, Beda)
  10. Poema(ポエマ)  Stanley Black and His Orchestra(スタンリー・ブラック・オーケストラ) composed by Mario Melfi
  11. Tango of Roses(Napoli)(バラのタンゴ)  Stanley Black and His Orchestra(スタンリー・ブラック・オーケストラ) composed by Schreier, Bottero
  12. Schwarze Augen(黒い瞳)  Caravelli and His Orchestra(カラヴェリ・グランド・オーケストラ)  (Trad) Arr.by R. Ferra)
  13. Tango du Reve(夢のタンゴ)  Caravelli and His Orchestra(カラヴェリ・グランド・オーケストラ) composed by Malderen

  • オレ・グアッパ」の意味は砕けて言えば、『ちょいと、姉ちゃん』という意味です。(秋山アンカー)
  • どの曲も記憶の切れ端が残っているようなものばかりでした。(秋山アンカー) 昭和40年代頃はこれらの曲をしばしば耳にしました。ですから小生も全て知っています。でも最近めっきりタンゴがテレビやラジオ(ラジオ深夜便を除いて)から聞かれることは少なくなりました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 秋山隆(Akiyama-Takashi)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 花笠道中  美空ひばり 作詞・作曲 米山正夫 昭和33年 1958
  2. おーい中村君  若原一郎 作詞 矢野亮 作曲 中野忠晴 昭和33年 1958
  3. 星は何でも知っている  平尾昌晃 作詞 水島哲 作曲 津々美洋 昭和33年 1958
  4. だから言ったじゃないの  松山恵子 作詞 松井由利夫 作曲 島田逸平 昭和33年 1958
  5. 別れたっていいじゃないか  神戸一郎(かんべ いちろう) 作詞 西條八十 作曲 上原げんと 昭和33年 1958
  6. 明日は明日の風が吹く  石原裕次郎 作詞 井上梅次 作曲 大森盛太郎 昭和33年 1958
  7. 泣かないで  和田弘とマヒナスターズ 作詞 井田誠一 作曲 吉田正 昭和33年 1958
  8. 夜が笑っている  織井茂子 作詞 星野哲朗 作曲 船村徹 昭和33年 1958
  9. こいさんのラブコール  フランク永井 作詞 石浜恒夫 作曲 大野正雄 昭和33年 1958
  10. からたち日記  島倉千代子 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和33年 1958
    深夜便の歌
    折紙人生  小林旭 作詞・作曲 小林旭 

  • 昭和33年は皇太子親王の婚約発表、プロ野球では長島茂男が新人王・川上哲治が引退、三種の神器(洗濯機、冷蔵庫、テレビ)、テレビ契約数1000万台突破、東京タワー完成、東海道線にこだま号など(秋山アンカー)
  • 「こだま」の 意味は東京大阪間を6時間で繋ぐので日帰りができる、「行って帰る」ということで「こだま」と名づけられたそうです。「こだま」の名前は後に新幹線に受けれ継がれました。鉄道マニアの秋山アンカーならではの解説がありました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
地方発ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 荻山恭平(鹿児島)(Ogiyama-Kyohei)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 薩摩の女  北島三郎 作詞 星野哲郎 作曲 島津伸男 昭和43年 1968
  2. 鹿児島おはら節  三橋美智也 鹿児島県民謡
  3. 青年おはら節  西郷輝彦 作詞 星野哲郎 作曲 米山正夫 昭和40年 1965
  4. 南国情話  若山彰、能沢佳子 作詞 石本美由起 作曲 三界稔 昭和29年 1954
  5. ひとり薩摩路  水森かおり 作詞 下地亜記子 作曲 弦哲也 平成19年 2007
    アンカーをかこむつどい 遠藤ふき子、松本一路 (6.24鹿屋市のつどいから)
  • 美人の湯に入ってきました。肌がつるつるです。(松本アンカー)
  • スポーツの放送は結果がわからない。どきどき・はらはらして見ていただきたい、と思って放送してきました。深夜便は勝手が違って大変です。(松本アンカー)
  • (パンフに私の紹介で)宇田川アンカーについで長いと書かれていますが、14年です。(遠藤アンカー)
  • 疲れないように、怒らないようにするのが私の健康法です。(遠藤アンカー)

  • 会場からの質問で、最後に脳梗塞で言葉が不自由になったという女性のかたが、深夜便に対して丁寧なお礼の文章を読み上げていました。会場から暖かい笑いと拍手が湧き上がっていました。(小生)
    深夜便の歌
    折紙人生  小林旭 作詞・作曲 小林旭

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Milestones(マイル・ストーンズ)  Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(d) 1958
  2. Dear Old Stockholm(ディア・オールド・ストックホルム)  Miles Davis(tp) J.J. Johnson(tb), Jackie McLean(as), Gil Coggins(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(d) 1952
  3. When I Fall in Love(恋に落ちたとき)  Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(d) 1956
  4. Generique(ジェネリーク:映画『死刑台のエレベータ』主題曲)  Miles Davis(tp), Barney Wilen(ts), Rene Urtreger(p), Pierre Michelot(b), Kenny Clarke(d) 1957
  5. Summertime(サマータイム)  Miles Davis(flh), Gil Evans Orchestra 1958
  6. Shout(シャウト)  Miles Davis (tp) Bill Evans (ss) Mike Stern (el-g) Marcus Miller (el-b) Al Foster (d) Sammy Figueroa (per) 1981
  7. Time After Time(タイム・アフター・タイム:シンディー・ローパーのヒット曲)  Miles Davis(tp), Robert Irving(syn), John Scofield (el-g), Darryl Jones(el-b), Al Foster(d), Steve Thornton(per) 1984
  8. So What(ソー・ホワット)  Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Bill Evans(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(d) 1959

  • マイルス・デイヴィス(Miles Davis, 1926年5月26日生まれ - 1991年9月28日死去)ジャズのトランペット奏者。モダン・ジャズの旗手。クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、フュージョンなど、時代に応じて様々な音楽性を見せ、ジャズ界を牽引してきた。
     アメリカのイリノイ州アルトン生まれ。父は歯科医、母は音楽の教師をしており、マイルス自身は他のジャズプレイヤーよりとても裕福な環境で育った。当時のセントルイスにはアフリカ系アメリカ人の労働者の居住区が多く、ジャズライブが定期的に行われていた。そのためマイルスは多数のジャズプレイヤーを見て学んでいた。
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 赤城の子守歌  東海林太郎 作詞 佐藤惣之助 作曲 竹岡信幸 昭和9年 1934
  2. むらさき小唄  東海林太郎 作詞 佐藤惣之助 作曲 阿部武雄 昭和10年 1935
  3. 野崎小唄  東海林太郎 作詞 今中楓溪 作曲 大村能章 昭和10年 1935
  4. 月形半平太の唄  東海林太郎 作詞 佐藤惣之助 作曲 近藤政二郎 昭和9年(1934
  5. お夏清十郎  東海林太郎 作詞 佐藤惣之助 作曲 大村能章 昭和11年 1936
  6. 博多小女郎浪枕  東海林太郎 作詞 藤田まさと 作曲 大村能章 昭和10年 1935
  7. 三味線やくざ  東海林太郎 作詞 佐藤惣之助 作曲 山田栄一 昭和11年 1936
  8. すみだ川  東海林太郎、田中絹代(セリフ) 作詞 佐藤惣之助 作曲 山田栄一 昭和12年 1937
  9. 旅笠道中  東海林太郎 作詞 藤田まさと 作曲 大村能章 昭和10年 1935
  10. 名月赤城山  東海林太郎 作詞 矢島寵児 作曲 菊地博 昭和14年 1939
    深夜便の歌
    折紙人生  小林旭 作詞・作曲 小林旭 

  • 今回放送された曲は全て発売当時の音源(SP盤)でした。(小生)
  • 東海林太郎さんのファンの方(音楽業界の方?)が作ったホームページです。特に写真の資料が大変充実しています。→ http://www.kcat.zaq.ne.jp/takase/top1.html
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Waiting For a Train(汽車を待って)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers 1929
  2. Blue Moon of Kentucky(ケンタッキーの青い月)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Bill Monroe
  3. Blue Yodel No.8(Mule Skinner Blues)(ブルー・ヨーデル・ナンバー8)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers 1931
  4. Blue Yodel No.8(Mule Skinner Blues)(ブルー・ヨーデル・ナンバー8)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Jimmie Rodgers (1931)
  5. Blue Yodel No.1(T For Texas)(ブルー・ヨーデル・ナンバー1:ティー・フォー・テキサス)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers 1928
  6. Dear Old Sunny South by the Sea(ディア・オールド・サニー・サウス・バイ・ザ・シー)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers/ E.T. Cozzens 1928
  7. Pistol Packin' Papa(ピストル・パッキン・パパ)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers/Waldo O'Neal 1930
  8. Any Old Time(エニイ・オールド・タイム)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Jimmie Rodgers 1930
  9. Hobo Bill's Last Ride(ホーボー・ビルズ・ラスト・ライド)  Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)written by Waldo O'Neal 1930
  10. Orange Blossom Special(オレンジ・ブロッサム・スペシャル)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Ervin T. Rouse 1962?
  11. Will You Be Loving Another Man?(ウィル・ユー・ビー・ラヴィング・アナザー・マン)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Lester Flatt/Bill Monroe
  12. Wicked Path of Sin(ウイキッド・パス・オプ・シン)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Bill Monroe
  13. Molly and Tenbrooks(モリー・アンド・テンブルックス)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Bill Monroe 1958
  14. Blue Grass Special(ブルーグラス・スペシャル)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Bill Monroe 1958

  • ジミー・ロジャースは戦前の1920年代から30年代初めにかけて活動したシンガーソングライターでした。ビル・モンローはブルーグラス・ミュージックの生みの親です。(宮川アンカー)
  • ジミー・ロジャースの公式ホームページです。→ http://www.jimmierodgers.com/
  • Pistol Packin' Papa(ピストル・パッキン・パパ)の曲名で「パパ」のところを「ママ」と宮川アンカーは紹介していましたが、「パパ」が正しいようです。(小生)
  • 30年ほど前の小生が大学に入学した春に、大学キャンパスでサークル員勧誘をしようとブルーグラスのサークルメンバーがバンジョーをかき鳴らしていたことを覚えています。大学紛争もほぼ落ち着いて気の抜けたようなほっとした時代でした。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 木綿のハンカチーフ  太田裕美 作詞 松本隆 作曲 筒美京平 昭和50年 1975
  2. 東京ららばい  中原理恵 作詞 松本隆 作曲 筒美京平 昭和53年 1978
  3. シンデレラ・ハネムーン  岩崎宏美 作詞 阿久悠 作曲 筒美京平 昭和53年 1978
  4. セクシャル・バイオレットNo.1  桑名正博 作詞 松本隆 作曲 筒美京平 昭和54年 1979
  5. 魅せられて  ジュディ・オング 作詞 阿木燿子 作曲 筒美京平 昭和54年 1979
  6. スニーカーぶるーす  近藤真彦 作詞 松本隆 作曲 筒美京平 昭和55年 1980
  7. 卒業  斎藤由貴 作詞 松本隆 作曲 筒美京平 昭和60年 1985
  8. 摩天楼ブルース  東京JAP 作詞 売野雅勇 作曲 筒美京平 昭和59年 1984
  9. 仮面舞踏会  少年隊 作詞 ちあき哲也 作曲 筒美京平 昭和60年 1985
    深夜便の歌
     折紙人生  小林旭 作詞・作曲 小林旭 

  • これほどのヒット曲を作曲した筒美京平さんは天才だと思います。あまりマスコミにも登場しませんが、どんな方なのでしょうか。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Queja De Bandoneon(ケハス・デ・バンドネオン:バンドネオンの嘆き)  エルネスト・バッファ・コンフント composed by Juan De Dios Filiberto (1918)
  2. Milonga de mis amores(ミロンガ・デ・ミス・アモーレス:わが愛のミロンガ)  ロス・ブリンジャンテス(ギター・デュオ) composed by Pedro Laurenz (1937)
  3. La Cumparsita(ラ・クンパルシータ:小さな行進)  レイナルド・ニチェーレ四重奏団 music by Geraldo Hernan Matos Rodriguez (1926)
  4. Patio mio(パティオ・ミオ:私の中庭)  エドムンド・リベロ(歌)、ビクトル・プチーノ指揮のオーケストラ 1953
  5. Condina(コンデナ:宣告  アマンダ・レディースマ(歌)1937
  6. Don Gojo(ドン・ゴージョ:男性の名前のひとつで雑誌の名前に使われた)  アルベルト・マンシオーネ楽団 作曲 ルイス・ベルンスティン(1926)
  7. エル・シンパティコ:同志  ドミンゴ・フェデリコ楽団
  8. Emancipacion(エマンシパシオン:解放)  アドルフォ・ペレス“ポチョーロ”古典楽団 Antonio Polito (1910)
  9. チャルレモス:お話しましょう  ダンテ・ロッシ(歌)、ドミンゴ・フェデリコ楽団 composed by Luis Rubistein 1955(1940)
  10. Inocencia(イノセンシア:幼心)  ロベルト・ディアス(歌)、カジュタノ・プグリシ楽団 composed by Mercedes Simone 1929
  11. テ・キエーロ・オルビダール:君を忘れたい  カルロス・フローレス楽団
  12. フベントゥー:青春  フランシスコ・ロモンド楽団 バウエル 193x(192x)

  • エル・シンパティコ」は「チャルレモス」を放送する時に間違えて掛けられた曲です。(小生)
  • 「ロンガ・デ・ミス・アモーレス」は ロス・ブリンジャンテスのギター・デュオで演奏されました。主旋律とコード伴奏、主旋律と主旋律の飛び交う楽しい演奏でした。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 矢切の渡し  細川たかし 作詞 石本美由起 作曲 船村徹 昭和57年 1982
  2. 浪花恋しぐれ  岡千秋、都はるみ 作詞 たかたかし 作曲 岡千秋 昭和58年 1983
  3. お久しぶりね  小柳ルミ子 作詞・作曲 杉本真人 昭和58年 1983
  4. 初恋  村下孝蔵 作詞・作曲 村下孝蔵 昭和58年 1983
  5. 想い出がいっぱい  H2O(エイチ・ツー・オー) 作詞 阿木燿子 作曲 鈴木キサブロー 昭和58年 1983
  6. め組のひと  Rats&Star(ラッツ・アンド・スター) 作詞 麻生麗二(売野雅勇) 作曲 井上大輔 昭和58年 1983
  7. 君に、胸キュン。  YMO(イエローマジックオーケストラ) 作詞 松本隆 作曲・編曲 YMO 昭和58年 1983
  8. 春なのに  柏原芳恵 作詞・作曲 中島みゆき 昭和58年 1983
  9. 夏色のナンシー  早見優 作詞 三浦徳子 作曲 筒見京平 昭和58年 1983
    深夜便の歌
    折紙人生  小林旭 作詞・作曲 小林旭 

  • 昭和58年の出来事、ロッキード事件判決、大韓航空機ソ連領空侵犯で撃墜、戸塚ヨットスクール事件で戸塚宏校長逮捕、ディズニーランド開園、連続ドラマ「おしん」、ファミコンなど (須磨アンカー)
  • 今年の3月30日にも深夜便で「昭和歌年鑑:昭和58年の流行歌」と題して放送されました。そのときの記事(小生)→ http://radioshinyabin.blog71.fc2.com/blog-entry-504.html
  • 想い出がいっぱい」はサビの歌詞が「大人の階段のぼる 君は今シンデレラさ」でよく知られています。あだち充作のアニメ『みゆき』の エンディングテーマでした。(須磨アンカー、小生)
  • 昭和50年代のアイドル歌手の歌はあまり放送されないので、早見優さんの「夏色のナンシー」はとても懐かしく聴きました。小生としてはその次のシングル「渚のライオン」のほうが気に入っています。その早見優さんも今年で41歳になります。(小生)  
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. グノー作曲 歌劇『ファウスト』より「ファウストのワルツ」  ケルン・サロン・オーケストラ
  2. ブラームス作曲 ハンガリー舞曲第5番  ケルン・サロン・オーケストラ
  3. ドヴォルザーク作曲 ユモレスク  イ・サロニスティ
  4. モーツァルト作曲 歌劇『フィガロの結婚』から「恋とはどんなものかしら」  イ・サロニスティ
  5. レハール作曲 金と銀  ミュンヘン・サロン・オーケストラ
  6. オッフェンバック作曲 オペレッタ『天国と地獄』から序曲  ミュンヘン・サロン・オーケストラ
  7. ガーデ作曲 ジェラシー  マーストリヒト・サロン・オーケストラ
  8. マルティーニ作曲 愛の喜び  マーストリヒト・サロン・オーケストラ

  • ユモレスク」を演奏した イ・サロニスティ は、スイスのベルン交響楽団のメンバーを中心に構成された、ライト感覚のクラシックや20世紀前半のポピュラー音楽をレパートリーにしているグループであり、ヨーロッパで人気のサロン・ミュージックの第一人者です。あの映画「タイタニック」に出演して演奏していた室内楽団としも有名です。(小生)
  • 天国と地獄』序曲はその一部が、カステラの老舗「文明堂」のコマーシャルで5体の人形が踊るときに流れる「カステラ一番、電話は二番、三時のおやつは文明堂~」の詩をつけて歌われていました。そのCMが YouTube にアップされていました。→ http://www.youtube.com/watch?v=4it1Ji7IEnQ(小生)
  • マルティーニ作曲 愛の喜び はのちにエルヴィス・プレスリーが「好きにならずにいられない」の題名で歌って広く知られるようになりました。(遠藤アンカー)

  • 小生の夏休みも終わり、再び在京となったのでラジオ深夜便の記事を再開します。よろしくお付き合いください。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 夏の思い出  藤山一郎 作詞 江間章子 作曲 中田喜直 昭和24年 1949
  2. 三日月娘  藤山一郎 作詞 籔田義雄 作曲 古関裕而 昭和21年1946
  3. あざみの歌  伊藤久男、コロムビア女声合唱団 作詞 横井弘 作曲 八洲秀章 昭和26年 1951(昭和24年 1949)
  4. 緑の牧場  津村謙 作詞 松坂直美 作曲 江口夜詩 昭和23年 1948(昭和21年 1946)
  5. 砂山の花  小川静江 作詞 保科義雄 作曲 八洲秀章 昭和25年 1950
  6. 旅情の歌  加藤勉 作詞 西条八十 作曲 江口夜詩 昭和22年 1947(昭和14年 1939)
  7. 静かな夜のビギン  織井茂子 作詞 岩谷時子 作曲 原六朗 昭和31年 1956(昭和29年 1954)
  8. あまんじゃくの歌  美空ひばり 作詞 深尾須磨子 作曲 高木東六 昭和29年 1954
  9. 夜店の唄  伴久美子 作詞 西沢爽 作曲 中田喜直 昭和31年 1956
  10. 思い出の歌  平尾昌晃 作詞 横井弘 作曲 飯田三郎 昭和36年 1961
  11. 水車小屋の花  近江俊郎 作詞 鈴木比呂志 作曲 米山正夫 昭和25年 1950
    深夜便の歌
    折紙人生  小林旭 作詞・作曲 小林旭 

  • 遠藤アンカーは「あざみの歌」を昭和24年と紹介していましたが、この曲は昭和24年8月にNHKラジオ歌謡として発表され、昭和26年に伊藤久男さんの歌でレコード発売されているようです。(小生)
  • 緑の牧場」はラジオ歌謡の放送では近江俊郎さんが歌いましたが、レコードでは津村謙さんが歌いました。(遠藤アンカー)
  • 旅情の歌」歌:加藤勉 は戦前にリリースされています。詩の内容も中国大陸に題材をとっています。戦後にラジオ歌謡としてリバイバルされたことになります。(小生)
  • 夜店の唄」は「白いヨットの歌」とともに、ラジオ歌謡として昭和31年に最初に楽譜が発行されたときに載った曲だそうです。(遠藤アンカー)
  • 夜店の唄」を聴くたびに幼い頃の記憶にある、あの特有のにおいとともにアセチレンガスの照明で照らされたお祭りの屋台を思い出します。数年後にはお祭りの夜店も電気の照明になって行きました。(小生)

  • 小生の夏休みも終わり、再び在京となったのでラジオ深夜便の記事を再開します。よろしくお付き合いください。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. ドラマ『夏の香り』から「夏の香り」  チョ・インホ
  2. ドラマ『春の日は過ぎゆく』から「その年の春に(サンウのテーマ)」  ユ・ジテ
  3. ドラマ『 -Love in Palace- (クン-ラブ・イン・パレス)』から「恋に落ちた」  ハウルとルナ
  4. ドラマ『私の名前はキム・サムスン』から「SHOCKING PINK ROSE」  キム・サンフン
  5. 映画『百万長者の初恋』から「あいさつ」  ジェジュン(東方神起)
  6. ドラマ『冬のソナタ』から「MY MEMORY」  Ryu
  7. ドラマ『美しき日々』から「GOOD BY」  ZERO
  8. 許されない愛  イ・ビョンホン
  9. ドラマ『チェオクの剣』から「哀心歌」  シン・スンフン

  • 夏の香り」の歌詞と日本語訳がありました。→ http://corean.blog48.fc2.com/blog-entry-79.htmlhttp://corean.blog48.fc2.com/tb.php/79-1812a944
  • ドラマ『 -Love in Palace-』の説明がありました。こんなドラマがあったとは知りませんでした。→ http://xn--6bt.seesaa.net/
  • 次回の「韓流ドラマ・映画主題歌、そしてスターの歌声」は9月30日に放送する予定です。(宇田川アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 喝采  ちあきなおみ  作詞 吉田旺 作曲 中村泰士 昭和47年 1972
  2. 雨に濡れた慕情  ちあきなおみ 作詞 吉田央 作曲 鈴木淳 昭和44年 1969
  3. 四つのお願い  ちあきなおみ 作詞 白鳥朝詠 作曲 鈴木淳 昭和45年 1970
  4. 朝がくる前に  ちあきなおみ 作詞 吉田央 作曲 鈴木淳 昭和44年 1969
  5. X+Y=LOVE  ちあきなおみ 作詞 白鳥朝詠 作曲 鈴木淳 昭和45年 1970
  6. 円舞曲(ワルツ)  ちあきなおみ 作詞 阿久悠 作曲 川口真 昭和49年 1974
  7. 紅とんぼ(あかとんぼ)  ちあきなおみ 作詞 吉田旺 作曲 船村徹 昭和63年 1983
  8. 黄昏のビギン  ちあきなおみ 作詞 永六輔 作曲 中村八大 平成3年 1991(昭和34年 1959)
    深夜便の歌
    夏にさようなら  伊東ゆかり 作詞・作曲 小松久

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Blue Suede Shoes(ブルー・スウェード・シューズ)  Carl Perkins(カール・パーキンス) written by Carl Perkins 1956
  2. Rock and Roll Music(ロックン・ロール・ミュージック)  Chuck Berry(チャック・ベリー) written by Chuck Berry 1957
  3. Honey Don't(ハニー・ドント)  Carl Perkins(カール・パーキンス) written by Carl Perkins 1955
  4. That'll Be the Day(ザットル・ビー・ザ・デイ)  Buddy Holly and the Crickets(バディ・ホリー) written by Jerry Allison, Buddy Holly, Norman Petty 1957
  5. Maybe Baby(メイビー・ベイビー)  Buddy Holly and the Crickets(バディ・ホリー) written by Buddy Holly/Norman Petty 1957
  6. Mona(I Need You Baby)(愛しのモナ)  Bo Diddley(ボ・ディドリー) written by Ellas McDaniel
  7. Crackin' Up(クラッキン・アップ)  Bo Diddley(ボ・ディドリー) written by Bo Diddley 1959
  8. Ain't That a Shame(エイント・ザッツ・ア・シェイム)  Fats Domino(ファッツ・ドミノ) written by Dave Bartholomew/Fats Domino 1956
  9. What'd I Say (Part I)(ワット・アイ・セイ)  Ray Charles(レイ・チャールズ)written by Ray Charles1959
  10. Move it(ムーブ・イット)  Cliff Richard(クリフ・リチャード) written by Ian Samwell 1958
  11. The Young Ones(ヤング・ワン)  Cliff Richard(クリフ・リチャード) written by Brian Bennett/Sid Tepper 1962
  12. All I Have To Do Is Dream(夢を見るだけ)  Everly Brothers(エヴァリー・ブラザーズ)written by Felice and Boudleaux Bryant 1958
  13. Wake Up Little Susie(起きろよスージー)  Everly Brothers(エヴァリー・ブラザーズ)written by Felice and Boudleaux Bryant 1957
  14. Summertime Blues(サマータイム・ブルース)  Eddie Cochran(エディ・コクラン)written by Eddie Cochran,Jerry Capehart 1958
  15. Sweet Little Sixteen(スイート・リトル・シックスティーン)  Chuck Berry(チャック・ベリー) written by Chuck Berry 1958

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 真夜中のギター  千賀かほる 作詞 吉岡治 作曲 河村利夫 昭和44年 1969
  2. 夜と朝の間に  ピーター 作詞 なかにし礼 作曲 村井邦彦 昭和44年 1969
  3. ざんげの値打ちもない  北原ミレイ 作詞 阿久悠 作曲 村井邦彦 昭和45年 1970
  4. 一度だけなら  野村真樹 作詞 山口洋子 作曲 猪俣公章 昭和45年 1970
  5. 北国行きで 朱里エイコ 作詞 山上路夫 作曲 鈴木邦彦 昭和47年 1972
  6. 花はおそかった  美樹克彦 作詞 星野哲郎 作曲 米山正夫 昭和42年 1967
  7. 他人の関係  金井克子 作詞 有馬三恵子 作曲 川口真 昭和48年 1973
  8. あなたのブルース  矢吹健 作詞・作曲 藤本卓也 昭和43年 1968
  9. おまえに  フランク永井 作詞 岩谷時子 作曲 吉田正 昭和47年 1972
  10. みんな夢の中  高田恭子 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和44年 1969
    深夜便の歌
    夏にさようなら  伊東ゆかり 作詞・作曲 小松久


2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masamiro)さん

 かんさいストーリー(2007年4月21日 土曜 2時代の再放送)
    エッセイ集『ココロの止まり木』より 故 河合隼雄著 朗読 児玉隆アナウンサー
  1. 「修復の難しさ」・・・文化財を補修する布は周りの布よりも弱くなくてはならない。まわりの状況を良く見て全体がうまくいくようにする、私の仕事と同じ。
  2. 「年齢を括弧に入れる」・・・年齢を忘れるのではなく、とにかくやってみよう。年齢や性にこだわる人は単調になる。フルート演奏:河合隼雄
  3. 「あがる心理」・・・あがるとは意識が昂揚すること。でもあがりすぎると失敗する。本当のプロはあがり過ぎない程度にあがる人。


     ♪曲目 playlist♪
  1. Tara's Theme(タラのテーマ)  Victor Young Orchestra(ビクター・ヤング楽団)
  2. Sing Along(シング・アロング)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団)
  3. East Of Eden(エデンの東)  Victor Young Orchestra(ビクター・ヤング楽団)
  4. Aura Lee(オーラ・リー)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団)
  5. Terry's theme - "Limelight"(テリーのテーマ)  Victor Young Orchestra(ビクター・ヤング楽団)
  6. The Yellow Rose of Texas(テキサスの黄色いバラ)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団)
  7. The Call Of Far Away Hills(遥かなる山の呼び声)  Victor Young Orchestra(ビクター・ヤング楽団)

  • 河合隼雄さんが2007年7月19日になくなったので、4月に放送した「かんさいストーリー」を再放送しました。(小生)
  • Aura Lee(オーラ・リー)はアメリカ民謡で、南北戦争のときに南軍の兵士達が妻や恋人を思って歌ったのだそうです。(西橋アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masamiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. あの日のルームキー  小室等 作詞・作曲 小室等 昭和61年 1986
  2. 少女  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和47年 1972
  3. 雨が空から降れば  小室等 作詞 別役実 作曲 小室等 (昭和41年 1966)
  4. いま生きているということ 小室等 作詞 谷川俊太郎 作曲 小室等 昭和61年 1986
  5. 恋人よ  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和55年 1980
  6. さよならだけは言わないで  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和53年 1978
  7. 淋しいのはおまえだけじゃない  小室等 作詞・作曲 小室等 昭和57年 1982
  8. 心の友  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和57年 1982
    深夜便の歌
    夏にさようなら  伊東ゆかり 作詞・作曲 小松久

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Heartbreak Hotel(ハートブレイク・ホテル)  Elvis Presley(エルビス・プレスリー) lyrics & music:Mae b. Axton, Tommy Durden 1956
  2. Blue Moon Of Kentucky(ブルー・ムーン・オブ・ケンタッキー)  Elvis Presley(エルビス・プレスリー) 1954
  3. I Want You, I Need You, I Love You(アイ・ウォンツ・ユー・アイ・ニード・ユー・アイ・ラブ・ユー)  Elvis Presley(エルビス・プレスリー) 1956
  4. All Shook Up(オール・シュック・アップ:恋にしびれて)  Elvis Presley(エルビス・プレスリー) 
  5. Don't(ドント)  Elvis Presley(エルビス・プレスリー) 1958
  6. (Now and Then There's)A Fool Such As I(フール・サッチ・アズ・アイ)  Elvis Presley(エルビス・プレスリー) written by Bill Trader
  7. It's Now Or Never(イッツ・ナウ・オア・ネバー)  Elvis Presley(エルビス・プレスリー) 1960
  8. Are You Lonesome Tonight? (今夜はひとりかい?)  Elvis Presley(エルビス・プレスリー)
  9. Blue Hawaii(映画『ブルー・ハワイ』より)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Ralph Rainger/Leo Robin 1961
  10. Love Letters(ラブ・レター)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Harry Heyman / Victor Young 1960(1945)
  11. How Great Thou Art(偉大なるかな神)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) 1966
  12. An American Trilogy(アメリカの祈り)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) 1972
  13. Love Me Tender(ラブ・ミー・テンダー)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) 1956

  • 関東地方では、I Want You, I Need You, I Love You の先頭でペルーで起きた地震による津波注意報が放送されました。(小生)
  • 8月31日の金曜日2時代にプレスリーの2回目の特集を予定しています。(迎アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 神田川  かぐや姫 作詞 喜多条忠 作曲 南こうせつ 昭和48年 1973
  2. いつか街で会ったなら  中村雅俊 作詞 喜多條忠 作曲 吉田拓郎 昭和50年 1975
  3. メランコリー  梓みちよ 作詞 喜多條忠 作曲 吉田拓郎 昭和51年 1976
  4. 暑中お見舞い申し上げます  キャンディーズ 作詞 喜多條忠 作曲 佐瀬寿一 昭和52年 1977
  5. ハロー・グッバイ  柏原よしえ 作詞 喜多條忠 作曲 小泉まさみ 昭和56年 1981
  6. 蝉時雨   五木ひろし 作詞 喜多条忠 作曲 宇崎竜童 昭和54年 1979
  7. ひと晩泊めてね  小林幸子 作詞 喜多條忠 作曲 美樹克彦 昭和60年 1985
  8. 風に抱かれて  西田敏行 作詞 喜多條忠 作曲 芳野藤丸 昭和55年 1980
  9. 恋はるか  南こうせつ 作詞 喜多條忠 作曲 南こうせつ 平成19年 2007
  10. 赤ちょうちん  かぐや姫 作詞 喜多条忠 作曲 南こうせつ 昭和49年 1974
    深夜便の歌
    夏にさようなら  伊東ゆかり 作詞・作曲 小松久

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。