このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

2007年12月の全記事一覧

スポンサーサイト
12/31月 戦後の歌謡名歌手の歌声:~島倉千代子集 Mon Dec 31,2007
12/30日 戦後の歌謡名歌手の歌声:~五木ひろし集 Sun Dec 30,2007
12/29土 にっぽんの歌こころの歌 戦後歌謡・名歌手の歌声:都はるみ集 Sat Dec 29,2007
12/28金 戦後の歌謡名歌手の歌声 ~春日八郎集 Fri Dec 28,2007
12/27木 作家で綴る流行歌:阿久悠(作詞)作品集(3) Thu Dec 27,2007
12/27木 作家で綴る流行歌:阿久悠(作詞)作品集(2) Thu Dec 27,2007
12/26水 クラシック名曲アルバム:ルチアーノ・パバロッティ集 Wed Dec 26,2007
12/26木 思い出の流行歌:昭和50年代演歌ヒット集 Wed Dec 26,2007
12/25火 ポピュラー名曲アルバム: クリスマス・ソングの楽しみ Tue Dec 25,2007
12/25火 青春の歌:思い出のフォーク&ポップス~小田和正作品集 Tue Dec 25,2007
12/24月 ポピュラー名曲アルバム: コール・ポーター作品集 Tue Dec 24,2007
12/24月 昭和歌年鑑:昭和31年のはやり歌 Tue Dec 24,2007
12/23日 ポピュラー名曲アルバム: ’50年代ポップス・ヒット集 Sun Dec 23,2007
12/23日 作家で綴る流行歌:米山正夫(作曲)作品集 Sun Dec 23,2007
12/22土 競演・世界のアーティスト アート・ペッパー &原信夫とシャープ・アンド・フラッツ Sat Dec 22,2007
12/22土 ”真夜中の夢の競演” 石川セリ&泉谷しげる Sat Dec 22,2007
12/21金 ミュージカルの楽しみ:ウエスト・サイド物語から Fri Dec 21,2007
12/21金 青春の歌:思い出のフォーク&ポップス:1978~79年の作品 Fri Dec 21,2007
12/20木 クラシック名曲アルバム:バロック音楽の楽しみ Thu Dec 20,2007
12/20木 作家で綴る流行歌:浜口庫之助(作曲)作品集 Thu Dec 20,2007
12/19水 大岩祥浩"タンゴの響き" Wed Dec 19,2007
12/19水 思い出の流行歌:ムード歌謡集 Wed Dec 19,2007
12/18火 ポピュラー・ヒット年代史:1970年の作品から Tue Dec 18,2007
12/18火 歌謡スター・思い出のヒット:森山良子集 Tue Dec 18,2007
12/17月 懐かしき日本のジャズ、ポピュラー・ソング Mon Dec 17,2007
12/17月 幼き日の歌~童謡・唱歌・叙情歌集 Mon Dec 17,2007
12/16日 ロック・クラシックス:70年代バラード作品から Sun Dec 16,2007
12/16日 昭和歌年鑑:昭和46年のはやり歌 Sun Dec 16,2007
12/15土 競演・世界のアーティスト エルヴィス・プレスリー&エンヤ Sat Dec 15,2007
12/15土 ”真夜中の夢の競演” 田谷力三&四家文子 Sat Dec 15,2007
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. この世の花  島倉千代子 作詞 西條八十 作曲 万城目正 昭和30年 1955
  2. 東京だョおっ母さん  島倉千代子 作詞 野村俊夫 作曲 船村徹 昭和32年 1957
  3. からたち日記  島倉千代子 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和33年 1958
  4. 恋してるんだもん  島倉千代子 作曲 市川昭介 作詞 西沢爽 昭和36年 1961
  5. 襟裳岬  島倉千代子 作詞 丘登至夫 作曲 遠藤実 昭和36年 1961
  6. 星空に両手を  島倉千代子、守屋浩 作詞 西沢爽 作曲 神津善行 昭和38年 1963
  7. ほんきかしら  島倉千代子、岡田みのるとヤング・トーンズ 作詞 岩谷時子 作曲 土田啓四郎 昭和41年 1966
  8. すみだ川  島倉千代子 作詞 佐藤惣之助 作曲 山田栄一 昭和44年 1969(昭和12年 1937)
  9. 星の流れに  島倉千代子 菊地章子 作詞 清水みのる 作曲 利根一郎 (昭和22年 1947)
  10. 人生いろいろ  島倉千代子 作詞 中山大三郎 作曲 浜口庫之助 昭和62年 1987
    深夜便の歌
    唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

    島倉千代子(しまくらちよこ、本名同じ、昭和13年・1938年3月30日生まれ)東京都品川区出身。演歌・歌謡曲の歌手。昭和29年・1954年、コロムビア全国歌謡コンクールで優勝し、同社と専属契約。 昭和30年・1955年、「この世の花」がデビュー曲。

  • 偶然、特攻隊に入っていて一命を取り留めた方から2通お便りをいただきました。(宇田川アンカー)
  • 島倉千代子さんの公式ホームページです。→ http://www.chiyokoshimakura.co.jp/
  • 「星の流れに」は菊地章子さんが昭和22年に歌いました。カバー曲になります。「すみだ川」もカバー曲です。(小生)
  • 島倉千代子さんは「人生いろいろ」の歌詞に勝るとも劣らない苦難を乗り越えてきています。小生テレビを通してしか知りませんが、島倉千代子さんのあの前向きな明るさには驚きです。来年70歳になりますが、末長く活躍して欲しいと思います。(小生)
  • 今年、島倉千代子さんは紅白歌合戦には出場しませんが、その裏番組のテレビ東京系列の「第40回年忘れにっぽんの歌」に出演しています。こっちもなかなかいいですよ、なんと言っても歌われる曲全て知っていますので(笑)。小生はテレビとPCのテレビチューナーで両方見ています。(小生)
スポンサーサイト
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 夜空  五木ひろし 作詞 山口洋子 作曲 平尾昌晃 昭和48年 1973
  2. よこはま・たそがれ  五木ひろし 作詞 山口洋子 作曲 平尾昌晃 昭和46年 1971
  3. ふるさと  五木ひろし 作詞 山口洋子 作曲 平尾昌晃 昭和48年 1973
  4. 千曲川  五木ひろし 作詞 山口洋子 作曲 猪俣公章 昭和50年 1975
  5. 雪の渡り鳥  五木ひろし 作詞 清水みのる 作曲 陸奥明 昭和32年 1957
  6. 逢いたかったぜ  五木ひろし 作詞 石本美由起 作曲 上原げんと 昭和30年 1955
  7. 居酒屋  五木ひろし、木の実ナナ 作詞 阿久悠 作曲 大野克夫 昭和57年 1982
  8. 細雪(ささめゆき)  五木ひろし 作詞 吉岡治 作曲 市川昭介 昭和58年 1983
  9. 長良川艶歌  五木ひろし 作詞 石本美由起 作曲 岡千秋 昭和59年 1984
    深夜便の歌
     唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

  • 五木ひろしさん売れるまでに時間がかかりました。「よこはま・たそがれ」は五木ひろしと名前を変えて再デビューした曲です。(榊アンカー)
  • 雪の渡り鳥」はカバー曲で三波晴夫さんのヒット曲です。(榊アンカー) 曲名は知らなくても、出だしが有名です。「合羽(かっぱ)からげて三度笠・・・」(小生)
  • 逢いたかったぜ」は 岡晴夫さんのヒット曲で、平成13年の紅白歌合戦で五木ひろしさんが歌いました。(榊アンカー)
  • 今年で紅白に連続33回出演する五木ひろしさん、今年の紅白の大とりで歌う曲は「契(ちぎり)」です。今年をこの歌でどう締めくくってくれるでしょうか、楽しみですね。(榊アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 秋山隆(Akiyama-Takashi)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. アンコ椿は恋の花  都はるみ 作詞 市川昭介 作曲 星野哲郎 昭和39年 1964
  2. 涙の連絡船  都はるみ 作詞 関沢新一 作曲 市川昭介 昭和40年 1965
  3. おんなの海峡  都はるみ 作詞 石本美由起 作曲 猪俣公章 昭和47年 1972
  4. 北の宿から  都はるみ 作詞 阿久悠 作曲 小林亜星 昭和50年 1975
  5. 啼くな小鳩よ  都はるみ 作詞 高橋掬太郎 作曲 飯田三郎 昭和22年 1947
  6. 東京のバスガール  都はるみ 作詞 丘灯至夫 作曲 上原げんと 昭和32年 1957
  7. 浪花恋しぐれ  都はるみ、岡千秋 作詞 たかたかし 作曲 岡千秋 昭和58年 1983
  8. 小樽運河  都はるみ 作詞 吉岡治 作曲 弦哲也 平成2年 1990
  9. 好きになった人  都はるみ 作詞 白鳥朝詠 作曲 市川昭介 昭和43年 1968
    深夜便の歌
    唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

  • 啼くな小鳩よ」、「東京のバスガール」はカバー曲で、それぞれ岡晴夫さん、コロムビア・ローズ(初代)さんが歌いました。
  • 小樽運河」に歌われている情景を読み解こうといろいろ調べてみたら、都はるみさんの歌手復帰第一作ということで、都はるみさんの企画により作られたということが分かりました。つまり歌手復帰の決意気持ちを歌い上げていると解釈して、都はるみさんの気持ちになって歌詞を読み解いてみました。これも小生の妄想ですので違っていたらご容赦ください(笑)。(小生)

    小樽運河 企画原案 都はるみ 作詞 吉岡治 平成2年 1990年

     精進おとしの酒をのみ [= 引退した都はるみとは決別したの]
     別の生き方あったねと・・・ [= 再び歌手としての生き方があることに気づいたわ]
     四十路半ばの秋が逝き [= 40歳を過ぎてしまったけれど]
     セピア色した雨が降る [= 歌ってきた思い出は暖かい色をしているわ]
     イエスタディを聴きながら [= デビュー以来の私の歌をきいてみたら]
     ふたり歩いた [= 歌とともに歩んできたじゃないってわかったの]
     あァ小樽運河

     誰のせいでもないけれど [= 歌手に復帰するのは誰かに薦められたわけじゃないわ]
     これで終わるの 始まるの [= 引退した都はるみは終わって、歌手都はるみが始まるの]
     あなたほんとの男なら [= 歌うことは私が好きでたまらないことだから]
     わたし独りにさせないわ [= 私が歌手都はるみをやっていく決心がついたわ]
     イエスタディを抱きしめて [= 歌ってきた思い出を大切にしたら]
     ゆらぐガス燈 [= 歌うことへの炎が私の胸の内に静かに燈ったわ]
     あァ小樽運河

     上りのディーゼル待ちながら [= 再デビューの時期を待ちながら]
     やっぱり明日も漂って [= うまく復帰できるか不安だけれど]
     傘はあなたに貸したまま [= 歌うことに賭けてみるわ]
     セピア色した雨が降る [= 歌ってきた思い出は暖かい色をしているじゃない]
     イエスタディをもう一度 [= デビュー以来の私の歌ももう一度歌うわ]
     窓の向こうに [= 未来にむけて ]
     あァ小樽運河

    小樽運河の実景に都はるみさんの心象風景が重なり、ジャズ風の曲調とあいまって聴く者の心に爽やかな印象を残していきます。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 別れの一本杉  春日八郎 作詞 高野公男 作曲 船村徹 昭和30年 1955
  2. 赤いランプの終列車  春日八郎 作詞 大倉芳郎 作曲 江口夜詩 昭和27年 1952
  3. 雨降る街角  春日八郎 作詞 東條寿三郎 作曲 吉田矢健治 昭和28年 1953
  4. 浮草の宿  春日八郎 作詞 服部鋭夫 作曲 江口夜詩 昭和31年 1956
  5. 湯の町エレジー  春日八郎 作詞 野村俊夫 作曲 古賀政男 (昭和23年 1948)
  6. 北帰行(ほっきこう)  春日八郎 作詞・作曲 宇田博 (昭和36年 1961)
  7. あン時ゃどしゃ降り  春日八郎 作詞 佐伯としお 作曲 矢野亮 昭和32年 1957
  8. 居酒屋  春日八郎 作詞 横井弘 作曲 鎌多俊与 昭和33年 1958
  9. 山の吊橋  春日八郎 作詞 横井弘 作曲 吉田矢健治 昭和34年 1959
  10. 長崎の女(ながさきのひと)  春日八郎 作詞 たなかゆきを 作曲 林伊佐緒 昭和38年 1963
  11. お富さん  春日八郎 作詞 山崎正 作曲 渡久地政信 昭和29年 1954
    深夜便の歌
     唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

    この3時代は年末・年始特集としまして『戦後の歌謡名歌手の歌声』と題して今夜から1月4日までの8日間お送りします。
     12月28日 春日八郎
     12月29日 都はるみ
     12月30日 五木ひろし
     12月31日 島倉千代子
      1月 1日 田端義夫
      1月 2日 北島三郎
      1月 3日 三橋美智也
      1月 4日 美空ひばり
    おたのしみに。(松本アンカー)

     
  • 赤いランプの終列車」は春日八郎さんのデビュー曲です。(松本アンカー)
  • 「長崎の女」を改めてよく聴いてみました。歌詞の世界に浸るとまたひとしおの味わいがあります。
     ここに歌われた女性は『サファイヤ色の瞳』とありますのでブルー・アイの異国の(血を引く)女性となります。
     何か(あまり深刻でない)理由で、海を見下ろす外人墓地でその女性と別れますが、忘れられない男性は、おそらく数年経って再び思い出の長崎の町を訪ねてその女性を探します。蘇鉄の花が風に散る真夏に石畳の町長崎を尋ねて歩きますが、その女性は見つかりません。彼女と歩いた思い出のあるオランダ坂に程い宿で眠りに入ろうとすると、ふと彼女との記憶がよみがえります。思わず落涙した自分に気づきしのび泣いてしまいます。『忘れることが幸せ』と遠くで教会の鐘が囁きます。
     以上は小生の妄想ですので、作詞者の意図とは関係ありません(笑)。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 本牧メルヘン  鹿内孝 作詞 阿久悠 作曲 井上忠夫 昭和47年 1972
  2. とても不幸な朝が来た  黛ジュン 作詞 阿久悠 作曲 中村泰士 昭和46年 1971
  3. 男と女・昭和編  みなみらんぼう、井手せつ子 作詞 阿久悠 作曲 みなみらんぼう 昭和53年 1978
  4. 世迷い言  日吉ミミ 作詞 阿久悠 作曲 中島みゆき 昭和53年 1978
  5. 瀬戸内行進曲(In The Mood:イン・ザ・ムード)  クリスタル・キング 作詞 阿久悠 作曲 Joe Garland(ジョー・ガーランド) 昭和59年 1984
  6. 酒場の金魚  香田晋 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 平成10年 2002
  7. 神様がくれた愛のみち  ペギー葉山 作詞 阿久悠 作曲 宮川泰 平成19年 2007
  8. 青春のたまり場  あさみちゆき 作詞 阿久悠 作曲 杉本眞人 平成18年 2006
    深夜便の歌
    唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

    これらの曲は阿久悠さんのホームページにある「あまり売れなかったが なぜか愛しい歌」から選曲されました。(宮川アンカー) それぞれの曲にまつわる解説を阿久悠さんが書いています。面白いです。こちらのページをご覧下さい。(小生)→ http://www.aqqq.co.jp/favorite_song/favorite_song.html
  • 世迷い言」はテレビ・ドラマ( TBS系列の『ムー一族』(むーいちぞく))の挿入歌でした。そのドラマの挿入歌で郷ひろみさん樹木希林さんの歌う「林檎殺人事件」も阿久悠さんの作詞です。(宮川アンカー)br>
  • 瀬戸内行進曲」は映画『瀬戸内少年野球団』の中で歌われました。(宮川アンカー)
  • 前回と本日の2時代3時代で阿久悠さんの作品をお届けしました。(宮川アンカー)
  • 阿久悠さんの公式ホームページ「あんでばんだん」です。→ http://www.aqqq.co.jp/

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 津軽海峡冬景色  石川さゆり 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 昭和52年 1977
  2. ざんげの値打ちもない  北原ミレイ 作詞 阿久悠 作曲 村井邦彦 昭和45年 1970
  3. この愛に生きて  内山田洋とクール・ファイブ 作詞 阿久悠 作曲 彩木雅夫 昭和47年 1972
  4. 北の宿から  都はるみ 作詞 阿久悠 作曲 小林亜星 昭和50年 1975
  5. 夢ん中  小林旭 作詞 阿久悠 作曲 森田公一 昭和53年 1978
  6. 舟唄  八代亜紀 作詞 阿久悠 作曲 浜圭介 昭和54年 1979
  7. 契り(ちぎり)  五木ひろし 作詞 阿久悠 作曲 五木ひろし 昭和57年 1982
  8. 悲しい歌が流行ります  森進一 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 平成4年 1992
  9. ちょうちんの花  川中美幸 作詞 阿久悠 作曲 円ひろし 平成8年 1998
  10. 昭和放浪記  水前寺清子 作詞 阿久悠 作曲 小林亜星 昭和47年 1972

  • 津軽海峡冬景色」が発売された昭和52年には、阿久悠さんよわる曲がCD売上チャートで100位以内に16曲もランクインしていました。阿久悠さんの(CDセールス面での)絶頂期でした。(宮川アンカー))
  • 昨日放送された曲と重なるものもありますが、阿久悠さんの曲としてはどうしてもはずせないものもありますのでご容赦ください。(宮川アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. プッチーニ作曲 歌劇『トゥランドット』から「誰も寝てはならぬ」  ルチアーノ・パバロッティ
  2. プッチーニ作曲 歌劇『トスカ』から「星は光ぬ」  ルチアーノ・パバロッティ
  3. ドニゼッティ作曲 歌劇『愛の妙薬』から「人知れぬ涙」  ルチアーノ・パバロッティ
  4. ドニゼッティ作曲 歌劇『ファボリータ』から「優しい魂よ」  ルチアーノ・パバロッティ
  5. ヴェルディ作曲 歌劇『トラバトーレ』から「見よ恐ろしい火よ」  ルチアーノ・パバロッティ
  6. ヴェルディ作曲 歌劇『アイーダ』から「清きアイーダ」  ルチアーノ・パバロッティ
  7. オー・ソレ・ミヨ  ルチアーノ・パバロッティ
  8. サンタ・ルチア  ルチアーノ・パバロッティ
  9. 帰れソレンツォへ  ルチアーノ・パバロッティ
  10. マンマ  ルチアーノ・パバロッティ

    ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti、1935年10月12日生まれ - 2007年9月6日死去)
     イタリアのテノール歌手で、著名なオペラ歌手の1人。

  • ルチアーノ・パバロッティは2004年3月、69歳でメトロポリタン歌劇場において『トスカ』のカヴァラドッシ役を演じたのが最後のオペラ出演でした。そして、トリノオリンビックの開会式で『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」を歌い、これが最後のステージとなりました。その後ガンが見つかり生まれた町で亡くなりました。71歳でした。(水野アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. そんな女のひとりごと  増位山太志郎 作詞 木未野奈 作曲 徳久広司 昭和52年 1977
  2. 津軽海峡冬景色  石川さゆり 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 昭和52年 1977
  3. 氷雨  佳山明生 作詞・作曲 とまりれん 昭和57年 1982
  4. 港夜景  細川たかし 作詞 木未野奈 作曲 大野弘也 昭和53年 1978
  5. 舟唄  八代亜紀 作詞 阿久悠 作曲 浜圭介 昭和54年 1979
  6. ふたり酒  川中 美幸 作詞 たかたかし 作曲 弦哲也 昭和55年 1980
  7. 鳳仙花(ほうせんか)   島倉千代子 作詞 吉岡治 作曲 市川昭介 昭和56年 1981
  8. さざんかの宿  大川栄作 作詞 吉岡治 作曲 市川昭介 昭和57年 1982
  9. 夫婦坂  都はるみ 作詞 星野哲郎 作曲 市川昭介 昭和59年 1984
    深夜便の歌
     唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

  • 氷雨」は佳山明生さんが7月に、続いて日野美歌さんが12月にレコード発売しました。日野美歌さんの方でよく耳にしました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Silent Night("Stille Nacht":サイレント・ナイト、きよしこの夜)   Bing Crosby(ビング・クロスビー) written in German by Father Josef Mohr composed by Franz Xaver Gruber(1818)
  2. Joy To The World (もろびとこぞりて)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団)
  3. The Christmas Song(ザ・クリスマス・ソング)  Nat King Cole(ナット・キング・コール) 1961(1944,1946?)
  4. Have Yourself A Merry Little Christmas(あなたに楽しいクリスマスを)  Judy Garland(ジュディ・ガーランド)written by Hugh / Ralph Blane 1944
  5. Silver Bells(銀の鐘)  Doris Day(ドリス・デイ) written by Jay Livingston and Ray Evans (1952)
  6. Jingle Bell Rock(ジングルベル・ロック)  Bobby Helms(ボビー・ヘルムス) written by Joe Beal/Jim Boothe 1957
  7. Blue Christmas(ブルー・クリスマス)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Bill Hayes/Jay Johnson 1957
  8. Run Rudolph Run(ラン・ルドルフ・ラン)  Chuck Berry(チャック・ベリー) written by Johnny Marks/Marvin Brodie 1958
  9. I Saw Mommy Kissing Santa Claus(ママがサンタにキスをした)  The Ronettes(ロネッツ) written by lyrics by Tommie Connor 1952
  10. I'll Be Home For Christmas(お家でクリスマス)  The Beach Boys(ビーチ・ボーイズ) written by Walter Kent 1964 (1943)
  11. Little Drummer Boy(リトル・ドラマー・ボーイ)  The Brothers Four(ブラザーズ・フォア) written by Katherine K. Davis (1941)
  12. Happy Holidays - Holiday Seasons(ハッピー・ホリディ - ホリディ・シーズンズ)  Andy Williamns(アンディ・ウィリアムズ) written by Irving Berlin (1942)
  13. White Chrismas(ホワイト・クリスマス)  Bing Crosby(ビング・クロスビー) written by Irving Berlin 1942
  14. It's Christmas Time Again(もう一度クリスマス)  Peggy Lee(ペギー・リー) written by Sonny Burke/Jack D. Elliot/Jim Harwood 1995(1986)

  • サンタクロース、私は長いこと信じていました。ロボットが大好きでした。枕もとにあるのを発見したときにはとても嬉しかったです。銀色のお菓子が詰まったくつ、あれも大好きでした。今でも大好きです。(葛西アンカー)
  • あなたに楽しいクリスマスを」は1944年のミュージカル『Meet Me in St. Louis』の挿入歌です。後にフランク・シナトラが歌って大ヒットしました。(小生)
  • 小生の娘が大きくなり、サンタクロースのクリスマス・プレゼントは両親が用意してくれていることを知った年のクリスマスに、クリスマスプレゼントを去年と違う笑顔で開けていました。成長していく子供の姿を見るのは嬉しいようで、また一方(サンタさん、サンタさんと言わなくなり)成長して親から離れていくさみしさを感じました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. アイ・ラブ・ユー  小田和正 作詞・作曲 小田和正 平成14年 2002(昭和56年 1981)
  2. 眠れぬ夜  オフコース 作詞・作曲 小田和正 昭和50年 1975
  3. 秋の気配  オフコース 作詞・作曲 小田和正 昭和52年 1977
  4. さよなら  オフコース 作詞・作曲 小田和正 昭和54年 1979
  5. 君住む街へ  オフコース 作詞・作曲 小田和正 昭和63年 1988
  6. 君にMerry Xmas(君にメリークリスマス)  小田和正 作詞・作曲 小田和正 平成元年 1989
  7. ラブ・ストーリーは突然に  小田和正 作詞・作曲 小田和正 平成3年 1991
  8. こころ  小田和正 作詞・作曲 小田和正 平成19年 2007
    深夜便の歌
    唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

  • レコード会社BGM-JAPANによる小田和正さんのホームページです。→ http://www.bmgjapan.com/oda/index.html
  • ラブ・ストーリーは突然に」はテレビドラマもヒットしましたが、このシングルは270万枚売れたそうです。すごいですね。(葛西アンカー)
  • こころ」はフジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ『ファースト・キス』の主題歌でした。この曲も110万枚以上売れています。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Night And Day(ナイト・アンド・デイ:夜も昼も)  Ella Fitzgerald(エラ・フィッツジェラルド)written by Cole Porter 1956(1952)
  2. Begin the Beguine(ビギン・ザ・ビギン)  Gordon MacRae(ゴードン・マクレイ) written by Cole Porter
  3. True Love(トゥルー・ラブ)  Dean Martin(ディーン・マーチン) 1956
  4. I Love Paris(アイ・ラブ・パリス)  Charlie Parker(チャーリー・パーカー) written by Cole Porter (1932?)
  5. Get a Kick Out of You(君にこそ心ときめく)  Oscar Peterson Trio(オスカー・ピーターソン・トリオ) written by Cole Porter (1932?)
  6. Just One of Those Things(ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングス:ミュージカル「Jubilee(ジュビリー)」より)  Bud Powell(バド・パウエル) written by Cole Porter 1935
  7. Anything Goes(エニシング・ゴウズ:ミュージカル「Anything Goes(エニシング・ゴウズ)」より) Tal Farlow Trio(タル・ファーロー・トリオ) written by Cole Porter 1934
  8. Love for Sale(ラブ・フォー・セイル)  Billie Holiday(ビリー・ホリディ)、Oscar Peterson(p) written by Cole Porter 1952
  9. After You,Who?(アフター・ユー・フー)  Helen Merrill(ヘレン・メリル) written by Cole Porter 1957
  10. I've Got You Under My Skin(アイブ・ガッタ・ユー・アンダー・マイ・スキン:映画「Born to Dance(ボーン・ツー・ダンス)」より) Louis Prima and Keely Smith(ルイス・プリマとキーリー・スミス)1931
  11. Looking at You(ルッキン・アット・ユー)  Liza Minnelli(ライザ・ミネリ) written by Cole Porter 1965

    コール・ポーター(Cole Porter、1891年6月9日生まれ - 1964年10月15日死去)
     アメリカ合衆国の作曲家・作詞家。本名Cole Albert Porter。ミュージカルや映画音楽の分野で、多くのスタンダード・ナンバーを残した。

  • トゥルー・ラブ」は映画「上流社会」の主題歌で、ビング・クロスビー、のちのモナコ王妃グレース・ケリー、フランク・シナトラ、ディーン・マーチンなどが登場してくるわくわくするような映画でした。(明石アンカー)
  • 今日はコール・ポーターの特集するので、ぜひこれ(アイ・ラブ・パリス)を聴いていただきたいと思って自宅からLPレコードを持ってきました。私が高校生の時に小遣いを溜めて買った私の宝物とも言えるもので、日本で最初2発売されたチャーリー・パーカーの演奏であり、最後の録音です。(明石アンカー)
  • だいぶ前に大阪のリスナーからお便りをいただいていました。 「アート・ブレイキーの一行が1973年に来日公演に向かうJAL便に偶然乗り合わせ、機内でメンバーと仲良くなり、ブレイキーさんのドラム・スティックにサインをしてもらい、メンバーのサインも集めてもらいました。」とのことで、縮小した写真にとって送ってもらいました。宝物ですね。(明石アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. ここに幸あり  大津美子 作詞 高橋掬太郎 作曲 飯田三郎 (昭和31年 1956)
  2. 早く帰ってコ  青木光一 作詞 高野公男 作曲 船村徹 昭和31年 1956
  3. 愛ちゃんはお嫁に  鈴木三重子 作詞 原俊雄 作曲 村沢良介 昭和31年 1956
  4. どうせひろった恋だもの  初代コロムビア・ローズ 作詞 野村俊夫 作曲 船村徹 昭和31年 1956
  5. 怒涛の男  美空ひばり 作詞 野村俊夫 作曲 古賀政男 昭和31年 1956
  6. ハートブレイク・ホテル(Heartbreak Hotel)  小坂一也 訳詞 レイモンド服部 lyrics & music:Mae b. Axton, Tommy Durden 昭和31年 1956
  7. 湖水物語  山本富士子 作詞 西條八十 作曲 古賀政男 昭和31年 1956
  8. 牧場のロザリア  織井茂子 作詞 丘灯至夫 ロシヤ民謡 昭和31年 1956
  9. 男のブルース  三船浩 作詞 藤間哲郎 作曲 山口俊郎 昭和31年 1956
  10. 好きだった  鶴田浩二 作詞 宮川哲夫 作曲 吉田正 昭和31年 1956
    深夜便の歌
    しあわせのカノン~第2章~  由紀さおり 作詞 山川啓介 作曲 パッヘルベル 編曲 坂田晃一

  • 昭和31年の出来事、日本の国連加盟が全会一致で可決される、第7回冬季オリンビックでトニー・ザイラーがアルペン種目(回転、大回転、滑降)で三冠王、アメリカがビキニ環礁で水爆実験、住宅公団が入居者募集開始。流行語としては、テレビが家庭に入り始めたのを嘆いて大宅壮一が「一億総白痴化」と批判、石原慎太郎「太陽の季節」、学校給食法改正で中学でも給食が始まる・・・など。(明石アンカー)
  • 1960年代後半になって小生の家にもテレビが入りました。「アトム」や「ワンダー・スリー」をみている小生の背中に母親が「テレビばっかり見よったら馬鹿になるぞ、『一億総白痴化』じゃ言われよるぞ」と注意したものでした。(小生)
  • 1970年頃まで四国の田舎の小・中学校では、給食はなくて、お昼ご飯は弁当を持ってきたり、可能な子供は一旦自宅に帰って昼食をとり、午後の授業が始まるまでに再登校していました。給食の制度は、都市部の欠食児童を無くすためのものから、共稼ぎ家庭の弁当を作る負担軽減のためへと目的が変わっていきました。(小生)
  • 昭和31年に発表された織井茂子さんの歌う「牧場のロザリア」は売れなかったそうです。その後、歌声喫茶で人気が出て、昭和36年・1961年にスリーグレイセズの歌で「山のロザリア」と改題して売り出し大ヒットしました。この歌を「山のロザリア」で記憶している方も多いことでしょう。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 秋山隆(Akiyama-Takashi)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Too Young(トゥー・ヤング)  Nat King Cole(ナット・キング・コール) lyrics by Sylvia Dee, Music by Sid Lippman 1951
  2. Sixteen Tons(16 tons シックスティーン・トンズ)   'Tennessee' Ernie Ford(アーニー・フォード) written by Merle Travis 1955(1947)
  3. Memories Are Made of This(思い出はかくのごとく)  Dean Martin(ディーン・マーチン)written by Terry Gilkyson, Richard Dehr, and Frank Miller 1956
  4. High Noon(映画『High Noon(真昼の決闘)』から「ハイ・ヌーン」)  Tex Ritter(テックス・リッター) lyrics by Ned Washington music by Dimitri Tiomkin 1952
  5. Five Pennies(映画『五つの銅貨』より「五つの銅貨」)  Danny Kaye(ダニー・ケイ)written by Sylvia Fine 1959
  6. The River Kwai March(クワイ河マーチ)/Colonel Bogey(ボギー大佐)  Mitch Miller and The Gang(ミッチ・ミラー合唱団) composed by Malcolm Arnold in 1957.
  7. The Naughty Lady Of Shady Lane(裏町のお転婆レディ)  The Ames Brothers(エイムズ・ブラザーズ) written by Sid Tepper and Roy C. Bennett 1954
  8. Lonesome Polecat (ロンサム・ポールキャット)  The McGuire Sisters(マクガイヤー・シスターズ) written by DePaul/Mercer 1954
  9. Mack The Knife(マック・ザ・ナイフ)  Bobby Darin(ボビー・ダーリン)music:Kurt Weill  English translation:Marc Blitzstein  original lyrics:Bertolt Brecht 1959
  10. On London Bridge(霧のロンドン・ブリッジ)  Jo Stafford(ジョー・スタッフォード) written by Roy Bennett/Sid Tepper 1958
  11. Rock Around the Clock(ロック・アラウンド・ザ・クロック)  Bill Haley and His Comets(ビル・ヘイリーとコメッツ) lyrics & music: Max C. Freedman, Jimmy de Knight 1954
  12. A White Sport Coat (And A Pink Carnation)(ホワイト・スポーツ・コート)  Marty Robbins(マーティ・ロビンス) written by Marty Robbins 1957
  13. Only You(And You Alone)(オンリー・ユー)  The Platters(ザ・プラターズ) lyrics & music: Buck Ram/Ande Rand 1955

  • 「ロック・アラウンド・ザ・クロック」は映画『暴力教室』のオープニングに使われて強烈な印象を与えたと言われています。(秋山アンカー)
  • 秋山アンカーは'50年代ポップスで英語の言い回しなどを覚えたと話していました。(小生)
  • 「オンリー・ユー」の途中で地震情報が入って全曲は放送されませんでした。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 秋山隆(Akiyama-Takashi)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. リンゴ追分  美空ひばり 作詞 小沢不二夫 作曲 米山正夫 昭和27年 1952
  2. 森の水車  並木路子 作詞 清水みのる 作曲 米山正夫 昭和26年1951(昭和17年 1942)
  3. 山小舎の灯  近江俊郎 作詞・作曲 米山正男 昭和22年 1947
  4. 村の一本橋  二葉あき子 作詞・作曲 米山正夫 昭和24年 1949
  5. キャラバンの太鼓  伊藤久男 作詞・作曲 米山正夫 昭和31年 1956
  6. 津軽のふるさと  美空ひばり 作詞・作曲 米山正夫 昭和27年 1952
  7. 初恋によろしく  西郷輝彦 作詞 星野哲郎 作曲 米山正夫 昭和41年 1966
  8. 花はおそかった  美樹克彦 作詞 星野哲郎 作曲 米山正夫 昭和42年 1967
  9. みれん町  美川憲一 作詞 西沢爽 作曲 米山正夫 昭和45年 1970
  10. 花笠道中  美空ひばり 作詞・作曲 米山正夫 昭和33年 1958
    深夜便の歌
    しあわせのカノン~第2章~  由紀さおり 作詞 山川啓介 作曲 パッヘルベル 編曲 坂田晃一

    米山正夫(よねやま・まさお、大正元年・1912年10月3日生まれ - 昭和60年・1985年2月22日死去)
     昭和期の作曲家。東京都出身。東洋音楽学校(現東京音楽大学)卒業。『リンゴ追分』、『車屋さん』、『津軽のふるさと』など、初期の美空ひばりのヒット曲を数多く手掛けた。他にも、水前寺清子の大ヒット曲『三百六十五歩のマーチ』、『ヤン坊マー坊天気予報』のテーマ曲としてお馴染みの『ヤン坊マー坊の唄』など多くの作品を残した。

  • ちなみに、深夜便でもよく出演している海沼実さんは子供の頃に『ヤン坊マー坊の唄』のヤン坊(マー坊だったかも)の声を担当して歌っていました。(小生)
  • 米山正夫さんのプロフィールを紹介した記事がありました。→ http://www.columbia-songs.co.jp/composer/masao_yoneyama.html
  • 2006年11月23日に米山正夫さんの特集が会ったときの記事です。→ http://radioshinyabin.blog71.fc2.com/blog-entry-276.html
  • 花はおそかった」は『かおるちゃん おそくなってごめんね・・・』で始まります。闘病生活をしているかおるちゃんは僕の持ってきたクロッカスの花を見ることなく亡くなってしまいます。最後に「バカヤロー」が入っています。(小生)
  • 花はおそかった」はレコード吹き込みのとき最後に「バカヤロー」を入れるのはお客さんに失礼だろうということで入っていなかったのだそうです。実演のときに「バカヤロー」をいれたところ、観客から「『バカヤロー』の入ったレコードはないのか」とのリクエストが大量に入り、「バカヤロー」の入っていないレコードを回収し改めて「バカヤロー」を入れて吹き込みなおしたのだそうです。(秋山アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 西橋正泰 (Nishihashi-Masahiro)さん

    〔かんさいストーリー〕 「肴のある旅(あてのあるたび) 神戸居酒屋巡回記」 中村よお著 朗読:中村淳平アナウンサー
  • 震災後の酒  阪神淡路大震災からの復興の過程で酒が結んだ人々の絆
  • 立ち飲み  いまはなき友人との思い出

     ♪曲目 playlist♪
  1. How High the Moon(ハウ・ハイ・ザ・ムーン)  Art pepper(as), Hampton Hawes(p), Joe Mondragon(b), Larry Bunker(ds) music by Morgan Lewis 1952(1940)
  2. Moonlight Serenade(ムーンライト・セレナーデ)  原信夫とシャープ・アンド・フラッツ written by Glenn Miller/Mitchell Parish (1938)
  3. All The Things You Are(オール・ザ・シングス・ユー・アー)  Art pepper(as), Hampton Hawes(p), Joe Mondragon(b), Larry Bunker(ds)composed by Jerome Kern 1952(1939)
  4. A Night in Tunisia(チュニジアの夜)  原信夫とシャープ・アンド・フラッツ
  5. Surf Ride(サーフ・ライド)  Art pepper(as), Hampton Hawes(p), Joe Mondragon(b), Larry Bunker(ds) composed by Art Pepper 1952

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 西橋正泰 (Nishihashi-Masahiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 八月の濡れた砂  石川セリ 作詞 吉岡治 作曲 むつひろし 昭和46年 1971
  2. なぜこんな時代  泉谷しげる 作詞 泉谷しげる 作曲 泉谷しげる、吉田建
  3. ダンスはうまく踊れない  石川セリ 作詞・作曲 井上陽水 昭和52年 1977
  4. MI・YO・TA  石川セリ 作詞 谷川俊太郎 作曲 武満徹 平成9年 1997
  5. 春夏秋冬  泉谷しげる 作詞・作曲 泉谷しげる (昭和47年 1972)
  6. 他人に厳しく自分に甘く  泉谷しげる 作詞・作曲 泉谷しげる 平成5年 1993
  7. 朝焼けが消える前に  石川セリ 作詞・作曲 荒井由実 昭和51年 1976
  8. 長い友との始まりに  泉谷しげる 作詞・作曲 泉谷しげる 昭和63年 1988
    深夜便の歌
     しあわせのカノン~第2章~  由紀さおり 作詞 山川啓介 作曲 パッヘルベル 編曲 坂田晃一

     石川セリ(いしかわ・せり、昭和27年・1952年12月27日生まれ)
    神奈川県相模原市出身の歌手。本名は井上セイディ(Seidy)。1971年、映画「八月の濡れた砂」の主題歌「八月の濡れた砂」を担当し、1972年、レコードデビュー。夫は井上陽水。

    泉谷しげる(いずみや・しげる、本名:泉谷 茂、昭和23年・1948年5月11日生まれ)
     日本のシンガーソングライター(主にフォークソング)、俳優、タレント。泉谷の両親は青森県出身で、彼は青森で生まれ。3歳までは青森で、その後東京都目黒区青葉台で育つ。乱暴な言動をするが筋は通っており、正直な人といえる。

  • ファンの方が作った石川セリさんの詳しいディスコグラフィです。→ http://www2.tokai.or.jp/milmil/milmil/music/Seri/Seri.html
  • 泉谷しげるさんの公式ホームページです。→ http://www.wagasha.co.jp/index.html
  • 本日は冬至です。大阪の日の出は7時1分、日の入りは午後4時51分です。昼の長さは9時間50分です。(西橋アンカー)
  • MI・YO・TA」は小生初めて聞きました。武満徹さんの作曲による石川セリさんの歌った歌は「死んだ男の残したものは」がよく知られていると思います。武満徹さんの作曲した「死んだ男の・・・」を含むLP「翼~武満徹ポップ・ソングズ」(1995)が発売された翌年、武満徹さんは世を去ります。葬儀の時には「MI・YO・TA」が歌われたそうです。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Tonight(トゥナイト)  役:トニー/Richard Beymer(リチャード・ベイマー), マリア/Natalie Wood(ナタリー・ウッド) 歌:吹替え トニー/Jim Bryant(ジム・ブライアント),マリア/Marni Nixon(マーニ・ニクソン)
  2. Prologue - Jet Song(プロローグジェット・ソング)   オーケストラ演奏~ 役:リフ/Mickey Calin(ミッキー・キャリン)&ジェット団
  3. Something's Coming - The Dance At The Gym(サムシングス・カミング:なにかが起こりそう ~ ダンス・アット・ザ・ジム:体育館でのダンス - /ブルース/プロムナード/ジャンプ)  役:トニー/Richard Beymer(リチャード・ベイマー),オーケストラ演奏 歌:吹替え トニー/Jim Bryant(ジム・ブライアント)
  4. Maria(マリア)  役:トニー/Larry Kert(ラリー・カート)
  5. I Feel Pretty(アイ・フィール・プリティ:素敵な気持ち)  役:マリア/Natalie Wood(ナタリー・ウッド) 歌:吹替え トニー/Jim Bryant(ジム・ブライアント),マリア/Marni Nixon(マーニ・ニクソン)
  6. America(アメリカ)  役:アニタ/Rita Moreno(リタ・モレノ), ベルナルド/George Chakiris(ジョージ・チャキリス)&シャーク団  歌:吹替え アニタ/Bettie Wando(ベティ・ワンド)
  7. Somewhere(サムウェア:どこかへ)  役:トニー/Larry Kert(ラリー・カート) マリア/Carol Lawlerence(キャロ・ルローレンス)  コンスエロ/Reri Grist(レリ・グレスト)
  8. Tonight(トゥナイト)  役:トニー/Jose Carreras(ホセ・カレーラス), マリア/Kiri Te Kanawa(キリ・テ・カナワ) レナード・バーンスタイン指揮オーケストラ

    West Side Story:ウエスト・サイド物語 1957年初演のアメリカのミュージカル。
     脚本 Book by Arthur Laurents;  歌詞 Lyrics by Stephen Sondheim;  音楽 Music by Leonard Bernstein.  原本 Based on: Romeo and Juliet.
     白人非行グループの「ジェッツ(ジェット団)」と、プエルトリカンの非行グループ「シャークス(シャーク団)」の抗争の狭間で、元ジェッツのリーダーでありながら現在は非行から足を洗いまじめに働いているトニーと、シャークスのリーダーであるベルナルドの妹・マリアとの悲恋物語。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」に基づき舞台を当時のニューヨークに移したミュージカル。

  • 昨日12月20日(木)のラジオ深夜便はFMチューナーのアンテナケーブルが外れてしまい、録音できませんでした。従って、曲目記事はアップできませんでした。
    I.Y.様より当日の曲目を教えていただきましたので当日の記事をアップしました。ありがとうございました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 季節の中で  松山千春 作詞・作曲 松山千春 昭和53年 1978
  2. ガンダーラ  ゴダイゴ 作詞 奈良橋陽子、山上路夫 作曲 タケカワユキヒデ 昭和54年 1979
  3. 時間よ止まれ  矢沢永吉 作詞 山川啓介 作曲 矢沢永吉 昭和53年 1978
  4. オリビアを聴きながら  杏里(あんり) 作詞・作曲 尾崎亜美 昭和53年 1978
  5. 夢一夜  南こうせつ 作詞 阿木耀子 作曲 南こうせつ 昭和53年 1973
  6. きみの朝  岸田智史 作詞 岡本おさみ 作曲 岸田智史 昭和54年 1979
  7. 海岸通  イルカ 作詞・作曲 伊勢正三 昭和54年 1979
  8. 安奈  甲斐バンド 作詞・作曲 甲斐よしひろ 昭和54年
  9. アメリカン・フィーリング  サーカス 作詞 竜真知子 作曲 小田裕一郎 昭和54年 1979
    深夜便の歌
    しあわせのカノン~第2章~  由紀さおり 作詞 山川啓介 作曲 パッヘルベル 編曲 坂田晃一

  • 迎アンカーは先月の勤労感謝の日(だったか?)に自宅で転んで足首を捻挫し、金曜日担当の松本一路アンカーに11月30日と12月7日の放送を代わってもらっていました。本日は怪我からの復帰最初の放送です。(小生)

  • 昨日12月20日(木)のラジオ深夜便はFMチューナーのアンテナケーブルが外れてしまい、録音できませんでした。従って、曲目記事はアップできませんでした。
    I.Y.様より当日の曲目を教えていただきましたので当日の記事をアップしました。ありがとうございました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. ビバルディ作曲 協奏曲集四季から「冬」第2楽章  クラウディオ・シモーネ指揮 イ・ソリスティ・ベネティ
  2. パッヘルベル作曲 カノン  イ・ムジチ合奏団
  3. バッハ作曲 主よ人の望みの喜びよ  ミュンヘン・バッハ合唱団、カール・リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
  4. ミシェル・リシャール・ド・ラランド作曲 クリスマス交響曲  パール・ネーメト指揮 カペラ・サヴァリア
  5. コレルリ作曲 合奏協奏曲第8番「クリスマス」から第2楽章  フェルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  6. ビバルディ作曲 グローリアニ長調から「主なる神よ」  ジェニファー・スミス(ソプラノ)、トレバー・ピノック指揮 イングリッシュ・コンサート
  7. バッハ作曲 クリスマス・オラトリオから「シンフォニア」  ヘルムート・リリング指揮 シュトットガルト・バッハ合奏団  
  8. ヘンデル作曲 オラトリオ「メサイヤ」から「ハレルヤ・コーラス」  ロバート・ショー指揮 アトランタ交響楽団・合唱団
  9. バッハ/グノー作曲 アヴェ・マリア  ゲリー・カー(コントラバス)、ハーモン・ルイス(オルガン)

  • クリスマスの気分が湧き上がってくる選曲でした。毎年のことですが、ユーハイムの小さいクランツを買って来たくなりました。(小生)

  • 本日の曲目リストは当ブログをご覧になっている I.Y.様 より教えていただきました。ご厚意に感謝しいたします。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 夜霧よ今夜もありがとう  石原裕次郎 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和42年 1967
  2. 黄色いさくらんぼ  スリー・キャッツ 作詞 星野哲郎 作曲 浜口庫之助 昭和34年 1959
  3. 愛して愛して愛しちゃったのよ  和田弘とマヒナスターズ、田代美代子 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和40年 1965
  4. 星のフラメンコ  西郷輝彦 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和41年 1966
  5. 涙くんさよなら  坂本九 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和40年 1965
  6. 雨のピエロ  浜口庫之助 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和
  7. 夜の虫  浜口庫之助 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和42年 1967
  8. 夕陽が泣いている  ザ・スパイダース 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和41年 1966
  9. みんな夢の中  高田恭子 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和44年 1969
  10. 恍惚のブルース  青江三奈 作詞 川内康範 作曲 浜口庫之助 昭41年 1966
  11. もう恋なのか  にしきのあきら 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和45年 1970
    深夜便の歌
    しあわせのカノン~第2章~  由紀さおり 作詞 山川啓介 作曲 パッヘルベル 編曲 坂田晃一

    浜口庫之助(はまぐち・くらのすけ 大正6年・1917年9月30日生まれ - 平成2年・1990年12月2日死去)
  • 黄色いさくらんぼ」の題名はカタカナの「サクランボ」ではなくひらがなでした。当ブログの記事もそのように訂正しておきます。(小生)
  • 夜の虫」は日テレの昼番組「おもいっきりテレビ」で司会をしている「みのもんた」さんが歌いました。(小生)
  • 今年、平成19年・2007年は戦後を代表する人気作曲家として数多くのヒット作品を産んだ浜口庫之助さんの生誕90年にあたります。(小生)
  • 浜口庫之助さんはコマーシャルソングもたくさん作りました。小生、三洋電機のカラーテレビに使われたコマーシャルソング、「サンカラー 薔薇の歌」が記憶に残っている一つです。『赤青黄色 サンカラー 薔薇 薔薇 薔薇・・・』この歌も浜口庫之助さん自身が歌っていたことを今になって知りました。(小生)
  • 浜口庫之助さんの作品集が放送されたときの当ブログの記事です。↓
    http://radioshinyabin.blog71.fc2.com/blog-entry-573.html
    http://radioshinyabin.blog71.fc2.com/blog-entry-2.html

  • 本日の曲目リストは当ブログをご覧になっている I.Y.様 より教えていただきました。ご厚意に感謝しいたします。
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. El Remate(エル・レマーテ:終局)  Julio Oscar Pane,Trio(フーリオ・パーネ・トリオ) Música: Alberto Pugliese
  2. La Cumparsita(ラ・クンパルシータ:小さな行進)  Matos Rodriguez,Orq.(マトス・ロドリーゲス記念楽団) Música: Geraldo Hernan Matos Rodriguez (1926)
  3. Derecho Viejo(デレーチョ・ビエホ:まっすぐ進め)  O.T. Buenos Aires(オルケスタ・ティピカ・ブエノスアイレス) Letra: Gabriel Clausi Música: Eduardo Arolas 2004(1916)
  4. Que viejo estoy(ケ・ビエホ・エストイ:我老いたり)  Argentino Ledesma(アルヘンティーノ・レデースマ:歌) Osvaldo Requena,Orq. Letra: Audon López Música: Juan Manuel Velich
  5. Nieblas del Riachuelo(二エブラ・デル・リアチュエーロ:リアチュエロの霧)   Oscar Serpa(オスカル・セルパ:歌) Letra: Domingo Enriquie Cadicamo Música: Juan Carlos Cobian 1937
  6. Catamarca(カタマルカ:アルゼンチン北西部の州の名前)  Enrique Alessio,O.T.(エンリーケ・アレッシオ楽団) Música: Eduardo Arolas 1950
  7. Será Una Noche(セラー・ウーナ・ノーチェ:いつの夜にか)  Oscar Ferrari(オスカル・フェラーリ:歌)、Jose Basso,Orq.(ホセ・バッソ楽団) Letra: Manuel Ferradas Campos Música: Jose Tinelli 1951(1935)
  8. Criolla linda(クリオージョ・リンダ:美しいクリオージャ)  Hector Varela,O.T.(エクトル・バレーラ楽団) Vicente Gorresi(ビセンテ・ゴレッシ) (Letra:Luis Rubistein) Música: Vicente Gorresi, Bernardo Germino 
  9. A Media Luz(ア・メディア・ルース:淡き光に)   Carlos Varela(カルロス・バレーラ:歌)、Roberto Firpo,O.T.(ロベルト・フィルポ楽団) Letra: Edgardo Donato  Música: Carlos Cesar Lenzi 1934
  10. Canaro(カナーロ:人の名前)  Francisco Canaro,O.T.(フランシスコ・カナーロ楽団) Música: Jose Martinaz 1935
  11. Si soy asi(シ・ソイ・アシー:おれはこんな男さ)  Ernesto Fama(エルネスト・ファマー:歌), Francisco Canaro,O.T.(フランシスコ・カナーロ楽団) Letra: Antonio Botta  Música: Francisco Lomuto 1933(1931)

  • Criolla linda(クリオージョ・リンダ:美しいクリオージャ)の「クリオージャ」とはアメリカ大陸で育った欧州系の女性のことです。男性は「クリオージョ」です。(須磨アンカー)
  • この12月はフランシスコ・カナーロの亡くなった月ということで最後にフランシスコ・カナーロ楽団の演奏を2曲かけました。(須磨アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. グッドナイト  松尾和子、和田宏とマヒナスターズ 作詞 佐伯孝雄 作曲 吉田正 昭和34年 1959
  2. 夜霧の第二国道  フランク永井 作詞 宮川哲夫 作曲 吉田正 昭和32年 1957
  3. 霧にむせぶ夜  黒木憲 作詞 丹古晴已 作曲 鈴木淳 昭和43年 1968
  4. 知りすぎたのね  ロス・インディオス 作詞・作曲 なかにし礼 昭和43年 1968
  5. 長崎ブルース  青江三奈 作詞 吉川静夫 作曲 渡久地政信 昭和43年 1968
  6. 今日でお別れ  菅原洋一 作詞 なかにし礼 作曲 宇井あきら 昭和44年 1969
  7. 長崎は今日も雨だった  内山田洋とクールファイブ 作詞 永田貴子(ながたたかし) 作曲 彩木雅夫 昭和44年 1969
  8. ラブ・ユー東京  黒沢明とロス・プリモス 作詞 上原尚 作曲 中川博之 昭和41年 1966
  9. 柳ヶ瀬ブルース  美川憲一 作詞・作曲 宇佐英雄 昭和41年 1966
  10. わたし祈ってます  敏いとうとハッピー&ブルー  五十嵐悟  昭和49年 1974
    深夜便の歌
    幸せのカノン~第2章~  由紀さおり 作詞 山川啓介 作曲 パッヘルベル 編曲 坂田晃一
    唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

  • ムード歌謡昭30年代から昭和40年代に全盛を誇った歌謡曲のジャンル」とものの本に書いてあります。戦後、日本で独自に発達したポピュラー音楽のスタイルなんだそうです。歌謡曲にハワイアンやジャズ、ラテンの要素を盛り込んだ洒落た曲調・艶っぽくてムードたっぷりの曲を「ムード歌謡」と呼ぶようです。(須磨アンカー)
  • 長崎は今日も雨だった」がヒットした昭和44年は新宿駅西口で反戦を訴えるフォークゲリラの集会が行われた年でもありました。方や反戦フォークゲリラ、もう一方ではムード歌謡が巷にあふれていた・・歴史は一色ではないなと思いました。(須磨アンカー)
  • わたし祈ってます」はJASRACのデータベースでは 作詞/作曲 若杉雄三郎/島口駒夫 と出てきました。五十嵐悟さんの作った「私祈ってます」(副題)は作品名が「幸せになってね」(正題)でした。道理で出てこなかったわけです。ちなみに 作詞/作曲 若杉雄三郎/島口駒夫 のコンビで「ラバウル小唄」を作っています。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Let It Be(レット・イット・ビー)  The Beatles(ビートルズ) written by Paul McCartney (credited to Lennon/McCartney) 1970
  2. Venus(ビーナス)  The Shocking Blue(ショッキング・ブルー) written by Robby VanLeeuwen 1969
  3. I'll Never Fall In Love Again(恋よさようなら)  Dionne Warwick(ディオンヌ・ワーウィック)written by Burt Hal David/Burt Bacharach 1969(1968)
  4. Teach Your Children(ティーチ・ユア・チルドレン)  Crosby, Stills, Nash & Young(クロスビー、スチルス、ナッシュ・アンド・ヤング) written by Graham Nash 1970
  5. Circle Game(サークル・ゲーム)  Buffy Sainte-Marie(バフィー・セントメリー)written by Joni Mitchell 1970(1967)
  6. Concerto Pour Une Voix(二人の天使)  Danielle Licari(ダニエル・リカーリ) Paroles et Musique: E Marnay, Saint-Preux 1970
  7. I'll Be There(アイル・ビー・ゼアー)  The Jackson5(ジャクソン5) written by Hal Davis/Berry Gordy, Jr./Willie Hutch/Bob West 1970
  8. My Sweet Lord(マイ・スウィート・ロード)  George Harrison(ジョージ・ハリスン)written by George Harrison 1970
  9. Black Magic Woman(ブラック・マジック・ウーマン)  Santana(サンタナ) written by Peter Green 1970(1968)
  10. We've Only Just Begun(愛のプレリュード)  The Carpenters(カーペンターズ) written by Roger Nichols/Paul Williams 1970
  11. Bridge Over Troubled Water(明日に架ける橋)  Simon & Garfunkel(サイモン&ガーファンクル) written by Paul Simon 1970(1967)

  • レット・イット・ビー」はイギリスで発売されたシングルで、ビートルズが活動期間中の最後に発表したシングルレコードです。(遠藤アンカー)
  • ビーナス」はオランダのグループで初めて全米No.1になった曲です。(遠藤アンカー)
  • サークル・ゲーム」は映画『いちご白書』の中で歌われました。バフィー・セントメリーは70年代の反戦運動に熱心でアメリカ政府により危険人物リストに載せられました。気の毒なことにレコードを発表してもレコード店にはおかれなかったようで、この「サークル・ゲーム」のみが映画『いちご白書』の中で全世界に知れ渡り、一発屋の仲間入りをしてしまいました。(小生)
  • 二人の天使」はTV番組であの叶姉妹が登場するときによく流されるそうです。小生別のところに気を取られていて気が付きませんでした(笑)。(小生)
  • 「明日に架ける橋」は途中で地震情報が入り、全曲放送されませんでした。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 歌ってよ夕陽の歌を  森山良子 作詞 岡本おさみ 作曲 吉田拓郎 昭和50年 1975
  2. この広い野原いっぱい  森山良子 作詞 小薗江圭子(おそのえ・けいこ) 作曲 森山良子 (昭和42年 1967)
  3. 禁じられた恋  森山良子 作詞 山上路夫 作曲 三木たかし 昭和44年 1969
  4. 想い出のグリーングラス  森山良子 訳詞 山上路夫 music by C.Putman 昭和44年 1969
  5. (てのひら)  森山良子 作詞・作曲 さだまさし 昭和52年 1977
  6. DANCE-男たちによろしく  森山良子 作詞 川村真澄 作曲 森山良子 昭和58年 1983
  7. ピープル  森山良子 lyrics by J.Styne music by B.Merrill 昭和46年 1971
  8. 涙そうそう(なだそうそう)  森山良子 作詞 森山良子 作曲 BEGIN 平成10年 1998
  9. さとうきび畑:ショートバージョン  森山良子 作詞・作曲 寺島尚彦 平成9年 2007(昭和46年 1971)
    深夜便の歌
     幸せのカノン~第2章~  由紀さおり 作詞 山川啓介 作曲 パッヘルベル 編曲 坂田晃一

     森山良子(もりやま・りょうこ、本名:同じ、昭和23年・1948年1月18日生まれ)
     日本のシンガーソングライター。東京都生まれ。長男は森山直太朗。ジャズ・トランペッターの森山久は実父。母はジャズシンガーだった浅田陽子。女優としてもテレビドラマにも数多く出演している。

  • この広い野原いっぱい」は森山良子さんのデビュー曲です。昭和43,44年の頃大学の学園祭に森山さんがいらして舞台で(歌うのを)拝見しました。歌声がきれいで感動しました。(遠藤アンカー)
  • 森山良子さんはことしデビュー40周年でした。(遠藤アンカー)
  • NHKの歌番組で「涙そうそう」をBEGINの伴奏で森山良子さんが歌うときにエピソードを紹介していました。森山さん曰く「この曲は私が平成10年に歌って、BEGINが平成12年に歌ってヒットしなかったんだけど、その翌年に(夏川)りみちゃんが歌ってヒットしたので、こうして私もBEGINも歌えるのよ。」(小生)
  • 森山良子さんのオフィシャルサイトです。→ http://www.ryoko-moriyama.jp/
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. セントルイス・ブルース(St. Louis Blues)  ディック・ミネ 日本語詞 三根徳一 composed by William Christopher Handy  昭和10年 1935
  2. 君いずこ(Somebody Stole My Gal)  ディック・ミネ 日本語詞 三根徳一 written by Leo Wood 昭和10年 1935
  3. 山寺の和尚さん  コロムビア・ナカノ・リズム・ボーイズ 作詞 久保田宵二 作曲 服部良一 昭和12年 1937
  4. 上海リル(Shanghai Lil)  川端文子 日本語詞 三根徳一 lyrics by Al Dubin composed by Harry Warren 昭和10年 1935(1933)
  5. 山の人気者(The Alpine Milkman)  テイチク・ヨーデル・ボーイズ 作詞 レイモンド服部 written by Leslie Sarony 昭和10年 1935
  6. おゝ桜(オー・チェリー:Yes Sir, That's My Baby)  チェリーミヤノ 日本語詞 島田磬也 written by Walter Donaldson/Gus Kahn 昭和13年 1938
  7. マルヒニ・メレ(MALIHINI MELE)  ベティ稲田、バッキー・アロハ・ハワイアンズ Lyrics & Music: R. Alex Anderson 昭和21年 1946(昭和9年 1934)
  8. ブルー・ムーン(Blue Moon)  ミッキー松山、林伊佐緒 日本語詞 時雨音羽 lyrics by Lorenz Hart, music by Richard Rodgers 昭和12年 1937
  9. 夜のヴァイオリン(Un Violon dans la huit)  杉井幸一 日本語詞 坂口淳 昭和12年 1937
  10. ダイナ(Dinah)  林伊佐緒 日本語詞 坂口淳 1306 written by Harry Akst/Sam M. Lewis/Joe Young 昭和13年 1938
  11. 夜も昼も(Night And Day)  松島詩子 訳詞 西條八十 written by Cole Porter (昭和7年 1932)
  12. ピッコリーノ(The Pecorino)  ロージーミヤノ  日本語詞 島田磬也、柏木みのる written by Irving Berlin 昭和11年 1936

  • 上海リル」は昭和9年から19年にかけて10曲ほど作られています。この曲は1933年・昭和8年封切りされたワーナー・ブラザースのミュージカル映画『Footlignt Parade』の主題歌でした。今でいえば競作だったようです。戦後、昭和27年・1952年に作られた「上海帰りのリル」のイントロに「上海リル」のメロディーが使われているそうです。確かに似た部分があります。(小生)
  • 夜のヴァイオリン」を歌ったのは『桜井幸一』と紹介されましたが、ネットで調べたところ『杉井幸一(すぎい・こういち)』が正しいようです。(小生)
  • 君いずこ」は吉本新規劇のテーマミュージックにも使われています。最近は着メロのサイトがあってたくさんの曲が無料でダウンロードできます。世の中進みました。(小生)
     着メロサイトにあったオルゴールによる「君いずこ」です。今聞いても結構洒落ています。↓


     同じく「君いずこ」の吉本新喜劇テーマソングバージョンです。近畿地方とその周辺の人にはおなじみの曲です。↓

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 冬景色  クラウン少女合唱団 文部省唱歌 (大正2年・1913年 『尋常小学唱歌 第五学年用』)
  2.   斉藤昌子 文部省唱歌 (明治44年・1911年 『尋常小学校唱歌(二)』)
  3. 冬の星座  土井裕子 訳詞 堀内敬三 作曲・作曲 W.S.Hays (昭和22年)
  4. 冬の夜  NHK東京児童合唱団 文部省唱歌  (明治45年・1912年『尋常小学唱歌 第三学年用』)
  5. ペチカ  中川真主美 作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰 (満州唱歌 大正12年 1923)
  6. かあさんの歌  クラウン少女合唱団 作詞・作曲 窪田聡 (昭和31年)
  7. たき火  ひばり児童合唱団 作詞 巽聖歌(たつみ せいか) 作曲 渡辺茂 (昭和16年・1931年『NHK子供テキスト』)
  8. スキーの歌  クラウン少女合唱団 作詞 林柳波 作曲 橋本国彦 (昭和8年・1923年『新訂尋常小学唱歌 第六学年用』)
  9. 雪がとけたら  河村順子 作詞 のぶひろし 作曲 若月明人
  10. 雪の降る町を  クラウン少女合唱団 作詞 内村直也 作曲 中田喜直 (昭和28年 1953)
  11. こぎつね  クラウン少女合唱団 作詞 勝承夫 ドイツ民謡 文部省唱歌 (昭和22年 1957)
  12. とんがり帽子  今井葉子、小鳩会 作詞 三苫やすし 作曲 河村光陽
    深夜便の歌
    唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

  • それぞれの出だしは以下のとおりです。
     冬景色  さ霧消ゆる湊江の舟に白し朝の霜 ただ水鳥の聲(こえ)はして
       ゆきやこんこ あられやこんこ ふってはふっては ずんずんつもる
     冬の星座  木枯らし 途絶えて 冴ゆる空より 地上に降りしく 奇(くす)しき光よ
     冬の夜  燈火(ともしび)ちかく衣縫ふ(きぬぬう)母は 春の遊の樂しさ語る
     かあさんの歌  かあさんが 夜なべをして 手袋編んでくれた
     たきび  かきねのかきねのまがりかど たきびだ たきびだ
     スキーの歌  かがやく日の影 はゆる野山
     雪がとけたら  雪がとけたら 黒い土みえた あれはね あれはね
     雪の降る町を  雪の降る町を 雪の降る町を 思い出だけが過ぎてゆく
     こぎつね  こぎつね コンコン 山の中 山の中
     とんがり帽子  こんこん小雪の朝の道 ちらちらお屋根に雪が降る

  • リスナーの方から昭和40年の年賀葉書(4円の葉書)にお便りを書いていただきました。 今の葉書より二廻り小さいサイズです。皆さん、年賀葉書は書きましたか?(宇田川アンカー)
  • 「とんがり帽子」は同名異曲の連続ラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の主題歌「とんがり帽子」(作詞:菊田一夫、作曲:古関裕而)の方が有名です。こちらの「とんがり帽子」は 作詞:三苫やすし/作曲:河村光陽で、このコンビで「仲よしこみち」を作っています。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Angie(悲しみのアンジー)  The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ) written by Mick Jagger/Keith Richards 1973
  2. A Song for You(ア・ソング・フォー・ユー)  Leon Russell(レオン・ラッセル) written by Leon Russell 1970
  3. Without You(ウィザウト・ユー)  Nilsson(ニルソン) written by Tom Evans/Pete Ham 1971
  4. Wonderful Tonight(ワンダフル・トゥナイト)  Eric Clapton(エリック・クラプトン) written by Eric Clapton 1977
  5. Can We Still Be Friends?(キャン・ウィー・スティル・ビー・フレンズ)  Todd Rundgren(トッド・ラングレン) written by Todd Rundgren 1978
  6. She's Gone(追憶のメロディ)  Daryl Hall & John Oates(ダリル・ホールとジョン・オーツ) written by Daryl Hall/John Oates 1974
  7. You are So Beautiful(美しすぎて)  Joe Cocker(ジョー・コッカー) written by Billy Preston/Bruce Fisher 1975(1974)
  8. I Don’t Want To Talk About It(もう話したくない)  Rod Stewart(ロッド・スチュアート) written by Danny Whitten 1975
  9. Take It To The Limit(ライク・イッツ・ツー・ザ・リミット)  Eagles(イーグルス) written by Don Henley/Glenn Frey/Randy Meisner 1975
  10. Alison(アリスン)  Elvis Costello(エルヴィス・コステロ) written by Declan Patrick Mac-Manus 1977

  • 私、個人的にはイーグルズが大好きです。(榊アンカー)
  • 小生はストーンズとロッド・スチュアートが気に入っています。いい時代に聞いた曲はいい思い出と重なっています。昔は良かったなんていうと爺くさいといわれそうですが、いいものはいいんだと思っています(笑)。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 空に太陽があるかぎり  にしきのあきら, 浜口庫之助 昭和46年 1971
  2. よこはま・たそがれ 五木ひろし 作詞 山口洋子 作曲 平尾昌晃 昭和46年 1971
  3. 17才  南沙織 作詞 有馬三恵子 作曲 筒美京平 昭和46年 1971
  4. お祭りの夜  小柳ルミ子 作詞 安井かずみ 作曲 平尾昌晃 昭和46年 1971
  5. さらば恋人  堺正章 作詞 北山修 作曲 筒美京平 昭和46年 1971
  6. ついてくるかい  小林旭 作詞・作曲 遠藤実 昭和46年 1971
  7. 雨のバラード  湯原昌幸 作詞 こうじはるか 作曲 植田嘉靖 昭和46年 1971
  8. 雨の御堂筋  欧陽菲菲 作詞 林春生 作曲ベンチャーズ(B.Bogle, M.Taylor, D.Wilson G.McGee, J.Durrill) 昭和46年 1971
  9. 悪魔がにくい  平田隆夫とセルスターズ 作詞・作曲 平田隆夫 昭和46年 1971
  10. 花嫁  はしだのりひことクライマックス 作詞 北山修 作曲 端田宣彦、坂庭省悟 昭和46年 1971
  11. 知床旅情  加藤登紀子 作詞・作曲 森繁久彌 昭和45年 1970
    深夜便の歌
    唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

  • 昭和46年の出来事、ボーリングが大ブーム、Tシャツ・Gパンが流行、大相撲の大鵬が引退、NHKの全放送がカラー化など。(榊アンカー)
  • 小生、「17才」のシングルレコードを小遣い溜めて買いました。そのレコードジャケット写真を見ると、南沙織さんが当時はまた珍しかったロングヘアで吸い込まれるような瞳に見つめられるたびにドキドキしたものです。そしてブラウスの左襟にアメリカの星条旗がアップリケされていました。当時沖縄はまだ日本ではなくアメリカ統治で翌年日本に返還されます。(小生)
  • 平田隆夫とセルスターズといえば「ハチのムサシは死んだのさ」が有名ですが、「悪魔がにくい」のほうがレコードセールス的には成功したそうです。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 峯尾武男(Mineo-Takeo)さん

懐かしのSP盤コーナー
「鉄工所」  ユリウス・エーリッヒ指揮 パリ交響楽団 作曲 アレクサンドル・モソロフ 1939

     ♪曲目 playlist♪
  1. Heartbreak Hotel(ハートブレイク・ホテル)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) lyrics & music:Mae b. Axton, Tommy Durden 1956
  2. Orinoco Flow (Sail Away)(オリノコ・フロー)  Enya(エンヤ) written by Enya/Nicky Ryan/Roma Ryan 1991
  3. You Don't Have To Say You Love Me:Io Che Non Vivo(この胸のときめきを)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) english lyrics by Vicki Wickham/Simon Napier-Bell original written by Pino Donaggio/Vito Pallavicini
  4. Watermark(ウォーターマーク)  Enya(エンヤ) written by Enya/Roma Ryan 1988
  5. I Just Can't Help Believin'(君を信じたい)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Barry Mann/Cynthia Weil
  6. Paint the Sky With Stars(ペイント・ザ・スカイ・ウイズ・スターズ)  Enya(エンヤ) written by Enya/Roma Ryan
  7. Mary In The Morning(マリー・イン・ザ・モーニング)  Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Johnny Cumbal/Michael Rashkow
  8. Marble Halls(マーブル・ホールズ:大理石の館)  Enya (traditional) 1991
  9. Can't Help Falling In Love(好きにならずにいられない) Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー) written by Luigi Creatore/George David Weiss/Hugo Peretti 1961

  • 「鉄工所」はいまから80年前の前衛音楽です。(峯尾アンカー)
  • Enyaの曲は深夜便ではあまり放送されていませんでした。少なくともこの数年の間では初めて放送されたと思います。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 峯尾武男(Mineo-Takeo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 恋はやさし野辺の花よ(恋はやさし)  田谷力三 訳詞 小林愛雄(こばやし・よしお) 作曲 フランツ・フォン・スッペ (昭和7年 1932)
  2. 銀座の柳  四家文子 作詞 西条八十 作曲 中山晋平 昭和7年 1932
  3. パリの屋根の下(Sous les Toits deParis)  田谷力三 訳詞 西條八十 musique: Raoul Moretti
  4. 新東京行進曲  四家文子 作詞 西条八十 作曲 中山晋平 昭和5年 1930
  5. 舟歌  田谷力三 訳詞 小林愛雄 作曲 ロベール・ブランケット
  6. 恋のために恋のために身は捕われ)  田谷力三 訳詞 小林愛雄、清水金太郎 作曲 ユリウス・アイヒベルク (昭和7年 1932)
  7. 不壞の白珠(ふえのしらたま)  四家文子 作詞 西条八十 作曲 中山晋平 昭和4年 1929
  8. わたしこのごろ変なのよ  四家文子 作詞 西条八十 作曲 町田嘉章 昭和6年 1931
  9. アラビアの唄  田谷力三 訳詞 堀内敬三 作曲 フレッド・フィッシャー 昭和3年 1928
    深夜便の歌
    唐街雨情  グラシェラ・スサーナ 作詞・作曲 湯淺隆

  • 大正3年に関東大震災があって銀座の柳が被害を受けて全てイチョウに植え替えられました。「銀座の柳」は昭和7年に柳並木が復活したときにタイアップして売り出された曲です。(峯尾アンカー)
  • (結婚している女性の方に、その方の夫のことを何と聞くかという話題で)私は「ご主人・旦那さん」とは(上下関係があるようで)いいにくいので、「おつれあい」といっています。(峯尾アンカー)
  • リスナーの方からのお便りで、「戦時中は金属が乏しく蓄音機の針が竹製になりました。専用のカッターがあり、パチンと切って1,2回ごとに交換した思い出があります」といただきました。そういえば子供の頃に竹の針を使っていた記憶があります。(峯尾アンカー)
  • 不壞の白珠」は四屋文子さんのデビュー曲です。
  • 田谷力三さんの歌は発売当時のものではなく、後年だいぶ経ってから録音しなおしたものでした。とてもクリアなステレオ音源で田谷力三さんの声も艶がありました。四屋文子さんの歌は発売当時のSP盤の音源だと思われます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。