このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

2008年06月の全記事一覧

スポンサーサイト
2008, 6/30月 韓流ドラマ・映画主題歌、そしてスターの歌声 Mon Jun 30,2008
2008, 6/30月 歌謡スター・思い出のヒット:舟木一夫集 Mon Jun 30,2008
2008, 6/29日 リラックス・サウンズ:フュージョン・ミュージック集 Sun Jun,29 2008
2008, 6/29日 昭和歌年鑑:昭和32年の流行歌 Sun Jun 29,2008
2008, 6/28土 昭和歌謡の王国・福島 福島県出身の歌手、作曲家、作詞家たち Sat Jun 28,2008
2008, 6/28土 ○お便りと音楽 ○アンカーを囲むつどい 松本一路、迎康子アンカー Sat Jun 28,2008
2008, 6/27金 ロック・クラシックス:’60年代ブリティッシュ・ロック集 Fri Jun 27,2008
2008, 6/27金 作家で綴る流行歌:藤田まさと(作詞)作品集 Jun 27,2008
2008, 6/26木 ヴィンテージ・ポップス:リンダ・ロンシュタット集 Thu Jun 26,2008
2008, 6/26木  昭和歌年鑑:昭和53年の流行歌 Thu Jun 26,2008
2008, 6/25水 演芸特選  落語「お直し」 五代目 古今亭志ん生 Wed Jun 25,2008
2008, 6/25水 クラシック音楽への誘い:田園・森・緑の名曲 Wed Jun 25,2008
2008, 6/25水 思い出の流行歌:ムード歌謡集 Wed Jun 25,2008
2008, 6/24火 ポピュラー名曲アルバム:シャンソンの楽しみ Tue Jun 24,2008
2008, 6/24火 思い出の歌謡スター:美空ひばり集(2) Tue Jun 24,2008
2008, 6/23月 ロック・クラシックス:スティリー・ダン集 Mon Jun 23,2008
2008, 6/23月 郷愁の歌:沖縄・島唄&ポップス集 Mon Jun 23,2008
2008, 6/22日 思い出のオールディーズ: エバリー・ブラザース&ライチャス・ブラザース集 Sun Jun 22,2008
2008, 6/22日 作家で綴る流行歌:吉田正(作曲)作品集(2) Sun Jun 22,2008
2008, 6/21土 源氏物語千年紀朗読特集 競演・世界のアーティスト:エディット・ピアフ&川崎燎 Sat Jun 21,2008
2008, 6/21土 ”真夜中の夢の競演” 小泉今日子&チェッカーズ Sat Jun 21,2008
2008, 6/20金 ヴィンテージ・ポップス:ジョアン・ジルベルト集 Fri Jun 20,2008
2008, 6/20金 昭和歌年鑑:昭和46年の流行歌 Fri Jun 20,2008
2008, 6/19木 エンジョイ・ジャズ:モダン・ジャズの楽しみ Thu Jun 19,2008
2008, 6/19木 懐かしの歌謡スター:藤山一郎集(2) Thu Jun 19,2008
2008, 6/18水 ヴィンテージ・ポップス:コモドアーズ&ライオネル・リッチー集 Wed Jun 18,2008
2008, 6/18水 作家で綴る流行歌:三木たかし(作曲)作品集 Wed Jun 18,2008
2008, 6/17火 クラシック音楽への誘い:ショパンの調べ Tue Jun 17,2008
2008, 6/17火 青春の歌:竹内まりや集 Tue Jun 17,2008
2008, 6/16月 ポピュラー名曲アルバム:60年代ポップス・ヒット集 Mon Jun 16,2008
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. ドラマ『太王四神記』から「千年恋唄」  東方神起
  2. ドラマ『オン・エア』から「片思い」  パク・ヨンハ
  3. ドラマ『ニュー・ハート』から「bye bye bye(バイバイバイ)」  パク・イル
  4. ユア・ソング  イ・ドンゴン
  5. ドラマ『愛に溺れて』から「心が悲しい」  テイ
  6. ドラマ『宿命』から「片方の愛」  チョ・カンウ
  7. ドラマ『恋歌』から「一つの愛」  チュ・ソンフン(日本名:秋山成勲:あきやま・よしひろ)
  8. 会いたい(日本語バージョン)   SGワナビ
  9. ドラマ『白い巨塔』から「悲鳴」  マンデイ・キッズ

  • 曲の合間に宇田川アンカーの詳細な解説が今回もとうとうと語られました。これって原稿を読んでいるんでしょうか?熱い思いが伝わってきます。(小生)
  • 太王四神記を子供と一緒にほぼ毎回見ました。撮影のセットが大規模なのと照明の使い方が日本のドラマよりも優れているように思いました。(小生)
  • 韓国ドラマでも現代物は見ませんが、最近、テレビ朝日のBSで放映している『商道』を家人と共に見ています。毎回沢山の脇役が出てきてストーリーに奥行きがあり、結構楽 しめます。(小生)
スポンサーサイト
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 高校三年生  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 遠藤実 昭和38年 1963
  2. 学園広場  舟木一夫 作詞 関沢新一 作曲 遠藤実 昭和38年 1963
  3. 仲間たち  舟木一夫 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和38年 1963
  4. フジテレビドラマ「銭形平次」主題歌  舟木一夫 作詞 関沢新一 作曲 安藤実親 昭和41年 1966
  5. 絶唱  舟木一夫 作詞 西條八十 作曲 市川昭介 昭和41年 1966
  6. 君たちがいて僕がいた  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 遠藤実 昭和39年 1964
  7. 花咲く乙女たち  舟木一夫 作詞 西條八十 作曲 遠藤実 昭和39年 1964
  8. あありんどうの花咲けど  舟木一夫 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和40年 1965
  9. 高原のお嬢さん  舟木一夫 作詞 関沢新一 作曲 松尾健司 昭和40年 1965
    深夜便の歌
     約束は心の中に  チェリッシュ 作詞:荒木とよひさ 作曲:馬飼野俊一(途中まで)

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 榊寿之(Skaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Breezin'(ブリージン)  George Benson(ジョージ・ベンソン) written by Bobby Womack 1976
  2. California Dreamin'(夢のカリフォルニア)  Wes Montgomery(ウェス・モンゴメリ)(gt) written by John Phillips/Michelle Phillips (1966)
  3. Malibu(マリブ)  Full Moon (Neil Larsen / Buzzy Feiten:フルムーン) written by Neil Larsen 1972
  4. Foots(フーツ)  Stuff(スタッフ) written by Gordon Edwards/Stuff 1976
  5. Feel Like Makin' Love(愛のため息)  Marlene Shaw(マリーナ・ショウ), David T. Walker(g), Larry Carlton(g) written by Gene McDaniels (1975)
  6. Morning Glory(モーニング・グローリー)  Bill Champlin(vo)(ビル・チャンプリン), Lee Ritenour(g)(リー・リトナー) written by Bill Champlin/Lee Ritenour 1978
  7. Superstar(スーパースター)  David Spinozza(g)(デヴィッド・スピノザ) written by Bonnie Bramlett/Delaney Bramlett/Leon Russell 1978
  8. Phase Dance(フェイズ・ダンス)  Pat Metheny(g)(パット・メセニー) written by Lyle Mays/Pat Metheny 1978

  • 榊アンカーの菜園の話題は、最近気温が高くなってきたので雑草がはびこって、草取りが大変だということでした。(小生)
  • 小生の好みですが、フュージョンといえば グローバー・ワシントン・jr と日本のバンドですが、カーディス・クリーク・バンド も聴きたいところです。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 榊寿之 ()さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 俺は待ってるぜ  石原裕次郎 作詞 石崎正美 作曲 上原賢六 昭和32年 1957
  2. 未練の波止場  松山恵子 作詞 松井由利夫 作曲 水時冨士夫 昭和32年 1957
  3. 船方さんよ  三波春夫 作詞 門井八郎 作曲 春川一夫 昭和32年 1957
  4. 青春サイクリング  小坂一也 作詞 田中喜久子 作曲 古賀政男 昭和31年 1951
  5. 東京のバス・ガール  コロムビア・ローズ(初代) 作詞 丘灯至夫 作曲 上原げんと 昭和32年 1957
  6. おさげと花と地蔵さんと  三橋美智也 作詞 東條寿三郎 作曲 細川潤一 昭和32年 1957
  7. 柿の木坂の家  青木光一 作詞 石本美由起 作曲 船村徹 昭和32年 1952
  8. 踊り子  三浦洸一 作詞 喜志邦三 作曲 渡久地政信 昭和32年 1957
  9. 東京だよおっ母さん  島倉千代子 作詞 野村俊夫 作曲 船村徹 昭和32年 1957
  10. 港町十三番地  美空ひばり 作詞 石本美由起 作曲 上原げんと 昭和32年 1957
    深夜便の歌
     約束は心の中に  チェリッシュ 作詞:荒木とよひさ 作曲:馬飼野俊一 

  • 東京のバス・ガール」は東京のバス会社(はとバスと思う)から贈られた紺色の制服を着てコロムビア・ローズさんが歌って評判になりました。(榊アンカー)
  • 東京だよおっ母さん」を聴くたびに老いた母親の手を引いて東京案内をする光景を頭に思い浮かべます。
    一番の歌詞に出てくる二重橋へはおそらく東京駅からまっすぐ皇居まで案内したことでしょう(約1km)。
    二番の歌詞では二重橋から皇居東御苑から北の丸公園を抜けるか内堀通り巡って九段の靖国神社に行った事でしょう(約2km)。
    三番の歌詞では靖国神社から浅草までは約9kmあるので、おそらく地下鉄の東京メトロ東西線で日本橋まで戻り、さらに都営浅草線に乗り換えて浅草まで行ったと思います。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 吾妻謙(福島)(Azuma-Ken)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 長崎の女(ながさきのひと)  春日八郎 作詞 たなかゆきを 作曲 林伊佐緒 昭和38年 1963
  2. 旅の夜風  霧島昇 作詞 西條八十 作曲 万城目正 (昭和13年 1938)
  3. ブラジルの太鼓  伊藤久男 作詞 石本美由起 作曲 上原げんと 昭和29年 1954
  4. 東京だよおっ母さん  島倉千代子 作詞 野村俊夫 作曲 船村徹 昭和32年 1957
  5. みどりの雨  藤山一郎 作詞 丘灯至夫 作曲 古関裕而 昭和28年 1953
  6. 東京ラプソディー  藤山一郎 作詞 門田ゆたか 作曲 古賀政男 (昭和11年 1936)
  7. 長崎の鐘  藤山一郎 作詞 サトウハチロー 作曲 古関裕而 (昭和24年 1949)
  8. 高原の駅よさようなら  小畑実 作詞 佐伯孝夫 作曲 佐々木俊一 (昭和26年 1951)
  9. 千曲川  五木ひろし 作詞 山口洋子 作曲 猪俣公章 昭和50年 1975
  10. ふたりの大阪  都はるみ、市川昭介 作詞 吉岡治 作曲 市川昭介 (昭和56年 1981)
  11. 湯の町エレジー  近江俊郎 作詞 野村俊夫 作曲 古賀政男 (昭和23年 1948)


  • みどりの雨」の歌詞に『カラーフィルムに残した君よ』というくだりがあります。丘灯至夫さんによるとこの歌が発表された昭和28年に日本で初めてカラーフィルムが発売されたので、ハイカラにしようと思って書いたのだそうです。文字どおり昭和史を記録した歌です。(小生)
  • ふたりの大阪」は都はるみ、市川昭介お二人の珍しいデュエットでした。(小生)
    ここでクイズです。本日放送された曲で福島県出身の人を当ててください。マウスでドラッグして反転させると答えが見えます。
  1. 長崎の女  春日八郎:福島県河沼郡会津坂下町出身
  2. 旅の夜風  霧島昇:福島県双葉郡大久村(現いわき市)出身
  3. ブラジルの太鼓  伊藤久男:福島県安達郡本宮町(現本宮市)出身
  4. 東京だよおっ母さん  野村俊夫:福島県福島市出身
  5. みどりの雨  丘灯至夫:福島県田村郡小野新町(現小野町)出身 古関裕而:福島県福島市大町出身
  6. 東京ラプソディー  門田ゆたか:福島県福島市出身
  7. 長崎の鐘  古関裕而:福島県福島市大町出身
  8. 高原の駅よさようなら  佐々木俊一:福島県双葉郡浪江町出身
  9. 千曲川  猪俣公章:島県河沼郡会津坂下町(あいづばんげまち)出身
  10. ふたりの大阪  市川昭介:福島県郡山市出身
  11. 湯の町エレジー  野村俊夫:福島県福島市出身
こんなに沢山いらしたのですか,びっくりしました。福島県出身の人無くては昭和の歌謡曲は語れません。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 吾妻謙(福島)(Azuma-Ken)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 智恵子抄  コロムビア・ローズ(二代目) 作詞 丘灯至夫 作曲 戸塚三博 昭和39年 1964
  2. 別れの一本杉  春日八郎 作詞 高野公男 作曲 船村徹 昭和30年 1955
  3. 白虎隊  霧島昇、荒国誠(詩吟) 作詞 島田磬也 作曲 古賀政男 昭和29年 1954
  4. とんがり帽子  川田正子、コロムビアゆりかご会 作詞 菊田一夫 作曲 古関裕而 昭和22年 1947
  5. 山の吊橋  春日八郎 作詞 横井弘 作曲 吉田矢健治 昭和34年 1959
    アンカーを囲むつどい 松本一路、迎康子アンカー (6.1 福島県二本松のつどいから)
  • 木曜日の一番若いコンビです。(松本アンカーは最も新しく深夜便担当になり、迎アンカーは深夜便アンカーの中で一番年が若い)(松本アンカー)
  • 今日、私たちは二本松の町を観光ボランティアの方にあちこちご案内いただきました。良いお天気で安達太良山がきれいに見えました。(迎アンカー)
  • 智恵子記念館で写真を見て、智恵子さんてふっくらとした美人だったんですね、知りませんでした。(松本アンカー)
  • 会場からスポーツ中継のリクエストがあり、「3年ほどプロ野球の中継はしていないんですが・・・」といいながら松本アンカーが往年の名調子でリクエストに答えていました。(小生)
    深夜便の歌
     約束は心の中に  チェリッシュ 作詞:荒木とよひさ 作曲:馬飼野俊一

  • 本日放送された歌に関連する福島県出身者は、丘灯至夫、霧島昇、春日八郎、古関裕而の方々です。(小生)
  • 白虎隊」は昭和29年・1954年封切りの大映映画『花の白虎隊』の主題歌です。同じ題名で、同じ曲に作詞 野村俊夫(ほぼ同じ内容の歌詞)、詩吟 鈴木吟亮のレコードも発表されています。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)

     ♪曲目 playlist♪
  1. From Me to You(フロム・ミー・トゥー・ユー)  The Beatles(ビートルズ) written by John Lennon/Paul McCartney 1963
  2. Do You Want to Know a Secret(ドゥ・ユー・ウォンツ・ノゥ・ア・シークレット) Billy J. Kramer & The Dakotas(ビリー・J・クレイマー&ダコタス) written by John Lennon/Paul McCartney 1963
  3. A World Without Love(愛無き世界)  Peter and Gordon(ピーター・アンド・ゴードン) written by Paul McCartney / John Lennon 1964
  4. Mrs. Brown You've Got A Lovely Daughter(ミセス・ブラウンのお嬢さん)  Herman's Hermits(ハーマンズハーミッツ)written by Trevor Peacock 1965(1963)
  5. How Do you Do it(ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ・イット:恋のテクニック)  Gerry and the Pacemakers(ジェリーアンド・ザ・ペイスメイカーズ) written by Mitch Murray1963
  6. Pretty Flamingo(プリティ・フラミンゴ)  Manfred Mann(マンフレッド・マン)written by Mark Barkan 1966
  7. Boom Boom(ブーン・ブーン)  Animals(アニマルズ) written by John Lee Hooker 1964(1961)
  8. It's All Over Now(イッツ・オール・オーバー・ナウ)  The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ) written by Bobby Womack and Shirley Womack 1964
  9. For Your Love(フォー・ユア・ラブ)  The Yardbirds(ヤードバーズ) written by Graham Gouldman 1965
  10. She's Not There(シーズ・ノット・ゼア)  The Zombies(ゾンビーズ) written by Rod Argent 1964
  11. Love Potion No.9(恋の特効薬:ラブ・ポーションNo9)  The Searchers(サーチャーズ) written by Jerry Leiber and Mike Stoller 1964(1959)
  12. You're No Good(ユア・ノー・グッド:悪いあなた)  The Swinging Blue Jeans(スウィンギン・ブルー・ジーンズ) written by Clint Ballard, Jr. 1964
  13. Game of Love(ゲーム・オブ・ラヴ)  Wayne Fontana & Mindbenders(ウェイン・フォンタナ&マインドベンダーズ) written by Clint Ballard Jr. 1965
  14. I'm Telling You Now(好きなんだ)  Freddie & The Dreamers(フレディ&ザ・ドリーマーズ) written by Freddie Garrity/Mitch Murray 1963
  15. Because(ビコーズ)  The Dave Clark Five(デイブ・クラーク・ファイブ) written by Dave Clark 1964

  • You're No Good(ユア・ノー・グッド:悪いあなた)は昨日の深夜便2時代にリンダ・ロンシュタットの歌で放送されました。(小生)
  • 1960年代の初めなのでリアルタイムで聞いた曲はありませんが、少し遅れてリバイバルや、ドラマ・映画のバックミュージックで耳に親しんだ曲ばかりでした。それにしても昔のロックは時間が短くて15曲も掛かりました。曲のリストを作るのが大変でした(笑)。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)

     ♪曲目 playlist♪
  1. 旅笠道中  東海林太郎 作詞 藤田まさと 作曲 大村能章 昭和10年 1935
  2. 明治一代女  新橋喜代三 作詞 藤田まさと 作曲 大村能章 昭和10年 1935
  3. 流転  上原敏 作詞 藤田まさと 作曲 阿部武雄 昭和12年 1937
  4. 大利根月夜  田端義夫 作詞 藤田まさと 作曲 長津義司 昭和14年 1939
  5. 一本刀土俵入り  三波春夫 一本刀土俵入り 作詞 藤田まさと 作曲 春川一夫 昭和35年 1960
  6. 岸壁の母  二葉百合子 作詞 藤田まさと 作曲 平川浪竜 昭和47年 1972(昭和29年 1954)
  7. 今日も笑顔でこんにちは  森昌子 作詞 藤田まさと 作曲 新井利昌 昭和49年 1974
  8. 男の人生  杉良太郎 作詞 藤田まさと 作曲 遠藤実 昭和54年 1979
  9. 浪花節だよ人生は  木村友衛(きむら・ともえ) 作詞 藤田まさと 作曲 四方章人(よも・あきと) 昭和59年 1984
    深夜便の歌
     約束は心の中に  チェリッシュ 作詞:荒木とよひさ 作曲:馬飼野俊一 

    藤田 まさと(ふじたまさと、1908年5月12日 - 昭和1982年8月16日)
     静岡県榛原郡川崎町(現・牧之原市)出身の作詞家。1908年(明治41年)川崎町細江に生まれる。1918年(大正7年)旧満州の辽宁(りゃおにん)省大連に渡り、1926年(大正15年)大連商業卒。大連商業時代には、野球で甲子園に出場している。
     内地に戻り、明治大学に入学したが、1928年(昭和3年)、3年生で大学を中退し、日本ポリドール蓄音機株式会社に入社する。制作部長、文芸部長を歴任しながら作詞活動も行い、1935年(昭和10年)、「旅笠道中」、「明治一代女」の大ヒットで一躍人気作詞家となった。戦後も「岸壁の母」、「浪花節だよ人生は」のヒット曲がある。発表した歌詞は3000曲を超えるという。

  • 岸壁の母」は昭和29年に菊地章子さんが歌って大ヒット(100万枚以上)しました。二葉百合子さんの歌は中に台詞が入ってさらに大ヒット(250万枚)しました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)

     ♪曲目 playlist♪
  1. It's So Easy(イッツ・ソー・イージー) Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) written by Buddy Holly/Norman Petty 1977
  2. You're No Good(悪いあなた)  Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) written by Clint Ballard, Jr. 1974
  3. I Can't Help It (If I'm Still In Love With You)(アイ・キャンツ・ヘルプ・イッツ)  Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット),Emmylou Harris(エミルー・ハリス) written by Hank Williams 1975(1951)
  4. Desperado(ならず者)  Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) lyrics & Music: Don Henley, Glenn Frey 1974
  5. Faithless Love(フェイスレス・ラブ)   Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット),J.D. Souther(J.D.サウザー) written by J.D. Souther 1974
  6. What's New?(ワッツ・ニュー)   Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) written by Johnny Burke/Bob Haggart 1983
  7. Quiereme Mucho(キエレメ・ムーチョ)  Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) written by Augustin Rodriguez/Gonzalo Roig 1991
  8. Somewhere Out There(サムホェア・アウト・ゼア:アニメ映画『アメリカ物語』より)  Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット), James Ingram(ジェイムス・イングラム) written by James Horner/Barry Mann/Cynthia Weil 1986
  9. Blue Bayou(ブルー・バイユウ)  Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) lyrics & Music: Roy Orbison, Joe Melson 1977
  10. Alison(アリスン)  Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) written by Declan Patrick MacManus 1978
  11. I Just Don't Know What To Do With Myself (Bacharach, Hal David) (アイ・ジャスト・ドント・ノウ・ワッツ・ツー・ドゥ・ウィズ・マイセルフ)  Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) written by Burt Bacharach/Hal David 1993

    リンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt, 1946年7月15日生まれ )
     アメリカの歌手。フォーク・ロック、カントリー・ロックのミュージシャン。1970年代のウエストコースト・サウンド・ムーブメントの中心で活躍した女性シンガーである。
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)

     ♪曲目 playlist♪
  1. UFO(ゆぅふぉー)   ピンク・レディー 作詞 阿久悠 作曲 都倉俊一 昭和52年 1977
  2. いい日旅立ち  山口百恵 作詞・作曲 谷村新司 昭和53年 1978
  3. ジョニーの子守唄  アリス 作詞 谷村新司 作曲 堀内孝雄 昭和53年 1978
  4. カモメが翔んだ日  渡辺真知子 作詞 伊藤アキラ 作曲 渡辺真知子 昭和53年 1978
  5. すきま風  杉良太郎 作詞 いではく 作曲 遠藤実 昭和51年 1976
  6. ミスター・サマー・タイム  サーカス 日本語訳詞 竜真知子 作詞 ピエール・ドノラエ 作曲 ミッシェル・フュガン 昭和53年 1978
  7. 時間よ止まれ  矢沢永吉 作詞 山川啓介 作曲 矢沢永吉 昭和53年 1978
  8. ヤマトより愛をこめて  沢田研二 作詞 阿久悠 作曲 大野克夫 昭和53年 1978
  9. 微笑み返し  キャンディーズ 作詞 阿木耀子 作曲 穂口雄右(ほぐちゆうすけ)  昭和53年 1978
    深夜便の歌
     約束は心の中に  チェリッシュ 作詞:荒木とよひさ 作曲:馬飼野俊一 

  • 昭和53年はキャンディーズが解散し、ピンク・レディがUFOでレコード大賞を取りました。アイドルがキャンディーズからピンクレディへと変った年でした。(宮川アンカー)
  • UFOのレコード発売は昭和52年(1977)12月5日です。(小生)
  • すきま風」は杉良太郎さん主演のTV時代劇『遠山の金さん』の主題歌でした。(小生)
  • 昭和53年は歌の当たり年で、選曲の柴田さんとあと3回はやれるねと話していました。ぜひまたやりたいと思っています。(宮川アンカー)
1:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)

     ♪演目 playlist♪
  1.  「お直し」 五代目 古今亭志ん生
     花魁(おいらん)も歳を重ねてくると、お茶を挽くことが多くなる(客が付かない、どうしても人気がなくなる)。
    そんな日が続くうちに花魁は店の男衆の”ぎゅう”に親切にされ、”ぎゅう”に入れあげてしまった。色街での男女の交際は御法度になっている。そこは目の利くご主人だけあって、二人を奥に呼びだしてきつく意見をした。見世替えも出来ないだろうから、花魁は自由の身になったという証文を書いてあげるから二人一緒になってこの店で働きなさいと、優しい言葉を掛けてもらった。
     二人は次の日から店に出て、花魁は名前が変わり”おばさん”(やり手ばばあ)となって、客と花魁の仲を取り持つ事になった。亭主は表に出て嘘八百で客引きをして見世に上げ、入った客をおばさんが手玉にとって、持ち金を巻き上げて、一生懸命働いていた。
     夫婦で働いて小銭も貯まってきて、ゆとりも出てきた。女は生活に張りが出てきたが、男は逆にこの金で・・・、と別の場所で女遊びをするようになった。男は夜遊びが過ぎてその挙げ句、バクチにも手を出して深みにはまってしまった。その為見世にも出ず、家財を売り払って、女房も義理が悪くなって見世も辞めてしまった。今更、目が覚めたと言ったって、どうしようもないとこまで落ちてしまった。
     男は友人から羅生門河岸の「けころ」の見世に空いたのがあるから、そこで稼いだらどうだと知恵をつけられてきた。女房に話をして、店の若い衆は男とがやり、女房を口説いてけころの女をやらせることになった。女房はしぶしぶ引き受けて,「けころ」の商売のやり方を男に教えた。
     まず、客にお愛想を言いながら、200文のところ「お直しだよ」と声を掛けて400文にし、またお直しと言って600文というように上げていく。そうやって値段を上げていく。しかし女房は男がヤキモチやきだからうまくできるか心配している。女房の方も見栄も外聞も捨てて、厚化粧して見世に立った。
     見世は羅生門河岸の「けころ」と言われるところで、路地を入ると両側に女が立っていて、客引きをしている。そのなかの一つを借りてで商売を始めた。
     男は路地で客引きをして、何人目かで職人を連れ込んだ。「けころ」になった女房は職人といちゃつき始めて、「よそで浮気ナンぞをしたら嫌だよ。お前さんが好きだから。」それを聴いた亭主は表でふてくされ、ヤキモチ焼いて「お直しだよ。直してもらいな」と声をかける。女房は客の職人に向って「直して頂戴。私はお前さんと夫婦になりたいよ。」、職人「俺は良いよ。俺は一人もんだから。で、どの位借金があるんだ」、「30両」、「その位なら今度来る時、持ってきて上げるよ」。男はふてくされて「お直しだよ」。職人「分かったよ」、女房「私はお前さんにぶたれたって、殺されたっていいよ」、「俺はそんなことしないよ。そっとぶつよ」。男「直してもらいな」。女房「お直しだよ」、職人「分かった。今度はあさって来るからな」。
     やきもち焼きの男は、あの職人が30両持ってきたら女房は朝男と夫婦になるのかと本気で怒り出す。女房は仕方が無いからやっているんじゃないか、お前さんと別れたくないからやっているんじゃないかと泣き出す。男も機嫌を直して夫婦が仲良く相談していると、一旦出て行った先ほどの酔っぱらいが戻ってきて、中を覗いて、
    「直してもらいな」。

  • 古今亭志ん生が明治時代に遊んだ吉原のエピソードを枕にしていました。噺の初め3分の1ほどが枕でした。(小生)
  • けころ」は現在で言えばぼったくり風俗営業になるでしょうか。しっかり者の女房と間抜けな男が、好ましい夫婦として江戸の遊郭の隅に暮らしている様子が語られています。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)

     ♪曲目 playlist♪
  1. (ベートーベン作曲)交響曲第6番「田園」から   尾高忠明 指揮 東京フィルハーモニー交響楽団
  2. (ドップラー作曲)ハンガリー田園幻想曲   宮本明恭(フルート)、前橋由子(ピアノ)
  3. (ラーシュ・エリク・ラーション作曲)田園組曲からロマンス   ヤン・オラブ・ヴェデン 指揮 ストックホルム・シンフォニエッタ
  4. (アイレンベルグ作曲)森の水車   尾高忠明 指揮 東京フィルハーモニー管弦楽団
  5. (チャイコフスキー作曲)「眠りの森の美女」からアダージョ   黒岩英臣 指揮 東京フィルハーモニー交響楽団
  6. (シューマン作曲)「森の情景」より『予言の鳥』   ワルター・ギーゼキング(ピアノ)
  7. (スヴェーリング作曲)「緑の菩提樹の下で」   ピーター・ハーフォード(オルガン)

  • ラーシュ・エリク・ラーションはスウェーデンの作曲家です。(水野アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)

     ♪曲目 playlist♪
  1. 泣かないで  和田弘とマヒナスターズ 作詞 井田誠一 作曲 吉田正 昭和33年 1958
  2. 硝子のジョニー  アイ・ジョージ 作詞 石浜恒夫 作曲 アイ・ジョージ 昭和36年 1961
  3. 女心の唄  バーブ佐竹 作詞 山北由希夫 作曲 吉田矢健治 昭和39年 1964
  4. 粋な別れ  石原裕次郎 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和42年 1967
  5. 君こそわが命  水原弘 作詞 川内康範 作曲 猪俣公章 昭和42年 1967
  6. 好きだった  鶴田浩二 作詞 宮川哲夫 作曲 吉田正 昭和31年 1956
  7. 羽田発7時50分  フランク永井 作詞 宮川哲夫 作曲 豊田一雄 昭和32年 1957
  8. 東京砂漠  内山田洋とクールファイブ 作曲 吉田旺 作曲 内山田洋 昭和51年 1976
  9. 釧路の夜  美川憲一 作詞・作曲 宇佐英雄 昭和43年 1968
    深夜便の歌
     約束は心の中に  チェリッシュ 作詞:荒木とよひさ 作曲:馬飼野俊一 

  • 君こそわが命』は、川内康範さんが『アサヒ芸能』という週刊誌に連載していた同名の小説の題名です。小説の内容は、原爆の被害を受けたひとりの女性の愛と死について書かれていました。川内康範さんはそれを男の主人公に置き換えて、人気が落ち込んでいた水原弘さんから依頼のあった歌「君こそわが命」を作詞しました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)

     ♪曲目 playlist♪
  1. Mon Paris (Ah ! Qu'il etait beau mon village)(モン・パリ)  Tino Rossi(ティノ・ロッシ) Paroles: Lucien Boyer. Musique: Jean Boyer & Vincent Scotto (1928)
  2. Paris canille(パリ・カナイユ:パリ野郎)  Leo Ferre(レオ・フェレ) Paroles et Musique: Leo Ferre 1953
  3. Quand Refleuriront les Lilas Blancs(リラの花咲くころ)  Christian Borel(クリスチャン・ボレル) Paroles: L.Lelievre fils, Varna H.. Musique: F.Doelle (1929)
  4. Cerisiers roses et pommiers blancs(バラ色のサクランボの木と白いリンゴの木)  Andre Claveau(アンドレ・クラヴォー) Paroles: Jacques Larue. Musique: Louiguy 1950
  5. The Moulin Rouge Theme(ムーラン・ルージュの歌)  Georges Guetary(ジョルジュ・ゲタリー) Paroles: Georges Auric. Musique: J. Larue (1953)
  6. C'est Si Bon(セ・シ・ボン)  Yves Montand(イブ・モンタン) Paroles: Andre Hornez. Musique: Henri Betti (1947)
  7. Me Que Me Que(メケ・メケ)   Joe Dassin(ジョー・ダッサン) Paroles: Charles Aznavour. Musique: Gilbert Becaud 1953
  8. L'amour C'est Pour Rien(恋心)  Enrico Macias(エンリコ・マシアス) Paroles: Pascal-Rene Blanc Musique: Enrico Macias 
  9. Les amours finissent un jour(ある日恋の終わりが)  Georges Moustaki(ジョルジュ・ムスタキ) Paroles et Musique:Georges Moustaki
  10. La Nuit(夜のメロディ)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ) Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1964
  11. La mer(ラ・メール)  Charles Trenet(シャルル・トレネ) Paroles: Charles Trenet. Musique: Charles Trenet & Albert Lasry 1945

  • 去年の11月ころに連続テレビ小説『ちりとてちん』にシャンソンが流れていました。フランス語で「聞かせてよ愛の言葉を」を誰が歌っているのかという問い合わせがたくさんありました。20代の若い佐々木秀実さんという男性だったんです。人気があったので、12月に再びこの歌が流れてストリー展開が進んでいくことになりました。(葛西アンカー)
  • 「聞かせてよ愛の言葉を」は原題が Parlez-moi d'amour (Paroles et Musique Jean Lenoir 1925)です。(小生)
    こちらで佐々木秀実さんの歌が試聴できます。→ http://jp.youtube.com/watch?v=Fe5CiRfXujs
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)

     ♪曲目 playlist♪
  1. 港町十三番地  美空ひばり 作詞 石本美由起 作曲 上原げんと 昭和32年 1957
  2. 娘船頭さん  美空ひばり 作詞 西條八十 作曲 古賀政男 昭和30年 1955
  3. さのさ  美空ひばり
  4. Take the "A" Train(A列車で行こう)  美空ひばり、矢野沙織(アルト・サックス) written by Billy Strayhorn 平成19年 2007
  5. しのぶ龍馬残影(りょうまざんえい)  美空ひばり 作曲 市川昭介 作詞 吉岡治 昭和60年 1985
  6. 一本の鉛筆  美空ひばり 作詞 松山善三 作曲 佐藤勝 昭和49年 1969
  7. 悲しい酒  美空ひばり 作詞 石本美由起 作曲 古賀政男 昭和41年 1966
  8. 人生一路  美空ひばり 作詞 石本美由起 作曲 かとう哲也 昭和45年 1970
    深夜便の歌
     約束は心の中に  チェリッシュ 作詞:荒木とよひさ 作曲:馬飼野俊一 

    美空ひばり(みそら・ひばり、昭和12年・1937年5月29日生まれ - 平成元年・1989年6月24日死去)
     数々のヒット曲を歌い銀幕スターとして多数の映画に出演した昭和の歌謡史を代表する日本の歌手であり、女優。
  • 本日は美空ひばりさんが亡くなって20年の命日です。(葛西アンカー)
  • Take the "A" Train(A列車で行こう)はひばりさんが17才のときに吹き込んだ歌声をアルトサックスに重ねたものです。(葛西アンカー)
  • しのぶ龍馬残影(りょうまざんえい)はNHKの番組「はつらつスタジオ505」での録音です。(葛西アンカー) ライブもなかなか聞かせます。ひばりさんは放送時間終了に合うように歌っていて、放送直後の挨拶やバンド、スタッフへのねぎらいの言葉も入っていました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)

     ♪曲目 playlist♪
  1. Do It Again(ドゥ・イット・アゲイン)  Steely Dan(Steely Dan(スティーリー・ダン)written by Walter Becker/Donald Fagen 1972
  2. Rikki Don't Lose That Number(リキの電話番号)  Steely Dan(スティーリー・ダン)written by Walter Becker/Donald Fagen 1974
  3. Pretzel Logic(プレッツェル・ロジック)  Steely Dan(スティーリー・ダン) written by Walter Becker/Donald Fagen 1974
  4. The Royal Scam(幻想の摩天楼)  Steely Dan(スティーリー・ダン) written by Walter Becker/Donald Fagen 1976
  5. Aja(エイジャ)  Steely Dan(スティーリー・ダン) written by Walter Becker/Donald Fagen 1977
  6. Gaucho(ガウチョ)  Steely Dan(スティーリー・ダン) written by Walter Becker/Donald Fagen/Keith Jarrett 1980
  7. Rose Darling(可愛いローズ)  Steely Dan(スティーリー・ダン) written by Walter Becker/Donald Fagen 1975
  • スティリー・ダンのホームページです。ちょっと変った(斬新な・分かりにくい?)つくりです。siteguide にディスコグラフィなどがあります。→ http://www.steelydan.com/index.html
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)

     ♪曲目 playlist♪
  1. てぃんさぐぬ花  キロロ 沖縄県民謡
  2. 童神(ワラビカミ)  普天間かおり 作詞 古謝美佐子 作曲 佐原一哉 平成15年 2003
  3.   喜納昌吉 作詞・作曲 喜納昌吉 (昭和54年 1979)
  4. 島人ぬ宝(シマンチュヌタカラ)  ビギン 作詞・作曲 BEGIN
  5. 涙そうそう(なだそうそう)  ビギン 作詞 森山良子 作曲 BEGIN (平成12年 2000)
  6. 島唄  夏川りみ 作詞・作曲 宮沢和史(ブーム) (平成5年 1993)
  7. ハイサイおじさん  喜納昌吉とチャンプルーズ 作詞・作曲 喜納昌吉
  8. 安里屋ユンタ(あさどやゆんた)  宮城チドリ 作詞 星克 作曲 宮良長包
    深夜便の歌
     マイ・ラブ・アゲイン  里見浩太朗 作詞:畠じゅん子 作曲:中川博之

  • 今日6月23日は太平洋戦争末期の沖縄戦の戦没者を悼む「慰霊の日」です。小生の母方の大叔父が沖縄戦で戦い、昭和の終わりごろまで生きていました。多くの戦争経験者がそうであるように、大叔父も戦争の話はしませんでした。いつかこの時期に沖縄へ行って戦跡を訪ねてみたいと思っています。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)

     ♪曲目 playlist♪
  1. Bye Bye Love(バイバイ・ラブ)  The Everly Brothers(エヴァリー・ブラザーズ)written by Felice and Boudleaux Bryant 1957
  2. Wake Up Little Susie(起きろよスージー)  The Everly Brothers(エヴァリー・ブラザーズ) written by Felice and Boudleaux Bryant 1957
  3. All I Have To Do Is Dream(夢を見るだけ)  The Everly Brothers(エヴァリー・ブラザーズ)written by Felice and Boudleaux Bryant 1958
  4. Problems(プロブレム)  The Everly Brothers(エヴァリー・ブラザーズ)written by Boudleaux Bryant, Felice Bryant 1958
  5. ('Til) I Kissed You(キスをするまで)  The Everly Brothers(エヴァリー・ブラザーズ)written by Don The Everly 1959
  6. Let It Be Me(レット・イット・ビー・ミー)  The Everly Brothers(エヴァリー・ブラザーズ) written by Gilbert Becaud/Mann Curtis/Pierre Delanoe (Originally a French song) 1960
  7. Cathy's Clown(キャシーズ・クラウン)  The Everly Brothers(エヴァリー・ブラザーズ) written by The The Everly Brothers, Don and Phil 1960
  8. Crying In the Rain(クライング・イン・ザ・レイン)  The Everly Brothers(エヴァリー・ブラザーズ) written by Howard Greenfield/Carole King 1962
  9. You've Lost That Lovin' Feeling(ふられた気持ち)  The Righteous Brothers(ライチャス・ブラザーズ) lyrics & music: Barry Mann, Cynthia Weil 1965
  10. Georgia On My Mind(わが心のジョージア)  The Righteous Brothers(ライチャス・ブラザーズ) written by Hoagy Carmichael/Stuart Gorrell 1966
  11. The Great Pretender(グレイト・プリテンダー)  The Righteous Brothers(ライチャス・ブラザーズ)written by Buck Ram 1965(1955)
  12. White Cliffs Of Dover(ドーバーの白い崖)  The Righteous Brothers(ライチャス・ブラザーズ) written by Nat Burton/Walter Kent 1966
  13. He(やさしい貴方:やさしいあなた)  The Righteous Brothers(ライチャス・ブラザーズ) written by Richard Mullen/Jack Richards 1966
  14. Unchained Melody(アンチェインド・メロディ) The Righteous Brotheres(ザ・ライチャス・ブラザーズ)written by Alex North, Hy Zaret 1990,1965(1955)

  • 今日は15曲かける予定でしたが、14曲までおかけしました。(榊アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)

     ♪曲目 playlist♪
  1. 潮来笠(いたこがさ)  橋幸夫 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和35年 1960
  2. 寒い朝 吉永小百合、和田弘とマヒナスターズ 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和37年 1962
  3. 美しい十代 三田明 作詞 宮川哲夫 作曲 吉田正 昭和38年 1963
  4. 恋のメキシカン・ロック 橋幸夫 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和42年 1967
  5. おまえに フランク永井 作詞 岩谷時子 作曲 吉田正 昭和47年 1972
  6. 鶴田浩二 作詞 藤田まさと 作曲 吉田正 昭和46年 1971
  7. 和歌山ブルース 古都清乃(こと・きよの) 作詞 吉川静夫 作曲 吉田正 昭和55年 1980(昭和43年 1968)
  8. やせがまん  作詞 唐木淳 作詞 阿久悠 作曲 吉田正 平成3年 1991
  9. いつでも夢を 橋幸夫、吉永小百合 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和37年 1962
    深夜便の歌
     マイ・ラブ・アゲイン  里見浩太朗 作詞:畠じゅん子 作曲:中川博之

  • (「美しい十代」を放送した後)もう3,4年ほど前になりますけどカラオで急にこの歌を歌いたくなりましてね、歌いました。そのときに「美しい五十代」っていったんですね、受けるかなーと思ったんですが受けませんでした。それ以来この歌を歌っていませんです。(榊アンカー)
  • 和歌山ブルース」をこの時間帯に聴くのは二度目です。和歌山市にはいったこと無いですが、ご当地ソングの王道を行くような旅心をそそる歌です。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masahiro)

源氏物語千年紀朗読特集~田辺聖子・源氏の世界
 「憂くつらき夜を嘆き明石の人の巻」 第2回 朗読:浜中博久(はまなか・ひろひさ)アナウンサー
  • 源氏の求愛を受け入れようとしなかった明石の入道の娘はついに心を開き契りを交わします。この娘は後に源氏の姫君を生むことになり、明石の君と呼ばれます。源氏の元へは、京へ戻れとの命がもたらされ、断ち切れぬ未練を明石の君に残しながら3年ぶりに都へ戻ります。では源氏が明石の入道の娘をかき口説く場面から...。(西橋アンカーの概説)
  • 源氏は率直な気持ちを言葉にして明石の入道の娘に伝えた。率直は常に女に対する男の武器である。娘に戸を開けさせ源氏は娘を抱き寄せる。娘はいずれ源氏が都へ戻ることを分かっていて、幸せが極まって悲しみに変らぬうちに終わらせてくれという。しかし源氏はその願いを訊かなかった。
  • 帝は退位して東宮にその座を譲ろうと考え、源氏には東宮の後見人になって欲しいと思っていた。源氏は身重となった入道の娘との別れが近づくにつれ娘の下へ足繁く通った。皮肉なことに別れが近づくに従って源氏の愛は深まるのだった。
  • 源氏は二条院に着き紫の君が待つ西の対にむかう。紫の君は三年前よりもっと美しくなっていた。この幸せが現実かどうかを確かめるように二人はうっとりと見詰め合うのだった。源氏は明石に残してきた入道の娘のことを哀れに思った。男の愛はいくつもの入れ物があってそのどれもが真実を湛えているのだということをどうやって女人に理解させられようか。
  • 源氏は帝のお召しで参内した。人々は一回り大きくなった源氏をみて頼もしく思った。
     ♪曲目 playlist♪
  1. Hymne a l'amour(愛の賛歌)  Edith Piaf(エディット・ピアフ)  Paroles: Edith Piaf Musique: Marguerite Monnot 1949
  2. Sometime(サムタイム)  川崎燎
  3. La vie en rose(バラ色の人生)  Edith Piaf(エディット・ピアフ) Paroles: Edith Piaf. Musique: Pierre Louiguy 1946
  4. そよ風と私  川崎燎

    「率直は常に女に対する男の武器」とか「男の愛はいくつもの入れ物があってそのどれもが真実を湛えているのだ」なんて言葉が良く出てくるものだと感心します。(小生)

    川崎燎(かわさき・りょう, 昭和22年・1947年2月25日生まれ )
     日本を代表するジャズ・ギタリスト。1960年代後半から世界を股に駆けて活躍している。
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masahiro)

     ♪曲目 playlist♪
  1. ギザギザハートの子守唄  チェッカーズ 作詞 康珍化 作曲 芹澤廣明 昭和58年 1983
  2. 私の16才  小泉今日子 作詞 真樹のり子 作曲 たきのえいじ 昭和57年 1982
  3. 涙のリクエスト  チェッカーズ 作詞 売野雅勇 作曲 芹澤廣明 昭和59年 1984
  4. 哀しくてジェラシー  チェッカーズ 作詞 売野雅勇 作曲 芹澤廣明 昭和59年 1984
  5. なんてったってアイドル  小泉今日子 作詞 秋元康 作曲 筒美京平 昭和60年 1985
  6. 渚のはいから人魚  小泉今日子 作詞 康珍化 作曲 馬飼野康二 昭和59年 1984
  7. ジュリアに傷心  チェッカーズ 作詞 売野雅勇 作曲 芹澤廣明 昭和59年 1984
  8. 素敵なラブリーボーイ  小泉今日子 作詞 千家和也 作曲 穂口雄右 昭和58年 1983
  9. I Love you, SAYONARA  チェッカーズ 作詞 藤井郁弥 作曲 大土井裕二 昭和63年 1987
    深夜便の歌
     マイ・ラブ・アゲイン  里見浩太朗 作詞:畠じゅん子 作曲:中川博之

     チェッカーズ(THE CHECKERS)は、福岡県久留米市から生まれた7人組のロックバンド。バンドとしての活動期間は1980年から1992年まで。
    メンバーは
    藤井郁弥(ふじい・ふみや、昭和37年・1962年7月11日生まれ):リードボーカル
    武内享(たけうち・とおる、昭和37年・1962年7月21日生まれ):ギター、リーダー
    高杢禎彦(たかもく・よしひこ、昭和37年・1962年9月9日生まれ):ボーカル
    大土井裕二(おおどい・ゆうじ、昭和37年・1962年11月2日生まれ):ベース、副リーダー
    鶴久政治(つるく・まさはる、昭和39年・1964年3月31日生まれ):ボーカル
    徳永善也(とくなが・よしや、昭和39年・1964年6月7日生まれ - 平成16年・2004年8月17日死去):ドラム
    藤井尚之(ふじい・なおゆき、昭和39年・1964年12月27日生まれ):サックス、ギター、フルート

     小泉今日子(こいずみ・きょうこ、昭和41年・1966年2月4日生まれ)
     日本の女性歌手、女優。神奈川県厚木市出身。愛称:KYON2(キョンキョン、またはキョンツー)。活動期間 1982年 - 現在。 女性歌手の中では松田聖子、浜崎あゆみらを抑えてオリコンベスト10入りの曲数では歴代一位であり、いかに人気が長期間継続したかが伺われる。

  • 私の16才」は小泉今日子さんのデビュー曲です。(小生)
  • 「素敵なラブリーボーイ」はグリコのプッチンプリンのCMに出ていた林寛子さんが歌っていたの同名曲のカヴァーです。(小生)

  • 6月19日から本日の午後まで、このブログのプラットフォームを運営しているFC2の機能変更・ 改良に伴って小生からこのプログの管理が出来なくなっていました。一時はどうなるかと気をもんでいましたが、FC2の担当者にその内容をメールしたら半日ほどで再び使えるようになりました。思いのほか迅速な対応に安心しました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)

     ♪曲目 playlist♪
  1. Desafinado(デサフィナード)  Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト)(v,g) written by Antonio Carlos Jobim/Newton Mendonca 1958
  2. Bim Bom(ビン・ボン)  Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト)written by Joao Gilberto1958
  3. Garota de Ipanema(The Girl from Ipanema)(イパネマの娘)  Joao Gilberto(vo,g), Astrud Gilberto(vo), Stan Getz(ts), Antonio Carlos Jobim(p) music by Antonio Carlos Jobim lyrics by Vinicius de Moraes 1964(1962)
  4. Doralice(ドラリセ)  Joao Gilberto(vo,g), Stan Getz(ts) written by Antonio Almeida/Dorival Caymmi 1958
  5. Ela e Carioca(彼女はカリオカ)  Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト) written by Valle Ray Gilbert
  6. Aguas de Marco (Waters of March)(三月の水)  Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト) written by Antonio Carlos Jobim 1973
  7. Retrato Em Branco E Preto(白と黒のポートレイト)  Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト)、クラウス・オガーマン指揮 オーケストラ written by Chico Buarque/Antonio Carlos Jobim 1977
  8. Siga(私の道)  Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト)、クレア・フィッシャー指揮オーケストラ written by Helio Guimaraes/Fernando Lobo 1991
  9. Desde Que O Samba Samba(サンバがサンバであるからには)  Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト) written by Caetano Veloso 2000
  10. Chega de Saudade(想いあふれて)  Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト) written by Vinicius de Moraes/Antonio Carlos Jobim

    ジョアン・ジルベルト(Joao Gilberto, 1931年6月10日生まれ)
     ブラジルの歌手・ミュージシャン。作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビンや作詞家のヴィニシウス・ヂ・モライスらとともに、ボサノバというジャンルを創成した。なお、アストラッド・ジルベルトはジョアンの元妻である。

  • ジョアン・ジルベルトは妻だったアストラッド・ジルベルトに別れられて、さらにボサノバの磨きが掛かっているようです。分かれた妻への思いを歌にして、妻と過ごした日々よりも長く歌いつづけるのも才能がなせる技なのでしょうね。(小生)

  • 昨日はタイマー録音が出来なかったので記事のアップはありません。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)

     ♪曲目 playlist♪
  1. わたしの城下町  小柳ルミ子 作詞 安井かずみ 作曲 平尾昌晃 昭和46年 1971
  2. 花嫁  はしだのりひことクライマックス 作詞 北山修 作曲 端田宣彦、坂庭省悟 昭和46年 1971
  3. 夏の誘惑  フォーリーブス 作詞 北公次 作曲 鈴木邦彦 昭和46年 1971
  4. 中途半端はやめて  奥村チヨ 作詞 なかにし礼 作曲 筒美京平 昭和46年 1971
  5. 生きがい  由紀さおり 作詞 山上路夫 作曲 渋谷毅 昭和46年 1971
  6. ついてくるかい  小林旭 作詞・作曲 遠藤実 昭和46年 1971
  7. ざんげの値打ちもない  北原ミレイ 作詞 阿久悠 作曲 村井邦彦 昭和45年 1970
  8. 傷だらけの人生  鶴田浩二 作詞 藤田まさと 作曲 吉田正 昭和45年 1970
  9. さらば恋人  堺正章 作詞 北山修 作曲 筒美京平 昭和46年 1971
  10. 水色の恋  天地真理 作詞 田上えり/Pesce Carlos 作曲 田上みどり/Feliciano Latasa 補作曲 森岡賢一郎 昭和46年 1971
    深夜便の歌
     マイ・ラブ・アゲイン  里見浩太朗 作詞:畠じゅん子 作曲:中川博之

  • 迎アンカーが読んだお便りの中に、「25歳の人で毎月献血をしています。なにか役に立ちたくて」とありました。確か、全血の献血をすると次回の献血は3ヶ月間を空けるのではなかったのかと思います。小生もよく献血をするのですが、若い人は違うのかもしれません。(小生)
  • わたしの城下町」は安井かずみさんが京都ではなく加賀百万石の城下町金沢をイメージして作られたのだそうです。そういえば、安井かずみさんはシンガーとしてLPを何枚かリリースしています。3時台深夜便のネタがなくなりそうだったら、歌手としての安井かずみさんの特集が放送されるといいなぁ。(小生)
  • 水色の恋」はタンゴの曲で良く似た曲があって、そちらが元の曲です。JASRACにもそのように登録されています。現曲の作詞・作曲者はアルゼンチンの人です。下のサイトに「水色の恋」に関する記事があります。スペイン語なので読めませんが。(小生)
    http://www.buenosairesantiguo.com.ar/patiodetango15.html

  • 昨日はタイマー録音が出来なかったので記事のアップはありません。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 川野一宇 (Kawano-Kazuie)

     ♪曲目 playlist♪
  1. My Foolish Heart(マイ・フーリッシュ・ハート:愚かなリ我が心)  Bill Evans Trio: Bill Evans(p), Scott LaFaro(b), Paul Motian(d) 1961
  2. Maiden Voyage(メイデン・ヴォヤージュ)  Bobby Hutcherson(vib), Herbie Hancock(p), Bob Cranshaw(b), Joe Chambers(d) 1966
  3. Domino(ドミノ)  Roland Kirk (ts, mzo, str, fl) Andrew Hill (p, cel) Vernon Martin (b) Henry Duncan (d) 1962(1950)
  4. One Note Samba(ワン・ノート・サンパ)  Stan Getz(ts), Charlie Byrd(g), Gene Byrd(g), Keter Betts(b), Buddy Deppenschmidt(d), Bill Reinchenbach (per) 1964
  5. Alligator Bogaloo(アリゲーター・ブーガルー)  Lou Donaldson(as), Lonnie Smith(org), George Benson(g), Leo Morris(d) 1967
  6. L'aria De La Suite En Re (Air For G String) (G線上のアリア)  The Swingle Singers With Milt Jackson(vib), John Lewis(p), Percy Heath(b), Connie Kay(d) 1966
  7. Hymm to Freedom(自由への賛歌)  Oscar Peterson trio:Oscar Peterson(p), Ray Brown(b), Ed Thigpen(d) 1962

  • Domino(ドミノ)はフランスの歌手 Lucienne Delyle(リュシエンヌ・ドリール) が1950年に歌ったのが最初です。(小生)
  • いまのFRB議長はバーナンキですが、その前のFRB議長はグリーンスパンです。そのグリーンスパンが若い頃に楽器が得意でテナーサックスを吹いていたんだそうですね。1940年代に同じテナーサックスの先生に習っていたのがスタン・ゲッツなんだそうです。どうしてもスタンゲッツにはかなわなかったといっています。(川野アンカー)

  • 複数の方々からご支援いただきこの日の曲目リストをアップすることが出来ました。有り難うございました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 川野一宇 (Kawano-Kazuie)

     ♪曲目 playlist♪
  1. 山の彼方に  藤山一郎 作詞 西條八十 作曲 服部良一 昭和25年 1950
  2. 夢淡き東京  藤山一郎 作詞 サトウ・ハチロー 作曲 古関裕而 昭和22年 1947
  3. 浅草の唄  藤山一郎 作詞 サトウハチロー 作曲 万城目正 昭和22年 1947
  4. 花の素顔  藤山一郎、安藤まり子 作詞 西條八十  作曲 服部良一 昭和24年 1949
  5. 長崎の鐘  藤山一郎 作詞 サトウハチロー 作曲 古関裕而 昭和24年 1949
  6. ニコライの鐘  藤山一郎 作詞 門田ゆたか 作曲 古関裕而 昭和26年 1951
  7. みどりの雨  藤山一郎 作詞 丘灯至夫 作曲 古関裕而 昭和28年 1953
  8. ラジオ体操の歌  藤山一郎、コロムビアひばり児童合唱団 作詞 藤浦洸 作曲 藤山一郎 昭和32年 1957
  9. ブンガワン・ソロ(ブンガワンソロ)  藤山一郎 日本語詞 藤山一郎 作曲 グサン・マルトハルトノ 
  10. 青い山脈  藤山一郎 作詞 西條八十 作曲 服部良一 (昭和24年 1949)
    深夜便の歌
     マイ・ラブ・アゲイン  里見浩太朗 作詞:畠じゅん子 作曲:中川博之

  • ラジオ体操の歌」は良く知られた『新しい朝が来た~』で始まる歌です。(小生)
  • 青い山脈」は後年藤山一郎さんがソロで吹き込みなおした音源でお送りしました。(川野アンカー)

  • 複数の方々からご支援いただきこの日の曲目リストをアップすることが出来ました。有り難うございました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)

     ♪曲目 playlist♪
  1. Three Times a Lady(永遠の人にささげる歌)  The Commodores(コモドアーズ) written by Lionel Richie 1978
  2. The Bump(ザ・バンプ)  The Commodores(コモドアーズ) written by Milan Williams 1974
  3. Brick House(ブリックハウス)  The Commodores(コモドアーズ) written by William King/Ronald LaPread/Thomas McClary/Walter Orange/Lionel Richie/Milan Williams 1977
  4. Fancy Dancer(ファンシー・ダンサー)  The Commodores(コモドアーズ) written by Ronald LaPread/Lionel Richie 1976
  5. Slippery When Wet(スリッパリー)  The Commodores(コモドアーズ) written by Thomas McClary/Walter Orange 1975
  6. All Night Long (All Night)(オールナイト・ロング)  Lionel Richie(ライオネル・リッチー) written by Lionel Richie 1983
  7. Say You, Say Me(セイ・ユー、セイ・ミー)  Lionel Richie(ライオネル・リッチー) written by Lionel Richie 1985
  8. Hello(ハロー)  Lionel Richie(ライオネル・リッチー) written by Lionel Richie 1984
  9. Stuck on You(スタック・オン・ユー)  Lionel Richie(ライオネル・リッチー) written by Lionel Richie 1983
  10. Running With the Night(ランニング・ウィズ・ザ・ナイト)  Lionel Richie(ライオネル・リッチー) written by Lionel Richie/Cynthia Weil 1983

    ライオネル・リッチーが加わっていた頃のコモドアーズとソロになってからライオネル・リッチーの特集でした。(須磨アンカー)
  • Slippery When Wet(スリッパリー)は道路標識の言葉で「雨の時にスリップ注意」という意味なんだそうです。(須磨アンカー)
  • All Night Long (All Night)(オールナイト・ロング)は、数年前にタモリ倶楽部の「空耳アワー」に投稿されていました。コーラスによるchant(掛け声の)
    "Tam bo li de say de moi ya/Hey Jambo Jumbo"
    の部分を
    『田んぼ行って捨ててこいや、イェー田んぼ田んぼ』
    と「空聴き」されていました。田んぼのあぜ道で、蛙を持った子供が大人にこれを捨てるようにといわれている映像とともに放送されました。聞き取った人を今でも尊敬しています。(小生)
  • Stuck on You(スタック・オン・ユー)は「あなたに夢中」と言う意味です。(須磨アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)

     ♪曲目 playlist♪
  1. 時の流れに身をまかせ  テレサ・テン 作詞 荒木とよひさ 作曲 三木たかし 昭和61年 1986
  2. コーヒーショップで  あべ静江 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 昭和48年 1973
  3. 夜はドラマチック  しばたはつみ 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 昭和53年 1978
  4. 白い約束  山口百恵 作詞 千家和也 作曲 三木たかし 昭和50年 1975
  5. 思秋期  岩崎宏美 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 昭和52年 1977
  6. 北の蛍  森進一 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 昭和59年 1984
  7. 艶歌師  香田晋 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 平成20年 2008.4.23再発売(平成10年 1998)
  8. ブーメラン・ストリート  西城秀樹 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 昭和52年 1977
  9. めだかの兄妹  わらべ 作詞 荒木とよひさ 作曲 三木たかし 昭和57年 1982
    深夜便の歌
     マイ・ラブ・アゲイン  里見浩太朗 作詞:畠じゅん子 作曲:中川博之

     三木たかし(みき・たかし、昭和20年・1945年1月12日生まれ)
    日本の作曲家。東京都出身。黛ジュンの実兄でもある。歌謡ポップス界から演歌界まで多大な貢献を果たす。喉頭がんにかかり声帯の半分を切除したが復活。

  • たくさんのヒット曲を出した三木たかしさんですが、作曲家としてデビューしてしばらくは順調でヒット曲を連発したんですが、あるとき全くかけなくなったんだそうです。それは26歳のときで、曲のイメージが湧いてこなくなったそうです。そのあせったときに救ってくれたのが阿久悠さんだったそうです。「作家が書けないなんていっちゃだめだよ」といって、三木たかしさんを「日本一周ロマンのたび」に連れて行ってくれたそうです。一週間船の上で映画とか音楽とか様々なジャンルの公演まで聴いて、そのうちに三木たかしさんは「創作意欲に火がついて血が動き出し、曲が書けるけるようになった、阿久悠さんと知り合って自分は救われた」とおっしゃっています。(須磨アンカー)
  • めだかの兄妹」と書いて「めだかのきょうだい」と読みます。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)

     ♪曲目 playlist♪
  1. ショパン作曲)ワルツ第1番変ホ長調作品18「華麗なる大円舞曲」(バレエ音楽『レ・シルフィールド』オーケストラ用編曲版)  ユージン・オーマンディ 指揮 フィラデルフィア管弦楽団
  2. ショパン作曲)ポロネーズ第6番変イ長調作品53「英雄」  アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ)
  3. ショパン作曲)プレリュード第15番変ニ長調作品28-15「雨だれ」  クラウディオ・アラウ(ピアノ)
  4. ショパン作曲)ノクターン第2番変ホ長調作品9-2(チェロ用編曲版)   ピエール・フルニエ(チェロ)、ラマール・クラウソン(ピアノ)
  5. ショパン作曲)ピアノ協奏曲第2番へ短調作品21から第2楽章  マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)、ムスティスラフ・ロストロポロヴィッチ指揮 ワシントン・ナショナル交響楽団
  6. ショパン作曲)マズルカ嬰へ短調作品6-1  ニキタ・マガロフ(ピアノ)
  7. (ショパン作曲)即興曲第4番ハ短調作品66「幻想即興曲」  フジ子・ヘミング(ピアノ)

  • 夜中に聞くショパンの名曲、いいですね。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)

     ♪曲目 playlist♪
  1. もう一度  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 昭和59年 1984
  2. ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの青い風~  竹内まりや 作詞 竜真知子 作曲 加藤和彦 昭和54年 1979
  3. リンダ  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 昭和59年 1989(昭和55年 1980)
  4. マージー・ビートで唄わせて  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 昭和59年 1984
  5. 元気を出して  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 昭和63年 1988(1984)
  6. シングル・アゲイン  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 平成元年 1989
  7. けんかをやめて  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 昭和62年 1987(昭和57年 1982)
  8. 家に帰ろう(うちにかえろう:マイ・スウィート・ホーム)  竹内まりや 作詞・作曲 竹内まりや 平成4年 1992
    深夜便の歌
     マイ・ラブ・アゲイン  里見浩太朗 作詞:畠じゅん子 作曲:中川博之

     竹内まりや(たけうち まりや、昭和30年・1955年3月20日生まれ-)
    島根県出雲市大社町出身のシンガーソングライター。自称「シンガーソング専業主婦」。本名、山下 まりや(旧姓:竹内)。山下達郎の妻で、一女の母である。

  • 元気を出して」の途中で地震情報が入ったので再び最初から放送されました。(小生)
  • NHKの記念番組で竹内まりやさんの曲の人気投票がありました。1位は「駅」、2位は「人生の扉」、3位は「元気を出して」でした。また、7月8月9月の深夜便の歌で「最後のタンゴ」という歌を作曲していらして、歌も竹内まりやさんでお届けすることになっています。(遠藤アンカー)
  • 竹内まりやさんの曲は明るくて元気の出る声質によくあっています。(小生)
  • 竹内まりやさんのホームページ→ http://www.smile-co.co.jp/mariya/index.html
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカ Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)

     ♪曲目 playlist♪
  1. Walk, Don't Run '64(ウォーク・ドント・ラン64)  The Ventures(ベンチャーズ) composed by Johnny Smith 1964
  2. Movin'(太陽の彼方に)  The Astronauts(アストロノウツ) written by Milton Leeds/Nicholas Roubanis/Bob Russell/Fred Wise 1963
  3. A Taste of Honey(蜜の味)  Herb Alpert & Tijuana Brass(ハーブ・アルパート&ティファナ・ブラス) written by Ric Marlow/Bobby Scott 1965
  4. L'Isola di Arturo:Arturo's Island(禁じられた恋の島)  Elio Bruno Orchestra(エリオ・ブルーノ楽団)music by Carlo Rustichelli 1962
  5. Love Theme from "Romeo and Juliet"(映画『ロミオとジュリエット』主題歌)  Henry Mancini ORCHESTRA(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ) music by Nino Rota 1969
  6. Maria Elena(マリア・エレーナ)  Los Indios Tabajaras(ロス・インディオス・タバハラス) music and Spanish words by Lorenzo Barcelata,1936  English words by S.K. Russell 1963
  7. Java(ジャワの夜は更けて)  Al Hirt(アル・ハート)(tp) written by Freddy Friday/Allen Toussaint/Alvin "Red" Tyler 1964
  8. The Lion Sleeps Tonight(ライオンは寝ている)  The Tokens(トーケンズ) written by George Weiss, Luigi Creatore, and Hugo Peretti 1961
  9. The Longest Day(映画『史上最大の作戦』より「史上最大の作戦」)  Paul Anka(ポール・アンカ) written by Paul Anka 1962
  10. The End of the World(エンド・オブ・ザ・ワールド:この世の果てまで)  Skeeter Davis(スキーター・デイヴィス) written by Sylvia Dee/Arthur Kent 1963
  11. I Will Follow Him(アイ・ウィル・フォロー・ヒム)  Little Peggy March(リトル・ペギー・マーチ) written by Arthur Altman/Norman Gimbel/Jacques Plante/Del Roma/J.W. Stole 1963
  12. La Plus Belle Pour Aller Danser(アイドルを探せ)  Sylvie Vartan(シルヴィ・バルタン) Paroles et Musique: Charles Aznavour 1964
  13. Summer In The City(サマー・イン・ザ・シティ)  The Lovin' Spoonful(ラヴィン・スプーンフル)written by Mark Sebastian/Steve Boone 1966
  14. Light My Fire(ハートに火をつけて)  Jose Feliciano(ホセ・フェリシアーノ) written by John Densmore/The Doors/Robbie Krieger/Ray Manzarek/Jim Morrison 1967
  15. Aquarius/Let the Sunshine In(輝く星座~レット・ザ・サンシャイン・イン)   5th Dimension(フィフス・ディメンション)words by James Rado/Gerome Ragni music by Galt MacDermot 1969

  • この時代の曲は短いせいもあってたくさん掛かりました。それぞれの曲について、いつものことながら宇田川アンカーの解説も面白かった。(小生)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。