このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

2009年01月の全記事一覧

スポンサーサイト
2009, 1/30 23時台~1/31 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Jan 30 23:00 to 31 1:59, 2009 JST
2009, 1/31土 〔朗読〕 「シドニーへ 彼女たちの42.195km」 増島みどり著、朗読:森山春香アナ Sat Jan 31, 2009
2009, 1/31土 ○アンカーを囲むつどい 葛西・柴田アンカー、 ○歌声カフェ:ダ・カーポ (H20.12.6名古屋市中区で収録)Sat Jan 31, 2009
2009, 1/29 23時台~1/30 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Jan 29 23:00 to 30 1:59, 2009 JST
2009, 1/30金  リラックス・サウンズ: ライト・クラシックスの楽しみ Fri Jan 30, 2009
2009, 1/30金  昭和歌年鑑:昭和49年の流行歌 Fri Jan 30, 2009
2009, 1/28 23時台~1/29 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Jan 28 23:00 to 29 1:59, 2009 JST
2009, 1/29木 ロック・クラシックス:ニール・ヤング('70年代作品から)集 Thu Jan 29, 2009
2009, 1/29木 思い出の流行歌:ムード歌謡集 Thu Jan 29, 2009
2009, 1/27 23時台~1/28 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Jan 27 23:00 to 28 1:59, 2009 JST
2009, 1/28水 ポピュラー名曲アルバム:’50年代ポップス・ヒット集 Wed Jan 28, 2009
2009, 1/28水 懐かしの歌謡スター:村田英雄集 Wed Jan 28, 2009
2009, 1/26月 23時台~1/27火 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Jan 26 23:00 to 27 1:59, 2009 JST
2009, 1/27火 ヴィンテージ・ポップス:クインシー・ジョーンズ(指揮・編曲)作品集 Tue Jan 27, 2009
2009, 1/27火 作家で綴る流行歌:丘灯至夫(作詞)作品集(2) Tue Jan 27, 2009
2009, 1/25日 23時台~1/26月 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Jan 25 23:00 to 26 1:59, 2009 JST
2009, 1/26月 エンジョイ・ジャズ:ピアノ・トリオ名演集 Mon Jan 26, 2009
2009, 1/26月 歌謡スター・思い出のヒット:前川清 集 Mon Jan 26, 2009
2009, 1/24土 23時台~1/25日 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT
2009, 1/25日 ポピュラー名曲アルバム:ソウル・ミュージック名バラード集 Sun Jan 25, 2009
2009, 1/25日 青春の歌:井上陽水集 Sun Jan 25, 2009
2009, 1/24土  音楽で寿ぐニューイヤー~水戸芸術館ニューイヤーコンサートから (H21.1.5水戸市収録)  Sat Jan 24, 2009
2009, 1/24土  追悼・フランク永井と吉田正 Sat Jan 24, 2009
2009, 1/23金 ヴィンテージ・ポップス:ヘンリー・マンシーニ集 Fri Jan 23, 2009
2009, 1/23金 思い出の流行歌:昭和40年代の作品から Fri Jan 23, 2009
2009, 1/22木 クラシックへの誘い:モーツァルトの調べ Thu Jan 22, 2009
2009, 1/22木 懐かしの歌謡スター:林伊佐緒(はやし・いさお)集 Thu Jan 22, 2009
2009, 1/21水 ポピュラー名曲アルバム:シャンソンの楽しみ Wed Jan 21, 2009
2009, 1/21水 歌謡スター・思い出のヒット:和田アキ子集 Wed Jan 21, 2009
2009, 1/20火 ポピュラー名曲アルバム:ミュージック・オブ・ディズニー Tue Jan 20, 2009
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009, 1/30 23時台~1/31 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Jan 30 23:00 to 31 1:59, 2009 JST
ラジオ深夜便  アンカー 名古屋・森中直樹 さん
名古屋発 深夜便  愛知に息づくスポーツ文化~トップアスリートから中高年まで
日中は15度2分まで上がった名古屋。今雨が降っています。(森中アンカー)

  1. ▽愛知に息づくスポーツ文化 (前半) スポーツライター 増島みどり(ますじま・みどり)
    • 東海地方にはオリジナリティがある。ここにしかないというものがある。
    • 父がテレビのスポーツ報道の仕事をしていた。スポーツ紙の記者をへてスポーツライターになった。
    • 女子マラソンがオリンピック競技になったときから取材している。高地トレーニングで心肺機能を高め、足を強くする。
    • 高橋尚子さんは金を取りたいというのではなく、自分を乗り越えたいという気持ちで走っていた。
    • 40Km走の練習は過酷。子供には見せられない。
    • マラソンにはいくつもの楽しみがある。5Km,10Km,ハーフ、ラスト10Kmのタイムなど様々なチャレンジがある。
    • トレーニングをしてきて水面下の努力があって(オリンピックの)スタートに立っていることを思うと、良い成績が出せなかったからといって批判する気にはなれない。
    • 野口みゆきさんは筋力が強いのでストライド(歩幅)が大きい。マラソン選手はやらない筋力を鍛えるためウエイトトレーニングをしていた。

  2. ▽愛知に息づくスポーツ文化 (後半) スポーツライター 増島みどり
    • ハンマー投げの室伏広治さんをお呼びしてワークショップをした。室伏さんいわく「ハンマー投げは、ハンマーを拾っているときが好き」。
    • 室伏広治さんが自分で作ったビデオ『僕のハンマー投げ』を見た。ハンマーを綺麗に洗い壁に飾る。ハンマーを拾う。自分で撮っているので回転している場面はない(笑)。
    • ハンマーが馴染んでくると楽になって記録が伸びてゆく。
    • 東海地方は地理的な面で恵まれている。名古屋に行けばほとんどのトップ競技を見たりやったりできるので。遠くに行かなくても次のステップに進める。
    • 東海地方からは冬の競技、フィギアスケート選手も多数出ている。伊藤みどりさんがフィギュアスケートを美しさからアスリートの競技に変えた。
    • スポーツのオリジナリティ・ジャパンオリジナリティを東海地方から多数出している。その理由は「味噌テキ」でしょうか、絶対に他にない味付け(笑)。
    • 不況で企業スポーツが縮小している。スポーツライターとしてスポーツに対し何をすれば考えなくてはいけない。
    • 中国はオリンピックでメダルをたくさん取ったが、スポーツ人口は逆三角形、裾野がない。日本は富士山みたいな姿がいい。ファンも裾野、スポーツを支えている。

  3. 一流スポーツ選手から学ぶ健康法   中京大学体育学部教授 湯浅景元(ゆあさ・かげもと)
    • 昭和22年名古屋生まれ。スポーツを科学的に研究。トップアスリートの動きをコンピュータ解析。一般の人にも役立つ健康法にも結びつく。
    • 1.イチロー選手。バッターボックスでの動き。バットを立てているときにグリップをぐっと握っている、そして振り戻すときになんとなく力を抜いている。リラックスにつながっている。
    • 仕事でも夢中でやっていると肩に力が入っている。それが続くといらいらしてくる。そこで肩の力を抜けと言われるが、なかなか抜けない。ぬけない肩の力をどう抜くかというのがイチロー選手の打席の構え。そこにヒントがあった。「力を抜け」ではなく「力を入れてから抜け」だった。緊張感を高めたところで、ゆっくりと力を抜くとリラックスにつながることが分かった。大相撲の高見盛も同じようなことをやっている。
    • 2.高橋尚子選手から学んだことは「骨」。運動すると骨は丈夫になると思っていたが違っていた。瞬間に大きな力を加えることで骨は丈夫になる。座ったまま片足を上げて思いっきり床を踏みつける。そのとき(足の骨に)電流が発生しカルシウムを骨に引き込んでくれる。但し、5回だけ力を加える。一日5回大きくジャンプする。これ以上すると骨は弱くなる。
    • 3.工藤投手からは股関節の筋肉を鍛えることを学んだ。股関節周りの筋肉が弱くなってくると転びやすくなってくる。立ち上がって、両足を肩幅より少しひろめに開く。つま先は少し外向き。両膝をそれぞれの足先につけるように曲げる。できれば上半身まっすぐに。7秒その姿勢を保つ。それを3回行なう。呼吸をしながら。
    • 4.室伏広治選手、ハンマー投げでハンマーが身体から離れるとき400kgの力が加わる。腰に負担が掛かるので、どうやって腰を鍛えるか。そのトレーニングから、普通の人向けの腰を鍛える方法として、椅子に浅めに腰掛け両手を横の座席をつかむ、むねを張る。そのまま立つような力を加える。これも7秒行なう。腰を意識して。
    • 5.浅田真央選手、身体を引き締めることは中年以上の人にも大切。内蔵は結構重いのであるべき位置にとどめることは消化吸収に大事。男女とも60,65歳を過ぎると便秘が多くなる。身体を引き締めるには食事の回数。一日に食べる量を決めておいて5回に小分けして食べる。そうすると脂肪が燃え易くなってきたり、脂肪がつかなくなってくる。力士はこの逆をやって体重を増やしている。
    • さらに、お腹を引き締めていただきたい。便秘解消にもつながるし、いいスタイルも保てる。左の手のひらを身体の前に出す。その手のひらの上に右の手のひらを重ねる。そのまま右の膝に置く。そして身体を丸めて前に倒す。膝に重みが掛かるようにする。そのまま足を中に浮かす。そのまま両手で足を下に押し付ける。7秒間維持する。お腹と股関節に力が入る。左右の足それぞれに5回づつやる。
    • 便秘解消は起きている時間帯には2時間ごとにコップ半分から1杯の水を飲む。習慣付ける。
    • 運動にも3大栄養素のようなものがある。筋トレ、ストレッチ、ウォーキングの3つを行なうと良い。
    • 運動をする時間帯は正午がよい。早朝は頭をめざめさせる運動をする。夜は身体が温まる程度の運動をして眠りに入る。
    • 顔を洗うとき膝を伸ばしたままだと腰に大きな負担が掛かる。膝を曲げると一割程度軽減される。さらに洗面台にひじをつくと負担はぐっと減る。 
    • 荷物は一つにして持たない。二つに分けて両手で持つ。普段の時には身体に負担をかけないようにする。
    • 布団を畳んで押入れにしまうとき、畳んだ布団を左右両側で持たず、片方の手を布団の下に、もう片方を上から向こう側に回して持つ。これで腰への負担は3割減る。旅館で布団敷きを専門にする方達はまさにこのやり方をしている。
    • 「くしゃみ」を正しくしてください。くしゃんとやったときに後ろに反り返る。これで腰を痛める。くしゃみの時には両手を壁や誰かの肩において両膝をまげ、背中を丸めて一呼吸置いてから「くしゃん」とやると腰の負担が軽くなる。ぜひ守って欲しい。
    • 月曜日(2月2日)の夕方以降にNHK名古屋放送局のホームページにこのときの運動について載せている。→ http://www.nhk.or.jp/nagoya/radio/kenko.html
スポンサーサイト
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 森中直樹(Morinaka-Naoki)さん

「シドニーへ 彼女たちの42.195km」 増島みどり著 朗読:森山春香アナ

 内容(「BOOK」データベースより) 高橋尚子、山口衛里、市橋有里、小幡佳代子、弘山晴美、有森裕子…1年有余をかけた徹底取材。国内外40ヵ所、約4万kmを並走して初めて書きえた同時進行ドキュメント。
  1. Love 2000(ラブ2000)  Hitomi 作詞 Hitomi 作曲 鎌田雅人 平成12年 2000 (途中まで)

  • マラソンは深い競技だと知らさせれました。小生も中学時代陸上競技をしていましたが長距離は大の苦手でした。ぎりぎりのところで自分とライバルと争う競技なんですね。(小生)
  • 「Love 2000(ラブ2000)」は高橋尚子さんがマラソンの前に聞いていた曲だそうです。(森中アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 森中直樹(Morinaka-Naoki)さん

    アンカーを囲むつどい 葛西・柴田アンカー
  • 名古屋はしょっちゅう来ます。雨降ってますけど、地下街を使ってきました、濡れるのは嫌いですから。「葛西=かさいい(傘はいらない)」ですから(笑)。(葛西アンカー)
  • きしめんはハードルが低い。みそ煮込みうどんはビックりする。煮えてないとか。(柴田アンカー)
  • 味噌煮込みうどんライスを注文する。最初にシイタケ、次にネギの順で私は食べていきます。(葛西アンカー)
  • 私は歌番組はやってなかったので2時代3時代は(下調べが)大変。毎回受験勉強をしているようです。(柴田アンカー)
  • 深夜便は音楽を楽しむ時間にしたいと思っています。眠くなったらどうしようと思っていましたが、マイクを下げて(offにして)歌っています。(葛西アンカー)
  • 二人の年を足したら100歳越えてるかなあと(柴田アンカー)。今日は中区の区政百周年で呼んでもらったんじゃない(笑)。(葛西アンカー)

  • 質問:お便りを読んでもらって昔の友人と53年ぶりに再会できた。有り難う。
    お答え:深夜便の放送をしているとそういうことは良くあります。50年間、中が抜けてたでしょう、竹輪の町豊橋(笑)。今のご友人は竹輪の友。(葛西アンカー)

    歌声カフェ:ダ・カーポ: 榊原広子・榊原まさとし・榊原麻理子(娘)(H20.12.6名古屋市中区で収録)
  1. 結婚するって本当ですか  ダ・カーポ 作詞 久保田広子 作曲 榊原まさとし (昭和49年 1974)
  2. 宗谷岬  ダ・カーポ 作詞 吉田弘 作曲 船村徹 (昭和51年 1976)
  3. 青春のままに  ダ・カーポ 作詞 小林篁次 作曲 榊原まさとし (平成19年 2007)
  4. 野に咲く花のように  ダ・カーポ 作詞 杉山政美  作曲 小林亜星 (昭和58年 1983)
  5. 故郷(ふるさと)  作詞 高野辰之(たかの たつゆき) 作曲 岡野貞一 (大正3年 1914)
榊原広子さんがボーカル、榊原まさとしさんがギターとボーカル(コーラス)、娘の榊原麻理子さんがフルートでした。
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

ラジオ深夜便  アンカー迎康子(Mikai-Yasuko) さん
一月はあっという間に過ぎます。深夜便のカレンダーをめくって二月を見ると黄色い花が目に付くような気がします。

  1. ▽日本列島くらしのたより  愛媛県西条市 西川則孝(にしかわ・のりたか:ちろりん農園)さん
    • 今は農閑期。ぼくとこ一年中のんびりしてる。キウイフルーツの選定作業がある程度。2月下旬になると樹液が動いてくるのでそれまでに選定を終えておく必要がある。
    • 夏野菜のピーマンとかナスは1月にもう種をまいている。トマト、キュウリ、ズッキーニは来月には種まき・植付けています。旧暦で農作業をします。
    • 西条市に来て農業をやって33年だが、心はどうしても(大阪で子供時代をすごしたので)大阪人。
    • その地域デ農業をするには「郷に入っては郷に従え」、無理をしない。だが、よそ者だとほかと違うこともさせていただけるのでいい点もある。地域の行事にも参加する。異業種との交流も刺激になる。
    • 息子2人いるが、いまは農業を継いでいるわけではない。私の縁で農業を始めた人もいるのでその人が後継者だと思っている。

    ▽ないとエッセー  温泉は日本の宝物(4) 温泉エッセイスト 山崎まゆみさん
    • 今も昔も日本人はこんなに温泉が好きだった、というお話。
    • 日本の温泉の歴史は混浴の歴史。出雲の国風土記には川に温泉が沸いていて混浴だったという記述が残っている。豊臣秀吉は有馬温泉が好きだった。
    • アジアで取材して面白いエピソードに出会った。現地の人はもともと温泉に入る習慣は無かったが、戦争中に日本兵が温泉に入り、効能を知って温泉に入るようになった。
    • ラバウルに行った。戦時中の地図を手に入れてみると宇奈月温泉、花吹温泉の地名があった。花吹温泉は火山と湾のあるところで、温泉で湾全て熱かった。
    • 日本人と温泉の結びつきは精神的に大きなものがあると思う。アンケートによるとアジアの人も日本に来て温泉に入りたいようだ。

  2. ▽ワールドネットワーク  エジプト・カイロ 中野眞由美さん
    • 一月に入って気温が下がり(最低気温11度)周りに風邪を引いた人が多い。
    • エジプトの北東にあるエルアリーシュ国際空港に、イスラエルから攻撃を受けたガザ地区へ日本の緊急支援物資が送られてきている。
    • 支援物資の24日の引渡し式に私も参加して見て来た。日本からはエジプト大使、PKO事務局の調査官らが出席。支援物資は毛布、寝袋など、寒いので。
    • エルアリーシュ空港からガザまでは陸路で50Kmを届けられる。日本から約1億円分が今回の緊急支援で行なわれ、今後10億円規模で食料・医療・発電機などが届けられる予定。
    • 医療で使われる「ガーゼ」の語源は「ガザ」。この地方で作られていた目の粗い織物のこと。
    • カイロ・オペラハウスの定期演奏会にピアニストの田村響(たむら・ひびき)さんが参加。1000人以上はいる会場がさすがにこのときは大入りだった。

    ▽“老い”を豊かに  「ニュータウンの今~大規模マンションでは」 福祉ジャーナリスト…村田幸子
    • 京都市にあるマンション「ファミール伏見」は高層マンションの第一号。築37年、ABCと三棟ある。280戸680人が暮らす。
    • 高齢者対策委員会で要望を実現。高齢者だけでなくみんなが集まれる集会室・サロン(もとの管理人の部屋)を作った。
    • 希望者に対して食事サービスを月に二回実現。高齢者が高齢者を支える安否確認ネットワークを作った。
    • 問題解決の具体策はアンケート調査にもとづいていて、必要なサービスにつながっている。
    • このマンションは住居者の結束が硬い。マンションの雨漏りをまとまって管理会社と交渉した経験による。三つの建物の真中に広場があって、様々な行事をして交流を深めている。
    • この活動を若手に受け継ぐ方策をあみだしていって欲しい。

  3. 幕末の先覚者 老中堀田正睦を語る  国立歴史民俗博物館名誉教授…塚本学  俳優…辰巳琢郎
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. (ヨハン・シュトラウスⅡ世作曲)美しく青きドナウ  マントヴァーニ・オーケストラ
  2. (ショパン作曲)ノクターン第2番 変ホ長調作品9-2から「トゥ・ラヴ・アゲイン」  カーメン・キャバレロ・オーケストラ
  3. (ドビュッシー作曲)月の光  ロバート・マックスウェル(ハープ)
  4. (シューベルト作曲)野ばら  オイゲン・キケロ(ピアノ)
  5. (バッハ作曲)G線上のアリア  スイングル・シンガーズ(スキャット・コーラス)
  6. (サティ作曲)Je Te Veux(ジュ・トゥ・ヴ:おまえが欲しい:回転木馬)  宮本文昭(オーボエ)、佐藤允彦クインテット
  7. (ルロイ・アンダーソン作曲)ワルチング・キャット  アーサー・フィドラー指揮 ボストン・ポップス管弦楽団
  8. (ルロイ・アンダーソン作曲)トランペット吹きの子守唄  アーサー・フィドラー指揮 ボストン・ポップス管弦楽団
  9. (プッチーニ作曲)歌劇『ラ・ボエーム』から「わたしの名はミミ」  アンドレ・コステラネッツ・オーケストラ
  10. (サン=サーンス作曲)白鳥  フランク・プウルセル・グランド・オーケストラ
  11. (フォスター作曲)夢見る人(ビューティフル・ドリーマー)  カーメン・ドラゴン指揮 キャピトル・シンフォニー・オーケストラ

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 二人でお酒を  梓みちよ 作詞 山上路夫 作曲 平尾昌晃 昭和49年 1974
  2. なみだの操  殿様キングス 作詞 千家和也 作曲 彩木雅夫 昭和48年 1973
  3. 空港  テレサ・テン 作詞 山上路夫 作曲 猪俣公章 昭和49年 1974
  4. よろしく哀愁  郷ひろみ 作詞 安井かずみ 作曲 筒美京平 昭和49年 1974
  5. 甘い生活  野口五郎 作詞 山上路夫 作曲 筒美京平 昭和49年 1974
  6. ひと夏の経験  山口百恵 作詞 千家和也 作曲 都倉俊一 昭和49年 1974
  7. ひまわり娘  伊藤咲子 作詞 阿久悠 作曲 Shuki Levy 昭和49年 1974
  8. 結婚するって本当ですか  ダ・カーポ 作詞 久保田広子 作曲 榊原政敏 昭和49年 1974
  9. あなた  小坂明子 作詞・作曲 小坂明子 昭和48年 1973
  10. 赤ちょうちん  かぐや姫 作詞 喜多条忠 作曲 南こうせつ 昭和49年 1974
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

  • 昭和49年の出来事。超能力者のユリ・ゲラーがテレビに登場し超能力ブームが起きる。モナリザ展。堀江憲一さんがヨットで単独無帰港世界一周をする。長島茂雄さんがプロ野球の現役を引退。宝塚歌劇でベルサイユのバラがヒット。(迎アンカー)
  • 伊藤咲子さんの歌う「ひまわり娘」はイスラエル人の Shuki Levy さんが作曲しました。(迎アンカー)
  • その他の昭和49年の出来事といえば、小野田元少尉がフィリピン・ルバング島から帰還。ストリーキングが東京の銀座で出現、アメリカ人の17才女子高生だったそうです。原子力船「むつ」放射線漏れ、その後廃船になる。佐藤元首相にノーベル平和賞。テレビでは「ニュースセンター9時」「くいしん坊!万才」「傷だらけの天使」。アニメでは「宇宙戦艦ヤマト」「アルプスの少女ハイジ」など。(小生)
ラジオ深夜便  アンカー宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo) さん
我が家のロウバイが花の盛りになりました。蝋細工のような透明感のある花を枝先一杯に咲かせています。

  1. ▽日本列島くらしのたより  山口県美祢市 園田秀則(そのだ・ひでのり:林業家)さん
    • 山の木に樹氷が張っていた。木の周りに薄い氷が張っているような感じ。
    • 追日待(おひまち)のお祭りが2月1日に行なわれる。地区の堺に桜の枝で厄除けの杭を立てる。
    • 山に自生したワサビの葉が5センチくらいになっている。葉を切ってお湯をかけて(湯漬けにして)食べる。

    ▽ないとエッセー  温泉は日本の宝物(3) 温泉エッセイスト 山崎まゆみさん
    • 「文豪や名士達に作品を生ませた日本の温泉」というテーマ。
    • 川端康成が「雪国」を書いたのは越後湯沢温泉。アルカリ性単純温泉。川端は夜型人間、夜に執筆していた。
    • 詩人の中原中也は山口県の湯田温泉で生まれ育った。湯田温泉の由緒ある温泉宿で中原中也が祝言を挙げた部屋がある。
    • 放浪画家の山下清は露天風呂が好き。群馬県上牧温泉に山下画伯のちぎり絵が壁画になっている温泉宿がある。
    • 白洲次郎・白洲正子ご夫妻が通った温泉に信州の下諏訪温泉がある。その定宿は5室しかなく街道沿いにたたずんでいる宿だった。宿に入り浴衣を着ると他のお客さんと見分けがつかなくなった。一人の日本人として滞在できる温泉だったのではないか。

  2. ▽ワールドネットワーク  モントリオール 関陽子さん
    • 記録的な寒さ。気温が低い日とそうでない日が交互にやってくる。ガレージに置いたアルミ缶のソーダ水が破裂していた。初めてだ。
    • 日曜日にモントリオールから出る豪華クルーズ船がセントローレンス川で氷に閉じ込められた。動けなくなったので朝までパーティをした。ケベックらしい(笑)。大体一週間のクルーズで約1600ドル。昼間スキーを平均45kmして夜はパーティなどのイベントがあるので宿泊コミならお得。イベントも本格的なレクチャーやワークショップがある。
    • 景気対策にカナダも今後2年間に400億ドル(3兆円)を投じると発表した。これで2013年まで赤字になる。お年より・子供・ワーキングプアなど弱者に対する政策になっている。道路や橋、低所得者用の住宅を建設する。
    • 日本がやろうとしている給付金のような全員に一律いくらというのではなくて、減税をして手元に残るお金を増やすという方針。
    • バンクーバーで小さな子供の母親とベビーシッターのお見合いサービスが始まって全国に広がっていきそう。不況だが安心して任せられるベビーシッターの需要は大きい。

    ▽大人の旅ガイド   私のおすすめ美術館 作家 太田治子さん
    • 群馬県高崎市「群馬の森公園」にある群馬県立近代美術館 http://www.mmag.gsn.ed.jp/
    • 西洋のいろんな有名画家の絵が見られる。
    • 野外彫刻家スタンアンダーソン、森・村・天・地・生・死をテーマ。ちょっと怖いけど面白い。
    • 田中功起 金属製のタライが200個くらい散乱している。現代アート。壮観でおもしろい。

  3. 〔インタビュー〕 子どもを虐げる親の悲しみに寄り添って 鹿児島子どもの虐待問題研究会副会長 高田慶子
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Tell Me Why(テル・ミー・ホワイ)  Neil Young(ニール・ヤング) written by Neil Young 1970
  2. Sugar Mountain(シュガー・マウンテン)  Neil Young(ニール・ヤング) written by Neil Young 1968
  3. Helpless(ヘルプレス)   CSN&Y(クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング) written by Neil Young 1970
  4. Ohio(オハイオ)   CSN&Y(クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング) written by Neil Young 1972
  5. After the Gold Rush(アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ)  Neil Young(ニール・ヤング) written by Neil Young 1970
  6. Heart Of Gold(ハート・オブ・ゴールド:孤独の旅路)  Neil Young(ニール・ヤング) written by Neil Young 1972
  7. Tonight's the Night(トゥナイツ・ザ・ナイト:今宵その夜)  Neil Young(ニール・ヤング) written by Neil Young 1975
  8. Love Is a Rose(ラヴ・イズ・ア・ローズ:バラのいたずら)  Neil Young(ニール・ヤング) written by Neil Young 1977
  9. Lotta Love(ロッタ・ラヴ:溢れる愛)  Neil Young(ニール・ヤング) written by Neil Young 1978
  10. Hey Hey, My My (Into the Black)(マイ・マイ・ヘイ・ヘイ)  Neil Young & Crazy Horse written by Neil Young 1979
  11. Long May You Run(ロング・メイ・ユー・ラン:太陽への旅路)  The Stills-Young Band(ザ・スティルス=ヤング・バンド) written by Neil Young 1976

    ニール・ヤング(Neil Young, 1945年11月12日生まれ )
     カナダ・トロント出身のシンガーソングライター、ギタリスト。CSN&Y(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)やバッファロー・スプリングフィールドのメンバーとしても活躍。1969年にソロデビューし、1995年にはロックの殿堂入りを果たした。

  • ラヴ・イズ・ア・ローズ:バラのいたずら」はリンダ・ロンシュタットへの提供曲、「ロッタ・ラヴ:溢れる愛」は二コケット・ラーソンへの提供曲です。(宮川アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 雨の中の二人  橋幸夫  作詞 宮川哲夫 作曲 利根一郎 昭和41年 1966
  2. ネオン川  バーブ佐竹 作詞 横井弘 作曲 佐伯としを 昭和41年 1966
  3. 抱擁  箱崎晋一郎 作詞 荒川利夫 作曲 山岡俊弘 昭和44年 1969
  4. あなたのブルース  矢吹健 作詞・作曲 藤本卓也 昭和43年 1968
  5. 一度だけなら  野村真樹 作詞 山口洋子 作曲 猪俣公章 昭和45年 1970
  6. 恋あざみ  勝彩也(かつ・あや) 作詞 泉淳三 作曲 彩木雅夫 昭和45年 1970
  7. 雨のバラード  湯原昌幸 作詞 こうじはるか 作曲 植田嘉靖 昭和46年 1971
  8. バス・ストップ  平浩二() 作詞 千家和也 作曲 葵まさひこ 昭和47年 1972
  9. 夜霧よ今夜も有難う  石原裕次郎 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和42年 1967
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

  • ムード歌謡の線引きは難しいのですが、本日はムード歌謡の男性歌手のみ集めてみました。(宮川アンカー)
  • 女性歌手のムード歌謡といえば青江三奈さん、男性歌手といえばバーブ佐竹さんと自分で勝手に思っています。(宮川アンカー)
  • あなたのブルース」はサビのところで『あなた、あなた、あなた・・』と歌い上げています。(小生)
ラジオ深夜便  アンカー水野節彦さん
久しぶりに霜柱を見つけて踏んでみました。柔らかくてガラス繊維のようでした。温暖化の影響でしようか。(水野アンカー)

  1. ▽日本列島くらしのたより  埼玉県ときがわ町 渡邉一美さん
    • 渡邉一美さん豆腐工房の経営者。雑誌「ラジオ深夜便」で紹介され、反響があった。
    • 最近寒くなった。12月30日から天然のスケートリンクも営業している。土日祝に営業。
    • 小学生向けに手作り豆腐の出前授業をしている。今日は坂戸市の小学校に行って来た。大豆をミキサーで砕くところからやった。

    ▽ないとエッセー  温泉は日本の宝物(2) 温泉エッセイスト 山崎まゆみさん
    • 世界の温泉めぐりをした。まずはアジアのバリから。四角いプール。ヒンズー教の国なので、頭からお湯をかぶっていた。
    • ハンガリーには発見があった。とても温泉が多い。首都のプタペストにも沢山ある。会社に行く前に温泉に入っていた。
    • アイスランドではブルーラグーンという温泉に入った。塩分が多く体が浮く。温泉に入ってオーロラを見たかったが、そのときは見られれなかった。素敵な体験だった。

  2. ▽ワールドネットワーク  イタリア・シエナ 大矢アキオさん
    • いま夕方の4時12分です。日が延びてきました。イタリアにも日本の年末にやっているような宝くじがある。
    • くじの主催者団体から発表があった。宝くじ、スロットマシン、競馬にイタリア人は470億ユーロ(約5兆円)投じた。5兆円は大阪府の府債、マイクロソフト創始者のビル・ゲイツの資産に相当する。
    • 昨年の12月に「スーパーエナロット」というくじで116億円という当たりが出た。くじに熱中して精神科の医師に助けを求める人もいる。
    • 野党の党首が、テレビのクイズ番組で高額商品が当たることについて批判した。番組製作者がわからの反論も。
    • シエナで行なわれる町内会対抗の競馬になぞらえた賭けがある。滑り台に17個(町内会の数と同じ)の球を転がして一番を当てる。商品はサラミ、生ハム、ワイン。

    ▽健康百話  冬の上手な入浴法(4) 温泉に行こう 埼玉医科大学准教授 倉林均さん
    • 温泉の医学的効果には物理学的作用、化学的作用、生物学的作用の三つがある。
    • 化学的作用は、日本には少ないが、炭酸泉には血管拡張作用があり心臓の負担を軽減する。また他の成分を含む温泉にはそれぞれの効果。
    • 美人の湯を美肌の湯とすると、日本の三大美人の湯は、群馬県の川中温泉・和歌山県の竜神温泉・島根県の湯の川温泉。いずれも弱アルカリ温泉。
    • 生物学的作用には総合的生体調節作用。温泉に入るとなんとなく気分がすっきりする作用。
    • 風光明媚な温泉地に滞在して温泉に浸かり、森林浴をして適度な運動をする、というのが温泉地での理想的な過ごし方になる。

  3. 〔インタビュー〕 アルビノもひとつの個性だ ホームページ「白い旅人」主宰 石井更幸
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Que Sera Sera(ケ・セラ・セラ)  Doris Day(ドリス・デイ) music by Ray Evans/Jay Livingston 1956
  2. The Yellow Rose of Texas(テキサスの黄色いバラ)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団)(1858)
  3. Young Love(ヤング・ラヴ)  Sonny James(ソニー・ジェイムス) written by Rick Cartey/Carol Joyner 1953
  4. You Are My Destiny(君は我が運命:きみはわがさだめ)  Paul Anka(ポール・アンカ) lyrics & music:Paul Anka 1963(1957)
  5. Rock Around the Clock(ロック・アラウンド・ザ・クロック)  Bill Haley and His Comets(ビル・ヘイリーとコメッツ) lyrics & music: Max C. Freedman, Jimmy de Knight 1954
  6. Be-Bop-A-Lula(ビー・バップ・ア・ルーラ)  Gene Vincent(ジーン・ヴィンセント) written by Gene Vincent 1956
  7. That'll Be the Day(ザットル・ビー・ザ・デイ:いつの日にか)  Buddy Holly and The Crickets(バディ・ホリーとクリケッツ) written by Buddy Holly/Jerry "J.I." Allison/Norman Petty 1957
  8. Love Is A Many Splendored Thing(映画『慕情』より「慕情」)  Four Aces(フォー・ エイセス)lyrics by Paul Francis Webster, music by Sammy Fain 1955
  9. Cereso Rosa (Cherry Pink and Apple Blossom White:セレソ・ローサ)   Perez Prado(ペレス・プラード楽団) written by Luis De Llano/Jacques Larue/Marcel Louiguy 1954
  10. Miraglos del Cha Cha Cha(チャチャチャは素晴らしい)  Orquesta Enrique Jorrin(エンリケ・ホリン楽団) written by Enrique Jorrin
  11. East Of Eden(映画『East Of Eden(エデンの東)』より「エデンの東」)  Victor Young & His Orchestra(ビクター・ヤング・オーケストラ) 1955
  12. Jeux interdits(フランス映画『Jeux interdits(禁じられた遊び)』から「禁じられた遊び:愛のロマンス」)  Narciso Yepes(ナルシソ・イエペス) 1952

  • Que Sera Sera(ケ・セラ・セラ)はヒッチコックの映画『知りすぎた男』の中で歌われたナンバーです。(水野アンカー)
  • The Yellow Rose of Texas(テキサスの黄色いバラ)はアメリカ南北戦争当時の南軍(合衆国から離脱した11州、南部連合)の行進曲だそうです。では北軍の行進曲はと言うと「リパブリック讃歌」なんだそうです。1853年に作詞は不詳、作曲「J.K.」とされて出版されました。(小生)
  • 小学校6年のとき学校の授業で映画『禁じられた遊び』を見に行きました。当時ワルガキの一人だった私は最後のラストシーンで泣いてしまい、友達に涙を見られないようにうつむいてそっと帰っていきました。(水野アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 王将  村田英雄 作詞 西條八十 作曲 船村徹 昭和36年 1961
  2. 無法松の一生(度胸千両入り)  村田英雄 作詞 吉野夫二郎 作曲 古賀政男 昭和56年 1981
  3. 人生劇場  村田英雄 作詞 佐藤惣之助 作曲 古賀政男 昭和34年 1959(昭和13年 1938)
  4. 蟹工船  村田英雄 作詞 星野哲郎 作曲 遠藤実 昭和34年 1959
  5. 柔道一代  村田英雄 作詞 星野哲郎 作曲 山路進一 昭和38年 1963
  6. 男の土俵  村田英雄 作詞 二階堂伸(=村田英雄) 作曲 北くすお(=村田英雄)  昭和38年 1963
  7. 皆の衆  村田英雄 作詞 関沢新一 作曲 市川昭介 昭和39年 1964
  8. 夫婦春秋  村田英雄 作詞 関沢新一 作曲 市川昭介 昭和42年 1967
  9. 人生峠  村田英雄 作詞 宮原哲夫 作曲 小松原てるを 昭和54年 1979
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

    村田英雄(むらた・ひでお、公称昭和4年・1929年1月17日生まれ - 平成14年・2002年6月13日死去)
     演歌歌手、俳優。 佐賀県東松浦郡相知町(現唐津市)出身。本名、梶山勇。5歳のときに九州の大物浪曲師酒井雲門下に弟子入りし、14歳で「酒井雲坊一座」の座長となり、その後も九州にて地方公演を続ける。1949年上京し、25歳で村田英雄に改名。1958年古賀政男に見出され無法松の一生で歌手デビューした。しかし当初はヒットしなかった。1961年に発売した「王将」がミリオンセラーとなり、浮動の地位を築く。糖尿病の持病がありながらも精力的に活動し、話題を集めた。2000年、糖尿病のために完全に車椅子生活となる。2002年6月13日、合併症の肺炎のため大阪市内の病院で死去。享年74(満73歳没)。

  • 無法松の一生」は昭和33年・1958年に村田英雄さんのデビュー曲です。同年に発売された「度胸千両」という曲を後になって合成録音されて本日おかけした「無法松の一生(度胸千両入り)」になりました。(水野アンカー)
  • 村田英雄さんは「王将」「柔道一代」などご自分の歌を題名とする映画にも出演されています。村田さんの風貌は昭和30年代の大人を思い出したときに典型的に頭に浮かぶタイプです。小生の親父もあんな感じです。(小生)
  • 佐賀県相知町にある村田英雄記念館のホームページ→ http://ouchi.fhl.ne.jp/murata01.html
ラジオ深夜便  アンカー 葛西聖司さん
 お年玉つき年賀状の当選番号の発表は昨日でした。以前は15日でした。私はまだ見ていません。しも二桁の切手シートは当たります。(葛西アンカー)
  1. ▽日本列島くらしのたより  「岩手県一戸町」上田初子
    • 雪だるまのフェスティバル。ペットボトルで作る雪灯篭の話。
    • 「わわわのドーム」というコミニティセンターでチャリティーショー。320年前の出来事「貞享四年一戸町けんらん女房不義密通事件」を演じた。
    ▽ないとエッセー  「温泉は日本の宝物」  温泉エッセイスト…山崎まゆみ
    • 世界の温泉事情をレポートしてきた。日本の温泉事情を世界の人々に伝えることをしている。「雪見風呂」など日本の温泉はワンダフル。
    • 自分の温泉に関する著作物を外国で出版した。台湾は雪の写真が好まれた。
    • 野沢温泉に外国人が入っていた。どうかと聞いたら「この野沢温泉は崇高な精神性を感じる」と語った。日本の温泉の素晴らしさを再認識した。

  2. ▽ワールドネットワーク  パリ  浅野素女(あさの・もとめ)
    • 「ボンナンネ」が「新年あけましておめでとう」で1月一杯は年賀状をやり取りする。
    • 新年なのに「ぼんなんね」(と葛西アンカーのおやじギャグ)
    • ピレネー山脈からスペインにかけてのフランス北西部地域が、180km/hの強風に襲われて被害が出ている。停電になっている。
    • カフェは喫茶店とバーを兼ねている。カフェは大人の社交場で子供は連れて行かないが、最近「赤ちゃんカフェ」「子供カフェ」が出来てきた。
    • 「赤ちゃんカフェ」にはいろんな講座がある。マッサージのやり方とか子供に歌ってやる歌とか。
    • 日本では「公園デビュー」というのがありますが、フランスでは「カフェデビュー」になるんでしょうね。(葛西アンカー)
    ▽朗読  「用心棒日月抄」  【作】藤沢周平  【語り】松平定知
    ▽列島きょうの動き
  3. ▽インタビュー  「カタイ頭をやわらかく」  独協大学講師…齊藤善久
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Ai No Corrida(The Dude:愛のコリーダ)  Quincy Jones orchestra(クインシー・ジョーンズ・オーケストラ): Charles May(vo) written by Chas Jankel/Kenny Young 1981
  2. Stockholm Sweetnin'(ストックホルム・スウィートニン)  Quincy Jones orchestra: Art Farmer(tp), Phil Woods(as), Hank Jones(p) written by Quincy Jones 1956
  3. Killer Joe(キラー・ジョー)  Quincy Jones orchestra:Freddie Hubbard(tp), Roland Kirk(ft) written by Benny Golson 1969
  4. Tell Me a Bedtime Story(テル・ミー・ア・ベッドタイム・ストーリー)  Quincy Jones orchestra: Hubert Laws(ft), Herbie Hancock(elc.p) 1978
  5. Moody's Mood(ムーディーズ・ムード)  George Benson(g, vo), Patti Austin(vo) written by Dorothy Fields/Jimmy McHugh/James Moody, produced by Quincy Jones 1976
  6. I Can't Help It(アイ・キャント・ヘルプ・イット)  Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)written by Susaye Greene-Browne /Stevie Wonder produced by Quincy Jones 1987
  7. We Are The World (USA for Africa)(ウィ・アー・ザ・ワールド)  Various artist written by Michael Jackson/Lionel Richie produced by Quincy Jones 1985
  8. Velas(ベラス)  Quincy Jones orchestra, Toots Thielemans Quartet(harmonica) written by Ivan Lins/Vitor Martins 1981

    クインシー・ジョーンズ(Quincy Delight Jones II、1933年3月14日生まれ )
     アメリカ合衆国の音楽プロデューサー、作曲家。1950年代から第一線で活躍を続け、グラミー賞をはじめとする音楽賞を多数受賞している。ブラックミュージック界のみならずアメリカのポピュラー音楽界における偉人の一人である。

  • クインシー・ジョーンズの公式ホームページです。→ http://www.quincyjones.com/
  • ウィ・アー・ザ・ワールド」はアフリカの貧困層を解消する目的で作られたキャンペーンソングで、作曲作詞はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチー、プロデュースはクインシー・ジョーンズでした。「音楽が人々を救う」を実際にやりました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 高原列車は行く  岡本敦郎(おかもと・あつお) 作詞 丘灯至夫 作曲 古関裕而 昭和29年 1954
  2. 涙のチャング  小畑實 作詞 丘灯至夫 作曲 古賀政男 昭和25年 1950
  3. 長崎の雨  藤山一郎 作詞 丘灯至夫 作曲 古関裕而 昭和26年 1951
  4. 雑木林に月が出た  中村メイコ 作詞 丘十四夫 作曲 原六朗 昭和29年 1954
  5. 襟裳岬  島倉千代子 作詞 丘登至夫 作曲 遠藤実 昭和36年 1961
  6. 智恵子抄  コロムビア・ローズ(二代目) 作詞 丘灯至夫 作曲 戸塚三博 昭和39年 1964
  7. はやぶさの歌  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 山路進一 昭和40年 1965
  8. 白い岬  美空ひばり 作詞 丘灯至夫 作曲 青江深史 昭和44年 1969
  9. 華燭(かしょく)  藍川由美 作詞 丘灯至夫 作曲 小林亜星 平成11年 1999
  10. 青春よ永遠(せいしゅんよとわに)  大川栄策、明治大学マンドリン倶楽部 作詞 丘灯至夫 作曲 古賀政男 昭和47年 1972
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

  • 作詞をした丘灯至夫さんは、猪苗代町の沼尻鉄道をイメージしてモデルにして作ったのだそうですが、古関裕而さんの作曲はヨーロッパの高原のようなイメージで出来上がり、丘灯至夫さんは驚いたのだそうですが、岡本敦郎さんの声と合わせて国民歌謡になりました。(葛西アンカー)
  • 丘灯至夫さんの名前は、いろいろと書いてあるものを読んだんですが、丘灯至夫さんが新聞記者をしていた頃、新聞記者は「押しと顔(おしとかお)」で仕事をするということが言われていて、その言葉を逆から読んで「おかとしお」としたんだそうです。(葛西アンカー)
  • 丘灯至夫さんはアニメの主題歌「ハクション大魔王」「ガッチャマン」「みなしごハッチ」なども作詞なさっています。(葛西アンカー)
  • 大川栄策さんが明治大学マンドリン倶楽部の記念の歌を歌っている理由は、大川栄策さんが明治大学マンドリン倶楽部の創始者でもある作曲家の古賀政男さんに弟子入りして以後、"古賀メロディ"を歌い続けてきたことによるようです。(小生)
  • 丘灯至夫記念館のホームページです。→ http://www.town.ono.fukushima.jp/on_kyouikuiinnkai/on_kyoiku/on_furusato/oka/ryakureki.jsp
  1. ラジオドラマ・アーカイブス 昭和24年5月6日 NHK大阪より製作・放送 「夕鶴
      【作】木下順二  【作曲・指揮】團伊玖磨(だん・いくま)  【演出】おかくら・しろう
      【出演】つう:山本安英(やまもと・やすえ)、よひょう:宇野重吉(うの・じゅうきち)、
      【出演】そうど:清水正男、うんづ:加藤嘉(かとう・よし)

      ・舞台に先駆けて舞台と全く同じ脚本で演じられたラジオドラマだそうです。60年以上前の作品ですが、今聞いても楽しめました。(小生)

     ◇番組後のインタビュー
      山本安英(亡くなる前年 平成4年1996年の録音)
      坂東玉三郎(先日の録音 平成9年より「夕鶴」の『つう』を演じる)
      ・「『夕鶴』を解釈するには、ある種、世の中から離れて自分を考えることが必要」と玉三郎さんが話していました。(小生)
      ・『夕鶴』が、こんなに奥の深い演劇とは知りませんでした。(小生)

  2. ラジオ深夜便  アンカー 明石勇さん 朝昇龍が優勝しました。朝昇龍が、大相撲が帰ってきたという印象を受けました。(明石アンカー)
    ▽ないとガイド  「自然に親しむ」  哲学者…内山節(うちやま・たかし)
    • 群馬県上野村で餅つきをした。2日で120臼360kgの米を搗いた。「餅つき」を村の人たち都会の人たちと共有したいと考えて。個人的なつながりもできる。
    • Iターン者が168人いる。上野村は人口が1500人くらいなので一割強がIターン。日本中どこの田舎でもIターン者がいる。最近はいろんな仕事があるので。
    • 世界的にも過疎化が進行してくると都会の人が過疎地に入ってくる。これからもっと増えてくるだろう。田舎では暮らしと仕事がセットになっている。
    • 田舎では仕事を与えてくださいという場所ではない。自分で工夫することが求められる。村には収入にならない仕事も大事でバランスを取ることか必要。
    • 林業は人手不足でやりたいという希望者も多いが、素人を教育すると3年掛かる。任せるには15年掛かる。一方、林業は農業と違って1年くらいほったらかしでも待ってくれる。
    • フランスの田舎では3分の2くらいの人が都会からきた人。「一人一人がほんとに価値がある生き方をしたいから」と言う人も多い
    • フランスの山村振興政策で田舎の高速道路料金が無料にしているので、暮らしは村で仕事は近くの町へというスタイルや工場誘致、観光など地元の人が工夫している。
    • ヨーロッパは国境が山間部にあるので山村振興を熱心にやっている。山村が寂れると国境警備が出来なくなるので。その予算の使い方については都会の人も納得している。

  3. ▽地球の中の日本人  「ミュージカルで人を育てる」  NPO法人コモンビート代表理事…中島康滋
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Whisper Not(ウィスパー・ノット)  Oscar Peterson Trio:Oscar Peterson(p), Ray Brown(b), Ed Thigpen(d) 1961
  2. Speak Low(スピーク・ロウ)   Tete Montoliu(p)(テテ・モントリュー), Peter Trunk(b), Albert "Tootie" Heath(d) written by Ogden Nash/Kurt Weill 1968
  3. Star Eyes(スター・アイズ)  Bud Powell(p)(バド・パウエル), George Duvivier(b), Art Taylor(d) 1955
  4. Beautiful Love(ビューティフル・ラヴ)  Bill Evans Trio(ビル・エヴァンス・トリオ): Bill Evans(p), Scott Lafaro(b), Paul Motian(d) 1961
  5. Blues Changes(ブルース・チェンジズ)  Ray Bryant Trio(レイ・ブライアント・トリオ):Ray Bryant(p), Ike Isaacs(b), Charles "Specs" Wright(d) 1957
  6. C Jam Blues(Cジャム・ブルース)  Red Garland Trio(レッド・ガーランド・トリオ):Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(d) 1957
  7. Birks Works(バークス・ワークス)  Junior Mance Trio(ジュニア・マンス・トリオ):Junior Mance(p), Ray Brown (b) Lex Humphries (d) 1959

  • ジャズの入り口に立っている方には一体何から手をつけて何から聞けばいいのだろうと悩むところではないでしょうか。ジャズの世界では楽器別に分類されています。一度でも耳にして自分の気に入った音楽かどうか確認して買うようにすると損はしないと思います。ジャズピアノのトリオの演奏を聞きたいという入門者にはこのビル・エヴァンス・トリオなどはピッタリかもしれません。女性ファンも多いです。(明石アンカー)
  • Birks Works(バークス・ワークス)の「バークス」というのはディジー・ガレスビーのミドル・ネームです。(明石アンカー)
  • 小生、ピアノは弾けませんが、いずれの曲もジャズ・ピアノがいい感じに響いていました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 東京砂漠  前川清(内山田洋とクールファイブ) 作曲 吉田旺 作曲 内山田洋 昭和51年 1976
  2. 長崎は今日も雨だった  前川清(内山田洋とクールファイブ) 作詞 永田貴子(ながた・たかし) 作曲 彩木雅夫(さいき・まさお) 昭和44年 1969
  3. 噂の女  前川清(内山田洋とクールファイヴ) 作詞 山口洋子 作曲 猪俣公章 昭和45年 1970
  4. そして神戸  前川清(内山田洋とクールファイブ) 作詞 千家和也 作曲 浜圭介 昭和47年 1972
  5. 中の島ブルース  前川清(内山田洋とクールファイブ) 作詞 斎藤保 作曲 吉田正 昭和50年 1975
  6. 花の時・愛の時  前川清 作詞 なかにし礼 作曲 三木たかし 昭和62年 1987
  7. 涙   前川清 作詞・作曲 中島みゆき 昭和63年 1988
  8. 男と女の破片(かけら)  前川清 作詞 荒木とよひさ 作曲 都志見隆 平成3年 1991
  9. 夢一秒  前川清 作詞 荒木とよひさ 作曲 都志見隆 平成4年 1992
    深夜便の歌
     ひとひらの雪  菅原洋一 作詞:ちあき哲也 作曲:三木たかし

  • 「涙」は2007年11月3日のこの時間に「中島みゆき特集」で中島みゆきさんの歌で放送されました。そのときの題名は「涙-Made in tears-」です。(小生)
  • 前川さんは競走馬のオーナーでもあります。競馬場に見に行くと勝てないというジンクスがあるのでテレビで見ているそうです。馬の名前は「コイウタ」というそうです。G1レースで優勝したという馬主冥利につきる経験もされています。(明石アンカー)
    ラジオ深夜便  アンカー 柴田祐規子さん:ラジオ深夜便の月刊誌に子供の弁当を作る様子が掲載され、沢山の励ましのお便りを頂きました。(柴田アンカー)

  1. ▽人生“私”流 「リアルなドラマを描き続けて」 漫画家…柴門ふみ(徳島県出身・お茶の水女子大学文教育学部哲学科卒)
    • 私の周りに派遣の女の人が多い。新連載
    • かっこいい男を主人公にすると男性読者からものすごい反感が来る(笑)。男性は女性が思った以上に自分以外の男をライバル視している。
    • たまたま時期的に18歳から20前半の男性読者が読むマンガ誌の創刊があって、大学卒業後に漫画家デビューした。
    • ファンタジーはダメで、リアルなマンガを描きたがった。女性が普通にしゃべっていることをマンガにしたら男性読者から「なんて性格の悪い女なんだ」と反響が来た。
    • 周りにいる友達に相談に乗っているふりをして取材し、時間がたってからマンガにします。見ず知らずのひとにも物語を持っていそうな人には友達になって探りをいて行きます。現実の男女は思いもかけないようなことをやってくれます。(笑)
    • 映画はよく研究する。全部のコマに顔があると読者は疲れる。言葉を読ませるには手だけを描くとかしている。
    • 現実のモデルを想定して台詞を考える。するとキャラが立ってきて(キャラクタが勝手に)語り・動き始める。そうなったら成功。自分で考えるのは限界がある。だからモデルを見つけたときは嬉しい。(二人とも大笑い)
    • 面白い、知りたいという人を見ると、この人を描いてみたいというエネルギーがわいてくる。

  2. ▽人生“私”流 「リアルなドラマを描き続けて」 漫画家…柴門ふみ
    • 現役のマンガ家として長く描きつづけたい。65歳くらいまでかなあ。納得した作品が無いのでそれができるまでは辞められない。
    • 子供が今年で全員手が離れるので楽しみだ。夕方になると母親に引き戻されたが、これからは開放される。仏像・骨董が好きだ。そうなったのは歳を重ねてからの変化。そちらへも広げて生きたい。
    • 若い頃見落としたけど、いい男というのはこういう男なんだよというのを描きたい。それが若い読者に通じればいいなと思う。娘に読ませたい。(笑)
    • 新連載では、「いい男とは」を女性に伝えたい。

    ▽ミッドナイトクッキング 「かきのクリームスパゲッティ」  料理研究家…浜田ひろみ 
      材料
    • 加熱用のかき100から120グラム(大きめだと10個近く)
    • 長ネギ一本(青いところも使います)
    • にんにく1/2カケくらい
    • 白ワイン
    • 固形のチキンスープ
    • 生クリーム1/2カップ(値段が安い低脂肪のほう。こっちが今日の料理に合う)
    • 塩,コショー 少々
    • スパゲッティ 120から150グラム(炒め鍋で、スパゲティは半分に折る)
      こちらのブログで材料と作り方をメモして記事にされていました。→ http://tekkamaki.exblog.jp/7851057/
    ▽列島きょうの動き
  3. ▽深夜便アーカイブス 「にっぽんのメロディー」  【語り】中西龍
      昭和58年1月4日放送   
    • 江ノ島悲歌(江ノ島エレジー)  菅原都々子 作詞 大高ひさを 作曲 倉若晴生 昭和26年 1951   
    • かえり船  田端義夫 作詞 清水みのる 作曲 倉若晴生 (昭和21年 1946)
      「灰皿に 今年の灰を一つ落とす」 轡田進

      昭和58年11月17日放送   
    • ブラジルの太鼓  伊藤久男 作詞 石本美由起 作曲 上原げんと 昭和29年 1954   
    • 十代の恋よさようなら  神戸一郎 作詞 石本美由起 作曲 上原げんと 昭和32年 1957
      「湯豆腐に 酒苦き世もありにけり」 片山鶏頭子

      昭和57年12月23日放送   
    • サ-カスの唄  松平晃 作詞 西条八十 作曲 古賀政男 昭和8年 1933   
    • 曠野の彼方(荒野の彼方)  松平晃 作詞 高橋掬太郎 作曲 江口夜詩 昭和11年 1936
      「ぞうすいを 喜ぶ吾は 戦中派」 森田峠
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. I Need You(アイ・ニード・ユー)  Maurice White(モーリス・ホワイト) written by Coolidge, Priscilla J/Smith, William/Mary Unobsky 1986
  2. Me and Mrs.Jones(ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ)  Billy Paul(ビリー・ポール) written by Kenny Gamble/Cary Gilbert/Leon Huff 1972
  3. Lovin' You(ラヴィン・ユー)  Minnie Riperton(ミニー・リパートン) written by Minnie Riperton/Richard Rudolph 1975
  4. Between The Sheets(ビトゥイーン・ザ・シーツ)  The Isley Brothers(アイズレー・ブラザース) written by Ernie Isley/Marvin Isley/O'Kelly Isley/Ronald Isley/Rudolph Isley/Chris Jasper 1983
  5. Tripping Out(トリッピング・アウト)  Curtis Mayfield(カーティス・メイフィールド) written by Bunny Sigler 1980
  6. Distant Lover(ディスタント・ラヴァー:遠い恋人)  Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ) written by Marvin Gaye/Gwen Fuqua/Sandra Greene 1973
  7. If We Hold On Together(イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー)  Diana Ross(ダイアナ・ロス) written by James Horner/Will Jennings 1988
  8. Lately(レイトリー)  Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー) written by Stevie Wonder 1980

  • ビトゥイーン・ザ・シーツ」をネットで検索したらカクテルの名前として出てきました。柑橘系のカクテルです。(柴田アンカー)
  • イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー」はテレビドラマの主題歌になったのでご存知の方も多いかもしれません。(柴田アンカー)
  • その主題歌は1990年1月から3月にTBSのテレビドラマ『想い出にかわるまで』(今井美樹、石田純一主演)につかわれました。結構話題になりました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. ジェラシー  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和56年 1981
  2. 夢の中へ  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和48年 1973
  3. 小春おばさん(こはるおばさん)  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和48年 1973
  4. 東へ西へ  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和47年 1972
  5. 闇夜の国から  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和49年 1974
  6. いっそセレナーデ  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 昭和59年 1984
  7. カナリア  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 平成14年 2002(昭和57年 1982)
  8. 森花処女林(もりはなしょじょりん)  井上陽水 作詞・作曲 井上陽水 平成14年 2002年
  9. ありがとう  井上陽水&奥田民生 作詞・作曲 井上陽水、奥田民生 平成9年 1997
    深夜便の歌
     ひとひらの雪  菅原洋一 作詞:ちあき哲也 作曲:三木たかし

  • ありがとう」は「サッポロ〈生〉黒ラベル」のCMソングに使われました。(小生)
  • フォーライフレコードによる井上陽水さんの公式ホームページです。→ http://www.forlife.co.jp/inoueyosui/profile.html
  • いっそセレナーデ」を発表した昭和59年は、中森明菜さんの「飾りじゃないのよ涙は」、安全地帯の「恋の予感」などでヒットチャートの上位を井上陽水さんの曲が埋めました。(柴田アンカー)
  • 森花処女林」は不思議な題名で歌詞の内容も不思議です。例によって陽水さんの頭に浮かんだ言葉で情景を組み立てた様です。実際に存在するものを表現したものではないようです。それゆえに聴いたもののイメージを刺激してくれます。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 水戸放送局・星野豊(Hoshino-Yutaka)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. (バッハ作曲)カンタータ第147番から「主よ、人の望みの喜びよ
  2. (ジョージ・ガーシュイン作曲、J. ハイフェッツ編曲)歌劇『 Porgy And Bess(ポーギーとベス)』から「ブルースのテンポで」  豊嶋泰嗣(とよしま・やすし)(ヴァイオリン)、野平一郎(ピアノ)
  3. (メンデルスゾーン作曲)無言歌 第5巻 作品62から第6曲「春の歌」  野平一郎(のだいら・いちろう)(ピアノ)
  4. (サン=サーンス作曲)歌劇『サムソンとデリラ』から「あなたの声に心は開く」  林美智子(メゾ・ソプラノ)、野平一郎(ピアノ)
  5. 赤とんぼ  林美智子(メゾ・ソプラノ)、野平一郎(ピアノ) 作詞 三木露風 作曲 山田耕筰 (昭和2年 1927)
  6. (武満徹作曲)「小さな部屋で」「(つばさ)」  林美智子(メゾ・ソプラノ)、豊嶋泰嗣(ヴァイオリン)、野平一郎(ピアノ)
  7. (グリーグ作曲)組曲『ホルベアの時代』から「エア」
  8. (レスピーギ作曲)『リュートのための古風な舞曲とアリア』第3組曲から「シチリアーノ」と「パッサカリア」

  • 演奏者の方々:林美智子(メゾ・ソプラノ)、野平一郎(ピアノ)、堀伝(ほり・ただし)(指揮) 水戸室内管弦楽団、水戸カルテット、ATMアンサンブルほか
  • 演奏会の司会は山本志保(やまもと・しほ)アナウンサーでした。(小生)
  • ポーギーとベス」はフォーク・オペラとも呼ばれているそうです。ミュージカルではなく、アメリカに奴隷制度があった時代の黒人だけによる本格的なオペラだそうです。その中で沢山の曲が歌われましたが、今日まで多くの歌手によって歌い継がれている「サマータイム(Summertime)」もその一つです。それから時は流れ、先日そのアメリカに黒人の大統領が誕生しました。こちらのブログに「ポーギーとベス」の詳しい解説記事がありました。(小生)→ http://plaza.rakuten.co.jp/xxjazz/diary/200507220000/
  • 歌劇『サムソンとデリラ』は、つい先ごろまでイスラエルが侵攻していたパレスチナ自治区の「ガザ地区」にある都市「ガザ」を舞台にした旧約聖書「士師記」に出て来るサムソンの物語を元にして作られたそうです。(小生)
  • 最後はきたと南それぞれの風土で生まれたそれぞれの歌、その歌が人々に希望や勇気を与え世界を平和にしていって欲しいそんなことを皆様と祈っていきたいと思います。(山本アナウンサー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 水戸放送局・星野豊(Hoshino-Yutaka)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 有楽町で逢いましょう  フランク永井 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和32年 1957
  2. 夜霧の第二国道  フランク永井 作詞 宮川哲夫 作曲 吉田正 昭和32年 1957
  3. 東京ナイトクラブ  フランク永井、松尾和子 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和34年 1959
  4. 夜霧に消えたチャコ  フランク永井 作詞 宮川哲夫 作曲 渡久地政信 昭和34年 1959
  5. フランス航路  フランク永井 作詞 喜志邦三 作曲 吉田正 昭和36年 1961
  6. 公園の手品師  フランク永井 作詞 宮川哲夫 作曲 吉田正 昭和33年 1958
  7. ラブレター  フランク永井 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和33年 1958
  8. 東京しぐれ  フランク永井 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和40年 1965
  9. 有楽町で逢いましょう  フランク永井、東京ロマンチカ(コーラス) 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和48年 1973(昭和32年 1957)
  10. おまえに  フランク永井 作詞 岩谷時子 作曲 吉田正 昭和56年 1981(昭和47年 1972)
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

  • フランス航路」はNHKにも吉田正記念館にもありませんでした。、フランク永井さんと吉田正さんを知る音楽プロデューサーの谷津田さんが吉田正さんの奥さん清子さんのご自宅を訪ねたところ、「この曲が見つかったということで、奥様からお借りしてきました」ということで放送することが出来ました。(星野アンカー)
  • フランス航路」4分35秒の長さがありました。当時としては珍しく長い曲です。(小生)
  • フランクさんはNHKの紅白歌合戦に昭和32年から昭和57年まで連続26回出場を果たしています。そんな紅白のステージから、この特集の最後に2曲つづけてお聴きいただきます。昭和48年の紅白歌合戦から「有楽町で逢いましょう」、昭和56年の歌合戦から「おまえに」(星野アンカー)
  • 有楽町で逢いましょう」の頭には宮田輝アナウンサー、「おまえに」の頭には山川静雄アナウンサーが曲紹介をする部分が入っていました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Charade(映画『シャレード』より「シャレード」)  Henry Mancini & His Orchestra(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ) written by Johnny Mercer/Henry Mancini 1963
  2. Too Little Time(映画『The Glenn Miller Story(グレン・ミラー物語)』から「トゥー・リトル・タイム(愛のテーマ)」)  Henry Mancini & His Orchestra(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ) 1953
  3. Peter Gunn Theme(テレビシリーズ映画『Peter Gunn(ピーター・ガン)』よりメイン・テーマ)   Henry Mancini & His Orchestra(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ) 1958
  4. Breakfast at Tiffany's(映画『Breakfast at Tiffany's(ティファニーで朝食を)』より「ティファニーで朝食を」)   Henry Mancini & His Orchestra(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ) written by Henry Mancini 1961
  5. Moon River(映画『ティファニーで朝食を』より「ムーン・リバー」)  Audrey Hepburn(オードリー・ヘップバーン)  Henry Mancini & His Orchestra(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ)written by Johnny Mercer and Henry Mancini 1961
  6. Days Of Wine And Roses(映画『酒とバラの日々』より「酒とバラの日々」)  Andy Williams(アンディ・ウィリアムス) lyrics by Johnny Mercer music by Henry Mancini 1962
  7. Baby Elephant Walk(映画『HATARI(ハタリ)』から「子象の行進」)original soundtrack  Henry Mancini & His Orchestra(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ) written by Henry Mancini 1961
  8. The Pink Panther Theme ~ The Inspector Clouseau Theme(映画『The Pink Panther(ピンクの豹:ピンク・パンサー)』から「メイン・テーマ」~「クルーゾ警部のテーマ」)original sountrack   Henry Mancini & His Orchestra(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ) ~ ヘンリー・マンシーニ指揮 ロイヤル・フィルハーモニー・ポップス管弦楽団 1963
  9. Wait Until Dark(映画『Wait Until Dark(暗くなるまで待って)』から) original soundtrack  Henry Mancini & His Orchestra(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ) written by Henry Mancini 1967
  10. Me, Natalie(映画『Me, Natalie(ナタリーの朝)』から)original soundtrack  Henry Mancini & His Orchestra(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ) written by Henry Mancini 1969
  11. I Girasoli(映画『ひまわり』より)soundtrack  Henry Mancini & His Orchestra(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ) written by Henry Mancini 1970
  12. Columbo(テレビシリーズ映画『Columbo(刑事コロンボ)』よりメイン・テーマ)  Henry Mancini & His Orchestra(ヘンリー・マンシーニ・オーケストラ) written by Henry Mancini 1968

    ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini、1924年4月26日生まれ - 1994年6月14日死去)
     アメリカ合衆国の作曲家及び編曲家。特に数々のグラミー賞、アカデミー作曲賞に輝いた映画音楽家として有名。

  • ティファニーで朝食を」は映画『ティファニーで朝食を』のオープニングで、オードリー・へップバーンが高級宝石店ティファニーの前でパンをかじっていたシーンに流れました。
  • ムーン・リバー」は最初オードリー・ヘップバーンがギター一本の伴奏の歌、そのあとオーケストラの演奏とコーラスの歌がメドレーでお送りしました。(松本アンカー)
  • そういえばNHKのBS放送で「刑事コロンボ」の再放送をやっていました。このドラマは今見ても良く出来ていると思います。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 小指の思い出  伊東ゆかり 作詞 有馬三恵子 作曲 鈴木淳 昭和42年 1967
  2. ゆうべの秘密  小川知子 作詞 タマイチコ 作曲 中洲朗(なかす・ろう) 昭和43年 1968
  3. 虹色の湖  中村晃子 作詞 横井弘 作曲 小川寛興 昭和42年 1967
  4. 雨の御堂筋  欧陽菲菲(おーやん・ふぃーふぃー:OuYang FeiFei ) 作詞 林春生 作曲ベンチャーズ(B.Bogle, M.Taylor, D.Wilson G.McGee, J.Durrill) 昭和46年 1971
  5. 雨がやんだら  朝丘雪路 作詞 なかにし礼 作曲 筒美京平 昭和45年 1970
  6. 人形の家  弘田三枝子 作詞 なかにし礼 作曲 川口真 昭和44年 1969
  7. 夜間飛行  ちあきなおみ 作詞 吉田旺 作曲 中村泰士 昭和48年 1973
  8. 折鶴  千葉紘子 作詞 安井かずみ 作曲 浜圭介 昭和47年 1972
  9. コーヒーショップで  あべ静江 作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 昭和48年 1973
  10. お手やわらかに  夏木マリ 作詞 阿久悠 作曲 川口真 昭和49年 1974
    深夜便の歌
     ひとひらの雪  菅原洋一 作詞:ちあき哲也 作曲:三木たかし

  • 本日昭和40年代の曲を10曲お送りしますが、気が付けば女性歌手ばかりになりました。(松本アンカー)
  • 雨の御堂筋」を歌った欧陽菲菲さんは翌年1972年の「NHK紅白歌合戦」に初めての外国人歌手として出場しました。(小生)
  • 雨がやんだら」は朝丘雪路さんが民放の番組「11PM」のエンディングで歌っていたのを思い出します。(松本アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. モーツァルト作曲)セレナード第13番ト長調 K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」から第1楽章  ルドルフ・バウムガルトナー指揮 ルツェルン弦楽合奏団
  2. モーツァルト作曲)ドイツ舞曲・管弦楽第3番 K.605「そりすべり」(ハ長調)   ウイリー・ボスコフスキー指揮 ウィーン・モーツァルト合奏団
  3. モーツァルト作曲)ディヴェルティメント(喜遊曲)第17番 K.334から第3楽章「メヌエット」(ニ長調)  ヘルべルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  4. モーツァルト作曲)ヴァイオリン協奏曲第5番 K.219「トルコ風」から第3楽章(イ長調)  ギドン・クレーメル(ヴァイオリン) ニコラウス・アーノンクール指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  5. モーツァルト作曲)交響曲第39番 K.543から第3楽章(変ホ長調)  イシュトヴァン・ケルテス指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  6. (モーツァルト作曲)ピアノ協奏曲第20番 K.466から第2楽章(変ロ長調)  アンネローゼ・シュミット(ピアノ) クルト・マズア指揮 ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
  7. (モーツァルト作曲)セレナード第9番 K.320「ポストホルン」から第2楽章(ニ長調)  カール・ベーム指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  8. (モーツァルト作曲)「アヴェ・ヴェルム・コルプス」ニ長調 K.618  ラファエル・クーベリック指揮 レーゲンスブルク大聖堂聖歌隊 バイエルン放送交響楽団

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 高原の宿  林伊佐緒 作詞 高橋掬太郎 作曲 林伊佐緒 昭和30年 1955
  2. 若しも月給が上がったら  林伊佐緒、新橋みどり 作詞 山野三郎(サトウハチロー) 作曲 北村輝 昭和12年 1937
  3. 麗人草の歌  林伊佐緒 作詞 松村又一 作曲 加藤光男 昭和24年 1949
  4. ダンスパーティーの夜  林伊佐雄 作詞 和田隆夫 作曲 林伊佐雄 昭和25年 1950
  5. 真室川ブギ  林伊佐緒 作詞 矢野亮 山形県民謡 編曲 林伊佐緒 昭和29年 1954
  6. おこさルンバ(おこさ節ルンバ)  林伊佐緒 作詞 矢野亮 編曲 林伊佐緒 昭和29年 1954
  7. 三つの恋  林伊佐緒 作詞 矢野亮 作曲 吉田矢健治 昭和29年 1954
  8. そっとこのまま  林伊佐緒 作詞 横井弘 作曲 林伊佐緒 昭和32年 1957
  9. 恋の幌馬車  林伊佐緒 作詞 矢野亮 作曲 林伊佐緒 昭和35年 1960
  10. 東京の空からホーイ  林伊佐緒 作詞 矢野亮 作曲 林伊佐緒 昭和37年 1962
  11. 旅路  林伊佐緒 作詞 矢野亮 作曲 林伊佐緒 昭和58年 1983
    深夜便の歌
     ひとひらの雪  菅原洋一 作詞:ちあき哲也 作曲:三木たかし

  • 林伊佐緒さんは日本最初のシンガーソングライターと呼ばれています。戦前には「出征兵士の歌」「男なら」なども作曲されています。(川野アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue) さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Ca, c'est Paris(サ・セ・パリ)  Mistinguett(ミスタンゲット) Paroles: Lucien Boyer & Jacques-Charles. Musique: Jose Padilla 1926
  2. Tu Ne Sais Pas Aimer(人の気も知らないで)  Damia(ダミア) Paroles: Maurice Aubret Musique: Gui Zoka 1931
  3. Vous qui passez sans me voir(去りゆく君)  Jean Sablon(ジャン・サブロン) Paroles: Charles Trenet. Musique: Johnny Hess 1936
  4. Il pleut sur la route(小雨降る径:こさめふるみち)  Tino Rossi(ティノ・ロッシ) Paroles: Henry Himmel, Fr: R.Chamfleury. Musique: Henry Himmel 1934
  5. La Marie-Vison(毛皮のマリー)   Yves Montand(イヴ・モンタン) Paroles: Roger Varnay. Musique: Marc Heyral 1954

  • 2時代の前半は、第44代のアメリカ大統領の就任演説がテレビと同時放送されました。オバマ氏がアメリカ史上最初の黒人大統領になりました。日本語の同時通訳で放送されました。約18分45秒ほどの演説でした。
  • サ・セ・パリ」の意味は「これぞパリ」です。(須磨アンカー)
  • 人の気も知らないで」は淡谷のり子さんの歌でおなじみの方も多いことでしょう。(須磨アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue) さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 笑って許して  和田アキ子 作詞 阿久悠 作曲 羽根田武邦 昭和45年 1970
  2. コーラスガール  和田アキ子 作詞 竜真知子 作曲 川口真 昭和53年 1978
  3. 抱擁  和田アキ子 作詞 阿久悠 作曲 都志見隆 昭和62年 1987
  4. あの鐘を鳴らすのはあなた  和田アキ子 作詞 阿久悠 作曲 森田公一 昭和47年 1972
  5. どしゃぶりの雨の中で  和田アキ子 作詞 大日方俊子(おおひなた・としこ) 作曲 小田島和彦 昭和44年 1969
  6. 天使になれない  和田アキ子 作詞 阿久悠 作曲 都倉俊一 昭和46年 1971
  7. 夜明けの夢  和田アキ子 作詞 阿久悠 作曲 都倉俊一 昭和46年 1971
  8. 星空の孤独  和田アキ子 作詞 阿久悠 作曲 ロビー和田 昭和43年 1968
  9. 古い日記  和田アキ子 作詞 安井かずみ 作曲 馬飼野康二 昭和49年 1974
  10. だってしょうがないじゃない  和田アキ子 作詞 川村真澄 作曲 馬飼野康二 昭和63年 1988
    深夜便の歌
     ひとひらの雪  菅原洋一 作詞:ちあき哲也 作曲:三木たかし

  • 抱擁」は映画『極道の妻たちⅡ』の主題歌でした。(須磨アンカー)
  • 星空の孤独」は和田アキ子さんのデビュー曲です。このときのキャッチコピーは『和製リズム・アンド・ブルース』だったんだそうです。18歳でデビューしました。本日おかけしたレコードは1988年のレコーディングのもので、デビュー当時のものではありません。(須磨アンカー)
  • むかし学校の先生で「和田アキ子」というあだ名の方がいました。本名は忘れましたが(そもそも本名を知らなかった?)あだ名だけは覚えているものです。考えてみれば、あだ名でしか思い浮かばない先生がなんと多いことでしょう。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Heigh-Ho(映画『Snow White and the Seven Dwarfs(白雪姫)』より「ハイ・ホー」)  soundtrack(The Dwarf Chorus) 1973
  2. The Mickey Mouse Club March(TV series 1955-1959『The Mickey Mouse Club(ミッキー・マウス・クラブ)』から「ミッキー・マウス・クラブ・マーチ」)original soundtrack  Mouseketeers(コーラス)1955
  3. Zip-a-dee Doo-Dah(映画『Song of the South(南部の唄:実写とアニメの合成映画)』から「ジッパ・ディー・ドゥー・ダ」)original soundtrack  James Baskett Written by Allie Wrubel & Ray Gilbert 1946
  4. La La Lu(映画『Lady and the Tramp(わんわん物語)』から「ラ・ラ・ルー」)  Peggy Lee Written by Sonny Burke & Peggy Lee 1955
  5. Someday My Prince Will Come(映画『Snow White and the Seven Dwarfs(白雪姫)』より「いつか王子様が」)  Bill Evans Trio: Bill Evans(p), Scott LaFaro(b), Paul Motian(d) 1959
  6. Alice in Wonderland(映画『Alice in Wonderland(不思議の国のアリス)』より「不思議の国のアリス」)  The Dave Brubeck Quartet(デイブ・ブルーベック・カルテット) Written by Bob Hilliard and Sammy Fain (1951)
  7. When You Wish Upon A Star(映画『Pinocchio(ピノキオ)』より「星に願いを」)  Louis Armstrong(ルイ・アームストロング) composed by Leigh Harline/Ned Washington (1940)
  8. Chim Chim Cheree(映画『Mary Poppins(メリー・ポピンズ)』から「チムチムチェリー」)(soundtrack)   written by Richard M. Sherman/Robert B. Sherman 1964
  9. You've Got a Friend in Me(映画『Toy Story(トイ・ストーリー)』から「君は友だち」)   Randy Newman & Lyle Lovett Written and Produced by Randy Newman 1995
  10. A Whole New World(映画『Aladdin(アラジン)』より「ホール・ニュー・ワールド」)  Peabo Bryson & Regina Belle(ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル)lyrics by Tim Rice music by Alan Menken 1992

    ウォルト・ディズニー(Walter Elias Disney)、 1901年12月5日生まれ - 1966年12月15日死去)
     アメリカ・イリノイ州シカゴに生まれた漫画家、アニメ製作者、映画監督、実業家。

  • 小生の子供時代には民放のテレビ番組で「ディズニーランド」というのが結構長い期間放送されていました。番組のさいょに毎回ウォルト・ディズニーが出てきて前解説をして始まりました。その放送は冒険記録映画・大自然記録映画が半分くらいあり、残りはミッキーマウスなどのアニメと物語映画でした。その印象が強くて、今でもディズニーというと勇気・大自然・開拓者精神を大切にするコテコテのアメリカ人を連想します。そんな昔話を家族に話して「どうも、ミッキーは軽くてねぇ」と言うとあまりいい顔されません(笑)。(小生)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。