このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

2009年03月の全記事一覧

スポンサーサイト
2009, 3/31火 作家で綴る流行歌:荒木とよひさ(作詞)作品集 Tue Mar 31, 2009
2009, 3/30月 韓流ドラマ・映画主題歌、そしてスターの歌声Mon Mar 30, 2009
2009, 3/30月 懐かしの歌謡スター:笠置シヅ子集 Mon Mar 30, 2009
2009, 3/28土 23時台~3/29日 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Mar 28 23:00 to 29 2:00, 2009 JST
2009, 3/29日 ポピュラー名曲アルバム:80年代ポップス・ヒット集 Sun Mar 29, 2009
2009, 3/29日 青春の歌:松任谷(荒井)由実集 Sun Mar 29, 2009
2009, 3/28土 J1復帰サンフレッチェ広島」 サンフレッチェ広島企画部 部長代理 森脇豊一郎 ○リクエストとお便り Sat Mar 28, 2009
2009, 3/28土 ○リクエストとお便り ○アンカーを囲むつどい 須磨、宮川アンカー (府中町・2月21日収録)  Sat Mar 28, 2009
2009, 3/26木 23時台~3/27金 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Mar 26 23:00 to 27 2:00, 2009 JST
2009, 3/27金 ポピュラー名曲アルバム:シャンソンの楽しみ Fri Mar 27, 2009
2009, 3/27金 懐かしの歌謡スター:小畑実集 Fri Mar 27, 2009
2009, 3/25水 23時台~3/26木 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Mar 25 23:00 to 26 2:00, 2009 JST
2009, 3/26木 ロマンチック・コンサート ポピュラー名曲アルバム:グッド・タイム・ミュージック集 Thu Mar 26, 2009
2009, 3/26木 作家で綴る流行歌:遠藤実(作曲)作品集(2) Thu Mar 26, 2009
2009, 3/24火 23時台~3/25水 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Mar 24 23:00 to 25 2:00, 2009 JST
2009, 3/25水 エンジョイ・ジャズ:日野皓正(トランペット、コルネット)集 Wed Mar 25, 2009
2009, 3/25水 昭和歌年鑑:昭和34年の流行歌 Wed Mar 25, 2009
2009, 3/23月 23時台~3/24火 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Mar 19 23:00 to 20 2:00, 2009 JST
2009, 3/24火 ヴィンテージ・ポップス:ポール・マッカートニー集 Tue Mar 24, 2009
2009, 3/24火 郷愁の歌:卒業シーズンに~別れ、そして旅立ちの歌 Tue Mar 24, 2009
2009, 3/22日 23時台~3/23月 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Mar 23:00 to 2:00, 2009 JST
2009, 3/23月 ポピュラー名曲アルバム:リチャールド・ロジャース集 Mon Mar 23, 2009
2009, 3/23月 歌謡スター・思い出のヒット:舟木一夫集 Mon Mar 23, 2009
2009, 3/21土 23時台~3/22日 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Mar 21 23:00 to 22 2:00, 2009 JST
2009, 3/22日 リラックス・サウンズ: ムード(器楽)・サウンド集 Sun Mar 22, 2009
2009, 3/22日 作家で綴る流行歌:星野哲郎(作詞)作品集(2) Sun Mar 22, 2009
2009, 3/20金 23時台~3/21土 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Mar 20 23:00 to 21 2:00, 2009 JST
2009, 3/21土  競演・世界のアーティスト アダモ&メリー・ホプキン Mar , 2009
2009, 3/21土 ”真夜中の夢の競演” 上條恒彦&白井貴子  Sat Mar 21, 2009
2009, 3/19木 23時台~3/20金 1時台 ラジオ深夜便MIDNIGHT Mar 19 23:00 to 20 2:00, 2009 JST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. つぐない  テレサ・テン 作詞 荒木とよひさ 作曲 三木たかし 昭和59年 1984
  2. 四季の歌  芹洋子 作詞・作曲 荒木とよひさ 昭和51年 1976(昭和39年 1964)
  3. アフロディーテ  高橋真梨子 作詞 荒木とよひさ 作曲 馬飼野康二 昭和55年 1980
  4. 哀しみ本線日本海  森昌子 作詞 荒木とよひさ 作曲 浜圭介 昭和56年 1981
  5. もしも明日が(もしもあしたが)  わらべ 作詞 荒木とよひさ 作曲 三木たかし 昭和58年 1983
  6. 想いで迷子(おもいでまいご)  チョー・ヨンピル 作詞 荒木とよひさ 作曲 三木たかし 昭和62年 1987
  7. 男と女の破片(おとことおんなのかけら)  前川清 作詞 荒木とよひさ 作曲 都志見隆 平成3年 1991
  8. 人形(おもちゃ)  香西かおり 作詞 荒木とよひさ 作曲 浜圭介 平成9年 1997
  9. 恋唄綴り(こいうたつづり)  堀内孝雄 作詞 荒木とよひさ 作曲 堀内孝雄 平成2年 1990
    深夜便の歌
     初恋  大田裕美 作詞 大田裕美 作曲 伊勢正三

    荒木とよひさ(あらき・とよひさ、本名:荒木豊久、昭和18年1943年9月19日生まれ )
     作詞家。旧満州・大連出身。1972年、「四季の歌」の作詞でデビュー。 日本大学芸術学部卒業。 妻は演歌歌手の神野美伽。

  • 荒木とよひささんはテレサ・テンさんに「愛人」「時の流れに身をまかせ」「つぐない」「別れの予感」など、大ヒットした曲の詞を提供しています。(小生)
スポンサーサイト
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 韓国ドラマ『エデンの東』から「歳月が経てば:歳月が過ぎれば」  ソン・スンホン
  2. 韓国ドラマ『エデンの東』から「運命に逆らって」  sg WANNA BE+
  3. 韓国ドラマ『風の国』から「生きても死んでも」  フィソン
  4. 韓国映画『悲しみよりもっと悲しい物語』から「悲しみより もっと悲しい物語」  キム・ボムス
  5. 韓国ドラマ『私の生涯の最後のスキャンダル』から「愛は来るでしょうか」  ビヨン・ジンソプ
  6. 韓国ドラマ『食客』から「新しい社会」  キム・レオン
  7. 韓国ドラマ『カインとアベル』から「運命」  ハウル
  8. 韓国ドラマ『オンエアー』から「大切な人」  パク・ヨンハ

  • 韓国ドラマ『エデンの東』は、この4月から日本でもBS-TBSで放送(日本語吹き替え、地上デジタルでは字幕か?)されるようです。社会と家族・血族のドラマだそうです。(小生) ドラマ『エデンの東』を紹介するTBSのサイト→ http://www.tbs.co.jp/eastofeden/
  • 韓国ドラマ『風の国』は韓国の長編歴史ファンタジーです。BSフジで放送しています。(小生) ドラマのBSフジのサイトはこちら→ http://www.bsfuji.tv/top/pub/wind.html
  • 韓国映画『悲しみより もっと悲しい物語』の紹介記事がありました。→ http://koreanmoviedatabank.blog23.fc2.com/blog-entry-121.html
  • 韓国ドラマ『私の生涯の最後のスキャンダル』を紹介する記事がありました。→ http://www.kntv.co.jp/prog/dra/p0343_a.php
  • 韓国ドラマ『食客』を紹介する記事がありました。主人公が韓国の有名料亭を舞台にして料理人として成長して行くドラマだそうです。→ http://www.wowow.co.jp/drama/release/syokyaku/
  • 韓国ドラマ『カインとアベル』を紹介する記事がありました。→ http://contents.innolife.net/listd.php?ac_id=3&ai_id=10639
  • 韓国ドラマ『オンエアー』を紹介するテレビ東京のサイト。なぜかストーリーが書かれていないのでどんな話かわかりません(笑)。日本でも既に放送は終了しているようです(小生)。→ http://www.tv-tokyo.co.jp/onair/index.html
  • 次回は5月31日夜6月1日午前2時代にお送りします。(宇田川アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 東京ブギウギ  笠置シヅ子 作詞 鈴木勝 作曲 服部良一 昭和23年 1948
  2. ラッパと娘  笠置シヅ子 作詞・作曲 服部良一 昭和14年 1939
  3. ロスアンゼルスの買物  笠置シヅ子、楽団クラックスター 作詞 村雨まさを 作曲 服部良一 昭和26年 1951
  4. ホームランブギ  笠置シヅ子 作詞 サトウハチロー 作曲 服部良一 昭和24年 1949
  5. アイレ可愛いや  笠置シヅ子 作詞 藤浦洸 作曲 服部良一 昭和22年 1947
  6. さくらブギウギ  笠置シヅ子 作詞 藤浦洸 作曲 服部良一 昭和23年 1948
  7. ジャングル・ブギー  笠置シヅ子 作詞 黒澤明 作曲 服部良一 昭和23年 1948
  8. 大阪ブギウギ  笠置シヅ子 作詞 藤浦洸 作曲 服部良一 昭和23年 1948
  9. 買物ブギー  笠置シヅ子 作詞 村雨まさを 作曲 服部良一 昭和25年 1950
  10. ペ子ちゃんセレナーデ  笠置シヅ子 作詞 東美伊(あずま・みい)、藤浦洸 作曲 服部良一 昭和25年 1950
  11. モダン金色夜叉  笠置シヅ子と堺駿二 作詞 村雨まさを 作曲 服部良一 昭和26年 1951
  12. ハーイ・ハイ  笠置シヅ子とコロムビアシスターズ 作詞 村雨まさを 作曲 服部良一 昭和26年 1951
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

  • 笠置シヅ子さんは大正3年生まれ、昭和60年に亡くなりました。小学校を卒業してから宝塚音楽学校の受験をしました。またまた今日は宝塚音楽学校の試験発表の日ですね。歌と踊りは申し分なかったのだそうですが、なぜか落とされてしまった。その理由はあまりにもやせていて宝塚の過酷な生活には耐えられないのではないかと学校側が考えたからだそうです。その同じ年(昭和2年)、大阪の松竹楽劇部(OSK日本歌劇団の前身)に入ります。
  • 「ペ子ちゃんセレナーデ」は「ペコちゃん」ではなく「ペ子ちゃん」と子を漢字で書くのがが正しいようです。昭和25年(1950)に横山隆一のマンガ「デンスケ」の映画化した松竹映画「ペ子ちゃんとデン助」主題歌でした。この映画では笠置シヅ子さんは主演をつとめています。相手役は堺駿二(さかい・しゅんじ:堺正章さんの父)さんでした。作詞をした東美伊(あずま・みい)さんに関しては詳細不明です。誰かのペンネームなのかもしれません。(小生)
  • 本日放送された笠置シヅコさんの歌は全て服部良一さんの作曲でした。ちなみに「村雨まさを」は服部良一さんのペンネームです。作詞もされました。(小生)
  • 笠置さんのファンには政財界の方がとっても多かったということです。吉川英治(作家)さん林芙美子(作家)さん梅原龍三郎(洋画家)さんなど文化人間もファンに名を連ねています。(宇田川アンカー)
  • 笠置さんは昭和32年ごろ歌手廃業宣言をなさいました。理由は太りかけ始めたからということです。自分の(パワフルに軽快に歌い踊っていた)一番いい時代を(太った)自分で汚す必要は無い、と語っています。そして俳優に転向しました。それ以後は一切鼻歌にいたるまで歌わなかったということです。(宇田川アンカー)
23:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便  アンカー柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん
来週は4月、フレッシュマンの季節です。今年の新入社員の皆さんは厳しい風が吹いているときに社会に出て行くことに成りますが、今夜の「人生私流」のゲスト落合恵子さんには、いまだからこそ元気で居るためのヒントも伺ってまいります。
人生私流 / ミッドナイトクッキング
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. More than I can say(星影のバラード)  Leo Sayer(レオ・セイヤー) written by Jerry Allison/Sonny Curtis 1980(1961)
  2. The Way It Is(ザ・ウェイ・イット・イズ) Bruce Hornsby & The Range(ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ) lyrics & music: Bruce Hornsby 1986
  3. Against All Odds (Take a Look at Me Now) (見つめて欲しい)  Phil Collins(フィル・コリンズ) written by Phil Collins 1984
  4. True(トゥルー)  Spandau Ballet(スパンダー・バレー) written by Gary Kemp 1983
  5. I Like Chopin(アイ・ライク・ショパン)  Gazebo(ガゼボ) written by Gazebo/P.L.Giombini 1983
  6. Do You Really Want To Hurt Me(君は完璧さ)   Culture Club(カルチャー・クラブ) written by Culture Club 1982
  7. There Must Be an Angel (Playing with My Heart)(ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル)  Eurythmics(ユーリズミックス)(ハーモニカ:スティービー・ワンダー) written by Annie Lennox, David Stewart 1985
  8. What's Love Got to Do with It(愛の魔力)  Tina Turner(ティナ・ターナー)written by Terry Britten/Graham Lyle 1984
  9. Always(オールウェイズ)  Atlantic Starr(アトランティック・スター) written by David Lewis, Jonathan Lewis, Wayne Lewis 1986

  • I Like Chopin(アイ・ライク・ショパン)は松任谷由実さんが日本語詞をつけて小林麻美さんが昭和59年(1984)に歌ってヒットしました。(小生)
  • True(トゥルー)この曲が流行っていた頃、私は高校生でした。懐かしいですね。(柴田アンカー)
  • Always(オールウェイズ)は結婚式でかかるおなじみの曲かもしれませんね。(柴田アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 春よ、来い   松任谷由実 作詞・作曲 松任谷由実 平成6年 1994
  2. 卒業写真  荒井由実 作詞・作曲 荒井由実 昭和50年 1975
  3. やさしさに包まれたなら  荒井由実 作詞・作曲 荒井由実 昭和49年 1974
  4. 中央フリーウェイ  荒井由実 作詞・作曲 荒井由実 昭和51年 1976
  5. まぶしい草野球  松任谷由実 作詞・作曲 松任谷由実 昭和55年 1980
  6. ダンデライオン?遅咲きのたんぽぽ  松任谷由実 作詞・作曲 松任谷由実 昭和58年 1983
  7. 経る時(ふるとき)  松任谷由実 作詞・作曲 松任谷由実 昭和58年 1983
  8. あの頃のまま  松任谷由実 作詞・作曲 呉田軽穂(松任谷由実) 平成15年 2003(昭和54年 1979)
  9. あの日にかえりたい  松任谷由実、小野リサ 作詞・作曲 荒井由実 平成13年 2002(昭和50年 1975)
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

  • この番組を担当するようになってありがたいのは、「若いのね」とたくさんの人から声をかけていただけることです。他の番組ですと、スタッフも含めて私よりも年下ということがあります。(柴田アンカー)
  • 春よ、来い』は、NHKが1994年10月3日から1995年9月30日まで放送した同名の朝の連続テレビ小説で、原作者である橋田壽賀子さんのの自伝小説作品です。(第1部)安田成美さん、(第2部)中田喜子さんが主演しました。(柴田アンカー)
  • まぶしい草野球」はアルバム『SURF&SNOW』(サーフ アンド スノー)に収録されています。同アルバムには、冬の定番曲とも言える「恋人がサンタクロース」や「サーフ天国、スキー天国」が入っています。と解説しつつ、この曲をじっくり聞いたのは久しぶりです。24年前の曲ですか、いい曲を選曲してくれました。(小生)
  • つい聴き込んでしまう、そんな魅力が松任谷由実さんの歌にはあります。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 地方発ラジオ深夜便
アンカー Anchor 周山制洋(Suyama-Norihiro)さん

インタビュー:J1復帰サンフレッチェ広島」 サンフレッチェ広島企画部 部長代理 森脇豊一郎さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 光の射すほうへ  THE CRANE FLY(クレイン・フライ) 作詞・作曲 柞磨尚哉、中野功一
  2. 瀬戸の花嫁  小柳ルミ子 作詞 山上路夫 作曲 平尾昌晃 昭和47年 1972
  3. 一本の鉛筆  美空ひばり 作詞 松山善三 作曲 佐藤勝 昭和49年 1969
  4. 中国地方の子守唄  錦織健 民謡 編曲 山田耕筰 (昭和3年 1928)
  5. ひろしまそして雨ん中  瀬川瑛子 作詞 三宅立美 作曲 船村徹
  6. 新日本紀行のオープニングテーマ  (冨田勲によるシンセサイザー) 作曲 冨田勲

  • 光の射すほうへ」はサンフレッチェ広島(J1プロサッカーチーム)の応援歌(サンフレッチェ広島オフィシャル・イメージソング)で、広島在住のバンド THE CRANE FLY(クレイン・フライ)が歌っています。(周山アンカー)
  • 中国地方の子守唄」の出だしは『ねんねこしゃっしゃりませ』です。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 周山制洋(Suyama-Norihiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Tara's Theme(映画『Gone with the Wind(風とともに去りぬ)』から「タラのテーマ」)  (演奏不明) written by Max Steiner (1939)
  2. 潮来笠  橋幸夫 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和35年 1960年
  3. 青い山脈  藤山一郎 作詞 西條八十 作曲 服部良一 (昭和24年 1949)
  4. 岸壁の母  二葉百合子 作詞 藤田まさと 作曲 平川浪竜 昭和47年 1972(昭和29年 1954)
  5. ついてくるかい  小林旭 作詞・作曲 遠藤実 昭和46年 1971

    ○アンカーを囲むつどい 須磨、宮川アンカー (府中町・2月21日収録)
  • 広島には府中という自治体名が2つあります。備後府中と安芸府中。府中は昔国府が置かれたところ。歴史が深いところ。(宮川アンカー)
  • カープの新球場が出来てきています。わざとレフト側を低くして、新幹線の駅から少し覗けるように成っているそうです。(宮川アンカー)
  • サンフレッチェがJ1に復帰しました。広島球団の応援など、地元のチームを応援する情熱がすごいですね。(須磨アンカー)
  • 原爆資料館、原爆ドームは良く行きますが、広島城もあります。戦後20年代に再建されました。広島城のことを鯉城(りじょう)といったことから(鯉=CARP)「広島カープ」と名づけられました。(宮川アンカー)
  • 会場からの質問など:
    ・日の出の時間はアナウンスされるが、日の入りの時間も言ってもらえないだろうか。
    清水チーフディレクター:検討いたします。すぐ実現できるかどうかお約束は出来ませんが。
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

  • 日の入りの時間に関する要望は、たしか 2007年9月29日に放送された「茨城発ラジオ深夜便」の『アンカーを囲むつどい』でも会場から同じ発言がありました。放送をする側は「次は日の出の時刻」がくるということでアナウンスしているのでしょうが、聴いている側は生活情報・昼間の活動時間として「日の出、日の入り」を気にしているので、小生も二つセットでアナウンスしてもらった方が便利です。(小生)
  • 新しい広島球場はJR広島駅のすぐそばの貨物ヤード跡地に出来たそうです。昼間のニュースでもやっていました。(小生)
23:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便  アンカー松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん
今日の東京は寒かったものの、午後まで青空が広がりました。咲き始めた桜がここ二三日の雨で躊躇していたのが、今日の柔らかな日差しでまた少し花開いたと思います。
日本列島くらしのたより / ないとエッセー / ワールドネットワーク / ”老い”を豊かに
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Quand Refleuriront les Lilas Blancs(リラの花咲く頃:リラの花咲くころ)  Christian Borel(クリスチャン・ボレル) Paroles: L.Lelievre fils, Varna H.. Musique: F.Doelle (1929)
  2. Sous les toits de Paris(映画『Sous les toits de Paris(パリの屋根の下)』より「パリの屋根の下」)  Maurice Chevalier(モーリス・シュバリエ) Paroles: Rene Nazelles. Musique: Raoul Moretti 1950(1930, 1913)
  3. Mon manege a moi(私の回転木馬)  Edith Piaf(エディット・ピアフ) paroles: Jean Constantin. musique: Norbert Glanzberg 1958
  4. L'amour C'est Pour Rien(恋心)  Enrico Macias(エンリコ・マシアス) Paroles: Pascal-Rene Blanc  Musique: Enrico Macias
  5. Avril au Portugal(ポルトガルの四月:Titre original: "COIMBRA")  Yvette Giraud(イヴェット・ジロー) Paroles: Jacques Larue - Jose Galhardo. Musique: Raul Ferrao 1949
  6. Les amours finissent un jour(ある日恋の終りが)  Georges Moustaki(ジョルジュ・ムスタキ) Paroles et Musique:Georges Moustaki
  7. La chanson des vieux amants(懐かしき恋人の歌)  Juliette Greco(ジュリエット・グレコ) Paroles: Jacques Brel. Musique: Jacques Brel & Gerard Jouannest (1967)
  8. La Seine (ラ・セーヌ)  Jacqueline Francois (ジャクリーヌ・フランソワ) Paroles: Flavien Monod, Guy Lafarge. Musique: Guy Lafarge 1948
  9. C'est Si Bon(セ・シ・ボン)  Yves Montand(イヴ・モンタン) paroles: Andre Hornez musique: Henri Betti 1947
  10. Le pont Mirabeau(ミラボー橋)  Leo Ferre(レオ・フェレ) Paroles: Guillaume Apollinaire. Musique: Leo Ferre 1952
  11. Et maintenant(そして今は)  Gilbert Becaud(ジルベール・ベコー) Paroles: Pierre Delanoe. Musique: Gilbert Becaud 1961
  12. Mon coeur est un violon(私の心はヴァイオリン)  Andre Claveau(アンドレ・クラヴォー) Paroles: Jean Richepin. Musique: Miarka Laparcerie 1945

  • リラの花咲く頃」は宝塚歌劇団で歌われる「すみれの花咲く頃」でも有名です。(松本アンカー)
  • C'est Si Bon(セ・シ・ボン)は「これは素敵だ」という意味だそうです。(松本アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 長崎のザボン売り  小畑実 作詞 石本美由起 作曲 江口夜詩 昭和23年 1948
  2. 虹の都  小畑実 作詞 大高ひさを 作曲 利根一郎 昭和22年 1947
  3. 波止場シャンソン  小畑実 作詞 内田ツトム 作曲 上原げんと 昭和23年 1948
  4. 小判鮫の唄  小畑実 作詞 高橋掬太郎 作曲 大村能章 昭和23年 1948
  5. 明日から明日から(あすからあすから)  小畑実 作詞 藤間哲郎 作曲 利根一郎 昭和24年 1949
  6. 星影の小径(ほしかげのこみち)  小畑実 作詞 矢野亮 作曲 利根一郎 昭和25年 1950
  7. 涙のチャング  小畑実 作詞 丘灯至夫 作曲 古賀政男 昭和25年 1950
  8. 高原の駅よ、さようなら  小畑実 作詞 佐伯孝夫 作曲 佐々木俊一 昭和26年 1951
  9. 花の三度笠  小畑実 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和28年 1953
  10. 婦系図の歌(おんなけいずのうた:(湯島の白梅:ゆしまのしらうめ))  小畑実 作詞 佐伯孝夫 作曲 清水保雄 (昭和17年 1942)
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

  • 「婦系図の歌」は戦前の昭和17年に小畑実、藤原亮子さんの共唱で歌われましたが、今回は後に小畑実さんが一人で歌い吹き込みなおした音源でお聴きいただきます。(松本アンカー)
  • 小畑実さんは現在の北朝鮮、平壌(ピョンヤン)出身です。当時の朝鮮半島は日本に併合されていて同一国内の扱いであったので人の交流も自由でした。その実例が身近にありますので、忘れないようにメモ代わりに書いておきます。小生の友人の祖父であった人が歯科医師の資格試験を受けようとしたところ、日本内地での試験は既に終了しており、朝鮮の京城(現在のソウル)なら間に合うということで受験したそうです。合格してからはそのまま朝鮮に残って平壌で歯科医を開業しました。事情があって日米開戦前に内地に引き上げたそうです。(小生)
23:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便  アンカー宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん
今夜のラジオ第一放送は11時40分からは衆議院総務委員会の平成21年度NHK予算審議の模様を放送いたします。明日の朝5時20分まで放送されます。従いまして今夜のラジオ深夜便はラジオ第一放送ではこの後11時40分で終了いたします。一方、FM放送はいつものように午前一時から朝5時まで放送今しますので、午前一時以降の深夜便はFM放送にチャンネルを合わせてお聴きくださいますようお願いします。
日本列島くらしのたより
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Moonlight Serenade (ムーンライト・セレナーデ)  Modern Folk Quartet(モダン・フォーク・カルテット)(コーラス) lyrics by Mitchell Parish, music by Glenn Miller 1978(1939)
  2. Ain't Misbehavin'(浮気はやめた)  Leon Redbone(レオン・レッドボーン) lyrics by Andy Razaf, music by Thomas Wright Waller(Fats Waller)/Harry Brooks 1975(1929)
  3. Russian Lullaby(ロシアン・ララバイ:ロシアの子守唄)  Jerry Garcia(ジェリー・ガルシア) written by Irving Berlin 1974(1935)
  4. Lover Man (ラヴァー・マン)  Jeff & Maria Muldaur(ジェフ&マリア・マルダー) written by Jimmy Davis/Roger "Ram" Ramirez/Jimmy Sherman 1972(1944)
  5. Dinah(ダイナ)  Dan & The Ofelia Swing Band(ダン・シャドウスキー&ジ・オフェリア・スウィング・バンド) written by Harry Akst/Sam M. Lewis/Joe Young 1978 (1966, 1925)
  6. My Old Timey Baby(マイ・オールド・タイミー・ベイビー)  Dan Hicks & His Hot Licks(ダン・ヒックス&ヒズ・ホット・リックス) written by Dan Hicks 1973
  7. Canned Music (キャンド・ミュージック)  Dan Hicks & His Hot Licks(ダン・ヒックス&ヒズ・ホット・リックス) written by Dan Hicks 1972
  8. As Time Goes By(映画『Casablanca(カサブランカ)』から「時の過ぎゆくまま」)  John Miller(v, g)(ジョン・ミラー) written by Herman Hupfeld 1977(1931)
  9. Nuages(ヌアージュ:雲)  Janet Klein & Her Parlor Boys(ジャネット・クライン&ハー・パーラー・ボーイズ) composed by Jacques Larue/Django Reinhardt 2002(1934)
  10. Lazy Bones(レイジー・ボーンズ)   Dr. John(ドクター・ジョン)written by Hoagy Carmichael/Johnny Mercer 2006(1957)
  11. Dream(ドリーム)  Modern Folk Quartet(モダン・フォーク・カルテット)(コーラス) written by Johnny Mercer 1985(1945)

  • 古いスタンダードを新しいアレンジ・録音で聴くのもなかなかいい気分です。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. みちづれ  牧村三枝子 作詞 水木かおる 作曲 遠藤実 昭和53年 1978
  2. 他人船  三船和子 作詞・作曲 遠藤実 昭和40年 1965
  3. せんせい  森昌子 作詞 阿久悠 作曲 遠藤実 昭和47年 1972
  4. くちなしの花  渡哲也 作詞 水木かおる 作曲 遠藤実 昭和49年 1974
  5. 夢追い酒  渥美二郎 作詞 星野栄一 作曲 遠藤実 昭和53年 1978
  6. オロロン慕情  遠藤実 作詞 小山恭弘 作曲 遠藤実 昭和54年 1979(昭和47年 1972)
  7. 真情(しんじょう)  藤原浩(ふじわら・ひろし) 作詞 稲葉爽秋 作曲 遠藤実 平成6年 1994
  8. 雪椿(ゆきつばき)  小林幸子 作詞 星野哲郎 作曲 遠藤実 昭和62年 1987
  9. 北国の春  千昌夫 作詞 いではく 作曲 遠藤実 昭和52年 1977
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

  • 他人船」を歌った三船和子さんはお遠藤実さんが立ち上げたレコード会社「ミノルフォンフォンレコード」の最初の専属歌手でした。曲を出してすぐに三船和子さんは交通事故に合われて声が出なくなりましたが、今ではリハビリをしてカムバックしご活躍中です。(宮川アンカー)
  • オロロン慕情」は昭和46年・1971年に小林旭さんがレコーディングしました。(小生)
  • 真情」を歌っている藤原浩さんは平成6年・1994年にこの歌でデビューしました。(小生) 藤原浩さんのホームページはこちら→ http://members2.jcom.home.ne.jp/hiroshi-fujiwara/
23:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便  アンカー水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん
野球のWBCは日本の連覇で幕を閉じました。今日の韓国との決勝戦、テレビ観戦でも疲れたという人が大勢いました。この興奮が冷めるには少し時間がかかりそうですね。
日本列島くらしのたより / ないとエッセー / ワールドネットワーク / 健康百話
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. City Connection(シティ・コネクション)  日野皓正 composed by L.Leon Pendarvis
  2. Alone, Alone And Alone(アローン・アローン・アンド・アローン)  日野皓正 composed by Terumasa Hino
  3. My One and Only Love(マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ)  日野皓正 composed by Robert Mellin/Guy Wood 1985
  4. Gently(ジェントリー)  日野皓正 composed by L.Leon Pendarvis / J.Pendarvis
  5. Like Miles(ライク・マイルス)  日野皓正 composed by Terumasa Hino
  6. Unforgettable(アンフォゲッタブル)  日野皓正 composed by Irving Gordon
  7. La Hora Azul(ラ・オラ・アスール)  日野皓正 composed by Terumasa Hino

  • La Hora Azul(ラ・オラ・アスール)はどういう意味なのか調べてみました。おそらくスペイン語だろうと検討をつけてネットの自動翻訳をかけてみたら『憂鬱な時間』と訳されました。曲調もそんな感じです。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 古城  三橋美智也 作詞 高橋掬太郎 作曲 細川潤一 昭和33年 1958
  2. 山の吊り橋  春日八郎 作詞 横井弘 作曲 吉田矢健治 昭和34年 1959
  3. お別れ公衆電話  松山恵子 作詞 藤間哲郎 作曲 袴田宗孝 (昭和34年 1959)
  4. 人生劇場  村田英雄 作詞 佐藤惣之助 作曲 古賀政男 昭和34年 1959(昭和13年 1938)
  5. 黄色いサクランボ  スリー・キャッツ 作詞 星野哲郎 作曲 浜口庫之助 昭和34年 1959
  6. 僕は泣いちっち  守屋浩 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和34年 1959
  7. 浅草姉妹  こまどり姉妹 作詞 石本美由紀 作曲 遠藤実 昭和34年 1959
  8. ひとみちゃん  神戸一郎(かんべ・いちろう) 作詞 水島哲 作曲 米田信一 昭和34年 1959
  9. 可愛い人  フォー・コインズ 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和34年 1959
  10. 哀愁のからまつ林  島倉千代子 作詞 西沢爽 作曲 船村徹 昭和34年 1959
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

23:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便  アンカー葛西聖司(Kasai-Seiji)さん
今日、タクシーに乗って気づいたことがあります。19日東京都内は大変混雑しました。昨日までの3連休前の木曜日、そして5・10払い日前の日、さらに年度末。混みますよね。そして今日も独特の状況があって混んだようです。午前中はガラガラだったんだそうです。なぜかというとWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が放送されていたから。そして午後からは妙に混んでいるんだとタクシーの運転手さんはおっしゃるのです。それは「卒業式のシーズンで、地方から車で出てきて、交差点で迷ってカーナビを見ている」から、とプロフェッショナルならではの分析でした。
日本列島くらしのたより / ないとエッセー / ワールドネットワーク / 朗読
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Another Day(アナザー・デイ)  Paul McCartney(ポール・マッカートニー) written by Paul McCartney/Linda McCartney 1971
  2. All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)   The Beatles(ザ・ビートルズ) written by Lennon/McCartney 1963
  3. Yesterday(イエスタデイ)   The Beatles(ザ・ビートルズ) written by Lennon/McCartney 1976,1966
  4. Fool on the Hill(フール・オン・ザ・ヒル)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by John Lennon/Paul McCartney 1967
  5. Let It Be(レット・イット・ビー)  The Beatles(ビートルズ) written by Paul McCartney (credited to Lennon/McCartney) 1970
  6. Band On The Run(バンド・オン・ザ・ラン)   Paul McCartney & Wings(ポール・マッカートニーとウィングス) written by Paul and Linda McCartney 1974
  7. My Love(マイ・ラブ)  Paul McCartney & Wings(ポール・マッカートニーとウィングス) written by Paul McCartney/Linda McCartney 1973
  8. Silly Love Song(心のラヴ・ソング)  Paul McCartney & Wings(ポール・マッカートニーとウィングス) written by Paul McCartney 1976
  9. Ebony and Ivory(エボニー・アンド・アイボリー)  Paul McCartney & Stevie Wonder(ポール・マッカートニーとスティービー・ワンダー) written by Paul McCartney 1982
  10. No More Lonely Nights(ひとりぼっちのロンリー・ナイト)  Paul McCartney(ポール・マッカートニー) written by Paul McCartney 1984
  11. The Long and Winding Road(ロング・アンド・ワインディング・ロード)  Paul McCartney(ポール・マッカートニー) written by John Lennon/Paul McCartney 1989(1970)

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 仰げば尊し(あふげば尊し) 東京放送合唱団 文部省唱歌 『小学唱歌集 第三編』 明治17年 1884
  2. 贈る言葉  海援隊 作詞 武田鉄矢 作曲 千葉和臣 昭和54年 1979
  3. 卒業  斉藤由貴 作詞 松本隆 作曲 筒美京平 昭和60年 1985
  4. 懐かしい日々  ひばり児童合唱団 作詞・作曲 松井孝夫
  5. 旅立ちの日に  すみだ児童合唱団 作詞 小嶋登 作曲 坂本浩美(高橋浩美) 編曲 松井孝夫 平成3年 1991
  6. 心の旅  チューリップ 作詞・作曲 財津和夫 昭和48年 1973
  7. 想い出がいっぱい  H2O(エイチ・ツー・オー) 作詞 阿木燿子 作曲 鈴木キサブロー 昭和58年 1983
  8. 蛍の光  東京放送合唱団 訳詞 稲垣千穎(いながき・ちかい) スコットランド民謡
  9. さくら(合唱)  森山直太朗、宮城第3女子高等学校音楽部 平成15年 2003
    深夜便の歌
     やさしさの季節  松坂慶子 作詞:喜多條忠 作曲:坂田晃一

  • 懐かしい日々」の後に葛西アンカーが、ご自身の小学校の卒業式で歌うために練習した曲を思い出したのですが、タイトルが分からないそうで、NHKの電波を利用して一節うたい、全国の方々に曲名を尋ねていました。歌詞は以下のとおりです。
    楽しく過ぎた六年の 学びの庭よさようなら
    楽しく強くたくましく 今日は別れの 春の窓
    ご存知の方は教えてあげてください。ちなみに葛西アンカーは昭和26年・1951年生まれです。小学6年生だと昭和38年・1963年になります。と書いている間にネットで検索したらすぐに見つかりました。(小生)
    「別れの歌」 作詞 鈴木達夫 作曲 矢代秋雄

     楽しく過ぎた六年の 学びの庭よさようなら
     明るく強く胸を張り 今日は別れの春の窓
     変わらぬ誓い友情を みんなでみんなで歌おうよ

     思い出残る校庭の 緑よ花よさようなら
     果てない夢を描きつつ 今日は別れの手を握る
     伸びゆく者の喜びを みんなでみんなで歌おうよ
    midi音源はこちら→ http://www.den6.net/top_images/2002_3/wakarenouta2.mid
  • 森山直太朗さんの「さくら」はシングルCDに収録されている第1曲目が森山直太郎さんの独唱で、2曲目が本日放送されたこの合唱バージョンに成っているようです。なお、3曲目には伴奏のみのカラオケバージョンが入っています。(小生)
23:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便  アンカー明石勇(Akashi-Isamu)さん
今日、三回目の東京マラソンが行なわれました。少し風が強く、途中で雨が降るととうあいにくの天気ではありましたが、東京の中心部に3万5千人のランナーが参加して行なわれる市民参加のスポーツとして人気が高まるばかりです。申し込みは7倍を超えているということなのでマラソンの人気には驚くばかりです。抽選で外れた方もいつかは参加できることになっていて、着実に東京の春を知らせるイベントになっています。フルマラソン参加の97%が完走したのも驚きです。
ないとガイド
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. My Favorite Things(マイ・フェイバリット・シングス)  Sarah Vaughan(サラ・ヴォーン)lyrics by Oscar Hammerstein II music by Richard Rodgers (1959)
  2. Blue Moon(ブルー・ムーン)  Mel Torme(メル・トーメ)  lyrics by Lorenz Hart music by Richard Rodgers (1934)
  3. Spring Is Here(スプリング・イズ・ヒア)  The Four Freshmen(フォー・フレッシュメン) lyrics by Lorenz Hart composed by Richard Rodgers (1928)
  4. My Funny Valentine(マイ・ファニー・ヴァレンタイン)  Gordon MacRae(ゴードン・マクレエ) lyrics by Lorenz Hart composed by Richard Rodgers (1937)
  5. It's Easy To Remember(イッツ・イージー・トゥ・リメンバー)  Dean Martin(ディーン・マーチン) lyrics by Lorenz Hart music by Richard Rodgers (1935)
  6. This Can't Be Love(ジス・キャント・ビー・ラヴ)  Nat King Cole(ナット・キング・コール) lyrics by Lorenz Hart music by Richard Rodgers (1938)
  7. I Could Write a Book(アイ・クッド・ライト・ア・ブック)   Vic Damone(ヴィック・ダモン) lyrics by Lorenz Hart music by Richard Rodgers (1940)
  8. Falling in Love With Love(恋に恋して)  Dinah Shore(ダイナ・ショア) lyrics by Lorenz Hart music by Richard Rodgers (1954)
  9. The Lady Is A Tramp(ザ・レディ・イズ・ア・トランプ)  Ella Fitzgerald(エラ・フィッツジェラルド) lyrics by Lorenz Hart music by Richard Rodgers (1937)
  10. He Was Too Good to Me(ヒー・ウォズ・トゥー・グッド・トゥ・ミー)  Helen Merrill(へレン・メリル) lyrics by Lorenz Hart music by Richard Rodgers (1930)
  11. Blue Room(ブルー・ルーム)  Bing Crosby(ビング・クロスビー) lyrics by Lorenz Hart music by Richard Rodgers (1926)
  12. Ev'rything I've Got(エブリシング・アイヴ・ガット)  Blossom Dearie(ブロッサム・ディアリー) lyrics by Lorenz Hart music by Richard Rodgers 1956

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 高校三年生  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 遠藤実 昭和38年 1963
  2. 修学旅行  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 遠藤実 昭和38年 1963
  3. 仲間たち  舟木一夫 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和38年 1963
  4. 君たちがいて僕がいた  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 遠藤実 昭和39年 1964
  5. あゝ青春の胸の血は  舟木一夫 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和39年 1964
  6. 涙の敗戦投手  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 戸塚三博 昭和39年 1964
  7. あゝりんどうの花咲けど  舟木一夫 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和40年 1965
  8. 絶唱  舟木一夫 作詞 西條八十 作曲 市川昭介 昭和41年 1966
  9. 初恋  舟木一夫 作詞 島崎藤村 作曲 若松甲(わかまつ・まさる) 昭和46年 1971
    深夜便の歌
     ひとひらの雪  菅原洋一 作詞:ちあき哲也 作曲:三木たかし

  • 高校三年生」がヒットした昭和38年、私は大学3年生でした。関係ないですね(笑い)。レコードジャケットに舟木一夫さんの学生服、詰襟姿が映っていますが、舟木さんの母校の制服だったそうです。(明石アンカー)
23:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便  アンカー榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん
今日はぽかぽか陽気でした。ソメイヨシノも開花が発表されました。これから全国あちこちで開花の便りが聞けそうですね、
人生私流 / ミッドナイトクッキング
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Music Box Dancer(愛のオルゴール)  Frank Mills(フランク・ミルズ:ピアノ) written by RFrank Mills
  2. Twilight Time(トワイライト・タイム)  The Three Suns(スリー・サンズ:ギター、アコーディオン、オルガン) written by Alan Dunn/Al Nevins/Buck Ram (1945)
  3. Ebb Tide(ひき潮)  Robert Maxwell & his Orchestra(ロバート・マックスウェル:ハープ) written by Robert Maxwell/Carl Sigman
  4. Serenade(Schubert)(シューベルトのセレナーデ)  Nini Rosso(ニニ・ロッソ:トランペット) composed by Schubert
  5. Danny Boy(ダニー・ボーイ)  Sil Austin(シル・オースチン:テナー・サックス) words by Fred E. Weatherly Also known as "Londonderry Air"
  6. It's Only a Paper Moon(イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン)  Acker Bilk(アッカー・ビルク:クラリネット) written by Harold Arlen/E.Y. "Yip" Harburg/Billy Rose (1940)
  7. A Fine Romance(映画『Swing Time(有頂天時代)』から「ア・ファイン・ロマンス」)  Stephane Grappelli(ステファン・グラッペリ:ヴァイオリン) written by Dorothy Fields/Jerome Kern (1936)
  8. Days Of Wine And Roses(映画『酒とバラの日々』より「酒とバラの日々」)  Toots Thielemans(トゥーツ・シールマンス:ハーモニカ)(lyrics by Johnny Mercer) music by Henry Mancini
  9. La playa(夜霧のしのび逢い)  Claude Ciari(クロード・チアリ:智有蔵上人:ギター) written by J.V.Wetter 1964
  10. The Lonely Shepherd(ロマーナの祈り)  Gheorghe Zamfir(ザンフィル:パンフルート) composed by James Last (1977)
  11. La reine de saba(シバの女王:サバの女王)  Danielle Licari(ダニエル・リカーリ:ボーカリーズ) written by Michel Laurent (1967)

  • ボーカリーズとは歌詞を全てスキャットで歌う歌唱法というか演奏方法です。(榊アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. みだれ髪  美空ひばり 作詞 星野哲郎 作曲 船村徹 昭和62年 1987
  2. 風雪ながれ旅  北島三郎 作詞 星野哲郎 作曲 船村徹 昭和55年 1980
  3. 女の港  大月みやこ 作詞 星野哲郎 作曲 船村徹 昭和58年 1983
  4. 夫婦坂  都はるみ 作詞 星野哲郎 作曲 市川昭介 昭和59 1984
  5. 雪椿  小林幸子 作詞 星野哲郎 作曲 遠藤実 昭和62年 1987
  6. 男岬(海の三代目)(おとこみさき)  鳥羽一郎 作詞 星野哲郎 作曲 中村典正 平成5年 1993
  7. 大器晩成  島津亜矢 作詞 星野哲郎 作曲 原譲二(北島三郎) 平成17年 2005
  8. 三百六十五歩のマーチ  水前寺清子 作詞 星野哲郎 作曲 米山正夫 昭和43年 1968
    深夜便の歌
     ひとひらの雪  菅原洋一 作詞:ちあき哲也 作曲:三木たかし

23:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便  アンカー西橋正泰(Nishihashi-Masahiro)さん
日本列島くらしのたより / ないとエッセー / アジアリポート
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masahiro)さん

<かんさいストーリー> 「カバに会う―日本全国河馬めぐり」 坪内稔典(つぼうち・ねんてん) 著  朗読:秋鹿真人 (あきしか・まさひと)アナウンサー

     ♪曲目 playlist♪
  1. Sans toi, ma mie(サン・トワ・マ・ミー)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ) Paroles et Musique:Salvatore Adamo 1963
  2. Those Were the Days(悲しき天使)  Mary Hopkin(メリー・ホプキン)english lyrics and composed by Gene Raskin 1968
  3. En Blue Jeans Et Blouson D'Cuir (ブルージーンと皮ジャンパー)  Salvatore Adamo(アダモ) Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1963
  4. Love Is the Sweetest Thing(恋はとっても甘いもの)  Mary Hopkin(メリー・ホプキン) written by Ray Noble 1969
  5. Tombe La Neige(雪が降る)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ)Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1963
  6. Y Blodyn Gwyn(ブロディン・グウィン)  Mary Hopkin(メリー・ホプキン) written by E.J. Hughes/ R.H.Jones, Traditional 1969

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masahiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 旅立ちの歌  上条恒彦と六文銭 作詞・作曲 小室等 昭和46年 1971
  2. 夢中だいすき  白井貴子 作詞・作曲 白井貴子
  3. 誰かが風の中で  上條恒彦 作詞 和田夏十 作曲 小室等 昭和47年 1972
  4. さとうきび畑  上條恒彦 作詞・作曲 寺島尚彦 昭和46年 1971
  5. Chance!(チャンス)  白井貴子 作詞・作曲 白井貴子 昭和59年 1984
  6. ストレートに抱きしめて  白井貴子 作詞・作曲 白井貴子 昭和59年 1984
  7. 昨日はもう過ぎ去って  上條恒彦 作詞 谷川俊太郎 作曲 小室等 
  8. Princess Tiffa(プリンセス・ティファ)  白井貴子 作詞・作曲 白井貴子 昭和60年 1985
  9. 蒼空(あおぞら)   上條恒彦 作詞 阿久悠 作曲 曽根孝明 (昭和46年 1971)
    深夜便の歌
     ひとひらの雪  菅原洋一 作詞:ちあき哲也 作曲:三木たかし

23:00~2:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便  アンカー迎康子(Mukai-Yasuko)さん
ワールド・ベースボール・クラシックで今日は日本がキューバに勝ちました。これで準決勝の進出が決まりました。なんども聴く方も居るでしょうが、嬉しい話は何度あってもいいですよね。そしてイチロー選手にヒットが出てよかったですね。皆がイチロー選手の活躍を待っていました。
日本列島くらしのたより / ないとエッセー / ワールドネットワーク / 大人の旅ガイド / ”老い”を豊かに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。