このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

2009年06月の全記事一覧

スポンサーサイト
2009, 6/30火 リラックス・サウンズ:フュージョン・ミュージックの楽しみ~キーボーディストの作品から Tue Jun 30, 2009
2009, 6/30火 歌謡スター・思い出のヒット:菅原都々子集 Tue Jun 30, 2009
2009, 6/29月 エンジョイ・ジャズ:デューク・エリントン集 Sun Jun 29, 2009
2009, 6/29月 昭和歌年鑑:昭和33年の流行歌 Sun Jun 29, 2009
2009, 6/28日 青春の歌:思い出のフォーク&ポップス~中島みゆき集 Sun Jun 28, 2009
2009, 6/27土 <北の朗読館> ○北海道ゆかりの作家の作品をアナウンサーの朗読で Sat Jun 27, 2009
2009, 6/27土 ○アンカーをかこむつどい 榊寿之、柴田祐規子アンカー  ○初夏・うたで綴る 花の旅 Sat Jun 27, 2009
2009, 6/26金 リラックス・サウンズ:ミュージカルの名旋律 Fri Jun 26, 2009
2009, 6/26金 粋芸・柳家三亀松(やなぎや・みきまつ)漫談集 Fri Jun 26, 2009
2009, 6/25木 ヴィンテージ・ロック:ザ・ビートルズ~1964年の作品から Thu Jun 25, 2009
2009, 6/25木 思い出の歌謡スター:美空ひばり集(2) Thu Jun 25, 2009
2009, 6/24水 クラシックへの誘い:”夜”の名曲から Wed Jun 24, 2009
2009, 6/24水 歌謡スター・思いでのヒット:ダークダックス集 Wed Jun 24, 2009
2009, 6/23火 ヴィンテージ・ポップス:アル・ジャロウ(ボーカル)集 Tue Jun 23, 2009
2009, 6/23火 郷愁の歌:沖縄島唄・ポップス集 Tue Jun 23, 2009
2009, 6/22月 思い出の映画音楽:懐かしの名画から Mon Jun 22, 2009
2009, 6/22月 懐かしの歌謡スター:高田浩吉集 Mon Jun 22, 2009
2009, 6/21日 ヴィンテージ・ポップス:キングストン・トリオ & ブラザース・フォー集 Sun Jun 21, 2009
2009, 6/21日 昭和歌年鑑:昭和47年の流行歌 Sun Jun 21, 2009
2009, 6/20土 競演・世界のアーティスト パット・ブーン&フランス・ギャル Sat Jun 20, 2009
2009, 6/20土 ”真夜中の夢の競演”森繁久彌&いしだあゆみ Sat Jun 20, 2009
2009, 6/19金 リラックス・サウンズ:リチャード・クレイダーマン(ピアノ)集 Fri Jun 19, 2009
2009, 6/19金 思い出の流行歌:昭和50年代アイドル歌謡集 Fri Jun 19, 2009
2009, 6/18木 ポピュラー名曲アルバム:カントリー・クラシックス Thu Jun 18, 2009
2009, 6/18木 作家で綴る流行歌:吉田正(作曲)作品集(2) Thu Jun 18, 2009
2009, 6/17水 ポピュラー名曲アルバム:ボサ・ノヴァ&ブラジリアン・ポップス集 Wed Jun 17, 2009
2009, 6/17水 青春の歌:思い出のフォーク&ポップス~加藤登紀子集 Wed Jun 17, 2009
2009, 6/16火 クラシックへの誘い:ショパンの調べ Tue Jun 16, 2009
2009, 6/16火 思い出の流行歌:デビュー曲覚えてますか?~女性歌手篇 Tue Jun 16, 2009
2009, 6/15月 ジャズ・ジャイアンツ:アート・ペッパー(アルト・サックス)集 Mon Jun 15, 2009
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. We're All Alone(ウィー・アー・オール・アローン:二人だけ)  Bob James(ボブ・ジェームス) written by Boz Scaggs 1974
  2. Rainbow Seeker(レインボウ・シーカー)  Joe Sample(ジョー・サンプル)(p,kb) compoed by Joe Sample1978, 1969
  3. She Could Be Mine(シー・クッド・ビー・マイン)  Dave Grusin(デイヴ・グルーシン) compoed by Dave Grusin 1977, 1961
  4. Take Me to the Mardi Gras(夢のマルディ・グラ)  Bob James(ボブ・ジェームス) compoed by Paul Simon 1975
  5. Mountain Dance(マウンテン・ダンス)  Dave Grusin(デイヴ・グルーシン) compoed by Dave Grusin 1979
  6. Voices In The Rain(ヴォイセス・イン・ザ・レイン)  Joe Sample(ジョー・サンプル) compoed by Joe Sample 1980
音の風景
  三重県熊野市紀和町
丸山千枚田の田植え。人を招いてお祭り。地元の農家から説明を受けて子供たちはおそるおそる田んぼに入る。賑やかな田植え。山の斜面の棚田に歓迎の歌声が響く。

スポンサーサイト
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 月がとっても青いから  菅原都々子 作詞 清水みのる 作曲 陸奥明(むつ・あきら) 昭和30年 1955
  2. 片割れ月  菅原都々子 作詞 河合朗(かわい・あきら) 作曲 陸奥明 昭和21年 1946
  3. 憧れの住む町  菅原都々子 作詞 清水みのる 作曲 平川浪竜 昭和25年 1950
  4. 江ノ島悲歌(江ノ島エレジー)  菅原都々子 作詞 大高ひさを 作曲 倉若晴生 昭和26年 1951
  5. 連絡船の唄  菅原都々子 作詞 大高ひさを 作曲 金松奎(きん・かいしょう) 昭和26年 1951
  6. 母千鳥の唄  菅原都々子・真木不二夫 作詞 大高ひさを 作曲 長津義司 昭和26年 1951
  7. 悲恋椿(ひれんつばき)  菅原都々子 作詞 萩原四郎 作曲 倉若晴生 昭和28年 1953
  8. 木浦の涙(もっぽのなみだ)  菅原都々子 作詞 大高ひさを 作曲 孫牧人(久我山明、司潤吉) 昭和30年 1955
  9. 北上夜曲(きたかみやきょく)  菅原都々子 作詞 菊地規(きくち・のりみ) 作曲 安藤睦夫 昭和36年 1961
  10. 憧れは馬車に乗って  菅原都々子 作詞 清水みのる 作曲 平川浪竜 (昭和26年 1951)
    深夜便の歌
     陽射しの中で  岩崎宏美 作詞・作曲 下地勇

    菅原都々子(すがわら・つづこ、昭和2年・1927年8月15日生まれ)
     歌手。通称「エレジーの女王」。非常に個性的なビブラート唱法が魅力で、数々の名曲を歌った。昭和26年・1951年1月3日第1回NHK紅白歌合戦(ラジオ)に出場。『憧れの住む町』で先攻・紅組のトップバッターを務めた。「NHK紅白歌合戦」の記念すべき歌唱者第一号として広く知られる。

  • 菅原都々子さんは戦後田端義男さんの前座を務めながら人気が出たそうです。(遠藤アンカー)
  • 片割れ月」を作詞した 河合朗(かわい・あきら)は菅原都々子さんのお父さんである陸奥明さんの作詞をするときのペンネームです。(遠藤アンカー)
  • 最後に放送された「憧れは馬車に乗って」は後に再び録音された音源でした。それ以外は発売当時の音源のようでした。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. The Mooch(ザ・ムーチ)  Duke Ellington & His Orchestra(デューク・エリントン楽団) composed by Duke Ellington 1928
  2. Caravan(キャラバン)  Duke Ellington & His Orchestra(デューク・エリントン楽団) written by Duke Ellington/Irving Mills/Juan Tizol 1937
  3. Satin Doll(サテン・ドール)    Duke Ellington & His Orchestra(デューク・エリントン)(lyrics by Johnny Mercer) written by Duke Ellington/Billy Strayhorn 1953
  4. Rockin' in Rhythm(ロッキン・イン・リズム)  The Harlem Footwarmers (ザ・ハーレム・フットウォーマーズ) composed by Harry Carney/Duke Ellington/Irving Mills 1927頃
  5. Take the "A" Train(A列車で行こう)  Duke Ellington & His Orchestra(デューク・エリントン) written by Billy Strayhorn 1941
  6. Perdido(パーディド)  Ella Fitzgerald, Duke Ellington & His Orchestra(エラ・フィッツジェラルド、デューク・エリントン&ヒズ・オーケストラ) lyrics by Harry J.Lengsfelder/Ervin Drake. music by Juan Tizol 1957
  7. Sophisticated Lady(ソフィスティケイテッド・レイディ)  Duke Ellington & His Orchestra(デューク・エリントン楽団) music by Duke Ellington/Irving Mills lyrics by Mitchell Parish 1933
  8. Mood Indigo(ムード・インディゴ)  The Jungle Band(ザ・ジャングル・バンド) written by Barney Bigard/Duke Ellington/Irving Mills 1930
音の風景
  岩手県滝沢村
田植えを終えた水田が青々と広がる。いまでも馬が大切に育てられている。6月に行われる「チャグチャグ馬っ子」のお祭り。お祓いを受けた90頭の馬は15Km隣の盛岡まで歩いていく。歩くこと3時間、盛岡の町に入る。馬子唄、子供たちの歓声。馬のいななき。馬の首に掛けられた鈴の音。

  • デューク・エリントンのお父さんはホワイトハウスで執事を勤めていたそうです。そういうわけでデューク・エリントンは、当時、黒人としてはお坊ちゃんで、それで友達にデューク(Duke)=公爵 というあだ名をつれられたそうです。(明石アンカー)
  • デューク・エリントンはザ・ハーレム・フットウォーマーズのピアノを担当しています。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 星は何でも知っている  平尾昌晃(ひらお・まさあき) 作詞 水島哲 作曲 津々美洋(つつみ・ひろし) 昭和33年 1958
  2. 銀座の蝶  大津美子(おおつ・よしこ) 作詞 横井弘 作曲 桜田誠一 昭和33年 1958
  3. 泣かないで  和田弘とマヒナスターズ 作詞 井田誠一 作曲 吉田正 昭和33年 1958
  4. 公園の手品師  フランク永井 作詞 宮川哲夫 作曲 吉田正 昭和33年 1958
  5. おーい中村君  若原一郎 作詞 矢野亮 作曲 中野忠晴 昭和33年 1958
  6. 南国土佐を後にして  ペギー葉山 作詞・作曲 武政英策(たけまさ・えいさく) 昭和34年 1959
  7. 夕焼けとんび  三橋美智也 作詞 矢野亮 作曲 吉田矢健治 昭和33年 1958
  8. 夜が笑っている  織井茂子 作詞 星野哲郎 作曲 船村徹 昭和33年 1958
  9. 思い出さん今日は  島倉千代子 作詞 星野哲郎 作曲 古賀政男 昭和33年 1958
    深夜便の歌
     初恋  太田裕美 作詞 太田裕美 作曲 伊勢正三

  • 昭和33年は原水爆実験についての動きが激しい年でした。バートランド・ラッセルが核実験停止の訴えをしたり、ソ連が核実験を停止宣言したり再実験したり。アメリカは大陸間弾道弾「アトラス」を発射したりしました。流行語は「いかす」「神様、仏様、稲生様」など。(明石アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 時代  中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 昭和50年 1975
  2. アザミ嬢のララバイ  中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 昭和50年 1975
  3. ひとり上手  中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 昭和55年 1980
  4. ルージュ   中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 昭和54年 1979(昭和52年 1977)
  5. しあわせ芝居  中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 昭和54年 1979
  6. ~Made in tears~(なみだ メイド・イン・ティアーズ)  中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 昭和63年 1988
  7. 宙船(そらふね) 中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 平成18年 2006
  8. 悪女  中島みゆき 作詞・作曲 中島みゆき 昭和56年 1981
    深夜便の歌
     初恋  太田裕美 作詞 太田裕美 作曲 伊勢正三

  • オリジナル、ほかの歌手への提供曲交えた8曲でした。夏に中島みゆきさんの曲を聞くのもまた別の感じ方になるので面白いものです。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 地方発深夜便
アンカー Anchor 市川泰(いちかわ・やすし)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 札幌交響楽団との出会い  札幌交響楽団 音楽監督 尾高忠明 朗読:大出岳史(おおで・たけし)アナウンサー
  2. 宇宙からの贈り物  余市町出身 宇宙飛行士 毛利衛 朗読:吉岡大輔(よしおか・だいすけ)アナウンサー
  3. 「北の彩時記」から「樹皮を剥いで保存」 アイヌ文化紹介活動家 計良光範(けいら・みつのり) 朗読:出田奈々(いでた・なな)アナウンサー
  4. ジャズ・ラルゴ(演奏)  羽毛田丈史(はけた・たけふみ)(ピアノ)
  5. 竜の恩返し  スポーツライター 伊藤龍治 朗読:赤松俊理(あかまつ・しゅんり)アナウンサー
  6. 詩『新雪の詩』  「虹と雪のバラード」作詞者 阿邨文一郎(かわむら・ぶんいちろう) 朗読:原大策(はら・だいさく)アナウンサー
  7. 詩『台風の前』  「虹と雪のバラード」作詞者 阿邨文一郎(かわむら・ぶんいちろう) 朗読:大出岳史(おおで・たけし)アナウンサー
  8. ひだまりの詩(ひだまりのうた)  布施明 作詞 水野幸代 作曲 日向敏文 平成21年 2009
音の風景
  長野県南アルプスのふもと・伊那市
田んぼの用水路は子供たちの遊び場。陽が傾きはじめると田んぼからカエルの声が聞こえてくる。夜が更けて星空が広がるとカエルの声で田んぼが包まれる。

  • 阿邨文一郎さんは小樽出身で5年前になくなりました。(市川アンカー)
  • 「ひだまりの詩」は1997年のフジテレビ系ドラマ『ひとつ屋根の下2』の挿入歌でした。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 市川泰(いちかわ・やすし)さん

○アンカーをかこむつどい 榊寿之、柴田祐規子アンカー、(H21.5.28札幌市で収録)
  • 榊アンカーが柴田アンカーに「深夜便の二代目アイドル柴田祐規子です」と自己紹介するように無理やり勧めていました。なお、このフレーズを最初に用いていたのは室町澄子アンカーだそうです。(小生)
  • 加藤登紀子さんがゲストの時に、加藤登紀子さんのギター伴奏で榊アンカーが「知床旅情」を歌いました。それで榊アンカーと会場の参加者の人たちがアカペラで合唱しました。

○初夏・うたで綴る 花の旅
     ♪曲目 playlist♪
  1. Edelweiss(エーデルワイス)  Dew(デュー) written by Oscar Hammerstein II/Richard Rodgers
  2. 白い色は恋人の色  ヘイリー 作詞 北山修 作曲 加藤和彦 昭和44年 1969
  3. 星影の小径(ほしかげのこみち)  ちあきなおみ 作詞 矢野亮 作曲 利根一郎 昭和60年 1985(昭和25年 1950)
  4. The Rose(ローズ:映画『The Rose(ローズ)』より)  Bette Midler(ベット・ミドラー) written by Amanda McBroom
  5. この広い野原いっぱい  森山良子 作詞 小薗江圭子(おそのえ・けいこ) 作曲 森山良子 (昭和42年 1967)
  6. Where Have All the Flowers Gone?(花はどこへ行った)  Peter, Paul and Mary(ピーター・ポール・アンド・マリー) written by Pete Seeger and Joe Hickerson (1962)
    深夜便の歌
     初恋  太田裕美 作詞 太田裕美 作曲 伊勢正三

  • 最近札幌も暑い日が続いているようです。30年ほど前に北海道に住んでいました。だいぶ変わったのでしょうね。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Memory (Theme from Cats)(『キャッツ』から「メモリー」)  ジュリアン・ロイド・ウェッバー(チェロ)、バリー・ワーズワース指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
  2. Do-Re-Mi(『The Sound of Music(サウンド・オブ・ミュージック)』から「ドレミの歌」)   マントバーニ・オーケストラ
  3. Hello, Dolly!(ハロー・ドゥーリー)  パーシー・フェイス・オーケストラ
  4. Leonard Bernstein Broadway medley(バーンスタイン・ブロードウェイ・メドレー)
      『オン・ザ・タウン』から「ニューヨーク・ニューヨーク」~「淋しい町」~『ウエスト・サイド・ストーリー』から「アメリカ」 (メドレー演奏)   ジョン・ウイリアムズ指揮 ボストン・ポップス・オーケストラ
  5. "Fiddler on the Roof" medley(『屋根の上のヴァイオリン弾き』からメドレー)
      「もしも金持ちになれたら」~「人生に乾杯」~「奇跡の中の奇跡」~「サンライズ・サンセット」~「結びの神(むすびのなこうど)」~「しきたり」(メドレー演奏)  ジョン・ウイリアムズ指揮 ボストン・ポップス・オーケストラ
  6. Tomorrow(『Annie(アニー)』から「トゥモロー」)  スタンリー・ブラック指揮 ロイヤル・フィルハーモニー・ポップス管弦楽団
  7. Don't Cry For Me Argentina(『Evita(エビータ)』より「アルゼンチンよ泣かないで」)  ジュリアン・ロイド・ウェッバー(チェロ)、バリー・ワーズワース指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
音の風景
  愛知県愛西市
木曽川と長良川を結ぶ船頭平閘門(せんどうひらこうもん)。木曽川から来た船が運河に入ると水位を上げて長良川へ。年間600艘の船が行き来する。周囲は公園になっている。重要文化財。

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. (都々逸)ねえ貴方(ねえあなた)~鐘が鳴りました~私の商売漫談師でござる  柳家三亀松
  2. (都々逸)勧進帳入り  柳家三亀松
  3. (漫芸)大川端~三人吉三(おおかわばた~さんにんきちざ)  柳家三亀松
  4. (漫芸)湯島天神境内(泉鏡花:原作「婦系図」から)  柳家三亀松
  5. (漫芸)明治一代女  柳家三亀松 昭和38年 40周年記念公演 於:大手町サンケイホール
  6. (都々逸)三千歳 新内入り(みちとせ しんないいり)  柳家三亀松
  7. (都々逸)あの虫は~泣くが情(なくがじょう)~草と寝て~鐘が鳴りました  柳家三亀松
    深夜便の歌
     初恋  太田裕美 作詞 太田裕美 作曲 伊勢正三
・Letter From Home(レター・フロム・ホーム)  藤原真理(チェロ) written by Pat Metheny

  • 小生はラジオ深夜便で柳家三亀松さんの芸にはじめて触れました。柳家三亀松さんのような芸を演じる芸人さんはとんといなくなりました。このような粋な芸を楽しむ観客が少なくなったからでしょうけど。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. I Want To Hold Your Hand(抱きしめたい)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by John Lennon/Paul McCartney 1963
  2. This Boy(ジス・ボーイ)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by John Lennon/Paul McCartney 1963
  3. A Hard Day's Night(ア・ハード・デイズ・ナイト)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by John Lennon/Paul McCartney 1964
  4. And I Love Her(アンド・アイ・ラヴ・ハー)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by John Lennon/Paul McCartney 1964
  5. Things We Said Today(シングス・ウィ・セッド・トゥデイ:今日の誓い)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by John Lennon/Paul McCartney 1964
  6. I'll Be Back(アイル・ビー・バック)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by Roy Lee Johnson 1964
  7. If I Fell(イフ・アイ・フェル:恋におちたら)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by Roy Lee Johnson 1964
  8. No Reply(ノー・リプライ)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by Roy Lee Johnson 1964
  9. Eight Days a Week(エイト・デイズ・ア・ウィーク)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by Lennon/McCartney 1964
  10. I Don't Want to Spoil the Party(アイ・ドント・ウォント・トゥ・スポイル・ザ・パーティー:パーティーはそのままに)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by John Lennon/Paul McCartney 1964
  11. Baby's in Black(ベイビーズ・イン・ブラック)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by John Lennon/Paul McCartney 1964
  12. Honey Don't(ハニー・ドント)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by Carl Perkins 1964
  13. Mr. Moonlight(ミスター・ムーンライト)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by Roy Lee Johnson 1964
  14. I Feel Fine(アイ・フィール・ファイン)  The Beatles(ザ・ビートルズ) written by John Lennon/Paul McCartney 1964
音の風景
  栃木県日光市下今市駅
東武線下今市駅、弁当の立ち売り。もっともにぎわう紅葉の時期。下今市駅は日光と鬼怒川の分岐点。乗り換えの10分が弁当の売り時。隣のホームから声がかかる。懐かしい立ち売りの姿は目を引く。秋空に響く弁当売りの声。

  • 1964年はビートルズにとって世界制覇を成し遂げた年です。イギリスから出てアメリカに進出し一週間足らずで人気者になりました。また初めて映画を作り、世界ツアーに出ました。世界のビートルズが始まった年です。(宮川アンカー)
  • ジス・ボーイ」は「抱きしめたい」のB面に入っていました。コーラスが3パートにわかれています。(宮川アンカー)
  • ア・ハード・デイズ・ナイト」はリンゴ・スターが余りに忙しくてつぶやいた言葉をそのまま曲の題名にしました。その題名で映画が作られました。日本では『ビートルズがやってくるヤーヤーヤー』の邦題が付けられました。(宮川アンカー)
  • No Reply(ノー・リプライ)、Eight Days a Week(エイト・デイズ・ア・ウィーク)は小生も大好きなビートルズの曲です。「エイト・デイズ・ア・ウィーク」は五月みどりさんの「一週間に十日来い」(内容はだいぶ違いますが)みたいで楽しくなります。(小生)
  • 何度か東武日光線に乗ったことがあります。意外と横揺れが少ない列車で快適でした。立ち売りの弁当は買いませんでしたので、次に乗るときは買ってみよう思います。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 素敵なランデブー  美空ひばり 作詞・作曲 原六朗 昭和30年 1955
  2. ひばりの花売娘  美空ひばり 作詞 藤浦洸(すがうら・こう) 作曲 上原げんと 昭和26年 1951
  3. お祭りマンボ  美空ひばり 作詞・作曲 原六朗 昭和27年 1952
  4. Take the "A" Train(A列車で行こう)  美空ひばり 日本語詞 奥山靉(おくやま・あい) written by Billy Strayhorn
  5. ロカビリー剣法  美空ひばり 作詞・作曲 米山正夫 昭和33年 1958
  6. 真っ赤な太陽(真赤な太陽)  美空ひばり、ジャッキー吉川とブルーコメッツ 作詞 吉岡治 作曲 原信夫 昭和42年 1967
  7. 花笠道中  美空ひばり 作詞・作曲 米山正夫 昭和33年 1958
  8. さのさ(さのさ節)  美空ひばり
  9. 縁かいな(端唄くずし「縁かいな」)  美空ひばり 作詞 坂口照男 作曲 馬渕陽光 (明治6年頃から流行る)
  10. ひばりの佐渡情話  美空ひばり 作詞 西沢爽 作曲 船村徹 昭和37年 1962
  11. リンゴ追分  美空ひばり 作詞 小沢不二夫 作曲 米山正夫 昭和27年 1952
    深夜便の歌
     初恋  太田裕美 作詞 太田裕美 作曲 伊勢正三

  • 前半はリズム歌謡、後半は純邦楽です。どんな曲でも歌えるひばりさんです。(宮川アンカー)
  • ロカビリー剣法」と「花笠道中」東映映画『花笠若衆』の主題歌でした。「花笠道中」のB面に入っていました。(宮川アンカー) 
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. (メンデルスゾーン作曲)歌劇『真夏の夜の夢』から「夜想曲」  ジョージ・セル:指揮 クリーヴランド管弦楽団
  2. (シェーンベルク作曲)清められた夜  山本直純:指揮 東京フィルハーモニー交響楽団
  3. (ショパン作曲)夜想曲  堀正文(ヴァイオリン)、竹内啓子(ピアノ)、久山恵子:指揮 東京フィルハーモニー交響楽団 
  4. (ムソルグスキー作曲)はげ山の一夜  梅田敏明:指揮 東京フィルハーモニー交響楽団
  5. (ディーリアス作曲)河の上の夏の夜  山本直純:指揮 NHK交響楽団
  6. (ドビュッシー作曲)月の光   木村かをり(ピアノ)
音の風景
  北海道礼文島
6月、大勢の人がおとづれる。さまざまな花が咲き乱れる。お花畑の上をアマツバメの群れが飛び交う。鳥たちもにぎやかなさえずりで人々を迎える。

  • 最近、寝苦しくなってきたので眠りに入る前に夜のクラシックを頭で演奏を思い出してみるのもいいかもしまれせん。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 銀色の道  ダーク・ダックス 作詞 塚田茂 作曲 宮川泰 (昭和41年 1966)
  2. すずらん(ЛАНДЫШИ)  ダークダックス 日本語詞 ダークダックス 作詞 Ольга Фадеева(オリガ・ファジェーエヴァ) 作曲 Оскар Фельцман(オスカル・フェリツマン) (昭和35年 1961)
  3. 北上夜曲  ダーク・ダックス 作詞 菊地規(きくち・のりみ) 作曲 安藤睦夫(あんどう・むつお) (昭和36年 1961)
  4. 花のメルヘン  ダーク・ダックス 作詞・作曲 敏トシ(びん・とし) (昭和45年 1970)
  5. 雪山讃歌  ダークダックス 作詞 西堀榮三郎 アメリカ民謡「クレメンタイン」 (昭和34年 1959)
  6. 山男の歌  ダーク・ダックス 作詞 神保信雄(じんぼ・のぶお) 作曲 不詳 (昭和37年 1962)
  7. あんな娘がいいな(あんなこがいいな)  ダーク・ダックス 作詞・作曲 水本方治(みずもと・みちはる) (昭和44年 1969)
  8. 白い思い出  ダークダックス 作詞・作曲 山崎唯(やまざき・ただし) (昭和38年 1963)
  9. 雪の降る街を  ダークダックス 作詞 内村直也 作曲 中田喜直 (昭和28年 1953)
  10. かあさんの歌  ダーク・ダックス 作詞・作曲 窪田聡 昭和40年ころ(昭和31年 1956)
  11. 夏の思い出  ダークダックス 作詞 江間章子 作曲 中田喜直 (昭和24年 1949)
  12. 娘よ  ダークダックス 作詞 阿久悠 作曲 森田公一 (昭和51年 1976)
    深夜便の歌
     初恋  太田裕美 作詞 太田裕美 作曲 伊勢正三

  • ダークダックス全曲データ→ http://www.tasc.or.jp/~pipedan/other/darkdacks0001.htm
  • 本日放送そうされた歌のレコード発売年は正確にわからなかったので、すべて最初に発売されたときの年を記しました。(小生)
  • すずらん(ЛАНДЫШИ)は昭和34年にダークダックスがソビエトの演奏旅行に行きました。そのときにお土産として持ち帰った曲です。(水野アンカー)
  • 花のメルヘン」は昭和45年に最初の音源で発売されました。最初の音源では冒頭に入っているかわいい女の子のセリフは、プロ野球監督の水原茂さんの孫、水原由実子ちゃん(当時3歳)が話しています。で、今回放送された音源は後に再び録音されたもので、多分7歳位の女の子が務めています。(小生)

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Mornin'(モーニン)  Al Jarreau(アル・ジャロウ) written by David Foster/Jay Graydon/Al Jarreau 1983
  2. Your Song(ユア・ソング:僕の歌は君の歌)  Al Jarreau(アル・ジャロウ) written by Elton John/Bernie Taupin 1976
  3. Spain (I Can Recall)(スペイン)  Al Jarreau(アル・ジャロウ) written by Chick Corea/Al Jarreau/Artie Maren 1980
  4. My Favorite Things(マイ・フェイヴァリット・シングス)  Al Jarreau & Kathleen Battle(アル・ジャロウ & キャスリーン・バトル) written by Oscar Hammerstein II/Richard Rodgers 1994(1965)
  5. God Bless The Child(ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド)  Al Jarreau & Jill Scott(アル・ジャロウ & ジル・スコット) written by Arthur Herzog Jr./Billie Holiday 2007
  6. Something That You Said(サムシング・ザット・ユー・セッド)  Al Jarreau(アル・ジャロウ) written by Al Jarreau/Joe Zawinul 2000
  7. Waltz for Debby(ワルツ・フォー・デビー)  Al Jarreau(アル・ジャロウ) written by Bill Evans/Gene Lees 2004(1976)
音の風景
  大阪府大東市・府立消防学校
消防士の初任教育訓練。掛け声、駆け足。176人は8ヶ月全寮制で訓練をつむ。18歳から24歳の同期の中には14人の女性もいる。救急救命訓練。教官が班長たちを集め、「この訓練は助け合い、組織の勉強だ」と指導する。訓練終了か、ラッパの音色

    アル・ジャロウ(Al Jarreau、1940年3月12日生まれ)
     アメリカのジャズ・ボーカリスト。ポップ分野でも活躍。ソフトかつ伸びやかな歌声と卓越したボーカル・テクニックを持ち、中でもスキャットは特技ともいえるほど優れた個性を確立している。

  • 午前2時のおやつは、芋ケンピ。高知のお菓子です。もとは小麦粉を細く練って油で揚げたのだそうですが、鹿児島からサツマイモが入ってからは細くきったサツマイモを油で揚げて砂糖をまぶしています。(葛西アンカー)
  • アル・ジャロウの公式ホームページです→ http://www.aljarreau.com/
  • スペイン」はロドリーゴのアランフェス協奏曲をモチーフにしています。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 島唄  加藤登紀子 作詞・作曲 宮沢和史(ブーム) 平成5年 1993
  2. 十九の春  田端義夫 補作詞 本竹裕助(もとたけ・ゆうすけ) 沖縄俗謡 昭和50年 1975
  3. 谷茶前節(たんちゃめぶし)  川田房枝(かわだ・ふさえ) 沖縄民謡
  4. てぃんさぐの花  喜納昌吉とチャンプルーズ 沖縄民謡
  5. 西武門節(にしんじょぶし)  知名定男、宮里康子(ちな・さだお、みやざと・やすこ) 沖縄民謡
  6. だんじゅかりゆし  乙女椿(おとめつばき:コーラス) 沖縄民謡
  7. さとうきび畑  ちあきなおみ 作詞・作曲 寺島尚彦  (昭和46年 1971)
  8. 童神(わらびがみ)~天の子守唄  古謝美佐子(こじゃ・みさこ) 作詞 古謝美佐子 作曲 佐原一哉 平成13年 2001 
  9. 涙そうそう(なだそうそう:うちなーぐちバージョン)  夏川りみ 作詞 森山良子 作曲 BEGIN 平成13年 2001(平成12年 2000)
    深夜便の歌
     初恋  太田裕美 作詞 太田裕美 作曲 伊勢正三

  • 今日は沖縄慰霊の日、島歌の特集です。
  • 谷茶前節(たんちゃめぶし)」は沖縄県恩納村(おんなそん)の海岸「谷茶前(たんちゃめ)」での漁を題材とした沖縄民謡です。(小生)
  • てぃんさぐの花」の『てぃんさぐ』はホウセンカの花のことです。娘さんのつめを赤いホウセンカの花で染なさい、親の言うことは心に染めなさい。そうやって親の言うことを聞いて元気に育つのですよ。という歌です。(葛西アンカー)
  • 西武門節(にしんじょぶし)」は、那覇にあった辻遊郭の尾類(ジュリ:娼妓)と首里の侍(サムレー)が一夜をすごした後にひたすら別れを惜しむ情歌だそうです。(小生)
  • だんじゅかりゆし」は海に囲まれた沖縄の人々が航海に出る人々の安全を祈る言葉だそうです。歌は最初ゆっくりで、だんだん速くなり、船が港から出て軽快に走り出す様子を表しているそうです。(小生)
  • 涙そうそう」は沖縄方言で歌われました。方言で歌われる歌詞には思いのほか力がありました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. C'est pour mon papa(映画『Le roi des resquilleurs(巴里っ子)』から「モン・パパ」)  Georges Milton(ジョルジュ・ミルトン) Paroles: Rene Pujol, Ch.L.Potier. Musique: C.Oberfeld 1930
  2. Complainte(映画『La Tete d'un homme(モンパルナスの夜)』から「哀訴」)  Damia(ダミア)1933
  3. Ou est-il donc ?(映画『Pepe le Moko (望郷)』から「あの人はどこに」)  Frehel chante(フレール) Paroles: A. Decaye, Lucien Carol. Musique: Vincent Scotto 1937(1926)
  4. Candlelight Waltz(映画『Waterloo Bridge(哀愁)』から「別れのワルツ」)  Leon Pops Orchestra(レオン・ポップス・オーケストラ) Music by E. Flat. Lyrics by Arthur Beul 1940
  5. The High and the Mighty(映画『The High and the Mighty(紅の翼)』より「紅の翼」)  Dimitri Tiomkin and Orchestra(ディミトリ・ティオムキン・オーケストラ) 1954
  6. Terry's theme(映画『Limelight(ライムライト)』から「テリーのテーマ」)  Victor Young Orchestra(ビクター・ヤング楽団) 1952
  7. Around the World in 80 Days(映画『Around the World in 80 Days (八十日間世界一周)』より「八十日間世界一周」)  Victor Young & His Orchestra( ビクター・ヤング・オーケストラ) 1956
  8. For Whom the Bell Tolls(映画『For Whom the Bell Tolls(誰が為に鐘は鳴る)』より「誰が為に鐘は鳴る」)  Victor Young & His Orchestra( ビクター・ヤング・オーケストラ)
  9. To Love Again(映画『The Eddy Duchin Story(愛情物語)』より「トゥ・ラヴ・アゲイン」)  Carmen Cavallaro(カーメン・キャバレロ:ピアノ) composed by Fryderyk Chopin/Morris Stoloff 1955
  10. Frankie Machine(映画『The Man With The Golden Arm(黄金の腕)』から「フランキー・マシーン」のテーマ)  soundtrack music by Elmer Bernstein 1955
  11. Moonglow And Theme From "Picnic"(映画『Picnic(ピクニック)』から「ムーングロウとピクニックのテーマ」)  soundtrack written by De Lange/George Duning/Hudson/Mills(1956)
音の風景
  沖縄県与那国島
6月、夏を迎えている国境の島。気温は30度を超える。ジーという蝉の鳴き声。日本の一番西の端、ここ西崎(いりざき)からははるか台湾が望める。ゆったりと時間が流れる島、与那国の夏はまたまだ続く。

  • Candlelight Waltz(別れのワルツ)は「蛍の光」でした。ネットのデータベースで調べたところ、キャンドルライト・クラブでビビアン・リーとロバート・テイラーがほかのカップルと一緒に最後のダンスを踊るシーンで流れる曲だそうです。日本では戦後の1949年に公開されました。(小生)
  • Limelight(ライムライト)といえば曲名は知らなくても聴き覚えがある旋律です。正しい題名は「テリーのテーマ」だと知りました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 大江戸出世小唄  高田浩吉 作詞 湯浅みか(藤田まさと) 作曲 杵屋正一郎 昭和10年 1935
  2. 伊豆の佐太郎  高田浩吉 作詞 西条八十 作曲 上原げんと 昭和27年 1952
  3. りんどう鴉(りんどうがらす)  高田浩吉 作詞 関沢新一 作曲 上原げんと 昭和31年 1956
  4. 伝七小唄  高田浩吉 作詞 野村俊夫 作曲 万城目正 昭和29年 1954
  5. 五十三次待ったなし  高田浩吉 作詞 西條八十 作曲 上原げんと 昭和29年 1954
  6. 名月佐太郎笠  高田浩吉 作詞 松坂直美 作曲 古賀政男 昭和30年 1955
  7. 大江戸出世双六  高田浩吉 作詞 西条八十 作曲 上原げんと 昭和30年 1955
  8. 流転  高田浩吉 作詞 西条八十 作曲 上原げんと 昭和31年 1956
  9. 江戸の三四郎さん  高田浩吉 作詞 野村俊夫 作曲 伊東牧夫 昭和31年 1956
  10. 折鶴さんど笠  高田浩吉 作詞 西条八十 作曲 上原げんと 昭和32年1957
    深夜便の歌
     陽射しの中で  岩崎宏美 作詞・作曲 下地勇

  • 大江戸出世小唄」は歌う映画スター高田浩吉の誕生となった歌です。(宇田川アンカー)
  • 私は競馬はよく知らないのですが、安田記念で優勝した牝馬の尻尾にリボンが付いていて可愛かったと以前お話しました。それについて、お便りをいただきました。「あれは勝ったリボンなどではなく、この馬は気性が荒いので気をつけてください、というしるしなのですよ」と教えていただきました。そうですか、私は存じませんでした。ああ、私には尻尾がなくてよかった、もしあったらたくさんリボンを付けられていたことでしょう(笑)。(宇田川アンカー)
  • 本日放送された高田浩吉さんの歌はすべて映画の主題歌か挿入歌でした。小生、眠狂四郎シリーズの市川雷蔵さんの映画はよく見たのですが、高田浩吉さんについてはどの映画も見たことはありません。いずれ機会があれば見てみようと思います。(小生)
  • 高田浩吉さんの出演された映画の解説とスチル写真を乗せているサイトがありました。→ 「チャンバラ雑記帳」http://www.asahi-net.or.jp/~uy7k-ymst/chzak08/kookiti1.htm
 
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Tom Dooley(トム・ドゥーリー)  The Kingston Trio(キングストン・トリオ) written by Alan Lomax/Frank Warner 1956
  2. Greenfeilds(グリーンフィールズ)  The Brothers Four(ブラザーズ・フォー) written by Richard Dehr/Terry Gilkyson/Frank Miller 1960
  3. A Worried Man(ウォリッド・マン)  The Kingston Trio(キングストン・トリオ) written by Tom Glazer/Dave Guard 1959
  4. El Matador(エル・マタドール)  The Kingston Trio(キングストン・トリオ) written by Jane Bowers/Irving Burgess 1960
  5. Where Have All the Flowers Gone?(花はどこへ行った)  Kingston Trio(キングストン・トリオ) written by Pete Seeger and Joe Hickerson 1962(1955)
  6. Lemon Tree(レモン・ツリー)  The Kingston Trio(キングストン・トリオ) written by Will Holt 1962
  7. Greenback Dollar(グリーンバック・ダラー)  The Kingston Trio(キングストン・トリオ) Hoyt Axton/Kennard Ramsey 1963
  8. Seven Daffodils(七つの水仙)   The Brothers Four(ブラザーズ・フォー) written by Lee Hays/Moseley 1964
  9. The Green Leaves of Summer(遥かなるアラモ)  The Brothers Four(ブラザーズ・フォー) written by Dimitri Tiomkin/Paul Francis Webster 1960
  10. San Francisco Bay Blues(サンフランシスコ・ベイ・ブルース)   The Brothers Four(ブラザーズ・フォー) written by Jesse Fuller (1965)
  11. 500 Miles(500マイル:500マイルも離れて)  The Brothers Four(ブラザーズ・フォー) written by Hedy West 1962(1961)
  12. This Land Is Your Land(わが祖国)  The Brothers Four(ブラザーズ・フォー) written by Woody Guthrie 1963(1950)
音の風景
  ブラジル・サンパウロ近郊のコーヒー園
徐々に冷え込みが増し始める6月下旬、空には南十字星が輝いている。虫の音のような不思議なカエルの音。農園には池があり、カピパラという大ねずみなどが住んでいる。あたりが明るくなると鳥たちが鳴き始める。コーヒー豆の収穫は6月から8月が最盛期。日が昇るとコーヒーの赤い実が光輝き、農園の一日が始まる。

  • 今日は前半キングストン・トリオ、後半がブラザーズ・フォーという構成ではなくて、挨拶代わりに(それぞれのグループ)最初に一曲づつということですね。(宮川アンカーの口真似)(榊アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 太陽がくれた季節  青い三角定規(あおいさんかくじょうぎ) 作詞 山川啓介 作曲 いずみたく 昭和47年 1972 
  2. ひとりじゃないの  天地真理 作詞 小谷夏(久世光彦) 作曲 森田公一 昭和47年 1972
  3. 男の子女の子  郷ひろみ 作詞 岩谷時子 作曲 筒美京平 昭和47年 1972
  4. 芽ばえ  麻丘めぐみ 作詞 千家和也 作曲 筒美京平 昭和47年 1972
  5. さよならをするために  ビリー・バンバン 作詞 石坂浩二 作曲 坂田晃一 昭和47年 1972
  6. 子連れ狼  橋幸夫、若草児童合唱団 作詞 小池一雄 作曲 吉田正 昭和46年 1971
  7. 北信濃絶唱(きたしなのぜっしょう)  野路由紀子 作詞 西沢裕子 作曲 渡辺岳夫 昭和47年 1972
  8. 赤色エレジー(せきしょくエレジー)  あがた森魚(あがた・もりお) 作詞 あがた森魚 作曲 八洲秀章 昭和47年 1972
  9. 喝采  ちあきなおみ 作詞 吉田旺 作曲 中村泰士 (昭和47年 1972)
  10. あの鐘を鳴らすのはあなた  和田アキ子 作詞 阿久悠 作曲 森田公一 昭和47年 1972
    深夜便の歌
     陽射しの中で  岩崎宏美 作詞・作曲 下地勇

  • この年から自動車免許をとって1年未満の人は若葉マークを自動車につけることが義務付けられました。国立大学の授業料が1年間3万6千円でした。1年間ですよ。(榊アンカー)
  • 太陽がくれた季節」は日本テレビ系列青春TVドラマ『飛び出せ!青春』の主題歌でした。主演は村野武範さんで、この時間帯の次の番組は中村雅俊さん主演の『われら青春!』でした。舞台の高校名は変わらず「太陽学園」で穂積ぺぺさんが留年して両方の番組に出演していました。小生の高校生の頃までは同じクラスに留年した人が何人もいたものでした。(小生)
  • さよならをするために」は、日本テレビ系列のテレビドラマ『3丁目4番地』の主題歌でした。主演は浅丘ルリ子さんで石坂浩二さんも出演していました。(小生)
  • 子連れ狼」は日本テレビ系列時代劇TVドラマ『子連れ狼』(萬屋錦之介版:1973~1976)よりさきに発表されてヒットし、『子連れ狼・第三部(1976)』の主題歌になりました。『子連れ狼』第一部、第二部の主題歌は別の曲でバーブ佐竹さんが歌っていました。登場人物は拝一刀(おがみ・いっとう)、大五郎、柳生烈堂(やぎゅう・れつどう)など、刀は「胴太貫」(どうたぬき)懐かしいですね。なお作詞をした小池一雄さんは劇画「子連れ狼」の原作者です。
  • この年に環境問題がらみの話題がありました。運輸省から、アメリカで制定された自動車の排ガスを規正するマスキー法(1970年12月発効)に準じた法制が答申され、翌年から実施されました。この規制をエンジンの燃焼方法によりクリアしたホンダのCVCCエンジンを搭載した「シビック」が世界的に売れました。当時小生の担任だった若い女性教師も新車で購入し、自慢していたのでよく覚えています。現在はCVCCは使われておらず、排ガスを触媒で浄化しています。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masahiro)さん

〔かんさいストーリー〕
「なぜかいい町 一泊旅行」光文社新書 735円 池内紀著 朗読:後藤康之アナウンサー(NHK滋賀)
見知らぬ町の朝は、いいものだひとり旅の名手が訪ねた16の町の記憶。滋賀県伊香郡木之本町、木之本地蔵院(浄信寺) 。老眼になったので病院よりもおまいりに行く。のんびりとした参拝道中。


     ♪曲目 playlist♪
  1. Love Letters In The Sand(砂に書いたラブレター)  Pat Boone(パット・ブーン) written by J. Fred Coots/Charles F. Kenny/Nick A. Kenny 1957(1931)
  2. Poupee de cire, poupee de son(夢見るシャンソン人形)  France Gall(フランス・ギャル) Paroles et Musique: Serge Gainsbourg 1965
  3. Ain't That A Shame(悪いのはあなた)  Pat Boone(パット・ブーン) written by Antoine Domino/Dave Bartholomew 1955
  4. Attends Ou Va-T'En(涙のシャンソン日記)  France Gall(フランス・ギャル) Paroles et Musique: Serge Gainsbourg 1966
  5. I'll Be Home(アイル・ビー・ホーム)  Pat Boone(パット・ブーン) written by Stan Lewis/Ferdinand Washington 1956
  6. Nous ne sommes pas des anges(天使のため息)  France Gall(フランス・ギャル)Paroles et Musique: Serge Gainsbourg 1965
音の風景
  愛知県と岐阜県の間を流れる木曽川
初夏を迎えた河口付近では多くの鳥たちの声を聴くことが出来る。キジ、ヒバリ、ウグイスなど。オオヨシキリは人のそばでもさえずる。海に近い下流では満潮時に川が逆流する。夕方には急に寒くなる初夏の夕暮れ。夜になってもオオヨシキリはヨシの中で鳴く。

  • I'll Be Home(アイル・ビー・ホーム)は遠距離恋愛の思いをつづった歌です。(西橋アンカー)
  • 砂に書いたラブレター」は原題が Love Letters In The Sand なので "LOVE" という文字(letters)を砂の上に書いたということになります、と以前須磨アンカーが解説していました。なるほど。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masahiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 知床旅情  森繁久彌 作詞・作曲 森繁久彌 昭和35年 1960
  2. ブルーライト・ヨコハマ  いしだあゆみ 作詞 橋本淳 作曲 筒美京平 昭和43年 1968
  3. ゴンドラの唄  森繁久彌 作詞 吉井勇 作曲 中山晋平 (昭和9年 1934)
  4. あなたならどうする  いしだあゆみ 作詞 なかにし礼 作曲 筒美京平 昭和45年 1970
  5. 船頭小唄  森繁久彌 作詞 野口雨情 作曲 中山晋平 (大正10年 1921)
  6. 銀座の雀  森繁久弥 作詞 野上彰 作曲 仁木他喜雄 昭和30年 1955
  7. わかれ道  いしだあゆみ、渡哲也 作詞 水木かおる 作曲 杉本真人 昭和61年 1986
  8. 太陽は泣いている  いしだあゆみ 作詞 橋本淳 作曲 筒美京平 昭和43年 1968
  9. 青春が花ならば  森繁久弥 作詞 山上路夫 作曲 いずみたく 昭和46年 1971
  10. 砂漠のような東京で  いしだあゆみ 作詞 橋本淳 作曲 中村泰士 昭和46年 1971
    深夜便の歌
     陽射しの中で  岩崎宏美 作詞・作曲 下地勇

  • 小生子供のとき、「ブルーライト・ヨコハマ」のシングルレコードを遊びに行った親戚の高校生のお兄さんに聴かせてもらいました。いしだあゆみさんのデビュー曲でしたが、そのジャケットの写真は結構大人っぽかったように覚えています。そもそも自分が子供だったのでそのように見えたのでしょうけれど。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Liebestraume(リストの愛の夢愛の夢)  Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン) composed by Franz Liszt(フランツ・リスト)
  2. Ballade Pour Adeline(渚のアデリーヌ)  Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン) composed by Paul de Senneville 1977
  3. Concerto Pour Une Jeune Fille Nommee "Je T'Aime"(愛のコンチェルト)  Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン) composed by Paul de Senneville 1981
  4. Piano Concerto No.1 in B flat minor Op.23(ピアノ協奏曲第1番 第1・第3楽章から抜粋)  Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン)、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 composed by Tchaikovsky(チャイコフスキー)
  5. Arabesque(アラベスク)  Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン) composed by Claude Debussy(クロード・ドビュッシー)
  6. The Prince of the Rising Sun(プリンス・オブ・ライジング・サン)    Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン) composed by Paul de Senneville
  7. 川の流れのように  Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン)(作詞 秋元康) 作曲 見岳章(みたけ・あきら)
  8. Cavatina(小さなピアノの詩(うた):映画『The Deer Hunter(ディア・ハンター)』より「カヴァティーナ」)  Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン) written by Stanley Myers
  9. Serenade de l'Etoile (Coup de Coeur)(星のセレナーデ)  Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン) composed by Paul de Senneville 
音の風景
  青森県深浦町
海の露天風呂。波の音と小石を踏んで露天風呂に歩いていく人の足音。波の荒い日には直接海水が入ってくる。結構しょっぱい。沈み行く夕日が日本海を赤く染める。長湯をしてしまう。

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 横須賀ストーリー  山口百恵 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 昭和51年 1976
  2. やさしい悪魔   キャンディーズ 作詞 喜多條忠 作曲 吉田拓郎 昭和52年 1977
  3. 硝子坂(ガラスざか)  木ノ内みどり 作詞 島武実 作曲 宇崎竜童 昭和52年 1977 (一番のみ)
  4. 硝子坂(ガラスざか)  高田みづえ 作詞 島武実 作曲 宇崎竜童 昭和52年 1977 (全曲)
  5. まちぶせ  三木聖子 作詞・作曲 荒井由実 昭和51年 1976(一番のみ)
  6. まちぶせ  石川ひとみ 作詞・作曲 荒井由実 昭和56年 1981 (全曲)
  7. あの場所から  Kとブルンネン 作詞 山上路夫 作曲 筒美京平 昭和45年 1970(一番のみ)
  8. あの場所から  柏原芳恵 作詞 山上路夫 作曲 筒美京平 昭和57年 1982 (全曲)
  9. 涼風(すずかぜ)  岩崎良美 作詞 来生えつこ 作曲 芳野藤丸(よしの・ふじまる) 昭和57年 1982
  10. セーラー服と機関銃  薬師丸ひろ子 作詞 来生えつこ 作曲 来生たかお 昭和56年12月 1981
  11. 渚のバルコニー  松田聖子 作詞 松本隆 作曲 呉田軽穂 昭和57年 1982
    深夜便の歌
     陽射しの中で  岩崎宏美 作詞・作曲 下地勇

  • 木ノ内みどりさんはルックスも声もアイドルらしいアイドルでした。今は竹中直人さんと結婚しています。(小生)
  • 木之内みどりさんの歌う「硝子坂」は1977年の2月25日に発売されたアルバム『硝子坂』に収録されていました。その1ヵ月後に高田みづえさんがデビュー曲として「硝子坂」を発表しました。(迎アンカー)
  • Kとブルンネンはアメリカから来た女性の留学生と男性のデュオです。(小生)
  • 昭和50年代は女性アイドルがたくさん出てきました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Your Cheatin' Heart(ユア・チーティン・ハート:偽りの心)  Hank Williams(ハンク・ウィリアムス) written by Hank Williams 1952
  2. You Are My Sunshine(ユー・アー・マイ・サンシャイン)  Jimmie Davis(ジミー・デイヴィス) written by Jimmie Davis/Charles Mitchell 1940
  3. Blue Moon of Kentucky(ケンタッキーの青い月)  Bill Monroe and His Blue Grass Boys(ビル・モンローとザ・ブルーグラス・ボーイズ)written by Bill Monroe 1947
  4. Don't Let the Stars Get in Your Eyes(星を見つめないで)  Skeets McDonald(スキーツ・マクドナルド) written by Pryor, Cactus/Barbara Trammel/Slim Willet 1952
  5. A Dear John Letter(ディア・ジョン・レター)  Jean Shepard & Ferlin Husky(ジーン・シェパード&ファーリーン・ハスキー) written by Billy Burton, Fuzzy Owen and Lewis Talley 1953
  6. Release Me(リリース・ミー)  Ray Price(レイ・プライス) written by Eddie Miller/Dub Williams/Robert Yount 1954
  7. I Fall to Pieces(アイ・フォール・トゥ・ピーセス:ひどい仕打ちに)  Patsy Cline(パッツィー・クライン) written by Hank Cochran/Harlan Howard 1961
  8. Stand by Your Man(スタンド・バイ・ユア・マン)  Tammy Wynette(タミー・ウィネット) written by Tammy Wynette/Billy Sherrill 1968
  9. Send Me The Pillow You Dreamo On(夢の枕を) Hank Locklin(ハンク・ロックリン) written by Hank Locklin 1958
  10. El Paso(エル・パソ)  Mart Robbins(マーティ・ロビンス) written by Marty Robbins 1959
  11. Act Naturally(アクト・ナチュラリー)  Buck Owens(バック・オーウェンス) written by Voni Morrison/Johnny Russell 1965(1963)
音の風景
  新潟~福島・C57の力強い汽笛
新潟駅と会津若松駅を結ぶ「SLばんえつ物語号」。昭和21年製造の機関車。朝7時、機関車の点検、連結棒や蒸気・圧縮空気が通るパイプは特に念入りに。人だかりの出来た出発の新潟駅。汽笛を響かせながら緑あふれる森を走っていく。

  • A Dear John Letter(ディア・ジョン・レター)は朝鮮戦争を題材にしたラブソングなんだそうです。歌の中でファーリーン・ハスキーが朝鮮戦争へ出兵し恋人宛てに書いた手紙の朗読をしています。(川野アンカー)
  • Act Naturally(アクト・ナチュラリー)はビートルズも歌っています。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 街のサンドイッチマン  鶴田浩二 作詞 宮川哲夫 作曲 吉田正 昭和28年 1953
  2. 流れの舟唄  竹山逸郎 作詞 吉川静夫 作曲 吉田正 昭和24年 1949
  3. おばこマドロス  野村雪子 作詞 吉川静夫 作曲 吉田正 昭和30年 1955
  4. 有楽町で逢いましょう  フランク永井 作詞 佐伯孝夫(さえき・たかお) 作曲 吉田正 昭和32年 1957
  5. 誰よりも君を愛す  松尾和子、和田弘とマヒナスターズ 作詞 川内康範(かわうち・こうはん) 作曲 吉田正 昭和34年 1959
  6. 泣けるうちゃいいさ  和田弘とマヒナスターズ 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和34年 1959
  7. 寒い朝  吉永小百合、和田弘とマヒナスターズ 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和37年 1962
  8. 恋をするなら  橋幸夫 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和39年 1964
  9. 傷だらけの人生  鶴田浩二 作詞 藤田まさと 作曲 吉田正 昭和45年 1970
  10. 公園の手品師  フランク永井 作詞 宮川哲夫 作曲 吉田正 昭和33年 1958
    深夜便の歌
     陽射しの中で  岩崎宏美 作詞・作曲 下地勇

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue) さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Mas Que Nada(マシュ・ケ・ナダ) Sergio Mendes & Brasil '66(セルジオ・メンデス&ブラジル'66)written by Jorge Ben 1966(1963)
  2. O Barquinho(小さな舟)  Lucio Alves(ルーシオ・アルヴィス) written by Ronaldo Boscoli/Roberto Menescal
  3. So Danco Samba(ソ・ダンソ・サンバ)  Os Cariocas(オス・カリオカス)(コーラス) written by Vinicius de Moraes/Antonio Carlos Jobim
  4. Dinorah, Dinorah(ディノーラ・ディノーラ:喝采)  Ivan Lins(イヴァン・リンス) written by Ivan Lins/Vitor Martins 1977
  5. Desafinado(ジサフィナード:デサフィナード)  Gal Costa(ガル・コスタ) written by Antonio Carlos Jobim/Newton Mendonca
  6. O Estrangeiro(エストランジェイロ)  Caetano Veloso (カエターノ・ヴェローゾ) written by Caetano Veloso
  7. Refazenda(レファゼンダ)  Gilberto Gil(ジルベルト・ジル) written by Gilberto Gil 1975
  8. Baracumbara(バラクンバラ)  Joyce(ジョイス) written by Joyce
  9. Manha de Carnaval(カーニヴァルの朝:映画『Orfeu Negro(黒いオルフェ)』から)  Luiz Bonfa(ルイス・ボンファ) written Luiz Bonfa 1962
音の風景
  奈良・当麻寺(たいまでら)
当麻寺の西南院の中庭にある水琴窟(すいきんくつ)。ウグイスの鳴き声と水琴窟の音。音に感心する観光客と解説する人の声。湿度によって音色が違う。乾燥するとキンキンとした音。水琴窟は江戸の庭師に考案されたという。

  • Desafinado(ジサフィナード:デサフィナード)の歌詞のなかに「ボサ・ノヴァ」という言葉が歴史上初めて出てくるのだそうです。(須磨アンカー)
  • 2008年の日本に在住する外国人(外国人登録者数)は多い順に中国人61万人、韓国・朝鮮人59万人、ブラジル人32万人だそうです。深夜便でも宇田川アンカーが韓国の音楽を取り上げていますが、してみるとブラジルの音楽も定期的に取り上げてもよいのかもしれません。では中国の音楽となると、戦前・戦中の音楽と民俗音楽以外にはちょっと取り上げる曲が思いつきませんけれど。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue) さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 知床旅情  加藤登紀子 作詞・作曲 森繁久彌 昭和45年 1970(昭和40年 1965)
  2. 赤い風船  加藤登紀子 作詞 水木かおる 作曲 小林亜星 昭和41年 1966
  3. ひとり寝の子守唄  加藤登紀子 作詞・作曲 加藤登紀子 昭和44年 1969
  4. 百万本のバラ(Million alyh roz)  加藤登紀子 作詞 Andrei Voznesensky 作曲 Raimonds Pauls 日本語詞 加藤登紀子 昭和62年 1987
  5. 琵琶湖周航の歌(1、2、3、4番まで)  加藤登紀子 作詞 小口太郎 作曲 吉田ちあき 昭和46年 1971(大正6年 1917)
  6. 灰色の瞳(Aquellos Ojos Grises)  加藤登紀子、長谷川きよし 作詞 加藤登紀子  Musica: Mariano-Una-Ramos/Alberto Veli 昭和49年 1974
  7. 黒の舟歌  加藤登紀子 作詞 能吉利人(のう・きりひと=桜井順) 作曲 桜井順
  8. この空を飛べたら  加藤登紀子 作詞・作曲 中島みゆき 昭和53年 1978
  9. 愛の讃歌  加藤登紀子 作詞 加藤登紀子 Paroles: Edith Piaf. Musique: Marguerite Monnot 平成19年 2007(1949)
    深夜便の歌
     陽射しの中で  岩崎宏美 作詞・作曲 下地勇

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. ショパン作曲)バレエ音楽「レ・シルフィード」から24の前奏曲第7番イ長調作品28の7  ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団
  2. ショパン作曲)ワルツ第7番嬰ハ短調作品64の2  タマーシュ・ヴァーシャーリー(ピアノ)
  3. ショパン作曲)バラード第1番ト短調作品23  マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
  4. ショパン作曲)チェロ・ソナタ ト短調作品65から第3楽章  ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)、ダニエル・バレンボイム(ピアノ)
  5. ショパン作曲)ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11から第2楽章  クリスティアン・ツィマーマン(ピアノ)、カルロ・マリア・ジュリーニ指揮 ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団
  6. ショパン作曲)練習曲(エチュード)第3番ホ長調作品10の3「別れの曲」  ヴラディーミル・アシュケナージ(ピアノ)
音の風景
  東京渋谷区にある国学院大学の弓道場
大正9年に創部された。上級生が下級生の一射一射に声を掛ける。いよいよ全国大会に向けた練習が始まる。矢が放たれる音。つるを引き絞る音。28m先にある直径36cmの的を狙う。的中の音。

  • 私はドイツの当時の首都であったボンにすんでいました。ボンと言えばベートーヴェンですが、ベートーヴェンの家は中華料理屋と靴屋に挟まれてありました。庶民的なところで生まれたんだなと思いました。(遠藤アンカー)
  • 別れの曲」は大林宣彦監督の映画『さびしんぼう』でもテーマ曲のように使われていました。ふと、まだ行った事のない尾道の町を思い浮かべました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. この世の花  島倉千代子 作詞 西條八十 作曲 万城目正 昭和30年 1955
  2. ドミノ(Domino Domino)  ペギー葉山 訳詞 音羽たかし 作詞 Jacques Plante 作曲 Louis Ferrari 昭和27年 1952(1950)
  3. 千鳥のブルース  大津美子 作詞 森英男 作曲 渡久地政信 昭和30年 1955
  4. 下町の太陽  倍賞千恵子 作詞 横井弘 作曲 江口浩司 昭和37年 1962
  5. 困るのことョ  都はるみ 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和39年 1964
  6. 涙を抱いた渡り鳥  水前寺清子 作詞 有田めぐむ(星野哲郎) 作曲 いずみゆたか(市川昭介) 昭和39年 1964
  7. ウソツキ鴎(うそつきかもめ)  小林幸子 作詞 西沢爽 作曲 古賀政男 昭和39年 1964
  8. あなたがいなくても  奥村チヨ 作詞 多木比佐夫 作曲 津野陽二 昭和40年 1965
  9. 誰も誰も知らない  加藤登紀子 作詞 なかにし礼 作曲 中島安敏(なかじま・やすとし) 昭和41年 1966
  10. 星空の孤独  和田アキ子 作詞 阿久悠 作曲 ロビー和田 昭和43年 1968
    深夜便の歌
     陽射しの中で  岩崎宏美 作詞・作曲 下地勇

  • ウソツキ鴎」でデビューした小林幸子さんは美空ひばり二世とも言われました。この歌を歌っているとき小林幸子さんは11歳でした。かわいらしい声です。(遠藤アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. You Go to My Head(ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド)  Art Pepper(as), Russ Freeman(p), Leroy Vinnegar(b), Shelly Manne(d) 1956
  2. 'Round About Midnight(ラウンド・アバウト・ミッドナイト:ラウンド・ミッドナイト)    Art Pepper With Marty Paich Orchestra written by Bernie Hanighen/Thelonious Monk/Cootie Williams
  3. Bernie's Tune(バーニーズ・チューン)    Art Pepper With Marty Paich Orchestra
  4. The Man I Love(ザ・マン・アイ・ラヴ:私の彼氏:わたしの彼氏)    Art Pepper Meet The Rhythm Section(アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション) 1957
  5. You'd Be So Nice To Come Home To(ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ)  Art Pepper Meet The Rhythm Section(アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション)1957
  6. Goin' Home(ゴーイン・ホーム:ドヴォルザークの「新世界より」の主題より)  Art Pepper(cl), George Cables(p) 1982
音の風景
  沖縄石垣島川平湾
美しい珊瑚と色とりどりの魚。グラスボートから気軽に眺めることが出来る。船頭の解説。観光客の驚く声。澄んだ水と明るい光が海中をくっりと見せてくれる。

  • アート・ペッパーは昭和57年の6月15日に56歳で亡くなりました(脳溢血により死去)。今日が命日です。(明石アンカー)
  • 'Round About Midnight を演奏している Art Pepper With Marty Paich Orchestra のメンバーは
    Pete Candoli, Jack Sheldon(tp) Dick Nash(tb) Bob Enevoldsen(vtb, ts) Vince DeRosa(frh) Herb Geller(as) Art Pepper(as, ts, cl) Bill Perkins(ts) Med Flory(bars) Russ Freeman(p) Joe Mondragon(b) Mel Lewis(d) Marty Paich(arr, cond) です。
  • Bernie's Tune を演奏している Art Pepper With Marty Paich Orchestra のメンバーは
    Al Porcino, Jack Sheldon(tp) Dick Nash(tb) Bob Enevoldsen(vtb, ts) Vince DeRosa(frh) Charlie Kennedy(as) Art Pepper(as, ts, cl) Richie Kamuca(ts) Med Flory(bars) Russ Freeman(p) Joe Mondragon(b) Mel Lewis(d) Marty Paich(arr, cond)  です。
  • Art Pepper Meet The Rhythm Section(アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション)のメンバーは
    Art Pepper(as), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(d) です。(明石アンカー)
  • Goin' Home はアート・ペッパーがなくなる一月前の録音です。人生を締めくくるかのようなすばらしい録音です。(明石アンカー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。