このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

2009年09月の全記事一覧

スポンサーサイト
2009, 9/30水 ヴィンテージ・ロック:エリック・クラプトン集 Wed Sep 30, 2009
2009, 9/30水 思い出の流行歌:”横浜”の歌 Wed Sep 30, 2009
2009, 9/29火 ロック歌手で聴くスタンダード Tue Sep 29, 2009
2009, 9/29火 青春の歌:思い出のフォーク&ポップス~小椋佳集(2) Tue Sep 29, 2009
2009, 9/28月 エンジョイ・ジャズ:マイルス・デイヴィス(トランペット)集 Mon Sep 28, 2009
2009, 9/28月 作家で綴る流行歌:高橋掬太郎(作詞)作品集 Mon Sep 28, 2009
2009, 9/27日 <特集 ロマンチック・コンサート> 男と女の物語心にしみる別れ歌 歌手・エッセイスト クミコ Sun Sep 27, 2009
2009, 9/27日 青春の歌:思い出のフォーク&ポップス~昭和51~53年のヒット曲から Sun Sep 27, 2009
2009, 9/26土 〔ふるさとライブ〕 あなたに届けたい”手紙親愛なる子供たちへ” シンガーソングライター 樋口了一 Sep , 2009
2009, 9/26土 <お便りでつづる熊本の思い出&リクエスト> Sep , 2009
2009, 9/25金 ポピュラー名曲アルバム:ダンス・ミュージックの楽しみ Fri Sep 25, 2009
2009, 9/25金 歌謡スター・思い出のヒット:舟木一夫集 Fri Sep 25, 2009
2009, 9/24木 ヴィンテージ・ポップス:ウィリー・ネルソン集 Thu Sep 24, 2009
2009, 9/24木 作家で綴る流行歌:市川昭介(作曲)作品集(2) Thu Sep 24, 2009
2009, 9/23水 思い出の映画音楽:ミュージカル作品から Wed Sep 23, 2009
2009, 9/23水 昭和歌年鑑:昭和31年の流行歌 Wed Sep 23, 2009
2009, 9/22火 クラシックへの誘い:ピアノ名曲の調べ Tue Sep 22, 2009
2009, 9/22火 歌謡スター・思い出のヒット:菅原洋一集 Tue Sep 22, 2009
2009, 9/21月 ヴィンテージ・ポップス:ミッチ・ミラー合唱団集 Mon Sep 21, 2009
2009, 9/21月 幼き日の歌:童謡・唱歌・抒情歌集 Mon Sep 21, 2009
2009, 9/20日 ポピュラー名曲アルバム:ソウル、リズム&ブルース集 Sun Sep 20, 2009
2009, 9/20日 思い出の歌謡スター:青江三奈集 Sun Sep 20, 2009
2009, 9/19土 競演・世界のアーティスト リュシエンヌ・ボワイエ&ジュリー・ロンドン Sat Sep 19, 2009
2009, 9/19土 ”真夜中の夢の競演” 尾崎紀世彦&テレサ・テン Sat Sep 19, 2009
2009, 9/18金 リラックス・サウンズ:ギター名曲・名演から Fri Sep 18, 2009
2009, 9/18金 歌謡スター・思い出のヒット:太田裕美集 Fri Sep 18, 2009
2009, 9/17木 エンジョイ・ジャズ:”秋”をテーマに Thu Sep 17, 2009
2009, 9/17木 郷愁の歌:歌声喫茶愛唱歌集 Thu Sep 17, 2009
2009, 9/16水 ヴィンテージ・ポップス:ドリス・デイ集 Wed Sep 16, 2009
2009, 9/16水 作家で綴る流行歌:阿久悠(作詞)作品集2 Wed Sep 16, 2009
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue) さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Wonderful Tonight(ワンダフル・トゥナイト)  Eric Clapton(エリック・クラプトン) written by Eric Clapton 1977
  2. Let It Grow(レット・イット・グロウ)  Eric Clapton(エリック・クラプトン) written by Eric Clapton 1974
  3. Layla(いとしのレイラ)  Eric Clapton(エリック・クラプトン) written by Eric Clapton/Jim Gordon 1972
  4. Knockin' on Heaven's Door(天国への扉)  Eric Clapton(エリック・クラプトン) written by Bob Dyran 1982,1975
  5. Lay Down Sally(レイ・ダウン・サリー)  Eric Clapton(エリック・クラプトン) written by Eric Clapton/Marcy Levy/George Terry 1977
  6. Tears In Heaven(ティアーズ・イン・ヘブン)  Eric Clapton(エリック・クラプトン) written by Eric Clapton/Will Jennings 1992
  7. Change The World(チェンジ・ザ・ワールド)  Eric Clapton(エリック・クラプトン)written by Tommy Sims, Gordon Kennedy, Wayne Kirkpatrick 1996
音の風景
  大阪淀川の支流、尻無川(しりなしがわ)の渡し
午前7時、甚平渡しは通勤通学の人でにぎわう。対岸までたった3分。昭和の始めには31箇所あった渡しも今は8箇所。大型造船所や町工場に囲まれた千歳渡し。昼間の主役は主婦と子供たち。開発が進む大阪港の北、天保山(てんぽうざん)渡し。テーマパークで働く外国人の足となる。船着場は即席の国際交流の場になる。今ものこる大阪の渡し船。生活に密着し、心のふれあいの場として地元の人に愛されている。

  • Tears In Heaven(ティアーズ・イン・ヘブン)はエリック・クラプトンの4歳の子供コナー君が事故死した悲しみを乗り越えるために作りました。(須磨アンカー)
スポンサーサイト
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue) さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 海を見ていた午後  荒井由実 作詞・作曲 荒井由実 昭和49年 1974
  2. 本牧ブルース  ザ・ゴールデン・カップス 作詞 なかにし礼 作曲 村井邦彦 昭和44年 1969
  3. 横浜ホンキートンク・ブルース  エディ藩(バン) 作詞 藤竜也 作曲 エディ藩 昭和57年 1982
  4. 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ  ダウンタウン・ブギウギ・バンド 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 昭和40年 1975
  5. ブルー・ライト・ヨコハマ  いしだあゆみ 作詞 橋本淳 作曲 筒美京平 昭和43年 1968
    ○アンカーのつどい 水野節彦、柴田佑規子アンカー(横浜開港記念会館H21.9.8収録)
  • 今日は親子ほどの年の差がある柴田アンカーとおおくりします。現役のアナウンサーの頃は横浜スタジアムの野球中継をしていました。(水野アンカー)
  • 私のいただくお便りはお叱りが多いです。誕生日の花を紹介するとき「おめでとうございます」を言うようにいたします。俳句も3回ゆっくりというようにしたいと思います。(柴田アンカー)
    深夜便の歌
     あなたの忘れ物  アグネス・チャン 作詞・作曲 アグネス・チャン

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Smile(スマイル)  Elvis Costello(エルヴィス・コステロ) composed by Charlie Chaplin/Geoff Parsons/John Turner 2002
  2. Night and Day(ナイト&デイ:夜も昼も)  Ringo Starr(リンゴ・スター) written by Cole Porter 1970(1942)
  3. It's Only a Paper Moon(イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン)  Harry Nilsson(ハリー・ニルソン) written by Harold Arlen/E.Y. "Yip" Harburg/Billy Rose 1973(1940)
  4. What's New?(ホワッツ・ニュー)   Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) written by Johnny Burke/Bob Haggart 1983
  5. Makin' Whoopee (メイキン・フーピー)  Dr. John(ドクター・ジョン) & Rickie Lee Jones(リッキー・リー・ジョーンズ) 1989
  6. Speak Low(スピーク・ロウ)  Boz Scaggs(ボズ・スキャッグス) written by Ogden Nash/Kurt Weill 2008(1954)
  7. Black coffee(ブラック・コーヒー)  Maria Muldaur(マリア・マルダー) written by Sonny Burke, the lyrics by Paul Francis Webster 2003(1953)
  8. I'm in the Mood For Love(映画『夜毎8時に』の主題歌「アイム・イン・ザ・ムード・フォー・ラヴ:恋の気分で」)  Bryan Ferry(ブライアン・フェリー) lyrics by Dorothy Fields written by Jimmy McHugh 1999(1935)
  9. Smoke Gets In Your Eyes(ミュージカル『ロバータ』より「煙が目にしみる」)  Leon Russell(レオン・ラッセル) written by Otto Harbach/Jerome Kern 2002(1959, 1933)
音の風景
  北海道南西部太平洋側にある白老町
力強く浅瀬をのぼるサケ。毎年8月白老チェプ祭が行われる。河原に響く祈り言葉。アイヌの伝統舞踊「リムセ」。古くから大切にしてきたサケへ捧げる感謝の祈り。サケが溯上する音。上流までたどり着ける数は多くは無い。神の魚たちは生まれた川で力尽き長い旅を終える。

  • 午前2時のおやつタイムは宮崎名物のお茶請け、割り干し大根の漬物です。宮崎空港でもたくさん売ってました。(葛西アンカー)
  • Makin' Whoopee (メイキン・フーピー)の「フーピー」は「どんちゃん騒ぎ」のことだそうです。(葛西アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 泣かせて  小椋佳(研ナオコ) 作詞・作曲 小椋佳 昭和58年 1983
  2. 逢うたびに君は  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 平成3年 1991年
  3. 夢芝居  小椋佳(梅沢富美男) 作詞・作曲 小椋佳 昭和57年 1982
  4. 愛しき日々  小椋佳(堀内孝雄) 作詞 小椋佳 作曲 堀内孝雄 昭和61年 1986
  5. 白い一日  小椋佳(井上陽水) 作詞 小椋佳 作曲 井上陽水 平成12年 2000(昭和48年 1973)
  6. 山河  小椋佳(五木ひろし) 作詞 小椋佳 作曲 堀内孝雄 平成12年 2000
  7. 愛燦燦(あいさんさん)  小椋佳(美空ひばり) 作詞・作曲 小椋佳 昭和61年 1986
  8. 夢のほむら  小椋佳 作詞・作曲 小椋佳 平成17年 2005
    深夜便の歌
     あなたの忘れ物  アグネス・チャン 作詞・作曲 アグネス・チャン

  • 小椋佳さんの右の括弧内に曲/詞を提供した歌手名を入れました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Dear Old Stockholm(ディア・オールド・ストックホルム)  Miles Davis(tp:マイルス・デイヴィス), J.J. Johnson(tb), Jackie McLean(as), Gil Coggins(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(d) 1952
  2. Yesterdays(ミュージカル『ロバータ』より「イエスタデイズ」)  Miles Davis(tp), Gil Coggins(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(d)  (lyrics by Otto Harbach) music by Jerome Kern 1952(1933)
  3. Move(ムーヴ)   Miles Davis (tp) Kai Winding (tb) Junior Collins (frh) Bill Barber (tu) Lee Konitz (as) Gerry Mulligan (bars, arr) Al Haig (p) Joe Schulman (b) Max Roach (d) John Lewis (arr) 1949
  4. Well, You Needn't(ウェル・ユー・ニードント)  Miles Davis (tp) Horace Silver (p) Percy Heath (b) Art Blakey (d) 1954
  5. Will You Still Be Mine?(ウィル・ユー・スティル・ビー・マイン)  Miles Davis (tp) Red Garland (p) Oscar Pettiford (b) Philly Joe Jones (d) written by Tom Adair Matt Dennis 1955
  6. 'Round About Midnight(ラウンド・アバウト・ミッドナイト)  Miles Davis (tp) John Coltrane (ts) Wynton Kelly (p) Paul Chambers (b) Jimmy Cobb (d) 1960
  7. Milestones(マイルストーンズ)  Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(d) 1958
音の風景
  神奈川県酒匂川(さかわがわ)
丹沢の山々と富士山から沸く水を集めて緩やかな平野を南へと下る。目の前には相模灘。後ろは箱根と丹沢。酒匂川が小田原の町に入る。国道一号線を下れば相模湾。酒匂川は相模湾に打ち寄せる大きな波の中に流れ込んでいく。

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 酒は涙か溜息か  藤山一郎 作詞 高橋掬太郎 作曲 古賀政男 昭和6年 1931
  2. 片瀬波  松山時夫 作詞 高橋掬太郎 作曲 原野為二 昭和8年 1933
  3. 並木の雨  ミス・コロムビア(松原操) 作詞 高橋菊太郎 作曲 原野為二 昭和9年 1934
  4. 船頭可愛いや  音丸 作詞 高橋掬太郎 作曲 古関裕而 昭和10年 1935
  5. 雨に咲く花  関種子(せき・たねこ) 作詞 高橋掬太郎 作曲 池田不二男 昭和10年 1935
  6. 小判鮫の唄  小畑実 作詞 高橋掬太郎 作曲 大村能章 昭和23年 1948
  7. かりそめの恋  三条町子 作詞 高橋掬太郎 作曲 飯田三郎 昭和24年 1949
  8. 瓢箪ブギ  春日八郎 作詞 高橋掬太郎 作曲 江口夜詩 昭和29年 1954
  9. ここに幸あり  大津美子 作詞 高橋掬太郎 作曲 飯田三郎 昭和31年 1956
  10. 古城  三橋美智也 作詞 高橋掬太郎 作曲 細川潤一 昭和33年 1958
    深夜便の歌
     あなたの忘れ物  アグネス・チャン 作詞・作曲 アグネス・チャン

1:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん

1時台
     ♪曲目 playlist♪ <特集 ロマンチック・コンサート> (前半) 男と女の物語心にしみる別れ歌 歌手・エッセイスト クミコ
  1. 僕は泣いちっち  守屋浩 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和34年 1959
  2. からたち日記  島倉千代子 作詞 西沢爽 作曲 遠藤実 昭和33年 1958
  3. 別れのサンバ  長谷川きよし 作詞・作曲 長谷川きよし 昭和44年 1969
  4. 誰もいない海  トワ・エ・モア 作詞 山口洋子 作曲 内藤法美(ないとう・つねみ) 昭和45年 1970
  5. チューリップ  クミコ 作詞 松本隆 作曲 JY Choi 平成19年 2007
  6. 喝采  クミコ 作詞 吉田旺 作曲 中村泰士 平成19年 2007(昭和47年 1972)


2時台
     ♪曲目 playlist♪ <特集 ロマンチック・コンサート> (後半) 男と女の物語心にしみる別れ歌 歌手・エッセイスト クミコ
  1. 映画『ベニスに死す』から 交響曲第5番第4楽章「アダージョ」  作曲 マーラー
  2. Don't Explain(ドーンツ・イクスプレイン)  Helen Merrill(ヘレン・メリル) written by Arthur Herzog Jr./Billie Holiday (1944)
  3. Les Feuilles Mortes(枯葉)  Yves Montand(イヴ・モンタン) paroles: Jacques Prevert  musique: Joseph Kosma (1946)
  4. Il venait d'avoir 18 ans(18才の彼)  越路吹雪 日本語詞 岩谷時子 Paroles et Musique: P.Sevran, S.Lebrail, P.Auriat 1974(1973)
  5. Sans Toi M’amie(サン・トワ・マミー)  クミコ 日本語詞 岩谷時子 Paroles et Musique:Salvatore Adamo
  6. Mein lieber Herr(愛の追憶)  クミコ 日本語詞 岩谷時子 Paroles et Musique: Michaelle, L.& P.Sebastian (1975)
音の風景
  韓国最南端の島チェジュ島(済州島)
チェジュ市内のさんむ公園には体操やスポーツをするために多くの人が集まる。音楽を流しながらバドミントンを楽しむ人もいる。若いインストラクターの指導でお年寄りたちの体操が始まる。軽快なダンスミュージックにあわせお年寄りが手足を動かす。向かい合って互いの手をたたき合い、体操が終わる。

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 酒と泪と男と女  河島英五 作詞・作曲 河島英五 昭和51年 1976
  2. どうぞこのまま  丸山圭子 作詞・作曲 丸山圭子 昭和51年 1976
  3. ダスティン・ホフマンになれなかったよ  大塚博堂(おつか・はくどう) 作詞 藤公之介 作曲 大塚博堂 昭和51年 1976
  4. てぃーんずぶるーす(ティーンズブルース)  原田真二 作詞 松本隆 作曲 原田真二 昭和52年 1977
  5. 気絶するほど悩ましい  char(チャー) 作詞 阿久悠 作曲 梅垣達志 昭和52年 1977
  6. 案山子(かかし)  さだまさし 作詞・作曲 さだまさし 昭和52年 1977
  7. たそがれマイ・ラヴ  大橋純子 作詞 阿久悠 作曲 筒美京平 昭和53年 1978
  8. この空を飛べたら  加藤登紀子 作詞・作曲 中島みゆき 昭和53年 1978
  9. HERO(ヒーローになる時、それは今)  甲斐バンド 作詞・作曲 甲斐よしひろ 昭和53年 1978
    深夜便の歌
     あなたの忘れ物  アグネス・チャン 作詞・作曲 アグネス・チャン

  • 昭和51,52,53年にヒットした曲をそれぞれ3曲放送しました。(小生)
  • てぃーんずぶるーす」は原田真二さんのデビュー曲で、昭和52年・1977年10月25日にレコード発売されています。柴田アンカーは昭和51年の曲と紹介していましたが、正しくは昭和52年です。「てぃーんずぶるーす」に続いて第2弾「キャンディ(11月25日)」、第3弾「シャドーボクサー(12月20日)」とレコード発売し、連続してオリコンのトップ10に入って当時としてはニュースになりました。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 富永禎彦(Tominaga-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. HOW(ハウ)  樋口了一
  2. 朝花(あさばな)  樋口了一 作詞・作曲 樋口了一
  3. 手紙~親愛なる子供たちへ~  樋口了一 作詞 不詳 日本語詞 角智織 補作詞 樋口了一 作曲 樋口了一
音の風景
  富山県宇奈月町
温泉街の一角に憩いの場、足湯がある。誰でも気軽にお湯に浸かれる。宇奈月駅駅からトロッコ列車が発車する。沿線には温泉がたくさんあり、終点の欅平に向かう。欅平には渓流沿いの岩場に足湯がある。紅葉に彩られた沿線と足湯が楽しめる。黒部峡谷に静かに秋が訪れる。

  • 朝花(あさばな)は石川さゆりさんに提供した曲でコンサートでも歌われているそうです。(福永アンカー)
  • 樋口了一さんは熊本市出身です。今年7月に熊本市泉中学校で開いた「ポストマンライブ」の様子をお送りしました。(福永アンカー)
  • 樋口了一さんのホームページ→ http://www.r-higuchi.com/
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 富永禎彦(Tominaga-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 三百六十五歩のマーチ  水前寺清子 作詞 星野哲郎 作曲 米山正夫 昭和43年 1968
  2. いっぽんどっこの唄  水前寺清子 作詞 星野哲郎 作曲 富侑栄(安藤実親) 昭和41年 1966
  3. 酒よ(ものまねバージョン)  コロッケ 作詞・作曲 吉幾三 (昭和63年 1988)
  4. おてもやん  赤坂小梅 熊本民謡 (昭和10年 1930)
  5. 田原坂  古村貞彦(こむら・さだひこ) 熊本県俗謡
  6. なみだ恋  八代亜紀 作詞 悠木圭子 作曲 鈴木淳 昭和48年 1973
  7. 火の国旅情  ばってん荒川 作詞 中沢昭二 作曲 岩代浩一 昭和54年 1979
  8. 帰えらんちゃよか  ばってん荒川 作詞・作曲 関島秀樹
    深夜便の歌
     あなたの忘れ物  アグネス・チャン 作詞・作曲 アグネス・チャン

  • 酒よ」はいろんな歌手の物まねでコロッケさんが歌いました。芸能生活20周年cdだそうです。コロッケさんは熊本出身です。(小生)
  • ばってん荒川さんは九州で長く活躍した人気の歌手・エンターテナーだそうです。2006年10月22日になくなられています。69才でした。告別式で島津亜矢さんが「帰らんちゃよか」を熱唱したそうです。海援隊の「母に捧げるバラード」を思わせる曲でした。(小生)
  • Youtubeにばってん荒川さんと島津亜矢さんの二人で「帰らんちゃよか」を歌っているのがありました。同じ歌を二度歌うので10分を超えるバージョンです。二度泣けます(涙)。→ http://www.youtube.com/watch?v=N88JeDTdD-0
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. In The Mood(イン・ザ・ムード)  Glenn Miller and His Orchestra(グレン・ミラー・アンド・ヒズ・オーケストラ)written by Joe Garland/Andy Razaf 1941
  2. I'll See You In My Dreams(夢で逢いましょう)  Billy Vaughn and His Orchestra(ビリー・ヴォーン楽団) written by Fred E. Ahlert / Roy Turk 1958
  3. Belle of the Ball(舞踏会の美女)  Joe Loss and His Orchestra(ジョー・ロス・オーケストラ) composed by Leroy Anderson
  4. Swanee River(スワニー・リバー)  Syd Lawrence Orchestra (シド・ローレンス・オーケストラ) written by Stephen Foster (1940)
  5. Ole Guapa(オレ・グアッパ)  Malando Orchestra(マランド楽団) composed by A.Malando (1939)
  6. Besame Mucho(べサメ・ムーチョ:接吻の曲)  Antonio Fuentes? Orchestra(アントニオ・フェンテス・オーケストラ) written by consuelo velazquez
  7. Perfidia(パーフィディア:不実・裏切り)  Tito Puente & His Orchestra(ティト・プエンテ・オーケストラ) written by Alberto Dominguez (1939)
  8. Jalousie(ジェラシー)  Harry James and His Music Makers(ハリー・ジェイムス楽団)written by Jacob Gade
  9. Humoresques(ユーモレスク)  Guy Lombardo and His Orchestra(ガイ・ロンバード・オーケストラ) written by Antonin Leopold Dvo?ak
  10. Harlem Nocturne(ハーレム・ノクターン)  Glen Gray and the Casa Loma Orchestra(グレン・グレイ & カサ・ロマ・オーケストラ) composed by Earle Hagen (1950)
  11. I'm Getting Sentimental Over You(センチになって)  Syd Lawrence Orchestra(シド・ローレンス・オーケストラ) written by George Bassman/Ned Washington (1935)
  12. Fascination(『昼下がりの情事』から「魅惑のワルツ」)  Joe Loss and His Orchestra(ジョー・ロス・オーケストラ) written by Fidenco Dante Marchetti (1957)
音の風景
  埼玉県小川町
古くから和紙の産地として栄えてきた。機械も多くなったが、手漉きの伝統が守られている。この工房では書道や水墨画の和紙が一枚一枚漉かれている。町では伝統を伝えるために紙漉きの体験教室が開かれている。原料の水を木枠でゆする子供たち。伝統の息づく小川町。

  • 豪華なダンスホールを想像しました。ただ、最近はこのような音楽を聴いたりダンスホールでのダンスはあまり見聞きすることは少なくなったように思います。体を動かしたり相手に合わせたりして老化防止には有効な気がするので、小生まったくの初心者ですが機会があればやってみたいとひそかに思っています。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 高校三年生  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 遠藤実 昭和38年 1963
  2. 学園広場  舟木一夫 作詞 関沢新一 作曲 遠藤実 昭和38年 1963
  3. 花咲く乙女たち  舟木一夫 作詞 西條八十 作曲 遠藤実 昭和39年 1964
  4. 銭形平次  舟木一夫 作詞 関沢新一 作曲 安藤実親 昭和41年 1966
  5. その人は昔  舟木一夫 作詞 松山善三 作曲 船村徹 昭和42年 1967
  6. 絶唱  舟木一夫 作詞 西條八十 作曲 市川昭介 昭和41年 1966
  7. 船頭小唄  舟木一夫 作詞 野口雨情 作曲 中山晋平 平成18年 2006(大正10年)
  8. 友よ  舟木一夫 作詞 秋元康 作曲 杉本真人 平成3年 1991
  9. 君たちがいて僕がいた  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 遠藤実 昭和39年 1964
    深夜便の歌
     あなたの忘れ物  アグネス・チャン 作詞・作曲 アグネス・チャン

  • 高校三年生」のレコードジャケットに映っている舟木一夫さんの着ている学生服は卒業した母校の学生服だそうです。(松本アンカー)
  • いつまでもスリムな体型を保っている舟木一夫さんです。トレーニングをしているような話も聞かないので遺伝的な体質なのでしょうか、うらやましいです。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Harbor Lights(ハーバー・ライト:港の灯)  Willie Nelson(ウイリー・ネルソン:ウィリー・ネルソン) written by Gordon Kennedy/Hugh Wiliams 1983
  2. Hello Walls(ハロー・ウォールズ)  Willie Nelson(ウィリー・ネルソン) written by Willie Nelson 1962
  3. Touch Me(タッチ・ミー)  Willie Nelson(ウィリー・ネルソン) written by Willie Nelson 1962
  4. Crazy(クレイジー)  Willie Nelson(ウィリー・ネルソン) written by Willie Nelson 1962
  5. Night Life(ナイト・ライフ)  Willie Nelson(ウィリー・ネルソン) written by Walt Breeland/Paul Buskirk/Willie Nelson 1965
  6. Funny How Time Slips Away(ファニー・ハウ・タイム・スリップ・アウェイ:時のたつのは早いもの)  Willie Nelson(ウィリー・ネルソン) written by Willie Nelson 1962
  7. Shotgun Willie(ショットガン・ウィリー)  Willie Nelson(ウィリー・ネルソン) written by Willie Nelson 1973
  8. Blues Eyes Cryings in the Rain(ブルー・アイズ・クライング・イン・ザ・レイン;雨の別離;あめのわかれ)  Willie Nelson(ウィリー・ネルソン) written by Rose 1975
  9. Mona Lisa(モナ・リザ)  Willie Nelson(ウィリー・ネルソン) written by Ray Evans/Jay Livingston 1981
  10. Who's Sorry Now?(フーズ・ソリー・ナウ)  Willie Nelson(ウィリー・ネルソン) written by B.Kalmar/H.Ruby/T.Snyder 1981
  11. Always on My Mind(オールウェイズ・オン・マイ・マインド)  Willie Nelson(ウィリー・ネルソン) written by Johnny Christopher/Mark James/Wayne Carson Thompson 1982
  12. Georgia on My Mind(ジョージア・オン・マイ・マインド:我が心のジョージア)  Willie Nelson(ウィリー・ネルソン) written by Hoagy Carmichael/Stuart Gorrell 1978
音の風景
  屋久島の漁港の風景
鹿児島から南へおよそ60kmに浮かぶ屋久島。一湊(いっそう)の港は古くから漁港として栄えてきた。朝6時半、一湊の港は出船入船でにぎわう。さば量が盛ん。名物の首折れサバは取ってすぐ血抜きをしたサバで鮮度がよくお刺身にもなる。朝7時、まもなく競りが始まる時間。

  • Harbor Lights(ハーバー・ライト:港の灯)はプラターズの歌で、このような歌も歌いこなすということで最初に聞いていただきました。(宮川アンカー)
  • Blues Eyes Cryings in the Rain(ブルー・アイズ・クライング・イン・ザ・レイン;雨の別離;あめのわかれ)はカントリー部門のグラミー賞を受賞してカントリー歌手としての地位を確固たる物にしました。(宮川アンカー)
  • 小生もそうですが、多くの人にとっても、甲高い声のカントリー歌手といえば名前は出てこなくてもその歌はどこかで聴いたことがあるでしょう。(小生)
  • ウィリー・ネルソンの公式ホームページ→ http://willienelson.com/
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 大阪しぐれ  都はるみ 作詞 吉岡治 作曲 市川昭介 昭和55年 1980
  2. 夫婦春秋(めおとしゅんじゅう)  村田英雄 作詞 関沢新一 作曲 市川昭介 昭和42年 1967
  3. かしこい女じゃないけれど  北原由紀 作詞 千家和也 作曲 市川昭介 昭和56年 1981
  4. 初恋は美しくまた悲し  北原謙二 作詞 三浦康照 作曲 市川昭介 昭和38年 1963
  5. モダン・エイジ  ディック・ミネ & 淡谷のり子 作詞 石坂まさを 作曲 市川昭介 昭和57年 1982
  6. 細雪(ささめゆき)  五木ひろし 作詞 吉岡治 作曲 市川昭介 昭和58年 1983
  7. しのぶ  美空ひばり 作詞 吉岡治 作曲 市川昭介 昭和60年 1985
  8. 海峡出船  市川由紀乃 作詞 木下龍太郎 作曲 市川昭介 平成18年 2006
  9. アンコ椿は恋の花  都はるみ 作詞 星野哲郎 作曲 市川昭介 昭和39年 1964
    深夜便の歌
     あなたの忘れ物  アグネス・チャン 作詞・作曲 アグネス・チャン

  • 市川由紀乃さんの歌う「海峡出船」は市川昭介さんが録音に立ち会った最後の曲です。(宮川アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Easter Parade(映画『Easter Parade(イースター・パレード)』から「イースター・パレード」)  Judy Garland, Fred Astaire(ジュディ・ガーランド&フレッド・アステア) written by by Irving Berlin 1948
  2. Over the Rainbow(アメリカ映画『The Wonderful Wizard of Oz(オズの魔法使い)』から「虹の彼方に」)  Judy Garland(ジュディ・ガーランド)music by Harold Arlen and lyrics by E.Y. Harburg 1939
  3. Cheek to Cheek(映画『Top Hat(トップ・ハット)』から「チーク・トゥ・チーク」)   Fred Astaire(フレッド・アステア) written by Irving Berlin 1935
  4. Singin' in the Rain(映画『Singin' in the Rain(雨に唄えば)』より「雨に唄えば」)   Gene Kelly(ジーン・ケリー) written by Nacio Herb Brown/Arthur Freed 1952(1929)
  5. Stranger In Paradise(映画『Kismet(キスメット)』から「ストレンジャー・イン・パラダイス」)  Ann Blyth(アン・プライス), Vic Damone(ヴィック・ダモン) written by Bob Wright (as Robert Wright) and Chet Forrest (as George Forrest) (based on themes by Alexander Borodin) 1955
  6. Ol' Man River(映画『Show Boat(ショー・ボート)』より「オールマン・リヴァー」)  William Warfield (ウィリアム・ウォーフィールド) lyrics by Oscar Hammerstein II, music by Jerome Kern 1951, 1936, 1929(1927)
  7. Edelweiss(映画『Sound Of Music(サウンド・オブ・ミュージック)』より「エーデルワイス」)  soundtrack written by Oscar Hammerstein II/Richard Rodgers
  8. Summertime(映画『Porgy and Bess(ポーギーとベス:ポギーとベス)』より「サマータイム」)  soundtrack written by George Gershwin/Ira Gershwin/Dubose Heyward 1959(1936)
  9. I Could Have Danced All Night(映画『My Fair Lady(マイ・フェア・レディ)』から「踊り明かそう(一晩中踊れたら)」)  soundtrack Marni Nixon(マーニ・ニクソン) written by Alan Jay Lerner/Frederick Loewe 1964(1956)
  10. Maria(映画『West Side Story(ウエスト・サイド物語)』から「マリア」)  soundtrack Performed by Richard Beymer (dubbed by Jimmy Bryant) Music by Leonard Bernstein Lyrics by Stephen Sondheim 1961
  11. Les Parapluies De Cherbourg(映画『Les Parapluies De Cherbourg(シェルブールの雨傘)』から「シェルブールの雨傘」)  Danielle Licari(ダニエル・リカーリ) Paroles: Jacques Demy. Musique: Michel Legrand 1964
音の風景
  兵庫県姫路市北西部にある書写山(しょしゃざん)
標高371m。ふもと駅と山頂を結ぶロープウェイ。ロープウェイからは穏やかな瀬戸内海を望むことが出来る。書写山は西国33番の一つ。西の比叡山とも呼ばれ平安中期に建立された天台宗三大道場の一つ圓教寺の本山 がある。

  • 「シェルブールの雨傘」のサウンドトラックCDを Amazon.com で全曲視聴したところ、Devant le Garage(ガレージの前で)が、いわいる「シェルブールの雨傘」の歌のようでした。フランス語はまったく分からないのでメロディのみの確認ですが...。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 水野節彦(Mizuno-Sadahiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 若いお巡りさん  曽根史郎 作詞 井田誠一 作曲 利根一郎 昭和31年 1956
  2. 東京の人  三浦洸一 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 昭和31年 1956
  3. 好きだった  鶴田浩二 作詞 宮川哲夫 作曲 吉田正 昭和31年 1956
  4. 山蔭の道(やまかげのみち)  若原一郎 作詞 高橋掬太郎 作曲 飯田三郎 昭和31年 1956
  5. 男のブルース  三船浩 作詞 藤間哲郎 作曲 山口俊郎 昭和31年 1956
  6. 哀愁列車  三橋美智也 作詞 横井弘 作曲 鎌多俊与 昭和31年 1956
  7. 東京の人さようなら  島倉千代子 作詞 石本美由起 作曲 竹岡信幸 昭和31年 1954
  8. 湖水物語  山本富士子 作詞 西條八十 作曲 古賀政男 昭和31年 1956
  9. 早く帰ってコ  青木光一 作詞 高野公男 作曲 船村徹 昭和31年 1956
  10. どうせひろった恋だもの  初代コロムビア・ローズ 作詞 野村俊夫 作曲 船村徹 昭和31年 1956
  11. 山のロザリア(牧場のロザリア) 作詞 丘灯至夫 ロシヤ民謡 昭和31年 1956
    深夜便の歌
     あなたの忘れ物  アグネス・チャン 作詞・作曲 アグネス・チャン

  • 「もはや戦後ではない」という言葉が発表されて、流行語になりました。人気漫画は「イガグリくん」「サザエさん」「轟先生(とどろきせんせい)」がありました。(水野アンカー)

  • (4時台の最後で)私事で恐縮なんですが、8年間担当させていただきましたラジオ深夜便のアンカーをこれでお別れします。10月からは私の代わりに石澤典夫(いしざわ・のりお)さんが担当いたします。今日だけは言わせてください。皆様お元気で、さようなら。(水野アンカー)
  • 最後まで誠実な人柄が伝わる水野節彦アンカーの言葉でした。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. (リスト作曲)愛の夢・第3番  ダニエル・バレンボイム
  2. (ブラームス作曲)ワルツ第15番  アルフォンス & アロイス・コンタルスキー(ピアノ・デュオ演奏)
  3. (ショパン作曲)ワルツ第6番「小犬のワルツ」  ピーター・ケイティン
  4. (ルビンシテイン作曲)天使の夢  ハンス・カン
  5. (シューベルト作曲)軍隊行進曲  パウル・パドゥラ・スコゴ & イエルク・デームス(ピアノ・デュオ演奏)
  6. (ベートーベン作曲)ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」から第2楽章  グレン・グールド
  7. (ショパン作曲)ポロネーズ第6番「英雄」  マルタ・アルゲリッチ
  8. (サティ作曲)ジムノペディ第1番  ジャン・マルク・ルイサダ
音の風景
  八丈島横間ヶ浦(よこまがうら)海岸
荒波が長い間に岩を削り、大きな釜石を作った。強く弱く打ち寄せる波を思わせるのは八丈太鼓。八丈の伝統織物黄八丈。今では織る人も少なくなった。いまも歌い継がれるショメ節に八丈島の昔がしのばれる。そのむかし鳥も通わぬといわれた八丈島に今日もたくさんの観光客を乗せて連絡船が着いた。

  • 『Gymnopedies(ジムノペディ)』とは、古代ギリシアのアポロンやバッカスなどの神々を全裸で踊りたたえる「ジムノペディア」という祭典に由来している。そういう激しいお祭りの名前を冠した曲がこんなに静かなのは、実はこの曲はジムノペディのお祭りを描いた古代の壺を見て、サティが曲想を得たことによる(ウィキペディアより)。その名前は古代のお祭りのことだとは知りませんでした。(小生)

  • 本日1時台の深夜便で「 〔母を語る〕 童話作家 中川李枝子」 と題して放送がありました。10数年前に小生の子供が幼稚園を卒園するときに、ご近所にお住まいの中川李枝子さんに講演をしていただいたことがあります。当時とほとんど変わらない溌剌としたお声が聴けました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 今日でお別れ  菅原洋一 作詞 なかにし礼 作曲 宇井あきら 昭和44年 1969
  2. 芽生えて、そして  菅原洋一 作詞 永六輔 作曲 中村八大 昭和42年 1967
  3. 忘れな草をあなたに  菅原洋一 作詞 木下龍太郎 作曲 江口浩司 昭和46年 1971
  4. 乳母車  菅原洋一 作詞 阿久悠 作曲 森田公一 昭和50年 1975
  5. 春の雨  菅原洋一 作詞・作曲 佐藤三樹夫 昭和62年 1987
  6. 風の盆  菅原洋一 作詞・作曲 なかにし礼(NHK「みんなのうた」より) 昭和64年 1989
  7. 初恋  菅原洋一 作詞 石川啄木 作曲 越谷達之助 平成18年 2006 (昭和13年 1938)
  8. 知りたくないの(I Really Don't Want to Know)  菅原洋一 訳詞 なかにし礼 (lyrics by Howard Barnes, music by Don Robertson) (昭和40年 1965)
  9. 愛の賛歌  菅原洋一 作詞 岩谷時子 作曲 マルグリット・モノー(Marguerite Monnot)
    深夜便の歌
     あなたの忘れ物  アグネス・チャン 作詞・作曲 アグネス・チャン

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. The Yellow Rose of Texas(テキサスの黄色いバラ)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団)
  2. She Wore a Yellow Ribbon(黄色いリボン)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団) written by M. Ottner/Leroy Parker (1949)
  3. American western folk ballad (いとしのクレメンタイン)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団) written by Percy Montrose (1884)
  4. The River Kwai March(クワイ河マーチ:Colonel Bogey:ボギー大佐)  Mitch Miller and The Gang(ミッチ・ミラー合唱団) composed by Malcolm Arnold in 1957.
  5. Guns of Navarone(ナバロンの要塞:ナヴァロンの要塞)  Mitch Miller and The Gang(ミッチ・ミラー合唱団) Music by Dimitri Tiomkin. Lyrics by Paul Francis Webster 1961
  6. Great Escape March(アメリカ映画『The Geat Escape(大脱走)』から「大脱走のマーチ」)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団)1963
  7. The Longest Day(映画『史上最大の作戦』より「史上最大の作戦」)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団) written by Paul Anka 1962
  8. Sing Along(シング・アロング)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団)
  9. Goodnight, Ladies/Home, Sweet Home(グッドナイト・レディース/埴生の宿)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団)
  10. Anniversary Song(アニバーサリー・ソング)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団)
  11. Annie Laurie/Auld Lang Syne(アーニーローリー/蛍の光)  Mitch Miller The Gang And Orchestra(ミッチ・ミラー合唱団)
音の風景
  兵庫県姫路市 明珍火箸
姫路市の伝統工芸品、明珍火箸で作られた明珍火箸風鈴。代々武具作りを営んできた明珍家の技は、すばらしい響きの風鈴作りに生かされている。

  • ちょっと調べたのですが、独立したミッチ・ミラーのサイトやファンサイトが見当たりませんでした。どなたか作ってほしいものです。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 里の秋  クラウン少女合唱団 山本容子、田所佳余子 作詞 斎藤信夫 作曲 海沼實 (昭和20年 1945)
  2. 十五夜お月さん  クラウン少女合唱団 作詞 野口雨情 作曲 本居長世 (大正9年 1920)
  3. 紅葉(もみじ)  クラウン少女合唱団 作詞 高野辰之 作曲 岡野貞一 (昭和7年 1932)
  4. 証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)  森の木児童合唱団 作詞 野口雨情 作曲 中山晋平 (大正13年 1924)
  5. 夕焼小焼  山野さと子、森の木児童合唱団 作詞 中村雨紅 作曲 草川信 (昭和11年 1936)
  6. 赤とんぼ  山野さと子 作詞 三木露風 作曲 山田耕筰 (昭和2年 1927)
  7. 曼珠沙華(ひがんばな)  常森寿子(ソプラノ) 作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰 (明治44年 1911年)
  8. 庭の千草(菊)  ダーク・ダックス キング 作曲 アイルランド民謡 (明治17 年 1884)
  9. 野菊  NHK東京放送児童合唱団 作詞 石森延男 作曲 下聡皖一(しもうさ・かんいち) (昭和17年 1942)
  10. 旅愁  クラウン少女合唱団 作詞 犬童球渓(いんどう きゅうけい) 作曲 オードウェイ (明治40年 1907)
  11. 浜千鳥  成田絵智子 作詞 鹿島鳴秋 作曲 弘田龍太郎 (大正12 年 1925)
    深夜便の歌
     時のしずく  ビリー・バンバン 作詞 渡辺なつみ 作曲 菅原進

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. When a Man Loves a Woman(男が女を愛する時)  Percy Sledge(パーシー・スレッジ) written by Calvin Lewis, Andrew Wright 1966
  2. Hallelujah, I Love Her So(ハレルヤ・アイ・ラブ・ハー・ソー)  Ray Charles(レイ・チャールズ) written by Ray Charles 1956
  3. A Change Is Gonna Come(ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム)  Sam Cooke(サム・クック) written by Sam Cooke 1964
  4. Spanish Harlem(スパニッシュ・ハーレム)  Ben E. King(ベン・E・キング) written by Jerry Leiber/Phil Spector 1971(1968)
  5. Shop Around(ショップ・アラウンド)  Smokey Robinson & The Miracles(スモーキー・ロビンソンとミラクルズ)written by Smokey Robinson/Berry Gordy 1960
  6. (Love Is Like A) Heat Wave(ヒート・ウェイブ)  Martha and the Vandellas(マーサー&バンデラス)written by Lamont Dozier/Eddie Holland/Brian Holland 1963
  7. Chain of Fools(チェイン・オブ・フールズ)  Aretha Franklin(アレサ・フランクリン) written by Don Covay 1967
  8. I Can't Stand the Rain(アイ・キャント・スタンド・ザ・レイン)  Ann Peebles(アン・ピープルズ) written by Don Bryant/Bernard Miller/Ann Peebles 1974
  9. I Heard it Through the Grapevine(悲しいうわさ)  Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ) written by Barrett Strong/Norman Whitfield 1968
  10. Soul Man(ソウル・マン)  Sam & Dave(サム・アンド・デイヴ) written by Isaac Hayes/David Porter 1967
  11. Let's Stay Together(レッツ・ステイ・トゥゲザー)  Al Green(アル・グリーン) written by Al Green/Al Jackson, Jr./Willie Mitchell 1972
音の風景
  南米ブラジルとアルゼンチンの国境を流れるイグアス川
うっそうとしたジャングルを縫うようにした流れ、次第にその姿を大河へと変えていく。豊かな水量を保つイグアス川は多くの生き物たちを育んできた。ジャングルに響き渡る甲高い声、これはなんと蝉の声。流れの先には世界最大の滝、イグアスの滝が待っている。高さ80メートル、幅4kmにわたって毎秒6万5千トンもの水が落ちる。

  • 今年の夏は暑い日が続かずに行ってしまいました。その分、リズム&ブルースをじっくりと聴ける秋が長く続いてほしいと思いました。(小生)
  • 3曲目のA Change Is Gonna Come(ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム)を歌っているのは Sam Cooke(サム・クック)でした。訂正いたします。ご指摘いただいた小次郎様ありがとうございました。(2009/9/26 小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 榊寿之(Sakaki-Toshiyuki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 恍惚のブルース  青江三奈 作詞 川内康範 作曲 浜口庫之助 昭41年 1966
  2. 長崎ブルース  青江三奈 作詞 吉川静夫 作曲 渡久地政信 昭和43年 1968
  3. 盛岡ブルース  青江三奈 作詞・作曲 つのかけ芳克(つのかけ・よしかつ) 昭和54年 1979
  4. 昭和おんなブルース  青江三奈 作詞 なかにし礼 作曲 花礼二(はな・れいじ) 昭和45年 1970
  5. 別れのブルース  青江三奈 作詞 藤浦洸 作曲 服部良一 (昭和12年 1937)
  6. 星の流れに  青江三奈 作詞 清水みのる 作曲 利根一郎 (昭和22年 1947)
  7. カスバの女  青江三奈 作詞 大高ひさを 作曲 久我山明 (昭和30年 1955)
  8. 伊勢佐木町ブルース  青江三奈 作詞 川内康範 作曲 鈴木庸一 昭和43年 1968
  9. ベイブリッジ・ブルース  青江三奈 作詞 ジェームス三木 作曲 吉田正 平成2年 1990
    深夜便の歌
     時のしずく  ビリー・バンバン 作詞 渡辺なつみ 作曲 菅原進

  • 青江 三奈(あおえ みな、昭和20年・1945年7月7日生まれ - 平成12年・2000年7月2日死去)
     東京都江東区砂町出身の歌手。本来の生年月日は1941年5月7日であるが芸能活動におけるプロフィール上では1945年7月7日としていた。芸名は、川内康範が『週刊現代』で連載していた小説「恍惚」のヒロインの歌手の名前に由来する。

  • 長崎ブルース」は「NHKあなたのメロディー」より生まれた名曲。今は盛岡の代表曲になっているそうです。(小生)
  • カバー曲の3曲は「別れのブルース」は淡谷のり子さん、「星の流れに」は菊地章子さん、「カスバの女」はエト邦枝さんが元歌を歌っていました。(榊アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masahiro)さん

かんさいストーリー 直木三十五著 随筆「貧乏一期、二期、三期 わが落剥の記」
朗読 NHK大阪放送曲 塚本貴之(つかもと・たかゆき)アナウンサー(2009.2.21の再放送)

     ♪曲目 playlist♪
  1. Parlez-moi d'amour(聞かせてよ愛の言葉を)  Lucienne Boyer(リュシエンヌ・ボワイエ)Paroles et Musique: Jean Lenoir 1930
  2. Cry Me A River(映画『The Girl Can't Help It(女はそれを我慢できない)』より「クライ・ミー・ア・リバー」)  Julie London(ジュリー・ロンドン) written by Arthur Hamilton 1955 (1953)
  3. Si petite(こんなに小さい)  Lucienne Boyer(リュシエンヌ・ボワイエ)
  4. I Left My Heart In San Francisco(霧のサンフランシスコ:思い出のサンフランシスコ)  Julie London(ジュリー・ロンドン) lyrics by Douglas Cross, music by George Cory (1954)
  5. Mon coeur est un violon(私の心はバイオリン)  Lucienne Boyer(リュシエンヌ・ボワイエ)Paroles: Richepin, Musique: Laparcerie 1943
  6. You'd be So Nice to Come Home to(帰ってくれたらうれしいわ)  Julie London(ジュリー・ロンドン) written by Cole Porter 1943
音の風景
  岩手県花巻市成島三熊野神(なるしまみくまのじんじゃ)
毎年9月の19日に例祭が執り行われる。その神事のひとつ12番相撲式。出番を待っているのは12人の赤ちゃんたち。相撲は相撲でも泣き相撲。半纏に豆絞りのいでたち。すでに泣き叫んでいる赤ちゃんも。長男で満1歳、数えの2歳であること。江戸時代に始まったこの泣き相撲、南北それぞれの親方が赤ちゃんを抱いて「ようよう」の掛け声で赤ちゃんの顔を付き合わせる。ここ三熊野神では先に泣いたほうが負け。北と南に分かれて対戦。

  • You'd be So Nice to Come Home to の邦題は「帰ってくれたらうれしいわ」ですが、You が帰るのは 私のHome だろうと思います。単にここから帰ってほしいのならば Come Home でなく go home を使うような気がします。英語の歌詞を見ても、「冬の星空でも夏の月夜でも、あなたは私のすべて。私の家に来て暖炉のそばにいてくれたら、それは素敵なのに。」と歌っています。間違っているかもしれませんが。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masahiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. また逢う日まで  尾崎紀世彦 作詞 阿久悠 作曲 筒美京平 昭和46年 1971
  2. つぐない  テレサ・テン 作詞 荒木とよひさ 作曲 三木たかし 昭和59年 1984
  3. さよならをもう一度  尾崎紀世彦 作詞 阿久悠 作曲 川口真 昭和46年 1971
  4. 時の流れに身をまかせ  テレサ・テン 作詞 荒木とよひさ 作曲 三木たかし 昭和61年 1986
  5. 愛する人はひとり  尾崎紀世彦 作詞 阿久悠 作曲 筒美京平 昭和46年 1971
  6. ふたりは若かった  尾崎紀世彦 作詞 阿久悠 作曲 筒美京平 昭和47年 1972
  7. 愛人  テレサ・テン 作詞 荒木とよひさ 作曲 三木たかし 昭和60年 1985
  8. 空港  テレサ・テン 作詞 山上路夫 作曲 猪俣公章 昭和49年 1974
  9. こころの炎燃やしただけで  尾崎紀世彦 作詞 なぎはるお 作曲 筒美京平 昭和47年 1972
  10. スキャンダル  テレサ・テン 作詞 荒木とよひさ 作曲 三木たかし 昭和61年 1986
    深夜便の歌
     時のしずく  ビリー・バンバン 作詞 渡辺なつみ 作曲 菅原進

  • また逢う日まで」の歌詞をよく聴いてみると別れのシーンでありながら、哲学的なメッセージを発していて、何やら次の始まりを予感させます。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Jeux interdits(映画『Jeux interdits(禁じられた遊び)』より「禁じられた遊び」)  Narciso Yepes(ナルシソ・イエペス) 1952
  2. Maria Elena(マリア・エレーナ)  Los Indios Tabajaras(ロス・インディオス・タバハラス) music and Spanish words by Lorenzo Barcelata,1936  English words by S.K. Russell 1963
  3. La playa(ギリシャ映画『夜霧のしのび逢い』より「夜霧のしのび逢い」)  智有蔵上人(Claude Ciari:クロード・チアリ)(ギター) written by J.V.Wetter 1964
  4. It's Been a Long Time(イッツ・ビーン・ア・ロング・タイム:お久しぶりね)  Chet Atkins(チェット・アトキンス)& Les Paul(レス・ポール)Randy Goodrum(p) Larrie Londin(d) Ray Edenton(g) Henry Strzelecki(b) Bob Moore(b) 1965
  5. Midnight Blue(ミッドナイト・ブルー)  Kenny Burrell(ケニー・バレル)1963
  6. Fly Me To The Moon(フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン)  Wes Montgomery(ウェス・モンゴメリー)
  7. Karelia(霧のカレリア)  The Spotnicks(ザ・スプートニクス) written by C. Kaparow 1964
  8. Caravan(キャラバン)  The Ventures(ベンチャーズ) written by Duke Ellington/Irving Mills/Juan Tizol 1938
  9. Europa (Earth's Cry Heaven's Smile)(哀愁のヨーロッパ)  Carlos Santana(カルロス・サンタナ) composed by Tom Coster/Carlos Santana 1976
  10. Recuerdos de la Alhambra(アルハンブラの想い出)  Andres Segovia(アンドレ・セゴビア)(ギター) composed by Francisco Tarrega
音の風景
  富山県富山新港
係留されている帆船「海王丸」のすべての帆を張る総帆展班が行われている。マストの高さは一番高いところで46mにもなる。帆をまとめていたロープを解く。目もくらむ高さ、緊張感に包まれる。帆を広げるためのロープを引く。作業は地元のボランティア。二十数枚の帆を次々と張っていく。すべての帆を張り終わる。青空に白い穂を広げた姿は海の貴婦人と賞賛されている。全員整列して観客に対し登舷礼(とうげんれい)を行う。

  • 久しぶりに Chet Atkins(チェット・アトキンス)の演奏が聴けていい気分です。高校時代に友人に誘われて演奏のコピーしたことを思い出しました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 木綿のハンカチーフ  太田裕美 作詞 松本隆 作曲 筒美京平 昭和50年 1975
  2. 雨だれ  太田裕美 作詞 松本隆 作曲 筒美京平 昭和49年 1974
  3. 赤いハイヒール  太田裕美 作詞 松本隆 作曲 筒美京平 昭和51年 1976
  4. しあわせ未満  太田裕美 作詞 松本隆 作曲 筒美京平 昭和52年 1977
  5. 九月の雨  太田裕美 作詞 松本隆 作曲 筒美京平 昭和52年 1977
  6. さらばシベリア鉄道  太田裕美 作詞 松本隆 作曲 大瀧詠一 昭和55年 1980
  7. はじめてのラブレター  太田裕美 作詞・作曲 太田裕美 平成5年 1993
  8. 初恋  太田裕美 作詞 太田裕美 作曲 伊勢正三 (深夜便の歌 2009年3月から6月まで)
  9. 君と歩いた青春  太田裕美 作詞・作曲 伊勢正三 昭和56年 1981
    深夜便の歌
     時のしずく  ビリー・バンバン 作詞 渡辺なつみ 作曲 菅原進
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. September In The Rain(セプテンバー・イン・ザ・レイン:九月の雨)  George Shearing(p) Quintet ( Margie Hyams (vib), Chuck Wayne (g), John Levy (b) and Denzil Best (d)) written by Al Dubin/Harry Warren 1949
  2. Autumn in New York(ニューヨークの秋)  Modern Jazz Quartet(Milt Jackson (vib) John Lewis (p) Percy Heath (b) Kenny Clarke (d) ) 1953
  3. September Song(セプテンバー・ソング)  Sarah Vaughan(vo) Clifford Brown (tp) Herbie Mann (fl) Paul Quinichette (ts) Jimmy Jones (p) Joe Benjamin (b) Roy Haynes (d) composed by Kurt Weill, with lyrics by Maxwell Anderson 1954(1950,1938)
  4. What a Little Moonlight Can Do(月光のいたずら)  Billie Holiday(vo) Benny Goodman(cl) etc. written by Harry Woods 1935
  5. Blue Moon(ブルー・ムーン)  Carmen McRae(vo) Tadd Dameron Orchestra lyrics by Lorenz Hart music by Richard Rodgers 1956(1937)
  6. Autumn in Rome(映画『STAZIONE TERMINI(終着駅)』より「ローマの秋」)  Helen Merrill(vo) 猪俣猛(いのまた・たけし)とウェスト・ライナーズほか 編曲:前田憲男 1967
  7. Autumn Serenade(オータム・セレナーデ)  Johnny Hartman(vo) & John Coltrane(ts) Quertet(John Coltrane (ts), McCoy Tyner (p), Jimmy Garrison (b), Elvin Jones (ds)) 1963
  8. September of My Years(セプテンバー・オブ・マイ・イヤーズ) Frank Sinatra(vo) Gordon Jenkins cond. orchestra 1965
  9. In a Sentimental Mood(イン・ア・センチメンタル・ムード)  Duke Ellington Piano Trio 1953
  10. Early Autumm(アーリー・オータム:初秋)  Woody Herman(ウディ・ハーマン楽団) composed by Ralph Burns/Woody Herman (lyrics by Johnny Mercer) 1948
音の風景
  青森県黒石市青荷温泉(あおにおんせん)
山間にある温泉。宿の明かりは灯油ランプだけ、ランプの温泉とも呼ばれている。ランプの数は合わせて150灯にも及ぶ。明るいうちからランプ係がランプを配る。天秤棒にまとめられたランプがふれあいカラカラという音がする。客室に運び、使用方法を客に説明する。柔らかなランプの明かりが青荷の宿を包む。朝一番ねランプ係の仕事はランプのほやの掃除。また新しいお客を迎える。

  • ラジオ第1放送では、本日は鳩山新内閣の閣僚記者会見を2時前までお送りしていました。(川野アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. カリンカ(Калинка)  ダーク・ダックス 日本語詞 井上頼豊(いのうえ・よりとよ) ロシア民謡 [採譜? イワン・ペトローヴィチ・ラリオーノフ (Музыка: Иван Петрович Ларионов)]
  2. ドレミの歌(Do-Re-Mi)  ペギー葉山、ひばり児童合唱団 日本語詞 ペギー葉山 作詞 Oscar Hammerstein Ⅱ 作曲 Richard Rodgers 昭和38年 1963(1959)
  3. 草原情歌(そうげんじょうか)  スリーグレイセス 訳詞 青山梓(あおやま・あずさ)、劉俊南 中国西海省民謡
  4. 惜別の歌  男声合唱団東京リーダーターフェル 作詞 島崎藤村 作曲 藤江英輔(ふじえ・えいすけ) 昭和36年 1961(昭和19年 1944)
  5. 遠くへ行きたい  デューク・エイセス 作詞 永六輔 作曲 中村八大 昭和37年 1962
  6. 川は流れる  仲宗根美樹(なかそね・みき) 作詞 横井弘 作曲 桜田誠一 昭和36年 1961
  7. 山のロザリア  由紀さおり、安田祥子  作詞 丘灯至夫 ロシヤ民謡 昭和36年 1961
  8. 赤いサラファン(Красный сарафан)  ロイヤルナイツ 日本語詞 津川主一(つがわ・しゅいち) Музыка: Александр Егорович Варламов
  9. ドボルザーク作曲 『交響曲第9番新世界』より第2楽章「Going Home(遠き山に日は落ちて:家路)」  東京トルベール、コロムビア男声合唱団
  10. 旅愁(Dreaming of Home And Mother)  ボニージャックス 作詞 犬童球渓(いんどう・きゅうけい) 作曲 オードウェイ (明治40年 1907)
    深夜便の歌
     時のしずく  ビリー・バンバン 作詞 渡辺なつみ 作曲 菅原進
    • 二曲目に「アルプス一万尺」をかけようとしましたが、CDの調子が悪く出だしだけ放送されましたが中断されました。(小生)
    • 山のロザリア」はロシヤ民謡とのことなので原題を調べてみたのですが分かりませんでした。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Sentimental Journey(センチメンタル・ジャーニー)  Doris Day(ドリス・デイ) written by Les Brown, Ben Homer  lyrics by Bud Green 1944
  2. It's Magic(イッツ・マジック)  Doris Day(ドリス・デイ) written by Sammy Cahn/Jule Styne 1958
  3. A Guy Is a Guy(ガイ・イズ・ア・ガイ)  Doris Day(ドリス・デイ) written by Oscar Brand 1952
  4. Secret Love(シークレット・ラブ)  Doris Day(ドリス・デイ) written by Sammy Fain/Paul Francis Webster 1953
  5. Teacher's Pet(先生のお気に入り)  Doris Day(ドリス・デイ) written by Joe Lubin 1958
  6. Pillow Talk(ピロー・トーク)  Doris Day(ドリス・デイ)written by Inez James/Buddy Pepper 1959
  7. Que Sera Sera(ケ・セラ・セラ) Doris Day(ドリス・デイ) written by Ray Evans/Jay Livingston 1956
  8. If I Give My Heart To You(わが心を君に)  Doris Day(ドリス・デイ) written by Jimmy Brewster/Jimmie Crane/Al Jacobs 1954
  9. Shanghai(上海)  Doris Day(ドリス・デイ) written by Milton DeLugg/Bob Hilliard 1951
  10. Again(アゲイン)  Doris Day(ドリス・デイ) written by Dorcas Cochran/Lionel Newman 1949
  11. Lullaby Of Broadway(ブロードウェイの子守歌)  Doris Day(ドリス・デイ) lyrics by Al Dubin music by Harry Warren 1951(1935)
音の風景
  愛知県豊橋市を流れる豊川
豊川には平安時代から続くという渡し舟がある。船を利用する人は鐘を鳴らして船頭を呼ぶ。10人も乗ればいっぱいになる船は自転車も乗れるように底が平らになっている。連れ立ってきた客の話声、乗船客に声をかける船頭。朝夕は通勤・通学の足となる渡し舟も昼間は観光客が短い船旅を楽しんでいる。

  • Again(アゲイン)はA面、It's Magic(イッツ・マジック)はB面でシングルレコード発売されました。(小生)
  • ドリス・デイは本人が出演した映画の主題歌を歌ってヒットさせているのですね、須磨アンカーの解説でよく分かりました。(小生)
  • 昭和40年代後半から昭和50年代前半頃の中学校で使う英語の教科書に「New Prince English Course」という題名のテキストプック(もちろん絵入り)がありました。今でも使われているかもしれません。その中でたしか中学1年でならう文章の中に "She is a Teacher's Pet" というくだりがあり、どうもうまく訳せませんでした。英語の教師も「ペットのように可愛がっている」と意訳していました。子供の私は「日本語にすると大いに違和感があるけど、アメリカ人の感覚はそういうものなのか。She が Pet うーん、理解できない。」と思っていました。それから今日まで40年弱の年月が過ぎて「彼女は先生のお気に入りです」と言う意味だと分かりました。深夜便で人生の疑問がまた一つ解消しました。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. さらば友よ  森進一 作詞 阿久悠 作曲 猪又公章 昭和49年 1974
  2. かなしみ模様  ちあきなおみ 作詞 阿久悠 作曲 川口真 昭和49年 1974
  3. 北の宿から  都はるみ 作詞 阿久悠 作曲 小林亜星 昭和50年 1975
  4. 二日酔い  梓みちよ 作詞 阿久悠 作曲 森田公一 昭和49年 1974
  5. 嫁に来ないか  新沼謙治 作詞 阿久悠 作曲 川口真 昭和51年 1976
  6. 契り(ちぎり)  五木ひろし 作詞 阿久悠 作曲 五木ひろし 昭和57年 1982
  7. 湘南哀歌  山本譲二 作詞 阿久悠 作曲 宇崎竜童 昭和57年 1982
  8. 蛍の提灯  坂本冬美 作詞 阿久悠 作曲 宇崎竜童 平成8年 1996
    深夜便の歌
     時のしずく  ビリー・バンバン 作詞 渡辺なつみ 作曲 菅原進
    • 阿久悠さんがなくなられてからその追悼番組を見ていたら、「1970年代は満たされているのにだるい。それを書きたかった」「1980年代はバブルの時代になんか本物っぽくないなと思い、それに抵抗して曲を作った。」「歌は時代をよみがえらせる扉であってほしい。」と語っていらっしゃいました。(須磨アンカー)
    • 湘南哀歌」は1979年・昭和54年に浅井慎平さんの歌で発売、 1981年・昭和56年に清水健太郎さんがカバー、1982年・ 昭和57年に山本譲二さんがカバーしています。(須磨アンカー)
    • 「歌謡曲は時代とのキャッチボール。時代との飢餓感に命中することがヒットではないだろうか。」と語っています。(須磨アンカー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。