このブログはNHKとは関係のない個人(私)が、NHK FMラジオで放送された「ラジオ深夜便」の一部の番組内容をメモとして残しておくことを目的としています。ほぼ毎日の内容を不定期に更新していきます。
INDEX インデックス
二宮尊徳 映画館色つき

2009年11月の全記事一覧

スポンサーサイト
2009, 11/30月 韓流ドラマ、映画主題歌、そしてスターの歌声  Mon Nov 30, 2009
2009, 11/30月 幼き日の歌:童謡・唱歌・叙情歌集  Mon Nov 30, 2009
2009, 11/29日 メモリアルイヤーの作曲家(前半・後半゜) 音楽評論家 奥田佳道 Sun Nov 29, 2009
2009, 11/29日 青春の歌:思い出のフォーク&ポップス~五輪真弓集  Sun Nov 29, 2009
2009, 11/28土 競演・世界のアーティスト フランク・ミルズ&リチャード・クレーダーマン Sat Nov 28, 2009
2009, 11/28土 ”真夜中の夢の競演” 谷村新司&和田アキ子 Sat Nov 28, 2009
2009, 11/27金 ヴィンテージ・ポップス:アダモ集  Fri Nov 27, 2009
2009, 11/27金 懐かしの流行歌:戦前期名作歌謡  Fri Nov 27, 2009
2009, 11/26木 ヴィンテージ・ロック:ジョージ・ハリスン集  Thu Nov 26, 2009
2009, 11/26木 思い出の流行歌:昭和40年代男性歌謡作品から  Thu Nov 26, 2009
2009, 11/25水 思い出のスクリーン・ミュージック:フランク・シナトラ集  Wed Nov 25, 2009
2009, 11/25水 作家で綴る流行歌:吉田矢健治(作曲)作品集  Wed Nov 25, 2009
2009, 11/24火 ポピュラー名曲アルバム:デュエット作品集  Tue Nov 24, 2009
2009, 11/24火 歌謡スター・思い出のヒット:八代亜紀集  Tue Nov 24, 2009
2009, 11/23月 エンジョイ・ジャズ:コールマン・ホーキンス&レスター・ヤング(テナー・サックス)集  Mon Nov 23, 2009
2009, 11/23月 昭和歌年鑑:昭和23年の流行歌  Mon Nov 23, 2009
2009, 11/22日 郷愁の歌:ロシア民謡・愛唱歌集  Sun Nov 22, 2009
2009, 11/22日 歌謡スター・思い出のヒット:ちあきなおみ集(2)  Sun Nov 22, 2009
2009, 11/21土 競演・世界のアーティスト ジョニー・キャッシュ&ベティ・マルス Sat Nov 21, 2009
2009, 11/21土 ”真夜中の夢の競演” 由紀さおり&泉谷しげる Sat Nov 21, 2009
2009, 11/20金 ポピュラー名曲アルバム:懐かしのオールディーズ  Fri Nov 20, 2009
2009, 11/20金 青春の歌:思い出のフォーク&ポップス:小田和正集  Fri Nov 20, 2009
2009, 11/19木 エンジョイ・ジャズ:ビル・エヴァンス(ピアノ)集  Thu Nov 19, 2009
2009, 11/19木 作家で綴る流行歌:猪俣公章(作曲)作品集  Thu Nov 19, 2009
2009, 11/18水 ヴィンテージ・ポップス:バーブラ・ストライサンド集  Wed Nov 18, 2009
2009, 11/18水 特集・森繁久彌さんをしのんで (2)  Wed Nov 18, 2009
2009, 11/17火 クラシックへの誘い:シューベルトの調べ  Tue Nov 17, 2009
2009, 11/17火 特集・森繁久彌さんをしのんで (1)  Tue Nov 17, 2009
2009, 11/16月 思い出のスクリーン・ミュージック:男優スターの名画から  Mon Nov 16, 2009
2009, 11/16月 懐かしの歌謡スター:淡谷のり子集  Mon Nov 16, 2009
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 韓国TVドラマ『冬のソナタ』から「最初から今まで」  Ryu(リュー)
  2. 韓国アニメ『冬のソナタ』から「いつでもただ君を」  イ・セジュン
  3. 韓国TVドラマ『太王四神記』から「千年恋歌」  東方神起
  4. 韓国TVドラマ『イ・サン(李祘』から「約束(약속)」  チャン・ユンジョン(장윤정)
  5. 韓国映画『母なる証明』から「プロローグ」  サウンドトラック
  6. 惜しみなく与える木  イ・ジュンギ
  7. 韓国TVドラマ『エデンの東』から「運命に逆らって」  SG Wanna Be(SGワナビー)
  8. 韓国TVドラマ『ザ・スリング・ショット~男の物語~』から「愛が分かる時」  イザーのパク・ヨンヒョン
音の風景
  千葉県匝瑳市(そうさし)
森と田園が広がる丘陵。その中に騎手や厩務員、ホースマンを目指す学校がある。男女70人あまりの生徒が全寮制で学ぶ。ホースマンになる日まで訓練が続く。

  • チャン・ユンジョン(장윤정)さんの歌う「約束(약속)」がありました。歌詞の英訳が字幕に出ます。映像はドラマ『イ・サン』のダイジェストです。日本の演歌のような民謡のような懐かしさを思わせる曲調が印象的です。→

  • 次回(の「韓流ドラマ、映画主題歌、そしてスターの歌声」)は年が明けた一月の五週目(の日曜日深夜)にまたお話しすることにします。(宇田川アンカー)
スポンサーサイト
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. たき火  ひばり児童合唱団 クラウン 作詞 巽聖歌(たつみ・せいか) 作曲 渡辺茂 (昭和16年・1931年『NHK子供テキスト』)
  2. 冬げしき(冬景色)  クラウン少女合唱団 文部省唱歌 (大正2年・1913 『尋常小学唱歌 第五学年用』)
  3. 冬の夜  由紀さおり、安田祥子 文部省唱歌  (明治45年・1912年『尋常小学唱歌 第三学年用』)
  4. 平城山(ならやま)  真理ヨシコ 作詞 北見志保子 作曲 平井康三郎 (昭和14年 1939)
  5. ペチカ  中川真主美(なかがわ・ますみ) 作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰 (満州唱歌 大正12年 1923)
  6. 雪山讃歌  フォー・コインズ 作詞 西堀榮三郎 アメリカ民謡「クレメンタイン」 (昭和34年 1959)
  7. トロイカ  織井茂子 日本語詞 楽団カチューシャ ロシヤ民謡
  8. スキーの歌  キャリー 作詞 林柳波 作曲 橋本国彦 (昭和8年・1923年『新訂尋常小学唱歌 第六学年用』)
  9. 野菊  沓間京子(くつま・きょうこ)、ひばり児童合唱団  作詞 石森延男 作曲 下聡皖一(しもうさ・かんいち) (昭和17年 1942)

  10. 叱られて  ひばり児童合唱団  作詞 清水かつら 作曲 弘田龍太郎 (大正9年 1920)
  11. 雪の降る町を  ダーク・ダックス 作詞 内村直也 作曲 中田喜直 昭和28年 1953

  12. この道  芹洋子 作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰 (大正8年 1919年)
    深夜便の歌
     愛の旅人  佐々木秀実(ささき・ひでみ) 作詞 喜多条忠(きたじょう・まこと) 作曲 若草恵(わかくさ・けい)

  • wikipediaによると、「満州唱歌(まんしゅうしょうか)」とは、1924年から太平洋戦争終戦にかけて満州で発行されていた『満州唱歌集』・『満州小学唱歌集』・『ウタノホン』に収録された歌の総称。南満州教育会教科書編集部は満州の風土が文部省唱歌に歌われている日本の風土とかけ離れていたことから、子供たちが満州に親しみを覚えるよう、満州の風土を反映させた歌を掲載した教材を提供することを計画して作られたのが『満州唱歌集』だそうです。(小生)
  • 雪山讃歌」は男性四人のフォー・コインズのほかに女声のコーラスが入っていました。歌手名は分かりませんでした。(小生)
  • 丘灯至夫さんが亡くなられました。次回、12月の第一週12月6日の3時台に丘灯至夫さんの作品を特集しようと計画しています。(宇田川アンカー)
1:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん

     ♪曲目 playlist 1時台♪
  1. NHK大河ドラマ「赤穂浪士」のテーマ(途中まで)  本名徹次(ほんな・てつじ)指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 作曲 芥川也寸志 (昭和39年 1964)
  2. 芥川也寸志作曲)弦楽のためのトリプティーク第1楽章  本名徹次 指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 (昭和28年 1953)
  3. 芥川也寸志作曲)弦楽のためのトリプティーク第2楽章「子守唄」  本名徹次 指揮 日本フィルハーモニー交響楽団  (昭和28年 1953)
  4. ハイドン作曲)交響曲88番ト長調第4楽章  サイモン・ラトル 指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  5. メンデルスゾーン作曲)劇音楽『真夏の夜の夢』から「妖精の歌」  豊田喜代美(ソプラノ)、大倉由紀枝(ソプラノ) ペーター・マーク指揮 東京都交響楽団
  6. メンデルスゾーン作曲)劇音楽『真夏の夜の夢』から「結婚行進曲」  ペーター・マーク指揮 東京都交響楽団

     ♪曲目 playlist 2時台♪
  1. Please Mr. Postman(プリーズ・ミスター・ポストマン)(途中まで)   Carpenters(カーペンターズ) written by Robert Bateman/Georgia Dobbins/William Garrett/Freddie Gorman/Brian Holland 1974
  2. 川の流れのように  美空ひばり 作詞 秋元康 作曲 見岳章 平成元年 1月 11日 1989
  3. ヴィラ=ロボス作曲)ブラジル風バッハ第5番「アリア」  幸田弘子(ソプラノ) 新ブラジル合奏団
  4. (リヒャルトシュトラウス作曲)ヴァイオリン・ソナタ作品18から第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」  ジャン=ジャック・カントロフ(ヴァイオリン)、上田弘子(ピアノ)
  5. (ショパン作曲)即興曲第4番ハ短調作品66「幻想即興曲」  ウラディミール・アシュケナージュ(ピアノ)
音の風景
  フランス、パリの中心にそびえる凱旋門
その周囲には四方から12本の大通りが集まり大きなロータリーになっている。その大通りの一つ、シャンゼリゼ通り。世界中の人々に知られ、多くの人々が散策やショッピングを楽しむ。凱旋門の南パリ14区にあるモンバルナス。数多くの芸術家に愛されてきた静かな住宅地。夕方、仕事を終えた人がワインレストランに集まってくる。小さな店内は楽しさにあふれ、一日の疲れも吹き飛ぶ。パリっ子たちの歌声が夜更けまで響いている。

  • 「弦楽のためのトリプティーク第1楽章」はニューヨークで初演され、そのまま芥川也寸志さんが当時国交の無かったソ連に持ち込みハチャトゥリアンなどに見せて絶賛を得ました。ソ連で評価されて日本に逆輸入された音楽の走りのようなものでした。(奥田佳道)
  • 作曲家のメモリアル・イヤーと言うことで、今年は芥川也寸志さんは亡くなってから20年、ハイドンは亡くなって200年です。ハイドンが亡くなった年にメンデルスゾーンが生まれました(奥田佳道)
  • カーペンターズも今年結成40周年です。ブラジルのクラシック作曲家ミラ・ロボスが亡くなって50年です。リヒャルトシュトラウス没後60年です。
  • 美空ひばりさんも1989年に亡くなってから20周年です。「川の流れのように」はクラシックでも好きな方が多く、アンコールやお楽しみ会などで歌われることがあります。この曲を作詞した秋元康さんはこの詩を書いた1988年当時はニューヨークにいたそうで、もしかしたらアパートメントから見たイーストリバーが秋元さんの中に深く入って、演歌と言うジャンルを超えて普遍性を持つにいたったのではないかと思います。だからホセ・カレーラスもこの曲をレコーディングしますし、三大テノールがコンサートのアンコールで日本語で歌っています。(奥田佳道)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 心の友  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和57年 1982
  2. 少女  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和47年 1972
  3. 煙草のけむり  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和48年 1973
  4. さよならだけは言わないで  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和53年 1978
  5. 残り火  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和53年 1978
  6. 合鍵  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和54年 1979
  7. 恋人よ  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和55年 1980
  8. 時の流れに~鳥になれ~  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 昭和61年 1986
  9. 愛の約束  五輪真弓 作詞・作曲 五輪真弓 平成12年 2000
    深夜便の歌
     愛の旅人  佐々木秀実(ささき・ひでみ) 作詞 喜多条忠(きたじょう・まこと) 作曲 若草恵(わかくさ・けい)

  • 心の友」はインドネシアで大ヒットしました。(柴田アンカー)
  • 寒がりなのでマフラーをして放送しています。今日も鼻が少し詰まっています。たくさんの方から寒さ対策のお便りをいただきました。ありがとうございました。(柴田アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 斉藤寿朗 (Saitho-Hisaaki)さん

<アンカーを囲むつどい> 宇田川清江、石澤典夫アンカー (H21.11.13大阪府松原市で収録)
  • 石澤さんは声もいいですが顔もいいです。(宇田川アンカー)
  • 宇田川さんはうそのつけない方です。(石澤アンカー)
  • 松原市の木は松、花はバラです。とても覚えやすいです。(石澤アンカー)
  • 私は深夜便の放送3回目ですが、初めての深夜便放送は、アナウンサーになって三十数年ですが、久しぶりに緊張しました。首から上が妙に暑くなりました。血圧が上がりました。深夜便の番組はさまざまな約束事があり、それがリズムとして体の中に入ってこないとどぎまぎします。(石澤アンカー)
  • (石澤アンカーに向かって)カラオケはお好き?(宇田川アンカー)
  • カラオケは大好きですが、仲間と行くと、歌専門の人とそうでない人がいます。私は後者で、前説をします。その歌の二番三番の始めの歌詞を覚えておいて前説にすると使えます。(会場と宇田川さんが感心することしきり)(石澤アンカー)
  • 私はマージャンで発散しています。私より弱い方とすることにしています(宇田川アンカー)。

     ♪曲目 playlist♪
  1. Music Box Dancer(愛のオルゴール)  Frank Mills(フランク・ミルズ) written by RFrank Mills 1979
  2. Ballade pour Adeline(渚のアデリーヌ)  Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン) (lyrics by Andre Marie) music by Paul De Senneville 1977(1976)
  3. The Poet And I(詩人と私)  Frank Mills cpmposed by Frank Mills
  4. Concerto Pour Une Jeune Fille Nommee "Je T'Aime"(愛のコンチェルト)  Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン) composed by Paul de Senneville 1981
  5. Peter Piper(夢見るピアニスト)  Frank Mills cpmposed by Frank Mills 1979
  6. A Comme Amour (L for Love)(秋のささやき)  Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン) composed by Paul de Senneville/Olivier Toussaint
音の風景
  徳島県吉野川大歩危
四国山地の奥深く、湧き出た源流が寄り集まり、やがて吉野川になっていく。江戸時代、訪れた文人達を手漕ぎの船に乗せたことが遊覧船の始め。今はたくさんの観光客を秘境へといざなう。悠久の時を超えて今も変わらぬ大歩危峡。木々が色づくこの季節、渓谷は絵画のような深い色彩に染まる。

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 斉藤寿朗 (Saitho-Hisaaki)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. ムジカ  谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 平成21年 2009
  2. あの鐘を鳴らすのはあなた  和田アキ子 作詞 阿久悠 作曲 森田公一 昭和47年 1972
  3. (すばる)  谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 昭和55年 1980
  4. 古い日記  和田アキ子 作詞 安井かずみ 作曲 馬飼野康二 昭和49年 1974
  5. いい日旅立ち  谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 昭和53年 1978
  6. 陽はまた昇る  谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 昭和54年 1979
  7. どしゃぶりの雨の中で(どしゃ降りの雨の中で)  和田アキ子 作詞 大日方俊子(おおひなた・としこ) 作曲 小田島和彦 昭和44年 1969
  8. 笑って許して  和田アキ子 作詞 阿久悠 作曲 羽根田武邦 昭和45年 1970
  9. 三都物語   谷村新司 作詞・作曲 谷村新司 平成4年 1992
    深夜便の歌
     愛の旅人  佐々木秀実(ささき・ひでみ) 作詞 喜多条忠(きたじょう・まこと) 作曲 若草恵(わかくさ・けい)

  • 谷村新司さんの公式ホームページです。→ http://www.tanimura.com/
  • ムジカ」は平城遷都1300年祭テーマソングです。(斉藤アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Sans toi, ma mie(サン・トワ・マ・ミー)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ) Paroles et Musique:Salvatore Adamo 1963
  2. En Blue Jeans Et Blouson D'Cuir (ブルージーンと皮ジャンパー)  Salvatore Adamo(アダモ)Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1963
  3. Tombe La Neige(雪が降る)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ)Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1963
  4. J'aime(君を愛す)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ) Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1965
  5. Mes mains sur tes hanches(夢の中に君がいる)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ) Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1965
  6. Ensemble(アンサンブル)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ) Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1967
  7. A demain sur la lune(明日は月の上で)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ) Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1969
  8. Notre roman(二人のロマン)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ) Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1967
  9. Quand tu reviendras(愛が帰る時)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ) Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1972
  10. C’Est Ma Vie(セ・マ・ヴィ)  Salvatore Adamo(サルヴァトーレ・アダモ) Paroles et Musique: Salvatore Adamo 1975
音の風景
  青森県十二湖
日本海と白神山地を望む険しい峡谷を北風が吹いていく。秋、十二湖の夜。ブナの森に囲まれた池のほとりに小さな生き物達の音が流れる。十二湖の夜明け、ブナの原生林をサルの群れが渡る。

  • C’Est Ma Vie(セ・マ・ヴィ)は「これが僕の人生」というフランス語の題名がついています。(松本アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 松本一路(Matsumoto-Ichiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 人生の並木路  ディック・ミネ 作詞 佐藤惣之助 作曲 古賀政男 昭和12年 1937
  2. 無情の夢  児玉好雄 作詞 佐伯孝夫 作曲 佐々木俊一 昭和10年 1935
  3. 裏町人生  上原敏、結城道子 作詞 島田磬也(しまだ・きんや) 作曲 阿部武雄 昭和12年 1937
  4. 母子船頭唄(おやこせんどううた)  塩まさる 作詞 佐藤惣之助 作曲 細川潤一 昭和13年 1938
  5. 国境の町  東海林太郎 作詞 大木惇夫(おおき・あつお) 作曲 阿部武雄 昭和9年 1934
  6. 夕日は落ちて  松平晃、豆千代 作詞 久保田宵二 作曲 江口夜詩 昭和10年 1935
  7. 旅の夜風  霧島昇、ミス・コロムビア(松原操) 作詞 西條八十 作曲 万城目正 昭和13年 1938
  8. 別れのブルース  淡谷のり子 作詞 藤浦洸 作曲 服部良一 昭和12年 1937
  9. 雨に咲く花  関種子(せき・たねこ) 作詞 高橋掬太郎 作曲 池田不二男 昭和10年 1935
  10. 新雪  灰田勝彦 作詞 佐伯孝夫 作曲 佐々木俊一 昭和17年 1942
    深夜便の歌
     愛の旅人  佐々木秀実(ささき・ひでみ) 作詞 喜多条忠(きたじょう・まこと) 作曲 若草恵(わかくさ・けい)

  • 無情の夢」は児玉好雄さんがイタリアでオペラを勉強し帰国して流行歌を歌ったら大流行した曲です。(松本アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. What Is Life(ホワット・イズ・ライフ:美しき人生)  George Harrison(ジョージ・ハリスン) written by George Harrison 1970
  2. Give me love (Give Me Peace On Earth) (ギブ・ミー・ラブ)  George Harrison(ジョージ・ハリスン) written by George Harrison 1973
  3. Far East Man(ファー・イースト・マン)  George Harrison(ジョージ・ハリスン) written by George Harrison/Ron Wood 1974
  4. This Guitar (Can't Keep from Crying)(キャント・キープ・フロム・クライング:ギターは泣いている)  George Harrison(ジョージ・ハリスン) written by George Harrison/Ron Wood 1975
  5. Blow Away(ブロウ・アゥエイ)  George Harrison(ジョージ・ハリスン) written by George Harrison/Ron Wood 1979
  6. All Those Years Ago(過ぎ去りし日々)  George Harrison(ジョージ・ハリスン)written by George Harrison 1981
  7. Got My Mind Set on You(セット・オン・ユー)  George Harrison(ジョージ・ハリスン)written by George Harrison 1987
  8. My Sweet Lord(マイ・スウィート・ロード)  George Harrison(ジョージ・ハリスン) written by George Harrison 1970
音の風景
  奈良県十津川村
谷瀬の吊橋。日本で最も広い面積をもつ十津川村。南に向かってゆったりと熊野川が流れている。広い川幅には全国で有数の長さを誇る「谷瀬の吊橋」が架かっている。昭和29年、生活の為にかけられたこの橋は全長297m高さ54m。たくさんの観光客がスリルを求めて訪れる。踏みしめる板の幅はおよそ80cm。その脇の金網からは目もくらむようなかわらの風景が飛び込んでくる。冬になると風の強い日も多く、スリルが倍増する。突風が吹いたり止んだりする中、足元を確かめゆっくりと渡る。長い橋もゴール間近。あともうすこし。ようやく渡り終えた人々にはほっとした表情があった。

  • All Those Years Ago(過ぎ去りし日々)はジョン・レノンへの追悼曲です。(宮川アンカー)
  • Got My Mind Set on You(セット・オン・ユー)はもともと黒人歌手によるマイナーな曲でしたが、1962年にジェイムス・レイ(James Ray)がカバーし、さらにジョージ・ハリスンが大幅に編曲してカバーし、全米第1位になりました。(宮川アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 霧氷  橋幸夫 作詞 宮川哲夫 作曲 利根一郎 昭和41年 1966
  2.  三善英史 作詞 千家和也 作曲 浜圭介 編曲 近藤進 昭和47年 1972
  3. 夜明けの停車場  石橋正次 作詞 丹古晴己 作曲 叶弦大 昭和47年 1972
  4. 花はおそかった  美樹克彦 作詞 星野哲郎 作曲 米山正夫 昭和42年 1967
  5. あなたのブルース  矢吹健(やぶき・けん) 作詞・作曲 藤本卓也 昭和43年 1968
  6. さらば友よ  森進一 作詞 阿久悠 作曲 猪又公章 昭和49年 1974
  7. 今は幸せかい  佐川満男 作詞・作曲 中村泰士 昭和43年 1968
  8. くちなしの花  渡哲也 作詞 水木かおる 作曲 遠藤実 昭和49年 1974
  9. 粋な別れ  石原裕次郎 作詞・作曲 浜口庫之助 昭和42年 1967
  10. 傷だらけの人生  鶴田浩二 作詞 藤田まさと 作曲 吉田正 昭和45年 1970
    深夜便の歌
     愛の旅人  佐々木秀実(ささき・ひでみ) 作詞 喜多条忠(きたじょう・まこと) 作曲 若草恵(わかくさ・けい)

  • あなたのブルース」は歌詞のなかに「あなた」が繰り返し出てきます。当時何回繰り返されるか話題になりました。(宮川アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 石澤典夫(Ishizawa-Norio)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. All the Way(映画 『The Joker is Wild(抱擁)』より「オール・ザ・ウェイ」)  Frank Sinatra(フランク・シナトラ)lyrics:Sammy Cahn music:Jimmy Van Heusen 1957
  2. Come Fly With Me(映画『Come Fly With Me』より「カム・フライ・ウイズ・ミー」)  Frank Sinatra(フランク・シナトラ) written by Sammy Cahn/James Van Heusen 1957
  3. Swinging on a Star(映画『Going My Way(我が道を往く)』より「星にスウィング」)*途中まで  Frank Sinatra(フランク・シナトラ) written by Johnny Burke/James Van Heusen (1944)
  4. Night and Day(映画『Night and Day(ナイト・アンド・デイ)』より)  Frank Sinatra(フランク・シナトラ) written by Cole Porter 1961(1942, 1947, 1956, 1961, 1977)
  5. Love Is A Many Splendored Thing(映画『慕情』より「慕情」)  Frank Sinatra(フランク・シナトラ) lyrics by Paul Francis Webster, music by Sammy Fain (1955)
  6. Swinging on a Star(映画『Going My Way(我が道を往く)』より「星にスウィング」)  Frank Sinatra(フランク・シナトラ) written by Johnny Burke/James Van Heusen (1944)
  7. Autumn Leaves(映画『Autumn Leaves(枯葉)』より)  Frank Sinatra(フランク・シナトラ) english lyrics:Johnny Mercer  paroles: Jacques Prevert  musique: Joseph Kosma 1957
  8. Around the World(映画『Around the World in Eighty Days(八十日間世界一周)』より「世界一周」)  Frank Sinatra(フランク・シナトラ) lyrics by Harold Adamson. music by Victor Young 1957
  9. From Here to Eternity(映画『From Here to Eternity (地上より永遠に:ここよりとわに)』より)   Frank Sinatra(フランク・シナトラ) written by Freddie Karger/Robert Wells 1953
  10. Three coins in the fountain(映画『Three coins in the fountain(愛の泉)』)  Frank Sinatra(フランク・シナトラ) Lyrics by Sammy Cahn Music by Jule Styne 1954
  11. My Way(マイ・ウェイ)  Frank Sinatra(フランク・シナトラ) written by Paul Anka 1968
音の風景
  長野県下高井郡野沢温泉村
野沢菜漬け

  • 3曲目に放送された「星にスウィング」は終わりのほうで音とびがあったので「慕情」の後の6曲目に再び音とびのない状態で放送されました。(小生)
  • 映画『Come Fly With Me』は邦題が付いていないので日本では未公開なのかもしれません。石澤アンカーも言っていましたが最近では日本映画の『ハッピー・フライト』の主題歌に使われました。(小生)
  • Night and Day(ナイト・アンド・デイ)の初演は1934年に公開されたミュージカル映画『The Gay Divorcee(陽気な離婚)』の中で主演をしたフレッド・アステアが歌って大ヒットしました。(小生)
  • 枯葉」はシャンソン Les Feuilles Mortes に英語の詞をつけたもので、ご本家フランスで映画『Les portes de la nuit(夜の門)』の主題歌として最初に歌われました。なお、「夜の門」と邦題が付けられていますが、日本未公開のフランス映画です。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 石澤典夫(Ishizawa-Norio)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 高校三年生  舟木一夫 作詞 丘灯至夫 作曲 遠藤実 昭和38年 1963
  2. 夕焼けとんび  三橋美智也 作詞 矢野亮 作曲 吉田矢健治 昭和33年 1958
  3. あなたと共に  津村謙、吉岡妙子 作詞 矢野亮 作曲 吉田矢健治 昭和29年 1954
  4. 私の幸福はどこへ(わたしのしあわせはどこへ)  吉岡妙子 作詞 矢野亮 作曲 吉田矢健治 昭和29年 1954
  5. お花ちゃん  三橋美智也、斉藤京子 作詞 矢野亮 作曲 吉田矢健治 昭和31年 1956
  6. 三つの恋  林伊佐緒 作詞 矢野亮 作曲 吉田矢健治 昭和29年 1954
  7. 青い月夜の並木路  大津美子 作詞 東条寿三郎 作曲 吉田矢健治 昭和31年 1956
  8. さよなら故里さん:さよなら故郷さん  三船浩 作詞 東條寿三郎 作曲 吉田矢健治 昭和32年 1957
  9. ひとり泣く夜のワルツ  江利チエミ 作詞 矢野亮 作曲 吉田矢健治 昭和42年 1967
  10. 山の吊橋  春日八郎 作詞 横井弘 作曲 吉田矢健治 昭和34年 1959
    深夜便の歌
     愛の旅人  佐々木秀実(ささき・ひでみ) 作詞 喜多条忠(きたじょう・まこと) 作曲 若草恵(わかくさ・けい)

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Don't Go Breaking My Heart(恋のデュエット)  Elton John with Kiki Dee(エルトン・ジョンとキキ・ディー) written by Carte Blanche/Ann Orson 1976
  2. You Are Everthing(ユー・アー・エブリシング)  Diana Ross(ダイアナ・ロス),Marvin Gaye(マービン・ゲイ) written by Thom Bell/Linda Creed 1973
  3. Where Is the Love(恋人は何処に:恋人はどこに)  Roberta Flack and Donny Hathaway(ロバータ・フラックとダニー・ハサウェイ)written by Harry Wayne "K.C." Casey/Willie Clarke/Richard Finch/Betty Wright 1972
  4. Hey Paula(ヘイ・ポーラ)  Paul & Paula(ポールとポーラ)written by Ray Hildebrand 1962
  5. Something Stupid(恋のひとこと)  Frank Sinatra and Nancy Sinatra(フランク・シナトラとナンシー・シナトラ) written by C. Carson Parks 1967
  6. Unforgettable(アンフォゲッタブル)  Nat King Cole & Natalie Cole(ナット・キング・コール&ナタリー・コール) written by Irving Gordon 1991(1951)
  7. Say Say Say(セイ・セイ・セイ)  Michael Jackson, Paul McCartney(マイケル・ジャクソン, ポール・マッカートニー) written by Michael Jackson, Paul McCartney 1983   
  8. When You Believe(アニメ映画『THE PRINCE OF EGYPT(プリンス・オブ・エジプト)』より「ホエン・ユー・ビリーヴ」)  Mariah Carey & Whitney Houston(マライア・キャリー & ホイットニー・ヒューストン) Words and Music composed by Stephen Schwartz 1998
  9. Almost Paradise(映画『Footloose(フットルース)』から「パラダイス~愛のテーマ」)  Mike Reno and Ann Wilson(マイク・レノ & アン・レノックス) Music by Eric Carmen Lyrics by Dean Pitchford 1984
  10. Up where we belong(映画『An Officer and a Gentleman(愛と青春の旅立ち)』より「愛と青春の旅立ち」)  Joe Cocker & Jennifer Warns(ジョー・コッカー、ジェニファー・ウォーンズ) Lyric by Will Jennings  Music by Jack Nitzsche and Buffy Sainte-Marie 1982
音の風景
  神戸市ポートライナー三ノ宮駅
ポートライナーは1981年に営業を始め、神戸の繁華街三ノ宮と人工の島ポートアイランドを結ぶ足として市民に親しまれている。三ノ宮を出発したポートライナーはポートアイランドを25分で一周して再び三ノ宮に帰ってくる。市民広場駅の駅前にはギリシャ神殿を思わせる建物に囲まれた市民広場がある。からくり時計、時を告げるモニュメントが美しい鐘の音を響かせる。

  • 2時台、今日のおやつは「かりんとう」です。東京のかりんとうはちょっと白っぽいです。ふんわりとした感じです。もともとは奈良時代に遣唐使が唐から持ってきたものだそうです。(葛西アンカー)
  • When You Believe(ホエン・ユー・ビリーヴ)は1998年にアメリカで公開されたアニメーション映画『THE PRINCE OF EGYPT(プリンス・オブ・エジプト)』の主題歌でした。モーゼの出エジプト記を題材にしたアニメ映画です。(小生)
  • Say Say Say(セイ・セイ・セイ)のはじめの方で臨時ニュースが入り、全曲は放送されませんでした。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 葛西聖司(Kasai-Seiji)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. なみだ恋  八代亜紀 作詞 悠木圭子 作曲 鈴木淳 昭和48年 1973
  2. おんなの夢  八代亜紀 作詞 悠木圭子 作曲 鈴木淳 編曲 馬場良 昭和50年 1975
  3. おんな港町  八代亜紀 作詞 二条冬詩夫 作曲 伊藤雪彦 昭和52年 1977
  4. 愛の終着駅  八代亜紀 作詞 池田充男 作曲 野崎真一 昭和52年 1977
  5. 哀歌(エレジー)  八代亜紀 作詞・作曲 谷村新司 昭和53年 1978
  6. 花束(ブーケ)  八代亜紀 作詞 阿久悠 作曲 服部克久 平成2年 1990
  7. 純情カプチーノ  八代亜紀 作詞 岡田冨美子 作曲 徳久広司 平成21年 2009
  8. あかんたれ  八代亜紀 作詞 もず唱平 作曲 弦哲也 編曲 前田俊明 平成6年 1994
  9. 舟歌  八代亜紀 作詞 阿久悠 作曲 浜圭介 昭和54年 1979
    深夜便の歌
     愛の旅人  佐々木秀実(ささき・ひでみ) 作詞 喜多条忠(きたじょう・まこと) 作曲 若草恵(わかくさ・けい)

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Body and Soul(ボディ・アンド・ソウル)   Coleman Hawkins(ts)(コールマン・ホーキンス) written by Frank Eyton/Johnny Green/Edward Heyman/Robert Sour 1939
  2. The Man I Love(ザ・マン・アイ・ラヴ:私の彼氏:わたしの彼氏)  Coleman Hawkins(ts)(コールマン・ホーキンス) Eddie Heywood(p) Oscar Pettiford(b) Shelly Manne(d) written by Ira Gershwin/George Gershwin 1943
  3. Honeysuckle Rose(ハニーサックル・ローズ)  Coleman Hawkins(ts)(コールマン・ホーキンス) Alix Combelle (ts) Andre Ekyan (as) Benny Carter (as) Stephane Grappelli (p) Django Reinhardt (g) Eugene D'Hellemmes (b) Tommy Benford (d) written by Andy Razaf/Fats Waller 1937
  4. My One and Only Love(マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ)  Coleman Hawkins(ts)(コールマン・ホーキンス) Buck Clayton (tp) Hank Jones(p) Ray Brawn(b) Mickey Sheen(d) music written by Guy Wood (lyrics by Robert Mellin) 1958
  5. I Got Rhythm(アイ・ガット・リズム)  Lester Young(ts)(レスター・ヤング) Bill Coleman(tp) Dicky Wells(tb) Joe Bushkin(p) John Simmons(b) Philly Joe Jones (d) written by George Gershwin/Ira Gershwin 1944
  6. Lester Leaps In(レスター・リープス・イン)  Lester Young(ts)(レスター・ヤング), Count Basie and His Orchestra(カウント・ベイシー・オーケストラ) written by Lester Young
  7. All of Me(オール・オブ・ミー)  Lester Young(ts)(レスター・ヤング)Teddy Wilson (p) Gene Ramey (b) Jo Jones (d) written by Gerald Marks and Seymour Simons 1956
音の風景
  東京都八王子高尾山
薬王寺のほら貝の音が朝を告げる。日が高くなるにつれトリのコーラスが始まる。これから来る冬の寒さに備えて鳥達は栄養を蓄える。遠足の子供達がやってきた。日没が近づきサギが巣に戻ってきた。高尾山はムササビが生息していることで知られる。繁殖期を控えた秋は特に活動が盛んになる。秋の高尾山、まもなく求愛のシーズンを迎える賑やかな夜が続く。

  • 二人のテナーサックス奏者、コールマン・ホーキンスとレスター・ヤングの活躍した時代はモダンジャズ前夜でした。ダンスミュージックから鑑賞にも堪えられるジャズ・芸術としてチャレンジできる音楽へと変貌していったのがモダンジャズの発生へつながっていったのだと思っています。(明石アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 明石勇(Akashi-Isamu)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 星の流れに  菊地章子 作詞 清水みのる 作曲 利根一郎 昭和22年 1947
  2. フランチェスカの鐘  二葉あき子 作詞 菊田一夫 作曲 古関裕而 昭和23年 1948
  3. たそがれの夢  伊藤久男 作詞 西沢爽 作曲 田村しげる 昭和23年 1948(昭和22年 1947)
  4. 懐かしのブルース(懐しのブルース)  高峰三枝子 作詞 藤浦洸 作曲 万城目正 昭和23年 1948
  5. 小判鮫の唄  小畑実 作詞 高橋掬太郎 作曲 大村能章 昭和23年 1948
  6. 緑の牧場  津村謙 作詞 松坂直美 作曲 江口夜詩 昭和23年 1948(昭和21年 1946)
  7. 港に赤い灯が点る(港に赤い灯がともる:みなとにあかいひがともる)  岡晴夫 作詞 矢野亮 作曲 八洲秀章 昭和22年 1947
  8. 東京の屋根の下  灰田勝彦 作詞 佐伯孝夫 作曲 服部良一 昭和23年 1948
  9. 君待てども  平野愛子 作詞・作曲 東辰三 昭和23年 1948
    深夜便の歌
     昭和浪漫~第2章  大川栄策 作詞・作曲 オオガタミヅオ 平成21年 2009年

  • 昭和23年の出来事。帝銀事件、サマータイム実施(4年間で廃止)、国民の祝日が9日制定、警視庁に110番設置、極東裁判で死刑執行、日本脳炎流行、NHK紅白歌合戦第一回など(明石アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 黒い瞳(Очи Чёрные)  ダークダックス 日本語詞 門馬直衛 ロシア愛唱歌
  2. コサックの子守唄(Казачья Колыбельная Песня)  ボーチェ・アンジェリカ  作詞(・作曲?)ミハイル・ユーリエヴィチ・レールモントフ (Слова: Михаил Юрьевич ЛермонтовМихаил Юрьевич Лермонтов)
  3. 赤いサラファン(Красный сарафан)  中沢桂(なかざわ・かつら) 日本語詞 津川主一(つがわ・しゅいち) Музыка: Александр Егорович Варламов
  4. カリンカ(Калинка)  平山孝蔵(ひらやま こうぞう)、東京混声合唱団 日本語詞 井上頼豊(いのうえ・よりとよ) ロシア民謡 [採譜? イワン・ペトローヴィチ・ラリオーノフ (Музыка: Иван Петрович Ларионов)]
  5. ウラルのグミの木(Уральская рябинушка)   平田恭子(ひらた・きょうこ)、東京混声合唱団 日本語詞:関鑑子 作詞 ミハイル・ピリペンコ 作曲 エフゲーニィ・ラジィギン (Слова: Михаил М. Пилипенко / Музыка:Евгений Родыгин)
  6. バイカル湖のほとり(По диким степям Забайкалья)  ロイヤル・ナイツ 日本語詞 中央合唱団 シベリア民謡
  7. ボルガの舟歌:ヴォルガの舟唄(Эй ухнем)  宮原卓也(みやはら・たくや)、東京混成合唱団
  8. ステンカ・ラージン(Стенька Разин)  ロイヤル・ナイツ  日本語詞 与田準一
  9. 二つのギター(Цыганочка)  ボニージャックス 日本語詞 八坂裕子
  10. モスクワ郊外の夕べ(Подмосковные вечера)  ボニージャックス & ヴォーチェ・アンジェリカ 日本語詞 (不明:分かりませんでした) 作詞 マトウソフスキー 作曲 ソロヴィヨフ・セドイ (Слова: Матусовского / Музыка:В. Соловьев-Седой) 1955

音の風景
  ハワイのワイキキビーチ
青い海に突き出た堤防にはボディ・ボードを楽しむ若者達が集まってくる。車で15分ほど坂道を登るとダイヤモンドヘッドやビーチを見下ろせるタンカラスの丘に着く。山からの風はシャワーと呼ばれるとおり雨を降らせる。雨が上がるとハワイ名物の虹がマノアヴァレーにかかった。

  • バイカル湖のほとり」は1947年制作のソ連映画『シベリア物語』の主題歌として使われました。(柴田アンカー)
  • 日本人の歌う「ヴォルガの舟唄」もなかなか迫力ありました。ご本家ソ連時代の赤軍合唱団によるものはこちら。ステレオでないのが残念ですが...(小生)。→
  • ステンカ・ラージン」に日本語訳をつけた児童文学者の与田純一さんで、そのご子息は作詞家の橋本淳さんです。ステンカ・ラージンの詞は橋本淳さんの詞に通じるものがあると思いました。(柴田アンカー)
  • 二つのギター」の原題 Цыганочка の意味は『ジプシー(ロマ)の娘』です。どうやらロマの人々の宴会で歌われる曲のようです。相当昔にポール・モーリア(Paul Mauriat)が Les deux guitares と命名してロシア民謡をアレンジしたアルバムに収録しています。その題名から「二つのギター」と邦題が付けられたようです。1971年に小山ルミさんが千家和也さんの詞で歌いました。本場のロマの娘さんが二つのギター(Цыганочка)にあわせて踊っています。うまいです。またロシアに行ってみたくなります(小生)。→

  • ボーチェ・アンジェリカの歌う「コサックの子守唄」の日本語詞をつけた方は分かりませんでした。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 柴田祐規子(Shibata-Yukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. さだめ川  ちあきなおみ 作詞 石本美由起 作曲 船村徹 昭和50年 1975
  2. 恋慕夜曲(れんぼやきょく)  ちあきなおみ 作詞 吉田旺 作曲 浜啓介 昭和50年 1975
  3. 酒場川  ちあきなおみ 作詞 石本美由起 作曲 船村徹 昭和51年 1976
  4. 紅とんぼ(あかとんぼ)  ちあきなおみ 作詞 吉田旺 作曲 船村徹 昭和63年 1983
  5. 星の流れに  ちあきなおみ 作詞 清水みのる 作曲 利根一郎 平成元年 1989(昭和22年 1947)
  6. 雨降る街角  ちあきなおみ 作詞 東條寿三郎 作曲 吉田矢健治 平成元年 1989(昭和28年 1953)
  7. 紅い花  ちあきなおみ 作詞 松原史明 作曲 杉本真人 平成3年 1991
  8. 矢切の渡し  ちあきなおみ 作詞 石本美由起 作曲 船村徹 昭和58年 1983(昭和51年 1976)
  9. 星影の小径(ほしかげのこみち)  ちあきなおみ 作詞 矢野亮 作曲 利根一郎 昭和60年 1985(昭和25年 1950)
    深夜便の歌
     昭和浪漫~第2章  大川栄策 作詞・作曲 オオガタミヅオ 平成21年 2009年

  • ちあきなおみさんの歌、どの季節に聞いてもいい感じです。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masahiro)さん

〔かんさいストーリー〕 「有田川」有吉佐和子著、朗読:田中寛人(たなか・ひろと)アナウンサー
     ♪曲目 playlist♪
  1. Foldsom Prison Blues(フォルサム・プリズン・ブルース)  Johnny Cash(ジョニー・キャッシュ) written by Johnny Cash
  2. Monsieur l'étranger(ムッシュ・エトランジェ)  Betty Mars(ベティ・マルス) Paroles et Musique: Frédéric Botton
  3. I Walk the Line(アイ・ウォーク・ザ・ライン)  Johnny Cash & Tennessee Two(ジョニー・キャッシュとテネシー・ツー) written by Johnny Cash 1956
  4. Un Soir de Premiere(初日の夜)  Betty Mars(ベティ・マルス) Paroles: Pascal Sevran Musique: PascalAuriat
  5. Green,Green Grass of Home(思い出のグリーングラス)  Johnny Cash(ジョニー・キャッシュ) written by Curly Putman
  6. Mon cafe Russe(私のロシアン・カフェ)  Betty Mars(ベティ・マルス) Paroles et Musique: Frederic Botton 1972
音の風景
  岩手県花巻市東和町
岩手県の中央部にある豊かな自然に恵まれた町。町の特産、東和牛。町を見下ろす小高い山はつちざわ城の城跡。南部藩が伊達藩の侵入に備えて築いた。遥か遠くを貨物列車が通る。昼を知らせるオルゴールやサイレンが刈り入れの終わった秋の農村に鳴り響く。真っ青な青空に黄色く色づいた木の葉が散っている。北上山地から吹き付ける風の冷たさが冬の訪れが近いことを感じさせる。

  • 有田川」はみかん山を買って自分でみかんを育てる妻「ちよ」の話。温州みかんの接木をした木一本一本に家族や知人の名前をつけて世話をする。熱心に世話をするので「みかんのおばん」とよばれた。惜しげもなくみかんを育てる方法を皆にら教える。
  • 思い出のグリーングラス」は有名なプリズン・ソングで、死刑囚が家に帰り暖かく迎えられる夢を見ますが、目覚めて夜が明けると死刑執行されるという歌です。(西橋アンカー)
  • ジョニー・キャッシュは最近NHKで再放送された『刑事コロンボ』(6)「白鳥の歌」に出演していました。いい声で I Saw the Light を聞かせていました。ドラマのあらすじはジョニー・キャッシュふんする犯人が、自家用飛行機の墜落事故をよそおい、自分の過去の弱みを握る妻とコーラスガールを殺害する話です。最後に、コロンボが犯人を突き止め連行するとき「こんないい歌を歌う人に悪い人はいない」と言っていたのが印象に残っています。(小生)
  • ベティ・マルスの歌った Monsieur l'étranger(ムッシュ・エトランジェ)とUn Soir de Premiere(初日の夜)は作者が分かりませんでした。(小生)

  • ベティ・マルスの歌った Monsieur l'étranger(ムッシュ・エトランジェ)とUn Soir de Premiere(初日の夜)についてルゼル様より作者を教えていただきましたので加筆いたしました。(2011/9/7 小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 西橋正泰(Nishihashi-Masahiro)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 夜明けのスキャット  由紀さおり 作詞 山上路夫 作曲 いずみたく 昭和44年 1969
  2. 春夏秋冬  泉谷しげる 作詞・作曲 泉谷しげる 昭和47年 1972
  3. 手紙  由紀さおり 作詞 なかにし礼 作曲 川口真 昭和45年 1970
  4. 家族  泉谷しげる 作詞・作曲 泉谷しげる 昭和51年 1976
  5. 生きがい  由紀さおり 作詞 山上路夫 作曲 渋谷毅 昭和46年 1971
  6. トーキョー・バビロン  由紀さおり 作詞 ちあき哲也 作曲 川口真 昭和53年 1978
  7. 春のからっ風  泉谷しげる 作詞・作曲 泉谷しげる 昭和48年 1973
  8. 眠れない夜  泉谷しげる 作詞・作曲 泉谷しげる 昭和48年 1973
  9. 恋文  由紀さおり 作詞 吉田旺 作曲 佐藤勝 昭和48年 1973
  10. 土曜の夜君と帰る  泉谷しげる 作詞・作曲 泉谷しげる 昭和52年 1977
    深夜便の歌
     昭和浪漫~第2章  大川栄策 作詞・作曲 オオガタミヅオ 平成21年 2009年10月21日

2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Louisiana Mama(ルイジアナ・ママ)  Gene Pitney(ジーン・ピットニィ) written by Gene Pitney 1963
  2. Going Home To Mary Lou(恋の一番列車)  Neil Sedaka(ニール・セダカ) written by Howard Greenfield/Neil Sedaka
  3. Like I Do(レモンのキッス)  Nancy Sinatra(ナンシー・シナトラ)written by Dick Manning (original lyrics by Tobia Gorrio, original music by Amilcare Ponchielli) 1962
  4. Just Couldn't Resist Her with Her Pocket Transistor(ポケット・トランジスター)  Alma Cogan(アルマ・コーガン) 1960
  5. The Lion Sleeps Tonight(ライオンは寝ている)  The Tokens(トーケンズ)written by George Weiss, Luigi Creatore, and Hugo Peretti 1961
  6. Will You Love Me Tomorrow(ウィル・ユー・ラブ・ミー・トゥモロー)  The Shirelles(シレルズ:シレルス) written by Gerry Goffin/Carole King 1961
  7. Harbor Lights(ハーバー・ライツ)  The Platters(ザ・プラターズ) lyrics by Jimmy Kennedy  music by Hugh Williams (pseudonym for Will Grosz) 1960(1937)
  8. One Boy(ワン・ボーイ)  Joanie Sommers(ジョニー・ソマーズ) by Lee Adams, music by Charles Strouse 1960
  9. All I Have To Do Is Dream(夢を見るだけさ)  The Everly Brothers(エヴァリー・ブラザーズ) written by Boudleaux Bryant/Felice Bryant 1958(1953)
  10. First Quarrel(けんかでデート)  Paul & Paula(ポールとポーラ)written by Couch/McDuff/Smith
  11. Only the Lonely(オンリー・ザ・ロンリー)  Roy Orbison(ロイ・オービソン) written by Roy Orbison and Joe Melson 1960
  12. Mr. Lonely(ミスター・ロンリー)  Bobby Vinton(ボビー・ビントン) written by Gene Allan/Allen/Bobby Vinton 1962
  13. I Left My Heart In San Francisco(思い出のサンフランシスコ:霧のサンフランシスコ:サンフランシスコの思い出)  Brenda Lee(ブレンダ・リー) lyrics by Douglas Cross, music by George Cory 1963(1954)
  14. Maybe Baby(メイビー・ベイビー)  Buddy Holly and The Crickets(バディ・ホリーとクリケッツ) written by Norman Petty/Charles Hardin 1958
音の風景
  山口県国際フェリーターミナル
関釜フェリーの待合室では賑やかに韓国の言葉が飛び交う。午後7時、夕闇に包まれる港に汽笛を響かせフェリーは釜山に向けて出向する。下関と釜山を8時間で結ぶ。明朝3時に釜山港に到着。朝まで港内に停泊して8時30分に釜山国際ターミナルに上陸。旅の目的はさまざま。たくさんの船が航行する関門海峡を進み、やがて船は波荒い対馬海峡を越えて釜山を目指す。

  • ライオンは寝ている」はもともとアフリカの子守唄なので歌の中にライオンが出てきます。(迎アンカー)
  • Mr. Lonely(ミスター・ロンリー)と言えばFM東京の長寿番組『ジェットストリーム』のテーマミュージックです。JALの雄姿とともにご覧ください。(小生)→
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 迎康子(Mukai-Yasuko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 伝えたいことがあるんだ  小田和正(おだ・かずまさ) 作詞・作曲 小田和正 平成9年 1997
  2. いつかどこかで  小田和正 作詞・作曲 小田和正 平成9年 1997
  3. 愛を止めないで  小田和正 作詞・作曲 小田和正 平成8年 1996(昭和54年 1979)
  4. 言葉にできない  小田和正 作詞・作曲 小田和正 平成13年 2001(昭和57年 1982)
  5. さよなら  小田和正 作詞・作曲 小田和正 平成13年 2001(昭和54年 1979)
  6. ラブ・ストーリーは突然に  小田和正 作詞・作曲 小田和正 平成3年 1991
  7. こころ  小田和正 作詞・作曲 小田和正 平成19年 2007
  8. ダイジョウブ  小田和正 BMGジャパン FHCL-2024
    深夜便の歌
     昭和浪漫~第2章  大川栄策 作詞・作曲 オオガタミヅオ 平成21年 2009年

  • 今日お送りする曲はすべて小田和正さんの作詞作曲で歌ももちろん小田和正さんです。(迎アンカー)
  • ダイジョウブ」はNHK朝の連続テレビ小説『どんど晴れ』の主題歌でした。(迎アンカー)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Autumn Leaves(枯葉)  Bill Evans Trio: Bill Evans(p), Scott Lafaro(b), Paul Motian(d) 1959
  2. Beautiful Love(ビューティフル・ラブ)  Bill Evans Trio: Bill Evans(p), Scott Lafaro(b), Paul Motian(d) 1961
  3. Little Lulu (リトル・ルル)  Bill Evans Trio: Bill Evans (p) Gary Peacock (b) Paul Motian (d) 1963
  4. Monicas Vals (Waltz For Debby) (ワルツ・フォー・デビー)  Bill Evans (p) Monica Zetterlund (vo) Chuck Israels (b) Larry Bunker (d) 1964
  5. What's New(ホワッツ・ニュー)  Jeremy Steig (fl) Bill Evans (p) Eddie Gomez (b) Marty Morell (d) 1969
  6. Blue And Green(ブルー・アンド・グリーン)  Toots Thielemans (hca) Bill Evans (p) Marc Johnson (b) Eliot Zigmund (d) 1978
  7. Nardis(ナーディス)  Bill Evans Trio: Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Jack DeJohnette(d) 1968
音の風景
  高知市の路面電車
高知市の桟橋から高知駅までの路面電車が出発する。「土電(とでん)」の愛称で呼ばれる土佐電鉄の路面電車。創業は明治37年で、現役の路線としては日本で最も古い路線が含まれている。この路線では世界各国で活躍した電車がそのままの姿で走っている。これらの電車では運転手のほかに車掌も同乗し昔のスタイルで運行している。土電の東西と南北の二つの路線は市の中心地「はりまやばし」で直角に交差している。高知の土電はいまも市民の大切な足として親しまれている。

  • 「ワルツ・フォー・デビー」ではスウェーデンの歌手・女優であるモニカ・セッテルンド(ボーカル)がスウェーデン語で歌いました。(川野アンカー)
  • リトル・ルル」は新聞に連載されていたマンガで、第二次世界大戦中の1943年にアニメ化されていると川野アンカーが解説していました。そのアニメがありました。アニメのキャラクター達がオープニングの音楽にあわせて踊っています。ミュージカルの国らしいかわいらしいステップです。→

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 川野一宇(Kawano-Kazuie)宮川泰夫(Miyakawa-Yasuo)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 港町ブルース  森進一 作詞 深津武志 補作詞 なかにし礼 作曲 猪俣公章 昭和44年 1969
  2. 噂の女  内山田洋とクールファイヴ 作詞 山口洋子 作曲 猪俣公章 昭和45年 1970
  3. 京都から博多まで  藤圭子 作詞 阿久悠 作曲 猪俣公章 昭和47年 1972
  4. 大阪ラプソディー  海原千里・万里(うなばらせんり・まり) 作詞 山上路夫 作曲 猪俣公章 昭和51年 1976
  5. 今日の我に明日は勝つ  美空ひばり 作詞 保富康午 作曲 猪俣公章 昭和45年 1970
  6. あばれ太鼓  坂本冬美 作詞 たかたかし 作曲 猪俣公章 昭和62年 1987
  7. ラスト・ヒロイン  マルシア 作詞 たかたかし 作曲 猪俣公章 昭和62年 1987
  8. 君こそわが命  水原弘 作詞 川内康範 作曲 猪俣公章 昭和42年 1967
  9. 千曲川  五木ひろし 作詞 山口洋子 作曲 猪俣公章 昭和50年 1975
    深夜便の歌
     昭和浪漫~第2章  大川栄策 作詞・作曲 オオガタミヅオ 平成21年 2009年

    猪俣公章(いのまた・こうしょう、昭和13年・1938年4月11日生まれ-平成5年・1993年 6月10日死去)
     日本の作曲家、作詞家。福島県河沼郡会津坂下町出身。古賀政男に師事。森進一のデビュー作『女のためいき』(1966年)を作曲、その後も森に『港町ブルース』、『おふくろさん』、『冬の旅』などの大ヒット曲を提供する。他にもテレサ・テンに『空港』、藤圭子に『京都から博多まで』や『女のブルース』、水原弘に『君こそわが命』、五木ひろしに『千曲川』を提供し、成功を収めた。晩年は坂本冬美、マルシアを弟子入りさせ、自らの家に住まわせて育成したことでも知られる。(wikipediaなどより)

  • 猪俣公章さんは歌番組にサングラスを掛けた審査員で出演し、出場者に対して気さくに分かりやすく歌の評価を語っていました。猪俣公章さんの作品にはいい曲が多い中でも、個人的ですが「千曲川」は一番の名曲だと思います。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. The Way We Were(映画『追憶』より「追憶」)  Barbra Streisand(バーブラ・ストライザンド) written by Alan Bergman/Marilyn Bergman 1973
  2. Evergreen (Love Theme From "A Star Is Born")(愛のテーマ:映画『A Star Is Born(スター誕生)』から)  Barbra Streisand(バーブラ・ストライザンド) written by Barbra Streisand/Paul Williams 1976
  3. Love Theme from 'Eyes Of Laura Mars' (Prisoner)(映画『Eyes Of Laura Mars(アイズ)』より「アイズのテーマ」)  Barbra Streisand(バーブラ・ストライザンド) Written by Karen Lawrence & John Desautels 1978
  4. The Main Event/Fight(映画『The Main Event(メイン・イベント)』より「メーン・イベント/ファイト」)  Barbra Streisand(バーブラ・ストライザンド) written by Paul Jabara, Bruce Roberts / Paul Jabara, Bob Esty 1987
  5. Moon River(映画『Breakfast at Tiffany's(ティファニーで朝食を)』より「ムーン・リバー」)  Barbra Streisand(バーブラ・ストライザンド) written by Henry Mancini/Johnny Mercer
  6. Guilty(ギルティ)  Barbra Streisand(バーブラ・ストライザンド), Barry Gibb(バリー・ギブ) written by Maurice Gibb/Barry Gibb/Robin Gibb 1980
  7. People(ピープル)  Barbra Streisand(バーブラ・ストライザンド) Music by Jule Styne. Lyrics by Bob Merrill 1964
  8. Superman(スーパーマン)  Barbra Streisand(バーブラ・ストライザンド) R. Snyder/Richie Snyder 1977
  9. You Don't Bring Me Flowers(愛のたそがれ)  Barbra Streisand(バーブラ・ストライザンド), Neil Diamond(ニール・ダイアモンド) written by Neil Diamond, Alan Bergman and Marilyn Bergman 1978
音の風景
  生駒山
大阪と奈良の境に位置する生駒山。日本で最初にケーブルカーが開業した所。ケーブルカーに犬やネコをデザインしたのが子供達に大人気。山頂まで12分。開業から90年以上たった今も観光や生活の足として親しまれている。

  • バーブラ・ストライサンドといえば知らない方はいらっしゃらないと思いますが、歌手で女優でしかも作曲もし映画監督もするという大変多彩で積極果敢な女性です。(須磨アンカー)
  • You Don't Bring Me Flowers(愛のたそがれ)はラジオのDJがバーブラとニール・ダイヤモンドが同じ曲をアルバムでレコーディングしていて、キーが同じだから同時に放送してみたら大反響だったそうです。それでデュエットしてみたら、ということになって実現しました。(須磨アンカー)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 須磨佳津江(Suma-Katsue)さん

昭和58年3月20日、27日にラジオ第1放送で放送されたインタビュー番組「芸と人、森繁久彌
  インタビュアー:中西龍アナウンサー(再放送一部抜粋)

     ♪曲目 playlist♪
  1. 人を恋うる歌(妻をめとらば)  森繁久彌 作詞 与謝野鉄幹(よさの・てっかん) 作曲 不詳 昭和34年 1959(明治41年 1908)
  2. フラメンコかっぽれ  森繁久彌 俗謡 昭和38年 1963
  3. ゴンドラの唄  森繁久彌 作詞 吉井勇 作曲 中山晋平 昭和40年 1965(昭和9年 1934)
  4. 青春が花ならば  森繁久彌 作詞 山上路夫 作曲 いずみたく 昭和46年 1971
    深夜便の歌
     昭和浪漫~第2章  大川栄策 作詞・作曲 オオガタミヅオ 平成21年 2009年

  • インタビューを聞いて、森繁久彌さんはインテリで芸の道を常に究めようとしていた方だと知りました。バイオリニストのアイザック・スターンが森繁さんの芝居を見て感動し、抱き着かれた話は面白かったです。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. シューベルト作曲)アヴェ・マリア  フランカ・クリンスカ指揮 プラハ少年少女合唱団(コーラス)
  2. シューベルト作曲)弦楽四重奏曲第14番ニ短調「死と乙女」から第1楽章(一部)  イタリア弦楽四重奏団
  3. シューベルト作曲)歌曲集『冬の旅』から「菩提樹」  ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ(バリトン)、ダニエル・バレンボイム(ピアノ)
  4. シューベルト作曲)歌曲集『白鳥の歌』から「はとの使い」  エルンスト・ヘフリガー(テノール)、イエルク・エヴァルト・デーラー(ハンマーフリューゲル)
  5. シューベルト作曲)ピアノ曲集『楽興の時』第3番へ短調  アルフレッド・ブレンデル(ピアノ)
  6. シューベルト作曲)劇音楽『ロザムンデ』から間奏曲第3番  ベルナルト・ハイティンク指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
  7. (シューベルト作曲)歌曲『音楽に寄せて』  エリー・アーメリング(ソプラノ)、ダルトン・ボールドウィン(ピアノ)
  8. (シューベルト作曲)交響曲第8番ロ短調「未完成」から第2楽章(一部)  ブルーノ・ワルター指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック
音の風景
  愛媛県宇和島市
宇和海を見渡す高台にあるのは市営闘牛場。年に5回開催される闘牛大会。今日は秋場所。鍛えられた牛達が出番を待つ。この地に古くから伝わる闘牛文化。宇和島の人たちにとってはなくてはならないもの。取り組み時間は無制限。牛の傍らにいる勢子が声を掛け、牛の闘志を書き立てる。逃げた牛が負け。いよいよ結びの一番。チャンピオン防衛戦。見事防衛成功。牛達の真剣勝負はいまも宇和島の人たちを熱狂させている。

3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 遠藤ふき子(Endoh-Fukiko)さん

昭和58年3月20日、27日にラジオ第1放送で放送されたインタビュー番組「芸と人、森繁久彌」インタビュアー:中西龍アナウンサー(再放送一部抜粋)

     ♪曲目 playlist♪
  1. どじょっこふなっこ  森繁久彌 東北民謡 作曲 岡本敏明 昭和35年 1960
  2. 酔っぱらいの町  森繁久彌、藤山一郎 作詞 野上彰 作曲 仁木他喜雄  昭和25年 1950
  3. 船頭小唄  森繁久彌 作詞 野口雨情 作曲 中山晋平 (大正10年 1921)
  4. オホーツクの舟唄  森繁久彌 作詞・作曲 森繁久彌 昭和35年 1960
    深夜便の歌
     昭和浪漫~第2章  大川栄策 作詞・作曲 オオガタミヅオ 平成21年 2009年

  • インタビュー番組「芸と人、森繁久彌」も面白かったです。(小生)
2:00~3:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート Romantic concert
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. Great Escape March(アメリカ映画『The Geat Escape(大脱走)』から「大脱走のマーチ」)  soundtrack written by Elmer Bernstein 1963
  2. Deguello ~ The Green Leaves of Summer(アメリカ映画『The Alamo(アラモ)』から「皆殺しの唄」~「遥かなるアラモ」)  soundtrack written by Dimitri Tiomkin/Paul Francis Webster 1960
  3. Gay and Roselyn(映画『The Misfits(荒馬と女)』より「ゲイとロザリン」)  ロンドン交響楽団 written by Alex North 1961
  4. Fascination(映画『Love in the Afternoon(昼下がりの情事)』より「魅惑のワルツ」)  ロイヤル・シンフォニック・オーケストラ music by F.D. Marchetti 1857(1932)
  5. Que Sera Sera(映画『The Man Who Knew Too Much(知りすぎていた男)』から「ケ・セラ・セラ」)  Doris Day(ドリス・デイ) music by Ray Evans/Jay Livingston 1956
  6. Main Title from "Spartacus"(映画『Spartacus(スパルタカス)』メインタイトル)  soundtrack composed by Alex North 1960
  7. Love Theme From Ben-Hur(映画『Ben-Hur(ベン・ハー)』より「愛のテーマ」)  soundtrack composed by Miklos Rozsa 1959
  8. Somewhere My Love(Lara's Theme)(映画『Doctor Zhivago(ドクトル・ジバゴ)』から「ララのテーマ」) soundtrack composed by Maurice Jarre 1965
  9. Melodie en sous-sol(映画『Melodie en sous-sol(地下室のメロディー)』から)  soundtrack 1963
  10. Ou est-il donc ?(映画『Pepe le Moko (望郷)』から「あの人はどこに」)  Frehel chante(フレール) Paroles: A. Decaye, Lucien Carol. Musique: Vincent Scotto 1937(1926)
  11. LAST TANGO IN PARIS-BALLAD 映画『Last Tango in Paris(ラスト・タンゴ・イン・パリ)』から「バラード」  soundtrack 1972
  12. Taxi Driver(映画『Taxi Driver(タクシー・ドライバー)』より)  soundtrack Tom Schott(ts) 1976
音の風景
  鹿児島県屋久島
島の西側にある永田浜に太平洋の荒波が押し寄せる。海がめの産卵で知られる永田浜は急峻な岩場が多い屋久島では珍しい砂地の浜。11月上旬、海岸近くの松林で蝉が鳴き出した。強風を避けた防潮堤の影では虫のデュエットも聞こえる。亜熱帯の気候を持つ屋久島の気候の移ろいはとても緩やか。

  • 「ケ・セラ・セラ」が歌われた映画の題名は、宇田川アンカーの紹介していたとおり『知りすぎていた男』で、間違って『知りすぎた男』と表記されることもあります。(小生)
  • 映画『Spartacus(スパルタカス)』の音楽を担当した Alex North はこの映画の「Main Title(メイン・タイトル)」と「Love Theme(愛のテーマ)」を作曲しています。(小生)
3:00~4:00JST NHK Radio Program: "RADIO SHINNYABIN"
ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌 Japanese Sweet Songs
アンカー Anchor 宇田川清江(Udagawa-Kiyoe)さん

     ♪曲目 playlist♪
  1. 別れのブルース  淡谷のり子 作詞 藤浦洸 作曲 服部良一 昭和12年 1937
  2. 恋人よ  淡谷のり子 作詞・作曲 五輪真弓
  3. 人の気も知らないで(Tu Ne Sais Pas Aimer)  淡谷のり子 日本語詞 奥山靉(おくやま・あい) 作詞 Maurice Aubret  作曲 Gui Zoka 昭和13年 1938(1931)
  4. 私此頃憂鬱よ(わたしこのごろゆううつよ)  淡谷のり子 作詞 高橋掬太郎 作曲 古賀政男 昭和6年 1931
  5. 青い小径  淡谷のり子 作詞 高橋掬太郎 作曲 池田不二男(原野為二) 編曲 仁木他喜雄 昭和9年 1934
  6. ポエマ(Poema)  淡谷のり子 訳詞 奥山靉(おくやま・あい) 作詞 Eduardo Bianco 作曲 Mario Melfi 昭和10年 1935 (193x)
  7. 雨のブルース  淡谷のり子 作詞 野川香文(のがわ・こうぶん) 作曲 服部良一 昭和13年 1938
  8. 想い出のブルース  淡谷のり子 作詞 松村又一 作曲 服部良一 昭和13年 1938
  9. 東京ブルース  淡谷のり子 作詞 西條八十 作曲 服部良一 昭和14年 1939
  10. 夜のタンゴ  淡谷のり子 作詞 サトウハチロー 作曲 仁木多喜雄 昭和14年 1939
    深夜便の歌
     愛の旅人  佐々木秀実(ささき・ひでみ) 作詞 喜多条忠(きたじょう・まこと) 作曲 若草恵(わかくさ・けい)

  • 淡谷のり子さんの歌った「東京ブルース」は、西田佐知子さんの歌った「東京ブルース」(作詞/作曲 水木かおる/藤原秀行 昭和39年)とは別の曲です。(小生)
  • 青い小径」の作曲者、池田不二男さんは『原野為二』のペンネームでも作曲しています。以前深夜便のアンカーのどなたかが解説していましたが、「原野為二」とは<腹の為に>の洒落ということです。(小生)
  • 淡谷のり子さんの生涯についてはいろんなところで解説されていますからここでは取り上げませんが、ぜひ映画化なり、時代考証のしっかりしたドラマなどにして映像化してほしいと思います。背筋のピンと伸びた明治生まれの方でした。1970年当時の歌番組で「別れのブルース」を歌う淡谷のり子さんの映像がありました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。